就活を団体戦で攻略するための仲間を募集中!

こんにちは、当サイト管理人兼ヘッドハンターの白河です。

今僕は、非常にワクワクしています。なぜなら、今から僕が話すこのアイデアを取り入れれば、あなたはこれまでの就活の常識をくつがえし、圧倒的優位に選考を進めることができるようになるからです。

そのアイデアとは就活における、
「個人戦 vs 団体戦」
です。

おそらくほとんどの就活生は就活を個人で行っていると思います。
実際、僕が就活をしているときは一人でやっていました。

しかし、よくよく考えてみると1人で就活をやるというのは、結構効率が悪いのです。

学校での試験勉強をイメージするとわかりやすいでしょうか。

試験をできるだけ少ない勉強時間で突破し、なおかつ高得点を取るために、よく生徒同士で「試験対策委員会」みたいなものを作っているじゃないですか。

東大ではこの委員会をシケタイと言い、過去問と答えをみんなで共有しているから、全然授業に出ていなくても高い点数が出るんですって。

それくらい、団体戦で試験勉強に臨んだ方が個人でゴリゴリ勉強するよりも、少ない時間で高い点数が取れます。

では、なぜ就活ではそういったことをしないのでしょうか?

…考えてみれば、謎ですよね。

一人で就活をするよりも、みんなでお互いを高めあっていく方が有利に決まっています。
このように、団体戦にすることで、以下の3点のメリットがあります。

メリット1.お互いの改善点を指摘し合えるため、内定率が上がる

これは多くの求職者に言えることなのですが、我流で就活をしていると、自分の弱点には絶対に気づけません。

かくいう僕も、サイトの読者さんから意見をもらったりしないかぎり、自分が書いているこの文章の何が悪いのかはわかりません。

ですので、自分の弱点や悪いところを指摘してもらえる環境は、就活でも入社後もかなり重要と言えます。

そしてそんな環境に入ることが、あなたを失敗から守り、就活でも仕事でも成功へと導くのです。

この失敗の回避というのはかなり重要なコンセプトです。
というのも、失敗を回避することで、お金と時間を節約することができるからです。

そのお金と時間があったら、さっさと就活を終わらせて卒業旅行に行くもよし、髪を染めるもよし、なんでもできます。

あるいは、入社後のことを見据えて資格の勉強にも取り組めるわけです。
こうなると、失敗の回避がキャリアの差をじわじわと開げていくことが、おわかりいただけるでしょうか。

というわけで、団体戦にして取り組むことで内定率を上げることは、その先の仕事人生にも大きな影響を及ぼすのです。

メリット2.就活や企業に関する秘密情報に触れ、情報戦で圧勝できる

次に重要なのは、団体戦ゆえに入ってくる情報網です。
通常、一人で就活をしていると、人間は自分の興味ある情報や都合の良い情報しか入手できません。

これを確証バイアス、と言います。
確証バイアスががひどくなると、視野が狭くなり、本来ならもっといい企業があるにもかかわらずそこを受けられないということにもつながります。

それ以外にも、最新情報から乗り遅れたり、ブラック企業に入ってしまったりと、結構確証バイアスは放っておくとまずいわけです。

しかし、団体戦となると、自分には関係のないように見えるけれども、よくよく考えたらものすごく重要な情報が手に入ります。これは大きなチャンスをもたらしますよね。

例えば、大学の専攻がまちづくりだったからゼネコンしか受けていなかったけど建設コンサル業もよくよく考えたら適性があることに気づいた、とか、来週にいい会社の説明会がある、などです。

このように、情報戦の見地からも団体戦は個人に対して圧勝するのです。

メリット3.人生レベルでみたら莫大な資産を生む人脈ができる

そして最後、これは人生レベルで見た人脈です。
団体戦を行い、そのメンバーがみんな良い企業に行ったとしたら、それは今後仕事を行う上での大きな人脈となります。

取引をする際にすでに知っている人脈を活用できるというのは、大きなメリットです。

そういうわけで、就活は絶対に団体戦でやったほうが良いのです。

ただ、これらの3つの団体戦には1つだけデメリットがあります。
それは、就活生同士で集まっても、社会人・人事側の目線がないため、正しい解決策を導けない場合が多い、ということです。

ですので、その団体をコーチするプロがいれば、鬼に金棒となります。もしそうなれば、正しいアドバイス、情報、そして仲間の全てが揃い、結果としてその団体のメンバー全員が成功することができるようになるのです。

