フリーターが就職するための完全マニュアル!これさえ読めばフリーターから脱出できます!

「フリーターになってしまった、もう人生おしまいだ…。」

「フリーターは辞めたいけれど就職できない…。」

フリーターだからといって就職を諦めてしまうのはもったいないです。フリーターを脱却して正社員になることができれば、あなたの将来は大きく変わります。

そこで、この記事ではフリーターでも就職に成功する方法をお教えします。ぜひ最後まで読んで、就活に役立ててくださいね。

この記事を書いた人:「ホワイト企業への道」編集部

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。

人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。編集部イチオシの就活に役立つ教科書をプレゼント中!

フリーターの就職成功体験談

 

まずはフリーターでも就職できるということを実際の成功体験談から知っていただきましょう。

一度フリーターになってしまうと就職するのが困難であることは事実です。しかし、困難なだけであって不可能なわけではありません。

きちんと対策をとり、真剣に就職活動をすればフリーターでも就職することができるのです。

いくつか実際の体験談をご紹介します。

  • K.Y.さん(27歳/男性)
  • 元引越しアルバイト

体力には自信があったので、営業を希望して就職しました。

給与が増えたのが就職して一番嬉しかったことです。

営業の仕事は大変なことも多いですが、頑張った分だけ給与がプラスされるのですごくやりがいがあります。

今は正社員になったことで多少余裕ができて、ローンも問題なく組めるようになったので、念願の車を買いにいこうかと思っています。

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 25歳を超えたフリーターからの就職体験談(https://freetermatome.com/waruizyoken10/)

  • A.T.さん(28歳/男性)
  • 元 飲食アルバイト

某居酒屋で長いことアルバイトしていました。

フリーター時代は20代前半までは自由に楽しくやってたんですが、25歳過ぎてから周りが急に働き出したので、自分も慌てて始めました。

でも全然就職できなくて、正直つらい時期もありました。

就職エージェントのサポートを受けることで無事就職することができたんですが、1人じゃ多分就職は難しかったと思います。

将来的には自分の店を持ちたいという夢もできました。

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 25歳を超えたフリーターからの就職体験談(https://freetermatome.com/waruizyoken10/)

