フリーターの年収の平均は?限界はいくら?税金や手取り額まで全部教えちゃいます!

フリーターの年収はいくらでしょうか?

就活をしていると「もう就活辞めたい…働きたくない…もうフリーターでいいかな…」なんて思う方もいるかもしれません。

就活を諦めた先に待っているのはニートやフリーターといった道です。

「ニートはさすがにダメだけどフリーターなら働いてるしありでは…?」それは本当なのでしょうか。

この記事ではフリーターの年収からその先の生活に至るまで詳しく解説していきます!

ぜひ最後まで読んで今一度自分を見つめなおすきっかけにしてくださいね!

この記事を書いた人:「ホワイト企業への道」編集部

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。

人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。

※この記事の内容は、あくまで一般的なものです。ホワイトアカデミーの無料相談会に参加すると、就活のプロからあなたにピッタリのアドバイスがもらえます!

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

投稿:2018.11.12 | 最終更新:2018.11.17

就活では色々な情報が飛び交い、正直、何をすればいいのか分からないですよね? 今のあなたは、初めての就活(もしかしたら2回目かもしれませんが)を前にして、色々と…

そもそもフリーターとは?

フリーターの年収についてお話する前にまずはフリーターの定義について確認しておきましょう。

厚生労働省はフリーターについてこのように定義しています。

15~34歳で,男性は卒業者,女性は卒業者で未婚の者のうち,

<1>雇用者のうち勤め先における呼称が「パート」か「アルバイト」である者

<2>完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

<3>非労働力人口で家事も通学もしていない「その他」の者のうち,就業内定しておらず,希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

若年者問題に関する関係府省等の取組・連携の強化について(厚生労働省)

これを読んでわかる通り、フリーターとは基本的に「アルバイト・パート」をしている人のことを指します。

ではアルバイトやパートを主な収入源にして生活するとどれくらい稼げるのでしょうか?

さらに詳しく見ていきましょう。

フリーターの年収の相場はいくら?正社員との差は?

フリーターの平均年収はいくらくらいなのでしょうか?こちらのデータをご覧ください。

このデータは正社員以外の雇用形態で働く人の年齢階級ごとの一か月の賃金を表したものです。

この調査は正社員以外を対象としており、派遣社員なども含まれるため、フリーターだけの場合はもう少し少なくなると考えられますが目安にはなるでしょう。

参照元:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/06.pdf)

このグラフからわかる通り、20~24歳では21万、25~29歳では19万、30~34歳では20万といったようにだいたい平均して20万円のあたりをうろついています。

月収を平均20万円として年収を計算すると、20万×12か月なのでフリーターの平均年収は240万円ということになります。

もう一つこちらのデータをご覧ください。

これはフリーターと正社員の年収を比較したものです。このグラフを見るとその差は歴然であることが分かります。

例えば25~29歳の大卒の年収を比較してみると、正社員は350万円程度稼いでいるのに対し、フリーターの場合は150万円ほどしかありません。

若いうちにはフリーターと正社員の年収の差にあまり差がないですが、正社員が年とともに年収が上がっていくのに対し、フリーターの場合はほぼ横ばいになっています。

参照元:「フリーターと正社員に生涯年収格差」平成24年度(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002790h-att/2r98520000027bo1.pdf)

この2つのデータからわかる通り、フリーターの平均年収はだいたい240万円くらいで、正社員に比べるとかなり少なくなってしまいます。

フリーターの年収の限界は?頑張っても300万⁉

「いや、頑張ればフリーターでももっと稼げるはずだ!!」そう思う方もいるかもしれません。

本当でしょうか?フリーターが稼げる限界について考えてみましょう。

様々な時給や時間でシュミレーションしてみましょう。

今回は時給1000円を基本に、早朝や夜勤で働いて時給25%増しのパターンも考えます。

これを見ると、夜勤で1日10時間、1週間に6日働き続けたとしても年収は360万円です。

さらにこれは目安であって、ここから税金などが引かれると手取りはさらに少なくなります。

そう考えると、フリーターという就業形態ではどんなに頑張っても正社員並みの年収を得ることは非常に厳しいと言わざるを得ません。

これはあくまでも分かりやすくするための簡単なシュミレーションなので、ここからはもっと現実に沿ったフリーターの年収についてみていきましょう。

フリーターが払わなければいけない「国民健康保険」とは?

