フリーターのすべてを徹底解説!~年収や税金、正社員への就職まで~【まとめ】

フリーターでいることの何が問題なのでしょうか?

また、フリーターから正社員になるためにはどうすればいいのでしょうか?

この記事ではフリーターでいることのデメリットや気になるお金のこと、正社員になる方法について余すところなく解説していきます!

ぜひこの記事を読んでフリーターについて考えるきっかけにしてくださいね!

この記事での登場人物の紹介

富田:理工学部の大学3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

※この記事の内容は、あくまで一般的なものです。ホワイトアカデミーの無料相談会に参加すると、就活のプロからあなたにピッタリのアドバイスがもらえます!

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

投稿:2018.11.12 | 最終更新:2018.11.17

就活では色々な情報が飛び交い、正直、何をすればいいのか分からないですよね? 今のあなたは、初めての就活(もしかしたら2回目かもしれませんが)を前にして、色々と…

フリーターの定義とは?

富田
もう就活に疲れたよ…。このままフリーターでもいいいかな~、なんて。
白河
やあ富田くん。ほんとにそれでいいの?軽い気持ちで言ってない?
富田
ま、まあ…。楽に生きられるかなーって。
白河
その考えは甘すぎるね。その甘い考えを捨ててもらうためにも今日はフリーターについて説明していこうか。

まず知っていただきたいのが、フリーターの定義の正しい定義です。

フリーターとは、もともと「フリーランス・アルバイター」という言葉を略したものであり、派遣社員や契約社員とは区別されます。

厚生労働省はフリーターについて以下のように定義しています。

15~34歳で,男性は卒業者,女性は卒業者で未婚の者のうち,

<1>雇用者のうち勤め先における呼称が「パート」か「アルバイト」である者

<2>完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

<3>非労働力人口で家事も通学もしていない「その他」の者のうち,就業内定しておらず,希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

若年者問題に関する関係府省等の取組・連携の強化について(厚生労働省)

悲しきフリーターの末路…。

富田
定義としてのフリーターは分かったけど、まだ実感がわかないというか、フリーターになると具体的にどうなるのかが知りたいです!
白河
OK。それならフリーターの一生についてお話ししよう。絶対こうなるってわけじゃないけど参考にはなるんじゃないかな。
富田
なんか怖いな…。

ここからはさらにフリーターの実態を説明していきたいと思います。

そこでまず見ていただきたのがこちらの文章です。

これはあるフリーターの末路を描いたものですが、これを読んでいただければフリーターの生活について具体的なイメージは持っていただきやすいかと思います。

20代前半
 Fラン大学卒業間近、まわりは正社員に就職出来た方が少なく、フリーターが多数というに環境に安心する
「不景気だから」「就職難だから」「これが普通だから」と自分に言い聞かせ納得する
フリーターもしくは派遣社員としてのスタートを「新社会人デビュー」「フレッシャーズ」と言い張る
零細企業で働いている高校時代の友人より収入が多く、少し天狗になる
就職先を聞かれると迷わずバイト先の親会社の企業名を答える

20代後半
正社員雇用に関心を持ち始めるが、転職活動など具体的な事は何もしない
月収はそこまで差はないが、友人たちのボーナスの話がとても気になる
「まだ20代だから」「男は30代が勝負」とまだ余裕があるように自己暗示をかけ続ける
クルマなどの大きな買い物をするとき、ローンが通りにくいと気付く

30代
バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる
バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する
重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない
友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。が、式や新居に招待されることは無い
年収で友人たちと150万近くの差がつき、人生に不安を感じる

40代
転職、結婚、安定した将来、すべてが幻となった事にはっきり気付く
同じフリーター生活だった大学時代の友人たちが就職したり家業を継いだりという話を聞き、羨望と嫉妬と筋違いの怨恨の感情が芽生える
仕事の選択肢は夜勤と重労働ばかりの日雇い派遣労働しか残されておらず、それすら体力のある20代・30代に横取りされる

50代
もはや、人生のすべてを諦めた。日々を生きてゆくことが精一杯である
友人たちは子供が成人して一安心。老後の事が真剣に不安になってきた
高齢の為、派遣屋から仕事が来なくなってきた。やむなく遠方まで行く

60代
いざ路上へ・・・さらば人生

中高生は必ず正社員目指さないと こういう末路ほぼ確定
引用;はやぶさ(https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1515591571/)

すべての人が必ずしもこのようになるというわけでありませんが、フリーターの一生が普通の正社員と比べて過酷であるというのは間違いありません。

フリーターの年収はいくらぐらい?