このように、きちんと就活すればフリーターから就職も夢では無いのです。

フリーターでいてはいけない理由

そもそもフリーターでいることに何の問題があるのでしょうか。

フリーターと言えども、正社員と同じように働いていることに変わりはありません。

しかし、フリーターであることには様々なデメリットが付きまとってくるのです。

どのようなデメリットがあるのか以下で詳しく説明します。

正社員に比べて年収が少ない

これは容易に想像がつくかと思いますが、フリーターの年収は正社員の年収に比べて非常に少ないです。

下のグラフをご覧ください。フリーターである「パート・アルバイト」の給料は正社員の給料に比べて明らかに少ないことが分かります。

さらに、給料の格差は年齢を重ねるごとに大きくなっていきます。45歳~54歳の期間にはフリーターは正社員の半分ほどしか給料がもらえなくなるのです。

このように、フリーターはほぼ必然的に低い賃金で生活していくことになるのです。

フリーターだと結婚しにくい

フリーターであることのデメリットとしてもう一つ代表的なものが「結婚できないこと」です。

フリーターは年収が少なく、安定していないため、結婚してそれなりの家庭生活を営んでいくことが難しい場合がおおいです。

そうなると、普通の人はまずフリーターを結婚相手にしようとは思いません。

フリーターであることはあなたの将来設計にも大きな悪影響を与えることになるのです。

フリーターから就職するのが厳しい理由

「よし、じゃあ正社員になるために就職するぞ!」そう意気込んでもなかなかうまくいかないのが今の現状です。

フリーターが就職するにあたっては、様々な要因が不利に働いてしまい就職活動を妨げます。

ここからはどのような理由でフリーターの就職活動が厳しくなってしまうのかを詳しく説明していきます。

理由1:フリーターに対する世間の風当たりが厳しい

そもそも、今の日本の世の中はフリーターに良いイメージを持っているひとはほとんどいません。

だらしない、責任感が無いなど、どうしても悪い目で見られがちです。

そのようなマイナスな先入観からのスタートになるため、新卒で普通に就活するよりも就職が難しいというのはある意味当然といえます。

理由2:求人の数が少ない

業界や職種にもよりますが、新卒採用の求人に比べると既卒やフリーターの求人の数は少なくなってしまいます。

そもそもの母数が少ないのですから、企業の選択の幅も狭まってしまいますし、なかなか上手く就職が決まらないこともあります。

理由3:就職できてもブラック企業であることが多い

フリーターを積極的に採用する会社などは人手不足であることが多いです。

人手不足なのには色々と原因が考えられると思いますが、一番考えやすいのが「新卒で入った正社員がやめてしまうから」という理由です。

つまり、そのような会社は人が辞めていっているということであり、ブラック企業である可能性が高いということです。

そのため、フリーターからやっと就職できても、実際働いてみるとブラック企業で自分も辞めてしまう…。なんてことになりかねません。

フリーターが就職するにはどうすればいいの?

上でお話ししたように、フリーターの就職活動は様々な困難が付きまといます。しかし、だからといって就職出来ないわけではないと先ほどお話ししました。

ここからはフリーターが就職するためにはどうすればよいのかを段階ごとに丁寧に解説していきます。

フリーターが就職活動するときの心構え

最初に、これから新たに就職活動をしていくにあたっての心構えについてお話しします。

まず重要なのが自分に厳しくあることです。フリーターからの就職は簡単なものではありません。

実際に正社員になるとそれなりの責任も伴いますし、嫌なこともあります。

そこですぐに投げ出さずに、自分を戒めることができるかが重要です。

また、社会人としてのマナーや常識は何よりも大事です。

フリーターが経験やスキルで勝負するのはなかなか難しいです。

だからこそ、社会人としてのマナーや常識は誰よりもできていなければいけないと思うようにしましょう。

フリーターが就職するときにおすすめの職種

心構えができたら、次にどの会社を受けるのかを考えていかなければなりません。

そこでまず押さえておきたいのが職種についてです。フリーターの人におすすめできる職種として全般に言えるのは、そこまで専門的なスキルが必要でないということです。

フリーターには職歴がなく、これはマイナスポイントとなることが多いです。そのディスアドバンテージを背負ったうえで、アピールできるのがアルバイトの経験や知識になります。