ここからは実際の手取り額から差し引かれるお金について説明していきます。1つ目は国民健康保険です。

日本ではすべての国民が公的医療保険に入り、保険料を払うことが義務付けられています。

代表的なものに「社会保険」「国民健康保険」がありますが、フリーターの場合には国民健康保険に入るのがほとんどです。

社会保険の場合は会社と折半であるため、その分保険料の負担が軽くなります。

また、国民健康保険料は都道府県や自治体によって大きな差があります。

参考として年代と年収ごとの国民保険料の全国平均額を乗せておきます。

年収別の国民健康保険料【全国平均】

参照元:国民健康保険 全国1376市区町村の「年収別」国民健康保険料を公開 (https://5kuho.com/meyasu/

この表を見ていただくとわかる通り、年収300万円だとしても20万円は保険料として支払わなければなりません。

フリーターであると保険の負担も非常に大きいものとなってしまうのです。

しかし、払えないからと言って無断で支払いの滞納をすることは絶対にやめましょう。

経済的・身体的な理由などで保険料の支払いが厳しい場合は減免してもらえる場合があります。

払えないと思ったらまずは地方自治体に相談することが大切です。

無断で滞納してしまうと、本当に困ったときに保障を受けることができなくなってしまいます。

フリーターが払わなければいけない「国民年金」とは?厚生年金との違いは?

2つ目が国民健康保険です。

「国民年金」は20歳以上の国民すべてに加入が義務付けられています。

国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは一カ月あたり16,490円です。現在は高齢者の急増により、毎年の金額が上がっています。

会社員で「厚生年金」に加入している人でなければ、国民年金に加入する義務があります。

厚生年金は、正社員として企業に勤務する場合に加入する年金制度のことで、この場合保険料は会社と折半になります。

フリーターでも厚生年金に加入することは可能ですが、その場合は一定の条件を満たす必要があります。

国民年金に加入しておくと、高齢になったときに年金を受け取れます。

しかし、無断で保険料の支払いをしていない場合は将来年金を受け取れなくなってしまいます。

こちらも国民健康保険と同様に、経済的な理由などで保険料の支払いが困難な場合は免除や猶予をしてもらうことも可能です。

免除される額については全額、4分の3、半額、4分の1と経済状況に合わせていくつかの選択肢があります。

もちろん、その後の追納がなかった場合はもらえる年金の額は少なくなりますが、それでも全額もらえないよりはよっぽどマシだと思いますので、しっかり手続きをしておきましょう。

また、20歳になるときに役所から通知が届きますが、学生のうちは「学生納付特例制度」によって家族の収入に関係なく保険料の納付が猶予してもらえます。

フリーターが払わなければいけない「税金」とは?

最後にフリーターが支払わなければならない税金についてご説明します。

フリーターが支払わなければならない税金は大きく分けて「所得税」「住民税」の2つがあります。

それぞれについて詳しく解説していきます。

①所得税~年収103万円の壁~

まず支払はなければならないのが所得税です。

アルバイト経験のある人は一度は「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがあると思いますが、この言葉はまさに所得税についての話なのです。

つまり、どういうことかというと年収が103万円を超えるとその超過分が所得税の課税対象となるのです。

学生や主婦のアルバイトの場合は103万円に抑えた方が良い場合もありますが、フリーターの場合は年収103万円以下で生活していくのは厳しいでしょう。

もう少し分かりやすく説明すると

課税対象=年間収入-(基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円)

こういうことになります、ここに税率をかける形となるのです。

税率については以下のようになっています。

参照元:国税庁 No.2260 所得税の税率(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

例えば、年収が300万円の場合は

300万円ー103万円=197万円←これが課税対象金額

197万円×10%=19万7000円

さらにここから控除額を引いて

19万7000円ー9万7500円=9万9500円

ということになります。全体の年収からおよそ10万円も差し引かれてしまうのです。

②住民税

もう一つ支払わなければならない税金が住民税です。

住民税は、毎年1月1日~12月31日までの収入や所得控除から税額が決まり、6月1日を起点にその税額を納める必要があります。

住民税の計算方法には2つあり、「所得割」と「均等割」の金額の合算によって決定します。「所得割」とは、前年の所得金額に応じて計算されるものです。これは収入が多いほど、税額も高くなる仕組みになっています。