というわけで、企画を発表します。

その企画とは、「就活を団体戦で攻略するためのグループコーチングメンバーを追加募集します」というものです。

グループコーチングとは、複数のメンバーがオンライン上に集まり、現在の就活の状況を話した後、アドバイスやフィードバック、そして次回までの宿題をもらうものです。

まあ簡単に言うと就活のオンラインゼミみたいなものでしょうか。
大学のゼミではお互いに発表をして、お互いにフィードバックをもらいますよね。
その時に、きちんと教授が出席することで、信頼に足るアドバイスを得ることができると思います。

これの就活バージョンをやる、ということです。そしてこのコーチングをしてくれるプロを僕が呼んできました。そのプロとは、就活指導業界の諸葛亮孔明と名高い、竹内先生です。

竹内先生についての経歴

ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。教え子がホワイト企業にポンポン内定することから、就活・転職業界の諸葛亮孔明と呼ばれている。

1日当たりのコンサルティング料金は最低72万円と高額に設定しているが、相談者が後を絶たず困っている。キャリア教育は8年のキャリア。

東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。

その後、コンサルティング会社で世界最大手のデロイトグループに就職。現在はホワイト企業内定専門の個別指導塾「WhiteAcademy」で講師を務め、セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。

さて、この竹内先生が加わることにより、グループコーチングメンバー(略してGCM)にあなたがなることで得られるメリットは、先ほどの3つに加えてさらに3つ増えました。

それは、

4.就活・転職指導業界の諸葛亮孔明と呼ばれる竹内先生から学ぶ機会を得られる
5.竹内先生の料金をシェアすることで1人あたりのコストが安くなる
6.検証スピードが早くなる

です。それぞれ説明すると、

メリット4.就活・転職指導業界の諸葛亮孔明と呼ばれる竹内先生から学ぶ機会が得られる

松山英樹、錦織圭、イチロー、羽生結弦。彼らがスーパースターとして幼少期より才覚を表していたことは明らかですが、彼らはある人たちの支えを受けています。

それは、一流のコーチです。一流のコーチのアドバイスが彼らを失敗から守り、優れた結果を生み出しているのです。

就活でもそれは同じです。

一流企業に内定するエリートは早くから一流のコーチをつけ、その弱点をカバーしています。

一流のコーチはお祈りメールを回避してくれます。一流のコーチはより生涯賃金の高いホワイト企業にあなたを導いてくれます。そして一流のコーチは、これまで気付いていなかった本当の自分や、やりたいことを見つけるのを手伝ってくれます。

ですので、一流のコーチをつけるということは非常に戦略的であり、あなたの就活での成功を保証するも同然なのです。

竹内先生は難関ホワイト企業生徒を内定させることで有名な個別指導塾「WhiteAcademy」の講師を務めているプロのコーチであり、先生がするアドバイスを1つか2つ実行しただけで、平均年収900万円越えの会社に受かってしまう人も少なくありません。

実際、教え子たちは日本IBM、日銀、TOYOTAグループをはじめとして、建設技術研究所、アビーム、損保ジャパン、パーソルグループなどのトップティアと呼ばれる企業から内定をもらっています。

就活や転職における意識の高い仲間に加えて、こんなコーチの教えが受けられれば、鬼に金棒だと思いますよ。

メリット5.竹内先生をシェアすることで料金が安くなる

今回のコーチングはグループ形式です。
そうすることによって、一人で竹内先生から学ぶよりも、はるかに安い金額で就活に取り組むことができるようになります。

竹内先生のコンサルティング料金は1日最低72万円です。
もちろん、これだけのお金を払っても、生涯でみたらその10倍以上のお釣りがくる生徒がたくさんいるからこの金額を提示しているわけですが、それでも生徒数はパンパンで、竹内先生はマジで時間がないです。

でも、この費用をグループでシェアすることで竹内先生を捕まえることができますし、費用も大幅に節約できます。
これは金欠の人にとっては嬉しいことでしょうね。

メリット6.検証スピードが早くなる

このグループコーチングでは、毎回出される宿題に対してあなたはコミットメントを求められます。

それが結果となって現れるわけですが、グループで行っている分、結果の出るスピードがめちゃめちゃ早くなります。

例えば、1人でグルディスに取り組む際は何社か受けて、その中で成功パターンを見つけないといけませんよね。
しかし、10人で同じことに取り組めば、10倍のデータが得られます。

自分がやらなくても情報が手に入る。
これは非常に大きいことです。
つまり、このGCMに参加せず、このまま個人で就活をする人は、かなり不利な戦いを強いられるでしょう。

