【大賞は賞金3万円!】7月21日(土)までキャッチコピーコンテストを開催中!!!

臨時ニュースです!

この度、ホワイト企業内定専門の就職予備校WhiteAcademyの竹内先生が、なんと、最強のSPI対策講座を開催してくれることになりました(講座は7月28日(土)開講です)!

WhiteAcademyの竹内先生とは?

ホワイト企業内定率100%を誇る就職コンサルタント。現在はホワイト企業内定率No.1を誇る就職予備校「ホワイトアカデミー」で講師を務めている。
東京大学工学部卒、元デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタント。

学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。

求職者向けのセミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は1000件以上。通算600回はセミナーを行っている。趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。

WhiteAcademyについてはこちらの記事にまとめられています

そこで、現在、講座のキャッチコピーを決めるためのコンテストを開催しているんですが、この記事を読んでいるあなたにも、ぜひ、コンテストに参加してほしいと思います!

この記事では、そもそも、なぜ今回の講座が開設されるに至ったかの経緯やコンテストの詳細、さらにはコンテストの賞品などをご紹介していきます。

コンテストの参加方法はこの記事の最後でご紹介するので、ぜひ、最後まで記事をお読みいただければ幸いです( ^∀^)

コンテストへの応募はこちら↓

コンテスト応募フォーム

メールアドレス
個人情報は厳重に管理いたします。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

・無料メール講座に申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

・メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除リンクより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

・Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

AvalonConsulting株式会社カスタマーセンター
Mail:support@avalon-consulting.jp

1426244122_decrypted

このサイトはSSL暗号化技術採用によりお客様の情報を最高水準のセキュリティで保護します。

 

なぜ、特別公開講座を開講することになったのか

今回の講座を開講するに至ったきっかけは、こんな話からでした。

白河
19卒の就活も落ち着きはじめて、いよいよ20卒のサマーインターンが本格化しますね。
竹内先生
うん。でも、毎年SPIとかの筆記試験で落ちる人が多くてね〜。せっかく指導しても、筆記試験で落とされちゃね〜・・・
白河
僕もFランだったんで、正直、筆記試験は苦労しましたよ〜。あれ、結構キツイですよね。
竹内先生
一緒に猛特訓したもんね(笑)。あの頃が懐かしいな〜
白河
最近は、昔みたいに特訓しないんですか?
竹内先生
しないことはないんだけど、みんな、なかなか時間が取れなくてね〜。
白河
でも、夏休みとかなら、まとまった時間が取れるし、筆記試験対策には丁度いい時期じゃないですか?
竹内先生
確かに、それはそうだね。
白河
これから夏休みだし、筆記試験対策をどうやったらいいか、みたいなテーマで講座をやったらいいんじゃないですか? みんな、聞きたいと思いますよ。
竹内先生
OK、わかった。やるしかないかぁ〜。実は僕も、筆記試験で落とされるのを見てて、正直、萎えてたんだよね〜。公開講座にして、筆記試験対策のノウハウを教えるか。

ということになったのです。これは、大チャンスです!

というのも、竹内先生はとてもお忙しい方なので、普段、公開講座なんて開かないからです。

でも、今回は就活生全員が直面する「筆記試験」対策ということで、竹内先生自ら、講座開講を買って出てくれたのです。

しかも、これは、ぜひ多くの就活生に見てほしいということで、オンラインで無料で公開してくれるというのです!

正直、ここまでの大盤振る舞いをしていいのかな、と僕としても思いますが、僕自身も筆記試験ではかなり苦労したので、ぜひ、多くの方に、この講座を見てほしいなと思います。

講座の開講に先立ち、僕のメルマガ読者にアンケートをとりました

というわけで、講座を開講することは決まったんですが、どうせなら、講座を受ける皆さんの意見も取り入れた講座にしたいということで、アンケートを実施しました。

アンケートでは、SPIに関する現状就活全般についてどんなことを学んでみたいかの2つを質問しましたが、以下のような回答が返ってきました。

質問1:SPIに関する現状

回答

・まだ進めていない。webテストは7割ほど。
・全く勉強していない
・一度模試を受けたのみです。言語分野は得意ですが、非言語分野が苦手で得点できません。
・SPIの参考書を買い、少しずつやっています。しかし、数学が大の苦手なのでなかなか非言語の勉強が進んでいません。
・基本的にSPIでどの企業の選考も失敗したことがないため、問題はないと思います。
・全く進んでいない
・ほとんど0、現状で答えが自信持ってからだと言えるレベルは半分程度