ですから、アルバイトでの経験を生かせる職種にすると採用試験でもアピールがしやすいかと思います。

以下で具体的な職種についてご紹介します。

サービス・販売職

これは飲食や介護などが当てはまります。これらの仕事は性別や年齢が特に定められておらず、求人数も多いため比較的就職しやすい職種であるといえます。

また、専門的な知識も必要なく、アルバイトでも同じような仕事があるため、アルバイトでこれら業務の経験があるフリーターの方に特におすすめです。

人と接することが多い仕事なのでコミュニケーション能力などをアピールできるとよいでしょう。

営業職

この仕事も特に専門的なスキルが不必要なので、就職しやすい職種といえます。また、営業職は基本的にどの会社でも損愛する職種のため求人数もそれなりにあります。

コミュニケーション力や体力、交渉力がアピールできるとよいでしょう。

さらに、営業職は給料の形態が成果報酬型であることも多いため、自分の努力次第で給料をアップさせることができる場合があります。

一般事務

営業職と同じく、事務も会社にとって欠かせない職種です。一般事務の場合、基本的なパソコン操作ができれば問題ありません。

また、オフィスワークなのであまり体力がない人でも十分に仕事ができます。パソコンスキルがあるとより良いでしょう。

IT・エンジニア

エンジニアって専門的な知識がいるんじゃないの…?そう怪訝に思うかもしれません。

確かに、エンジニア職は専門的な知識が必要です。しかし、それ以上にエンジニアの需要は高まっており、人手の足りない状況になっています。

そのため、未経験でも雇ってくれる場合もあるのでフリーターからでも就職しやすい職種であるといえます。

年収も比較的高いですが、ブラック企業であることも多いためそこは注意が必要です

フリーター就職にあまりおススメできない職種

フリーターにおすすめできない職種の特徴としては、おすすめできる職種に逆と考えていただければよいです。

つまり、専門性が高く、求人の数が少ないほど厳しくなります。具体的な職種について詳しく見ていきましょう。

専門職

医療系などを代表とする専門性の高い職種は、特別な資格が必要とされることが多いため非常にハードルが高いです。

これらの資格を取得するにはそれなりの時間がかかるため、それだけで貴重な時間を費やすことになります。

どうしてもなりたいわけではないのなら、この職種は避けるのが無難です。

企画・広報職

これらの職種はフリーターから採用されることはほとんどないと言って良いでしょう。

この二つは社内のほかの部署などでそれなりに経験を積んで初めて任されるような仕事です。

そのため、フリーターからこのような職を目指すのは厳しいといえます。

フリーターからの就職でも説明会に参加できるのか?

結論から言うと、フリーターでも企業合同説明会に参加することは可能です。

一般的な説明会に参加しているのは新卒の人がほとんどで、企業も新卒の人をターゲットにしています。

しかし、実は説明会の中には「既卒・フリーター」向けの説明会もあるのです。

既卒・フリーター向けの説明会のに参加しているということは、その企業も既卒・フリーターを採用意欲が強いということなので、説明会に参加していない企業を受けるよりかは採用される可能性が高いといえます。

中には、サイトでは求人していない企業などもあるので、隠れた優良企業が見つかる場合もあります。

また、働きたいという意思はあるものの、明確にやりたい仕事がない場合にも合同説明会に行くことをおススメします。

合同説明会に参加することで、企業の具体的なイメージを知ることができたり、自分に合っているかどうかを判断する材料になります。

また、事前に志望する企業が決まっている人は個別相談会のある説明会に行って、エントリーシートや面接のネタを探したり、会社に対する疑問などを聞いておくと良いでしょう。

このような説明会は就職支援サイトや求人サイトなどが主催していることが多いので、いくつかサイトをチェックしておきましょう。

【見本あり!】フリーター就職の履歴書の書き方

スマートフォンとメモ帳

職歴の書き方

履歴書を書く際にまず気になるのが職歴についてだと思います。まず念頭に置いていただきたいのが、空白期間はできるだけない方が良いということです。

また、アルバイトだからといって億劫に感じる必要はありません。特にアルバイトでの経験が志望企業にマッチしている場合や、アピールに生かせる場合は積極的に書いていきましょう!

基本の職歴の書き方

基本の職歴の書き方は

  1. 学歴から一行開けて中央に「職歴」と書く
  2. 一般的に開始・退職年月の両方を書く。特に職歴がない場合は中央に「なし」と書く。
  3. 最後に右端に「以上」と書く

この書き方をすれば問題ないです。

バイトの履歴書:「学歴・職歴」の書き方【フリーター編】 タウンワーク  (https://townwork.net/magazine/knowhow/resume/baito_resume/7934/)

フリーターの場合、職歴の長さや種類が人によって様々ですのでここからはいくつか職歴のパターンごとに書き方をさらに詳しく説明します。

職歴が少ない・バイトでの経験をアピールしたい場合

この場合は通常の職歴の下に業務内容を記入すると良いでしょう。

職歴が少ない場合は空欄をごまかすことができますし、バイトで具体的にどのようなことをしてきたのかアピールすることもできます。

二つほど記入の例を挙げておきます。

 

バイトの履歴書:「学歴・職歴」の書き方【フリーター編】 タウンワーク  (https://townwork.net/magazine/knowhow/resume/baito_resume/7934/)

アルバイト経験は履歴書の職歴欄・職務経歴書にどう書く?アピールにつながる書き方 マイナビ転職(https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/66)

職歴が多い場合

職歴が多くて書ききれない場合はその中から使えそうなものを選んで書くようにしましょう。

あまりにも勤務期間が短いものを記入してしまうと、長続きしないというマイナスな印象を与えてしまうので注意しましょう。

空白期間があると思われないように、選ばなかった企業も「○○株式会社 他」などのように一行にまとめて記入しておきましょう。

こちらも記入の例をご紹介します。

バイトの履歴書:「学歴・職歴」の書き方【フリーター編】 タウンワーク  (https://townwork.net/magazine/knowhow/resume/baito_resume/7934/)