一方で「均等割」とは、住民全員が同じ金額を支払う計算方法です。

ここでは簡単な手順をご紹介します。

  1. 前年の所得を調べる
  2. 所得控除の額を調べる
  3. 課税所得金額を算出する
  4. 調整控除額を算出する
  5. 住民税の金額を計算する

住民税の計算式は以下の通りです。

所得割額=(前年の総所得金額-所得控除額)×税率(市民/区民税・県民/都民税)-税額控除額

所得割額+均等割額=住民税額

アセットキャンパス (https://asset-campus-oag.com/inhabitant-tax-845)

また、年収が100万円以下であれば住民税は非課税となりますが、フリーターとして生活していく場合はその年収だと厳しいでしょう。

フリーターの実際の手取り額は?

ここまでフリーターが給料から差し引かれるお金についてご紹介しましたが、結果的に手取り額はどうなるのでしょうか。

先ほどお話した、

  1. 国民健康保険
  2. 国民年金
  3. 税金

を給料から順に差し引いてシュミレーションしてみましょう。

ここでは

年齢:25歳

居住地:東京都 新宿区 在住

年収:240万円

で計算することにします。

フリーターの給料から差し引かれるお金① 国民健康保険

まずは国民健康保険です。シュミレーションにはこちらのサイト(https://5kuho.com/keisan/)を利用しています。

シュミレーションの結果、1年あたりの保険料は162,618 円になりました。

フリーターの給料から差し引かれるお金② 国民年金

次は国民年金ですが、これは平成30年年度の月額16,340円を参考にして計算します。

年額は16,340×12=196,080円になります。

フリーターの給料から差し引かれるお金③ 税金

最後に所得税と住民税について計算します。所得税は先ほどご説明した計算式で算出します。

まずは課税対象額を計算します。

240万円(年間収入)ー103万円(控除額)=137万円

ここから所得税を計算すると

137万円(課税対象額)×0.05(所得税率)-0円(控除額)=68,500円

になります。

住民税はこちらのサイト(https://juuminzei.com/keisan/)でシュミレーションします。

シュミレーションの結果、1年の住民税は東京都民税47,300円と新宿区民税72,200円を合わせた119,500円になります。

フリーターの手取り額の合計

ではこれらを全体の収入から差し引いていきましょう。

2,400,000円-162,618 円(国民健康保険)ー196,080円(国民年金)ー68,500円(所得税)ー119,500円(住民税)=1,853,292円

になります。だいたい190万円程度ということになります。これは最初の年収から50万円も減ってしまう計算になります。

そう考えるとフリーターとして生活していくのはさらに厳しいように感じます。

フリーターの確定申告はどうすればいいの?

ここまでフリーターの年収について説明しましたが、ここでは年収について大きくかかわる問題である確定申告についてご説明します。

確定申告は非常に重要な手続きですのでしっかり覚えておくようにしましょう。

一か所で勤務している場合

基本的に一か所で働いている場合は、あらかじめ会社が給与から天引き(源泉徴収)する形で国に納めてくれているので、自分で確定申告をする必要はありません。

また、控除などで調整が必要になったときも会社が「年末調整」を行ってくれるので自ら手続きをする必要はありません。

しかし、一か所で働いている人でも会社が年末調整を行ってくれない場合は自分で手続きを行う必要があります。

二か所以上で勤務している場合

2か所以上で勤務している場合は、給与が「主たる給与」「従たる給与」という給与に2つの区分に分けられます。

このうち、従たる給与が20万円を超える場合には確定申告をする必要があるのです。

確定申告の方法

確定申告には「確定申告書A」と「確定申告書B」の2種類がありますが、フリーターの場合は基本的に確定申告書Aのみで問題ありません。

また、確定申告をするには書類をそろえる必要があります。

必要になるのは源泉徴収票確定申告書の2つです。

源泉徴収票は勤務先からもらうことができ、年間の給与と税金の額が記載されています。

二か所以上で働いている場合は、それぞれの職場から源泉徴収票を貰う必要があります。

確定申告書は税務署で用紙をもらうか、国税庁のホームページからダウンロードして用意してください。

フリーターで一人暮らしは可能?