というわけで、回答は様々だったわけですが、回答は主に3つのパターンに分かれていました。

パターン1:SPIでは足切りされなかったから、SPIに関しては問題ない

おそらく、このパターンに該当するのは、SPIのような問題を解くのに慣れていて、いわゆる「受験勉強」が得意な方だと思います。

僕は専修大学というFラン出身のため、受験勉強とかSPIは苦手でした。

だから、正直、こういうパターンの方はうらやましいなあと思います。

実際、WhiteAcademyの竹内先生は東大工学部卒だし数検1級だし、最初は「こいつ、バケモノかよ」って思っていました。

とはいえ、SPIは足切りされなければいいというものではないんです。

筆記試験の点数は、最終面接まで付いて回ります。

だから、得点率は少しでも高い方がいいんです。

以前、三菱商事で常勤顧問を務めている方にお会いした際に彼から直接聞いた話なんですが、その年は新卒枠で2万7千人応募してきたそうです。

その年、筆記試験を通過して面接に漕ぎ着けたのは1600人でした。

そして、3次試験までをフルマークで通過できたのは僅か7人だけだったそうです。

その7人については、就活解禁と同時に、他の就活生の面接の結果を待たずに即内定を出したそうです。

その7人のうちの1人にも直接お話を聞きましたが、彼は入社1年目から新規事業を任され、入社1年目で三菱重工の専務相手に大型案件を決めたそうです。

つまり、上には上がいるということです。

SPI1つとっても、どんなに難しい問題が出ても平気で満点を取っていく就活生が現に存在するということです。

だから、筆記試験は足切りされなければいいというものではないんです。

筆記試験に関しては問題ないと感じているのであれば、それはとても素晴らしいことです。

だからこそ、筆記試験対策を究めて無双できれば、それは紛れもなく大きな武器になります。

今回の講座では、こういったSPI上位層が三菱商事の例のようなことを現実にできるよう、本選考までまだ時間がある今のうちに、どのように筆記試験対策をすればいいのかといった内容にも触れていきたいと思っています。

パターン2:SPIの参考書を買うなどして少しずつ筆記試験対策を進めている

本を読む男性

このパターンの方は、筆記試験に対する意識が高いんだと思います。

この時期で既に筆記試験の重要性を認識し、しかも対策を実際に進められるというのは、本当に素晴らしいと思います。

これは何に関しても言えることですが、ほとんどの人は「やらなきゃ」と思っても「やる」段階に進めないですからね。

かく言う僕も、昔から「勉強しなさい」と言われても全然勉強しませんでしたから(笑)。

後で苦労しましたよ。

まさか就活まで筆記試験があるとは思ってもいなかったので(苦笑)。

就活の筆記試験、これはある意味で学歴フィルターをくぐり抜ける上で大きなチャンスだと思います。

実際に、僕も筆記試験対策をすることで、専修大学という学歴ハンデを乗り越え、就活は有利に進められました。

今回の講座では、せっかく筆記試験対策を始めている方向けに、今後、どのような点を意識して対策を進めていけばいいかという内容もお伝えしていきたいと思っています。

パターン3:まだ対策を始めていない

扇風機にあたるサラリーマン

実は、アンケート結果では、このパターンが圧倒的に多かったです。

まあ、まだこの時期なので、ある意味、仕方がない面もあるかと思います。

しかし、サマーインターンも企業によっては筆記試験で落としてくるので既に分かっているかとは思いますが、筆記試験対策を怠ると、取り返しのつかないことになります

これは脅しでも何でもなくて、厳然たる事実です。

実際、竹内先生がWhiteAcademy生を指導する中でも、この筆記試験で涙を飲む生徒が毎年後を断たないといいます。

「もう少し早く対策を始めていれば・・・」

そう言って敗れ去っていくそうです。

だからこそ、今回の講座を受ける方には、そうはなってほしくはないと心から思います。

今回の講座は、もう筆記試験で落とされるのを見たくないという竹内先生たっての願いで開講されることになりました。

まだ対策を始められていない方向けに、これからどのように筆記試験対策をしていけばいいのかといった内容もお伝えしていきたいと思っています。

質問2:就活全般についてどんなことを学んでみたいか

回答

・BtoBの企業の志望理由の作り方ついて、普段からどのような行動をすれば志望理由を作りやすくできるのか。
・自己分析
・何から始めればいいのか? 自己分析とは具体的に何をすればいいのか?
・魅力的な志望動機の書き方。グループワークで上手く自分を魅せる方法。
・自分のレベルとマッチしている企業はどのくらいなのか確認したいです。
・グループディスカッションといった発表の場で必要となるロジカルシンキング
・適性検査の問題?会社?が複数あるのですが、SPIだけ対策しておけばなんとかなるものですか?それともSPI以外に玉手箱など他のものも対策しなくてはならないですか?
・就活を乗り切るための気持ち作りの方法があれば知りたいです。