職歴がない場合

この場合は素直になしと記入してほかの部分でカバーするのがベターです。

資格や免許を取得している場合はそのための勉強をしていたと説明することができます。

また、志望動機をしっかり書いて熱意を伝えることで挽回することもできます。

経歴詐称だけは絶対にしないようにしましょう。後で自分の首を絞めることになります。

職歴を強くアピールしたい場合

職歴を強くアピールしたい場合は職務経歴書を書くこともできます。

しかし、職務履歴書は志望している企業と自分の職務経験がよほどマッチしているか、その経験やスキルが非常に生かせる場合でないと書く意義はあまりないでしょう。

職務履歴書のフォーマットは様々ですが、基本的に書く内容としては

  1. 職務経歴
  2. 具体的な業務内容
  3. 実績・評価

を押さえておくと良いでしょう。

また、内容を見直す際には、

  • 企業のニーズにあっているか
  • 経験だけの羅列になっていないか
  • 読みやすい形式になっているか
  • 面接で質問されたときに答えられるか

に注意すると良いものに仕上がります。

職務履歴書の例を1つ挙げておきます。

アルバイト経験は履歴書の職歴欄・職務経歴書にどう書く?アピールにつながる書き方 マイナビ転職(https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/66)

フリーター就職での筆記試験対策

英字新聞とアヒル

フリーターから就職する場合に筆記試験が課される場合はほとんどありませんが、課される場合はそれなりの対策が必要です。

筆記試験では最低限の能力があるかどうかを測るものであり、主に使われるのがSPI3です。

これは言語問題と非言語問題、能力検査の3つの分野からなっており、問題の内容は中学や高校での国語や算数の知識を基にしたものです。

対策としては、まずは実際の問題を解いて腕試しをしてから、参考書で対策することをおススメします。

筆記試験の詳しい対策についてはこちらの記事を読んでください↓

これで完璧!就活筆記試験を通過するための対策まとめ

これで完璧!就活筆記試験を通過するための対策まとめ

投稿:2017.11.30 | 最終更新:2018.06.13

就活で行われる筆記試験をネックに感じている就活生が多いようです。 「筆記試験なんて受験以来だ。」 「筆記試験対策が大変と聞いたけれど本当?」 などなど、…

フリーター就職での面接の突破法

フリーターが就職するにあたって、面接試験は非常に重要なポイントになります。

面接のときの服装や想定質問まで一挙に紹介します。

面接時の服装に気をつけよう

面接でまずその人の印象が決まるのが身だしなみです。身だしなみを整えることは難しいことではありません。

変なところで不採用になる理由を作らないように基本の身だしなみをマスターしましょう。

服装はスーツが基本です。

新卒の場合はリクルートスーツさえ着ていれば問題ありませんが、フリーターの場合でもリクルートスーツだとダメだということはありません。

しかし、リクルートスーツは学生の就活用に作られているので、地味で生地も安っぽいものが多いです。

これから正社員として働いていく際にも着るということを考えるとリクルートスーツではなくビジネススーツの方が良いでしょう。

女性の場合はスカートスーツでもパンツスーツでもどちらでも構いません。

また、服装だけでなく髪型にも気を使いましょう。大切なのは清潔感があることです。

派手過ぎる髪型や明るすぎる髪色はふさわしくありません。男性はひげも剃っておくようにしましょう。

面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

なぜフリーターをしていたのですか?

これは必ずといって良いほど聞かれる質問でしょう。特にフリーター期間が長かったり、空白期間があるとツッコまれやすいです。

企業側がこの質問を聞くのには理由があります。それは、この先正社員としてきちんと働いてくれるかを知りたいからです。

フリーターという働き方は責任が伴わない仕事が多く、辞めようと思えばいつでも辞めることができます。

大事なことは自分の至らなかった点は認め、素直に答えることです。

もし何か別に頑張ってきたことがあるならそれをしっかり伝えるべきです。

また、「なんとなく」という理由でフリーターになってしまった方はそのことについて自分で反省・後悔していることを伝えたうえで新たに正社員で働いていくことに対する熱意を伝えましょう。

新卒時に就職活動はしなかったのですか?