ここでは上記で調べてきたフリーターの年収を参考に、フリーターの生活についても考えていきましょう。

まずはフリーターが一人暮らしをしていけるのかということについて検証してみます。

一人暮らしにかかる基本的な固定費用は

  • 家賃 
  • 食費 
  • 電気代 
  • 水道代 
  • ガス代

などが挙げられます。

わたしは現在一人暮らしをしているのですが、光熱費は電気・ガス・水道を合わせてひと月1万円くらいはかかります。

食費については節約にあまり力を入れなければ4万円ほどになります。

家賃は住む場所や住居によっても大きく変わってきますが、都内ならば安くても7万円ほどはするかと思います。

そう考えると、一カ月あたり12万円くらいは生活費がかかることになります。

年収240万円の場合月収は20万円になりますが、ここからさらに先ほどご紹介した保険や税金などがかかることも考えると貯金をするほどの余裕はないように思えますね。

フリーターでもクレジットカードは作れる?

フリーターであるとクレジットカードの審査が通らない場合があります。

なぜかというと、フリーターという働き方は収入が不安定だと捉えられてしまうからです。

フリーターという立場は、たとえそのときの月収が多くとも安易に仕事を失ってしまう可能性があります。

しかし、フリーターだからといってクレジットカードが作れないわけではありません。

年会費無料のものや消費者金融系のクレジットカードは比較的審査が緩くなっているのでそちらがおススメです。

ここではフリーターの方にもおススメのクレジットカードをいくつかご紹介します。

楽天カード

楽天カードはCMでも目にしたことがある方も多いかと思います。

楽天市場での買い物がお得になるのはもちろん、ポイントの還元率1%とほかのクレジットカードに比べて高いことも特徴です。

ファミマTカード

若いフリーターの方にはこちらのカードもおススメです。というのも、ファミリーマートはコンビニの利用者のターゲットを若者にしているからです。

また、ファミマTカードはカード会員限定の割引きが多く、日常生活で役立つことが多いです。

アコムACマスターカード

このカードは有名な消費者金融のアコムが発行しているもので、審査基準が消費者金融レベルなので、非常に審査に通りやすいです。

しかし、ポイント還元もなく、支払い方法も利息の高いリボルビング払いのみなので、どうしてもほかのクレジットカードの審査が通らない場合の最後の手段と考えるべきでしょう。

フリーターから年収1000万を目指す!

札束とスーツ

ここまで読んでみると「フリーター人生なんてお先真っ暗だ…。」と感じた方も多いでしょう。

しかし、諦めるのはまだ早いです。フリーターからでも逆転する方法をまとめました。

①自分で起業する

会社に雇われて働いて高給を得るにはよっぽどの大企業でなければ難しいでしょう。

それならば自分で起業し、ビジネスを始めれば良いという考えです。

しかし、ビジネスは必ずしもうまくいくものではありませんし、それなりの知識や能力が必要です。

②ホワイト企業で正社員として働く!

大事なのはホワイト企業であるということです。フリーターでも正社員になることは可能ですが、そのような求人はブラック企業であることが多いです。

ブラック企業であればたとえ正社員になれたとしても、長く働き続けることが難しく、結局フリーターに逆戻り…なんてことになりかねません。

ホワイト企業の正社員になることで、仕事とプライベートを両立させ、豊かな生活を送ることができます。

ホワイト企業に就職するには、こちらの就活スクールに行かれることをおススメします↓

ホワイト企業就職率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

ホワイト企業就職率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

投稿:2018.11.01 | 最終更新:2018.11.15

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。 私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでしたが、ホワイトアカデミーの先生に面倒を見てもらったことで、…

フリーターの年収まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリーターの平均年収は240万円程度、そこから税金や保険料を差し引くと19万円くらいになるのです。

さらに、保険金や税金がかかることを考えると、フリーターのまま一生を過ごしていくことはなかなか厳しい現実があります。

そのような状況を回避するためにも、就活塾などを利用して安定した収入が得られるような働き方をすることをおススメします。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

※この記事の内容は、あくまで一般的なものです。ホワイトアカデミーの無料相談会に参加すると、就活のプロからあなたにピッタリのアドバイスがもらえます!

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

投稿:2018.11.12 | 最終更新:2018.11.17

就活では色々な情報が飛び交い、正直、何をすればいいのか分からないですよね? 今のあなたは、初めての就活(もしかしたら2回目かもしれませんが)を前にして、色々と…

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。