というわけで、この質問も回答は3つのパターンに分かれました。

パターン1:就活生の永遠の課題、自己分析

自己分析は、もはや人生を通して付いて回る課題と言っても過言ではないでしょう。

リンダ・グラットンさんの「ライフ・シフト」にもあるように、人生100年時代が到来しました。

これからの時代を生きる僕たち若者は、1つの企業に勤め続けるというよりは、その都度、自分にとってベストな仕事を探し続け、柔軟なキャリアパスを歩んでいくことになると言われています。

そして、その度に自己分析は絶えず必要になります。

「自分が今やりたいことは何だろう?」

「そのために、どんな仕事に就けばいいんだろう?」

「この選択で本当によかったんだろうか?」

などなど、悩みが尽きることはないと思います。

そして、就活というのは、その入り口に当たるわけです。

これまでは、学業成績などの分かりやすい評価基準がありました。

でも、一度社会に出ると、評価基準は「仕事ができるか」に変わります。

「自分に向いた仕事って何?」

この問いから逃げ続ける限り、仕事ができるビジネスパーソンになるのは難しいでしょう。

だからこそ、今回の講座では、初めての就活であるこの機会に、とことん、自分にとってベストな仕事を追求できるよう、自己分析に関する内容も取り上げていこうと思います

パターン2:グループワーク系

グループディスカッションやインターンでのチームワークなど、まわりの就活生と共に取り組む課題も就活ではよく課されますよね。

こういったグループワークでは、実際に仕事をした際に同僚や関係者とどのようなコミュニケーションを取るのか、といった資質を見られるわけですが、このグループワークにもいくつかのポイントがあります。

それらについても講座の中で触れていければと思います。

パターン3:日々の行動や習慣形成

行動や思考については、習慣の積み重ねが反映されるので、良い習慣を持っている人は、就活に限らず物事を上手く運べるというのは事実です。

実際、企業への志望理由を書く際も、これまで積み上げてきた経験の中からしかネタを探すことはできません。

だから、普段から何を考え、どう行動してきたが就活でも大きく物を言います

言い換えれば、大して高い意識も持たずボーッと日々を過ごしてきたのに、就活直前になって急に焦ったとしても、所詮、付け焼き刃の対策しかできず、もはや手遅れになるということです。

逆に、この時期から、こういった日々の行動や習慣形成を意識し始めると、就活ではほぼ間違いなく勝ち組になれると思います。

今回の講座では、まだ時間がある今のうちに、学生から社会人になる上で、普段からどのような行動を意識していけばいいのか、就活にはどういうマインドセットで臨めばいいのかといったことも取り上げていきたいと思います。

竹内先生は外資コンサル出身ですから、これまで仕事ができる人をたくさん見てきました。

そういった人たちに共通するものが何なのかについても、講座の中で触れてもらえるはずです!

アンケート結果をまとめると・・・

というわけで、ここまでアンケートの結果をざっとお伝えしてきましたが、筆記試験対策については、人によって進捗はバラバラだということが分かりました。

ですので、今回の講座では、それぞれの進捗に合わせて、これからどういった対策をしていけばいいかというアドバイスをしていきたいと思っています。

竹内先生は東大工学部出身で数検1級を持っているので、多くの就活生が苦手とする非言語の問題についても、かなり有用なアドバイスがもらえるはずです!

そして、適性検査や筆記試験の具体的な話以外にも、皆さんが聞きたいことがたくさんあるということも分かりました。

既に就活に対する意識がかなり高い人から、就活はこれから! という人まで、現状での就活モチベはかなりバラツキがあるかと思いますが、今回の無料公開講座を機に、就活に向けて更なる足がかりを築いてもらえるような講座にしていきたいと思います。

なぜ、キャッチコピーコンテストを開催するのか?