これについてはなかなか難しい問題です。

「就職活動していたのに就職でできなかった」というと人間性に問題があったということですし、「就職活動をしていなかった」というのはそれはそれであまり良い印象を与えません。

ですので、新卒の時と今では変わったということをしっかり伝えるようにしましょう。

1つ例をご紹介しましょう。

新卒時にも就職活動をしていたのですが、闇雲に企業に応募し面接に参加していたため、結局内定をもらうことができませんでした。

フリーターになってからは、再度自らの興味ややりたいことを考え直し、企業研究をした上で、御社の仕事に興味を持ち応募させていただきました。

フリーターから就職ガイド フリーター専門の就職支援サイト(https://www.dekirukotokara.com/free/questions.html#sinsotu)

自分の長所と短所を教えてください

長所は割と答えやすいかと思いますが問題は短所です。

短所を聞かれた際に気をつけるのは、こちらも素直伝えることと回答に客観性を持たせることです。

また、その短所に対して自分なりにどう克服・対応しているのか答えることも重要です。

短所の答え方についてはこちらの記事を読んでください↓

面接で短所を聞かれたらこう答えろ!答え方の例一覧も

面接で短所を聞かれたらこう答えろ!答え方の例一覧も

投稿:2018.02.15 | 最終更新:2018.08.05

面接で短所を聞かれることってよくありますよね。短所を答えるとマイナスに評価されてしまう… でも、聞かれたからにはどうにかして答えないといけない…どうしよう??…

フリーター期間中にどんな仕事をしましたか

ここではアルバイトの経験やスキルの中からその企業で生かせそうなものを中心にアピールします。

接客業であればコミュニケーションスキル、リーダー経験があればそれについて話すのも良いでしょう。

ダラダラと経験のみを語るのではなく、それをどう生かしていきたいのかを簡潔に伝えることが大事です。

高卒のフリーターでも就職できる?

結論から言うとYesです。高卒だからといって無理だということはありません。

もちろん普通の新卒に比べるとその差は大きいかもしれませんが、同じ大卒のフリーターとの差はほとんど無いと言って良いでしょう。

不安に思って悩むぐらいならとにかく行動しましょう。フリーターは期間が長いほど不利になります。

フリーターが就職できるのはいつまで?30代・40代になっても諦めるな!

フリーターから正社員として就職できるのは時間との勝負です。20代の内ならまだ楽に就職できますが、30代、40代と年を追うごとに就職するのは厳しくなっていきます。

まずはできるだけ早く行動を起こすことが大事ですが、30代、40代だからと言って諦めるのはよくありません。

就職先の選択肢は狭まりますが、フリーターからでも就職しやすい求人に絞るなど、就活のやり方次第で就職することは可能です。

フリーターのための就職支援サイト・サポート

本を読む男性

ここまでの読んでいただいて分かるように、フリーターからの就職は一筋縄ではいきません。

やはり何かサポートがあった方が就職しやすいのは確実です。ここではフリーターからの就職におすすめな就職支援サイトを紹介します。

また、エージェントやサイトだけでは不安という方は就活塾に行くのもおススメです。

こちらの就活塾では「ホワイト企業」への就職を徹底しており、ブラック企業が多いフリーターからの就職にはピッタリだといえるでしょう。

ぜひ一度検討してみることをおススメします。

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.08.20

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

フリーターからの就職まとめ

指でポイントを指し示す女性

いかがでしたでしょうか。

フリーターから就職するために重要なことは、まず今のままではいけないと強く思いすぐ行動することです。

そして、フリーターから就職する場合の就活の注意点を押さえることが重要です。

また、一人で全部やるのは難しいことなので、就活塾などのサポートを利用しましょう。

皆さんがフリーターを脱出し正社員になれることを応援しています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、https://avalon-consulting.jp/20s-media/profile-2/からご覧になれます。