白河
フリーターの一生がなんとなくわかったところで、もっと詳しくフリーターの生活について知っていこう。まずは年収からだね。
富田
正社員より少ないのは想像がつくんですけど…。

次にご紹介するのがフリーターの平均年収です。

こちらのデータをご覧ください。

このデータは正社員以外の雇用形態で働く人の年齢階級ごとの一か月の賃金を表したものです。

この調査は正社員以外を対象としており、派遣社員なども含まれるため、フリーターだけの場合はもう少し少なくなると考えられますが目安にはなるでしょう。

参照元:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/06.pdf)

このグラフからわかる通り、20~24歳では21万、25~29歳では19万、30~34歳では20万といったようにだいたい平均して20万円のあたりをうろついています。

月収を平均20万円として年収を計算すると、20万×12か月なのでフリーターの平均年収は240万円ということになります。

もう一つこちらのデータをご覧ください。

これはフリーターと正社員の年収を比較したものです。このグラフを見るとその差は歴然であることが分かります。

例えば25~29歳の大卒の年収を比較してみると、正社員は350万円程度稼いでいるのに対し、フリーターの場合は150万円ほどしかありません。

若いうちにはフリーターと正社員の年収の差にあまり差がないですが、正社員が年とともに年収が上がっていくのに対し、フリーターの場合はほぼ横ばいになっています。

参照元:「フリーターと正社員に生涯年収格差」平成24年度(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002790h-att/2r98520000027bo1.pdf)

この2つのデータからわかる通り、フリーターの平均年収はだいたい240万円くらいで、正社員に比べるとかなり少なくなってしまいます。

フリーターだと結婚しににくい?

富田
フリーターと正社員はあんなにも年収が違ってくるんですね…。
白河
そうだよ。ということは必然的に結婚もしにくくなるね。
富田
えっ。それは嫌だな…。僕かわいいお嫁さん欲しいです…。

フリーターと正社員の違いとしてもう一つ挙げられるのが結婚率についてです。

こちらのグラフを見ていただければわかるように、フリーターの結婚率は正社員と比較するとかなり低くなっています。

結婚をすると、結婚式をはじめ、新しい住居の準備など一人暮らしをするときには必要でなかった様々な費用が発生します。

そうなると、年収が少なく、安定していないフリーターを結婚相手にしようと考える人はなかなかいないでしょう。

さらに、フリーターの場合は正社員が受けられる保険や子育てなどに関する支援や、福利厚生の制度がほとんどないためより苦しい生活を強いられることになるのです。

男性の雇用形態別の有配偶率

※女性については、結婚や出産の結果、無業やパート・アルバイトなどの非正規雇用に変わる場合があり、男性とは傾向が異なるため、省略している。

参照元:厚生労働省 正社員?フリーター?何が違うの?

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000105821.pdf

フリーターが払わなければいけない税金は?

白河
じゃあ次は税金のことについて説明しよう。
富田
えっ。フリーターでも払わないといけない税金があるんですか?
白河
もちろん。大きく分けて「所得税」「住民税」の2つがあるからそれぞれについて詳しく説明していくよ。

①所得税~年収103万円の壁~

まず支払はなければならないのが所得税です。

アルバイト経験のある人はならだれもが「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがあると思いますが、まさにこれが所得税のことなのです。

所得税は年収が103万円を超えるとその超過分が課税対象になります。

学生や主婦のアルバイトの場合は103万円に抑えた方が良い場合もありますが、フリーターの場合は年収103万円以下で生活していくのは厳しいので、普通は所得税を支払うことになるでしょう。