メモとペン

このように、今回の講座には、竹内先生の並並ならぬ思い入れがあります。

そこで、どうせ開催するならキャッチコピーも最高のものにしたい!

というわけで、あなたのアイデアやセンスを凝縮した珠玉のキャッチコピーを作ってほしいのです。

ところで、キャッチコピーって分かりますか?

「そうだ、京都行こう」みたいなやつです。

そうなんです。

キャッチコピーには、アイデアやセンスが問われるんです。

だから、竹内先生や僕だけで考えるのではなくて、よりたくさんのアイデアを募集した方がより良いキャッチコピーが生まれるんじゃないかと思って、キャッチコピーコンテストを開催することにしました。

現段階での講座のメインテーマは「最強のSPI対策講座」ということですが、これ以外にもアンケートで頂いた「こんなことも聞いてみたい」という内容も盛り込んだスペシャルレクチャーになります。

こういった今回の講座のコンセプトに相応しいキャッチコピーを作っていただきたいのです。

キャッチコピーコンテストの豪華商品とは?

とはいえ、ただ「キャチコピーを考えてください」というだけでは、忙しいあなたの時間を頂くのが申し訳ないので、大賞に選ばれれば、豪華賞品を差し上げます!

大賞は、なんと賞金3万円です!!!

パッと考えてパッと応募するだけで3万円、果たして時給換算するといくらになるのでしょうか?

ぜひ、大賞を狙ってみてください。

そして、惜しくも大賞に選ばれなかった場合でも、準グランプリに選ばれた場合には、竹内先生の無料コンサルをプレゼントします!!

これは、またと無い貴重な機会ですので、準グランプリでも、かなりオイシイかなと思います。

さらに、今回は特別賞も設けることにしました。

その賞品は、竹内先生による特別レポート「書籍ベストセレクション88」です!

これは、これまで竹内先生が読んできた500冊以上のうちから、就活生が読むべき本を厳選して解説したものです。

これさえあれば、今あなたが読むべき本が全部分かりますよ!

というわけで、今回の豪華賞品のラインナップをご紹介してきましたが、大賞受賞作品は今回の講座のキャッチコピーとして活用させていただきます。

そして、準グランプリと特別賞については、素晴らしい作品があれば、数作品ずつ選出したいと思います。

ちなみに、作品は一人何通でも応募することができます。

ぜひ、「こういうの、どうかな?」と思ったら、ためらわずに応募してみてくださいね!

キャッチコピーを作る上でのコツとは?

ここで、今回のキャッチコピーコンテストに際して、あなたに1つヒントを差し上げます。

それは、宣伝会議賞の歴代グランプリ作品を参照することです。

宣伝会議賞というのは、日本でも最も権威のあるキャッチコピーコンテストの1つで、日本を代表するコピーライターの糸井重里さんはこのコンテストで全ての賞を受賞したことがあるそうです。

というわけで、宣伝会議賞の歴代グランプリ作品が見られるページのリンクを貼っておいたので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです↓
https://senden.co/history

作品の応募方法

それでは最後に応募方法をお伝えします。

まず、以下のフォームからコンテスト用のメルマガへの登録をお願いします。

登録が完了すると自動返信メールが届きますので、そちらに記載されている応募フォームから作品を応募してください。

作品の応募状況を見て早めに応募を締切る可能性がありますので、お早めのご応募をお願いします

また、コンテストに関しての連絡は登録いただいたメルマガで行いますので、普段よく使うメールアドレスを登録することをオススメします。

それでは、あなたのご応募をお待ちしております!

コンテスト応募フォーム

メールアドレス
個人情報は厳重に管理いたします。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、インターネットでの書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

・無料メール講座に申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

・メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除リンクより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

・Cookieについて
お客様が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにお客様の「Cookie情報」を収集する場合があります。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

AvalonConsulting株式会社カスタマーセンター
Mail:support@avalon-consulting.jp

1426244122_decrypted

このサイトはSSL暗号化技術採用によりお客様の情報を最高水準のセキュリティで保護します。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Fラン大学から東証一部上場企業の幹部候補内定を勝ち取り、文字通り就活の逆転を果たした過去を持つ。人材関連企業でヘッドハンターを務める中、「求職者に正しいキャリア形成や就活の情報が伝わっていない」ことを痛感し、当サイトを発足。現在では1ヶ月あたり20万人以上が訪れるサイトとなった。企業からお金をもらわず、徹底的に求職者目線の情報を伝えていくことがライフワークだと感じている。