このように、チーム戦で就活に取り組むことによって、あなたは他の求職者に対して圧倒的に有利な立場を手に入れることができるようになります。

ちなみに、コーチングで扱うテーマは以下の通りです。

業界別面接対策(コンサル、総合商社、金融、ゼネコン、不動産、マスコミetc…)
・生涯賃金を1億円上げるためのキャリアアップ戦略
今後儲かる市場と身につけるべきスキル
・インターン攻略方法
・爆速でスタートダッシュするための入社準備
ESの攻略法
・難関筆記試験対策
・取るべき資格と捨てるべき資格
人工知能時代のキャリアプランの構築方法
・グルディス攻略の秘密
・副業について

もちろん、あなたから要望があれば当然それにもお答えしますので、これ以外にも様々なテーマがあると思っていただいて結構です。

これまでの参加した方の声

参考までにこれまでの参加者からいただいた感謝の声を掲載しておきますね。(匿名希望の方はイニシャルで表示)

✔︎面接直前の対策方法を聞くことができて良かったです。(甲南女子大学 I.Mさん)

✔︎グループメンバーの意識が高く、企業研究もしっかりできていて、自分ももっと頑張らないとと焦りました。(早稲田大学 Y.Mさん)

✔︎他の業界を志望している人の話もたくさん聞けて、勉強になりました。(お茶の水女子大学大学 原陽香里さん)

✔︎内定者の方の「就活の軸」の決め方のアドバイスが非常に役に立ちました。私も軸をもっと深堀りします!(専修大学 Kさん)

さて、このグループコーチングはあなたにとってどれくらい価値があることでしょうか?

単純に考えても、就活が成功すれば将来で平均2.7億円の収入を手にできますよね。
それだけでなく、このGCMになることで人脈ができることも考えると、その価値はゆうに3億円を超えると思います。

ですが、あなたにはこの価値を、圧倒的安価で手に入れられるよう、今回竹内先生に交渉しました。

このGCMの金額は、月々14800円です。1日に換算すると、500円
スタバのコーヒー一杯の値段で3億円以上の価値が手に入るのであれば、参加しない理由が見つからないと思います。

しかも、このGCMには30日間のお試し期間をつけたいと思います。

つまり、このGCMになっていただき、30日間のコーチングを試して満足がいかなかった場合、初月分のお金は全額返金します。

これであなたにはリスクがないと思いますので、遠慮なく試していただければと思います。

でも、ちょっと待ってください。このGCMに参加することで得られるメリットはこれだけではありません。なぜなら、5月20日までの参加で2つの特典が手に入るからです。詳しく説明させてください。

特典1.日本IBM内定者と竹内先生との本音インタビュー収録ファイル(9800円相当)

このインタビューでは、
・やってはいけない就活方法
・ESにあるあるの間違い
最終面接までたどり着くことを想定したESの書き方
・究極の志望動機
・ズルい自己PR方法
・学歴ハンデを克服する方法
「当社は第一志望ですか?」に対する秀逸な答え方

などについてぶっちゃけた、屁理屈なしの就活実録です。GCMに参加する方にはこれを特別に無料でプレゼントしたいと思います。

特典2.収入を3倍にするための東大式マーケティングレポート(29800円相当)

ezinelayingcurvy_778x526
このマーケティングレポートには、サラリーマンだろうが、起業家だろうが、副業をしている人であろうが使える、収入を3倍にするためのマーケティング手法の全てが書かれています。

東大卒の竹内先生が考案し、実際この手法に従って竹内先生はこれまでビジネスをしてきました。
この方法に則って副業をしていた竹内先生は、デロイトトーマツグループに勤めていた際に、会社からもらっている給与の3倍の収入を副業で稼いでいたそうです。

それだけでなく、独立した初年度に年商1000万円は早々と突破。これは独立して破産する人が多いなか、なかなか珍しい数字だと思います。

それだけでなく、このレポートに書かれている方法を活用した結果、38歳のエンジニアだった松本さんは1年間かけて月収を30万円→180万円にしましたし、24歳の音楽の先生だった兼清さんは自信が副業で行っていた音楽の楽団の月商を3倍にしました。

僕もこのニュースレターは読みましたが、あまりにも本質をついたアドバイスが満載で、「確かにこれに沿って仕事していったら収入は増えるわな」と思うことがたくさん書かれています。