もう少し分かりやすく説明すると

課税対象=年間収入ー(基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円)×税率

という計算式になります。

税率については以下の表を参考にしてください。

参照元:国税庁 No.2260 所得税の税率(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

例えば、年収が300万円の場合は

300万円ー103万円=197万円←これが課税対象金額

197万円×10%=19万7000円

さらにここから控除額を引いて

19万7000円ー9万7500円=9万9500円

ということになります。

②住民税

もう一つ支払わなければならない税金が住民税です。

住民税は、毎年1月1日~12月31日までの収入や所得控除から税額が決まり、6月1日を起点にその税額を納める必要があります。

住民税の計算方法には2つあり、「所得割」と「均等割」の金額の合算によって決定します。「所得割」とは、前年の所得金額に応じて計算されるものです。これは収入が多いほど、税額も高くなる仕組みになっています。

一方で「均等割」とは、住民全員が同じ金額を支払う計算方法です。

ここでは簡単な手順をご紹介します。

  1. 前年の所得を調べる
  2. 所得控除の額を調べる
  3. 課税所得金額を算出する
  4. 調整控除額を算出する
  5. 住民税の金額を計算する

住民税の計算式は以下の通りです。

所得割額=(前年の総所得金額-所得控除額)×税率(市民/区民税・県民/都民税)-税額控除額

所得割額+均等割額=住民税額

また、年収が100万円以下であれば住民税は非課税となりますが、フリーターとして生活していく場合はその年収だと厳しいでしょう。

フリーターが支払わなければならない保険料とは?

白河
よし、じゃあ次は保険料だね。
富田
保険料も⁉もうお金がなくなっちゃいますよ!
白河
でも払わなきゃいけないもんは払わないとね。そろそろフリーターの大変さが分かってきたかな?

①国民健康保険

日本ではすべての国民が公的医療保険に入り、保険料を払うことが義務付けられています。

代表的なものに「社会保険」「国民健康保険」がありますが、フリーターの場合は国民健康保険に入るのがほとんどです。

国民健康保険料は都道府県や自治体によって大きな差があります。

社会保険の場合は会社と折半なのでその分保険料の負担が軽くなりますが、フリータにはそのような手当てがないため、保険の負担も非常に大きいものとなってしまうのです。

ただ、経済的・身体的な理由などで保険料の支払いが厳しい場合は減免してもらえる場合があるので、支払いが厳しくても無断で支払いの滞納をすることは絶対にやめましょう。

無断で滞納してしまうと、本当に困ったときに保障を受けることができなくなってしまいます。

保険料を払うのが困難な場合は、まず地方自治体に相談することが大切です。

②国民年金

「国民年金」は20歳以上の国民すべてに加入が義務付けられています。

国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは一カ月あたり16,490円です。

また、会社員の場合は「厚生年金」に加入するのが一般的で、この場合保険料は会社と折半になります。

国民年金と同様にフリーターだと負担が大きくなってしまうのです。

フリーターでも一定の条件を満せば、厚生年金に加入することは可能です。

こちらも国民健康保険と同様に、無断で保険料の支払いを場合は将来怠った場合は年金を受け取れなくなってしまいます。

経済的な理由などで保険料の支払いが困難な場合は免除や猶予をしてもらうことも可能です。

免除される額については全額、4分の3、半額、4分の1と経済状況に合わせていくつかの選択肢があります。

免除してもらった額はその後追納して納めることもできますので、手続きはしっかりしておきましょう。

また、学生のうちは「学生納付特例制度」という制度があり、20歳になるときに役所から支払いの通知がきても家族の収入に関係なく保険料の納付が猶予してもらえます。

フリーターが一人暮らしをすることは可能なのか?

富田
フリーターの一人暮らしって結構大変そうだけどどうなんでしょうか…。
白河
じゃあここからは、これまで色々説明してきたフリーターの年収を参考に、フリーターの一人暮らしについて考えてみよう。

まずはフリーターが一人暮らしをしていけるのかということについて検証してみます。

一人暮らしにかかる基本的な固定費用は

  • 家賃 
  • 食費 
  • 電気代 
  • 水道代 
  • ガス代

などが挙げられます。

わたしは現在一人暮らしをしているのですが、光熱費は電気・ガス・水道を合わせてひと月1万円くらいはかかります。

食費については節約にあまり力を入れなければ4万円ほどになります。

家賃は住む場所や住居によっても大きく変わってきますが、都内ならば安くても7万円ほどはするかと思います。

そう考えると、1カ月あたり12万円くらいは生活費がかかることになります。

年収240万円の場合月収は20万円になりますが、ここからさらに先ほどご紹介した保険や税金などがかかることも考えると貯金をするほどの余裕はないように思えますね。

フリーターから正社員になるのは無理なのか?

富田
じゃあフリーターになったらお先真っ暗じゃないですか…!
白河
それはまだ早いよ。フリーターからでも正社員になることはできるよ。
富田
そうなんですか!それは安心しました!
白河
でも新卒に比べると難しいのは事実だからしっかり対策する必要があるね。ここからはフリーターが正社員になるために重要なポイントを教えよう。

フリーター期間が長いほど正社員になりにくい!

参照元:厚生労働省 正社員?フリーター?何が違うの?

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000105821.pdf

こちらの厚生労働省のデータを見ていただければ分かるように、フリーター期間が長ければ長いほどその後の就職が不利になっていきます。

就職したいと思ったらすぐに行動することが重要です。何となく頭の中で考えているだけでは就職するのは難しいでしょう。

本気で就職したいなら就活スクールに通うことをオススメします。ホワイトアカデミーなら個別で徹底的に対策をしてくれます↓

ホワイト企業就職率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

ホワイト企業就職率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

投稿:2018.11.01 | 最終更新:2018.11.15

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。 私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでしたが、ホワイトアカデミーの先生に面倒を見てもらったことで、…

フリーターからの正社員登用制度についてしっかり理解しておく!

フリーターからの正社員になる方法の一つとして、正社員登用制度があります。しかし、正社員登用制度にも注意が必要です。

実は、「正社員登用制度」はその選考方法や基準などが企業に一任されており、法律で定められている制度ではないのです。

つまり、正社員登用制度ありと書いてあっても、実際になりたいと思っても担当者にはぐらかされてしまったり、何度登用試験に挑戦しても正社員にしてもらえないといったこともあり得るのです。

ですので、正社員登用制度を利用したいと思ったら、事前に担当者の人に基準や可能性についてしっかり確認しておく必要があります。

フリーターから正社員になりやすい仕事を知る!

フリーターから正社員を目指すにあたって覚えておいていただきたいのが、正社員になりやすい仕事とそうでない仕事があるということです。

フリーターは新卒に比べるとどうしても不利になってしまうので、できる限り就職できる可能性を上げるために就職しやすい仕事を知っておくのは重要です。

以下にフリーターからでも就職しやすい仕事を4つ紹介しておきます。

  • サービス・販売職
  • 営業
  • 一般事務
  • 受付

フリーターに関するまとめ

白河
どうだったかな?フリーターの現実と就職について分かってもらえたんじゃないかな。
富田
はい!就活はしんどいけど、フリーターとしてやっていくのも大変だってことが分かりました。
白河
そうだね。この記事のまとめとしては

  • フリーターとして一生を過ごしてくのは年収的に難しい
  • フリーターでも払わなければいけない税金がある
  • フリーターから正社員になるにはきちんと対策すれば無理ではない

って感じかな。現実から目を背けずに自分と改めて向き合ってね。

富田
はい! ありがとうございます。もう1度きちんと自分と向き合いたいと思います。

※この記事の内容は、あくまで一般的なものです。ホワイトアカデミーの無料相談会に参加すると、就活のプロからあなたにピッタリのアドバイスがもらえます!

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

投稿:2018.11.12 | 最終更新:2018.11.17

就活では色々な情報が飛び交い、正直、何をすればいいのか分からないですよね? 今のあなたは、初めての就活(もしかしたら2回目かもしれませんが)を前にして、色々と…

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。