これは勤めている会社の業界や賃金制度、そしてあなたの職種に「関係なく」使える、効果実証済みの方法です。

というわけで、今回GCMに参加する人には、この東大式マーケティングレターも特別に無料でプレゼントしたいと思います。

今、あなたには2つの道があります。

businessman-on-road-2
さて、ここまでこのページを読んだあなたには2つの道があります。

1つ目は、このまま個人で就活を続けていくという道。この道を歩んだ場合は、今まで通り就活サイトを見て、あなたの役に立つかどうかわからない情報に振り回される毎日が続きます。

もちろん、一緒に就活に取り組んで励ましてくれる仲間もいません。寂しい戦いが続くでしょう。

一方でもう1つの道は、プロのコーチをつけ、団体戦で就活に取り組む道です。この場合は仲間による圧倒的に有利な情報を手に入れるだけでなく、あなたに合ったアドバイスを入手することで、すぐにでも変化を起こすことができるようになるでしょう。

どちらの道を選ぶのもあなたの自由ですが、自分こそこのグループに入るに相応しい人物だ、と思う方は今すぐ参加することをお勧めします。

グルコン

追伸

この募集は5月20日の24時に一旦締め切ります。参加を予定している人はお急ぎください。

追追伸

参加を迷う方のために下記にQ&Aを載せておきました。参考にしてください。

Q&A

Q1. グループコーチングの日程はいつになるのですか?
A1. 毎月第二日曜日の朝8時です。

Q2. ESの添削や模擬面接は受けられますか?
A2. 受けられません。あくまで人脈を作ったり、質問に答えたり、お互いに有益なアドバイスをすることがメインです。もちろん、提出した宿題へのコメントはします。そういう意味では、ESや面接へのアドバイスが得られると思ってください。ES添削や模擬面接が必要なら竹内さんが主催しているホワイトアカデミーのスタンダードコースを活用してください。

Q3. 個別の指導は受けられますか?
A3. 受けられません。個別の指導が受けたい人は竹内さんが主催しているホワイトアカデミーのスタンダードコースを活用してください。

Q4. 他の人との交流はどのように行うのですか?
A4. 専用のfacebookグループを用意し、そこで自由に交流ができるようにするつもりです。以下の画像を参考にしてください。

Q5. いつでも止められますか?
A5. はい。契約期間の縛りはありません。やめたくなった時にやめてください。いつでも支払いは止められます。

Q6. 私は高卒で転職活動中ですが大丈夫ですか?
A6. 大丈夫です。

Q7. 参加対象者はどういった人になるのでしょうか?
A7. これから就活に取り組む人、今就活中の人、そしてキャリアアップを考えている人です。

Q8. 参加にあたって資格は必要ですか?
A8. 問題ある人の参加は断りたいので、参加する人は友人1名から推薦文をもらい、提出していただきます。ですので、人によってはこのグループに入る資格がない場合も考えられます

Q9. 休んだらどうなりますか?
A9. あとでグループコーチングの際の議事録や音声、宿題を専用の会員サイトにアップロードするつもりですのでご安心を。

Q10.  全くの就活初心者ですが問題ありませんか?
A10.  問題ありません。竹内先生が誰でもわかるような平易な言葉でコーチングをしてくれます。

Q11.  地方、海外からの参加は可能ですか?
A11.  グループコーチングでは全てオンラインでの対応となっているため、国内、海外どこからでも参加が可能です。

Q12. 返金保障はありますか?
A12. 最初の30日間は理由のいかんにかかわらず返金保障の対象期間となります。あなたにリスクはありません。まずは試してから続けるかどうかを決めてください。

Q13. 決済方法は何で行いますか?
A13. 原則クレジットカードのみです。現金でお支払いを希望される方は3ヶ月分をまとめてお支払いください。

最後に。

東大卒の元外資系経営コンサルタントから、ノーリスクかつ有意義な特典つきで就活の成功の秘訣を直接学べる機会など、滅多にあるものではありません。このチャンスを逃さず、仲間とともに就活を成功させ、最高の仕事人生を実現してくださいね。

白河修一

グルコン

    ABOUTこの記事をかいた人

    Fラン大学から東証一部上場企業の幹部候補内定を勝ち取り、文字通り就活の逆転を果たした過去を持つ。人材関連企業でヘッドハンターを務める中、「求職者に正しいキャリア形成や就活の情報が伝わっていない」ことを痛感し、当サイトを発足。現在では1ヶ月あたり20万人以上が訪れるサイトとなった。企業からお金をもらわず、徹底的に求職者目線の情報を伝えていくことがライフワークだと感じている。