そもそも就活塾って使った方がいいの? 悪質業者の見極め方も解説!

富田
白河さん、就活塾とか就職予備校って行ったほうがいいんですか?
春山
「就活塾」って調べてみると「三菱商事内定!」とか「就活塾は詐欺」「無料の就活塾はやめておけ」みたいな色んな情報が入り乱れてるんですが……
白河
じゃあ、今日は就職支援サービスとか就活塾を利用した方がいいのかについて話していこうか!

この記事の登場人物

富田:理工学部の3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて「考えるより動け!」の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

そもそも就活塾とは? 利用すると有利なの?

 

白河
そもそも「就活塾」っていうのは、動支援の略なんだ。就活前か就活中の学生とか若者に対して、有償で就職支援サービスを提供するビジネスのことなんだよ。
春山
就活塾とか就活予備校って、流行ってるんですか?
白河
ここ数年で流行り出したような印象だね。今や、正社員の就職率は約60%、つまり、5人に3人しか正社員になれないっていう厳しい時代なんだ。これから景気が悪化すれば、もっと就職は難しくなるかもしれないし。
富田
それだけ先行きが見えない不安定な状況だから、みんな、大手の安定した会社に正社員で入りたいって思うんですかね?
白河
そうだね。それで、就活塾を活用する大学生が今まで以上に増えてきてるんじゃないかな?
春山
なるほど〜 就活塾って、大学受験の予備校に近いイメージですか?
白河
うん。その就活バージョンが就活塾だね。サポート内容としては、エントリーシートの書き方の指導や面接、グループディスカッションの模擬練習、基本的なビジネスマナーの講習、進路相談とかが中心かな。
富田
実際、就活塾ってどれくらいあるんですか?
白河
就活塾Naviには74社、就活塾比較ガイドには53社が載ってるよ。
春山
ものすごい数ですね!
白河
それくらい、良い企業に内定したいっていうニーズが高まってきてるんじゃないかな?

向いている人の2つの特徴

春山
でも、白河さん、就活塾って、本当に行くべきなんですか?
白河
う〜ん、それは人によるかな。

向いている人①意欲はあるが、特に実績や能力があるわけではない人(学部生に多い)

 

白河
まず、就活の重要性をきちんと認識できていて「就活めっちゃ頑張ってやる!」っていう人には、就活塾は向いてると思うよ。
富田
それは、今までの大学生活、ただダラダラ遊んできただけだったっていう人でもですか?
白河
もちろん! 就活の始めたての頃って「で、何から始めればいいの?」っていう風になりがちなんだけど、そこを「こうやればいいんだよ」ってリードしてくれる就活塾は、就活を進める上での道標になるんじゃないかな?
春山
つまり、就活の正しいやり方を教えてもらいながら一生懸命就活をすれば、払ったお金以上の成果を残せるっていうことですね?
白河
そういうこと。もちろん、サポートの手厚さは塾によるけどね。

向いている人②研究等でしっかりと実績を残してきたが、面接やグループディスカッションに難のある人(理系院生に多い)

白河
あとは、研究を頑張ってて論文の評判も上々なんだけど、面接となると何をどう伝えればいいか分からないとか、グループディスカッションで黙りがちになっちゃうっていう人にも就活塾は使えるかな。
富田
でも、面接でのチェックポイントとかグルディス対策の方法は、ネット上にもたくさん転がってますよね?
白河
もちろんそうなんだけど、面接とかグルディスは、やっぱりある程度の場数を踏んで、自分なりの勝ちパターンを確立しないと、うまくいかないんだよね。
春山
だから、就活塾に行って面接とかグルディスの練習を徹底的に繰り返せば、自分の研究実績をスムーズに伝えたりグルディスで存在感を示したりして、内定を貰える確率が高まるんですね!

向いていない人の2つの特徴

向いていない人①社会人基礎力が十分あり、わざわざ行かなくても志望企業から内定を貰える人

 

白河
逆に、ベンチャー企業とかで長期インターンシップをしてたり、大学2年生から三菱総研のアルバイトをしてたりするような人は、就活塾に行ってもほとんど意味がないだろうね。
富田
それは、なんでですか?
白河
すでにビジネスをしていたり、社会人との接点が多かったりすると、社会人基礎力が自然と身についてるんだ。
春山
社会人基礎力っていうのは、具体的にはどういったものですか?
白河
メールの書き方とか、挨拶の仕方とか、営業の仕方とか……まあ、挙げればキリがないけど、社会人と仕事をするのが普通になってる人は、こういうことが自然と身についてるんだ。
富田
そういう人は、ネットで就活情報を調べて、ササっとエントリーシートを出して、スッと面接を受ければ、サクッと内定を貰えちゃうんですか?
白河
そう。そういう人は、人事担当者からしてみれば「即戦力になる貴重な人材」だよね。まあ、そんな学生、滅多にいないけど(笑)
春山
ということは、社会人基礎力を身につけていけば、就活では有利っていうことですか?
白河
そうだね。その辺がきちんとできてないと、就活では苦戦することになるよ。まあ、就活塾に入れば、この辺はきっちりと指導してもらえるけどね!

向いていない人②行っただけで満足して行動しない人(文系に多い)

白河
ただ、はなからヤル気がないんだったら、いくら就活塾に行ったところでムダだと思うよ。まあ、当たり前のことだけど。
富田
いくら就活塾がモチベーションを上げたりノウハウをくれたりしても、言われた課題をやらなかったり朝起きるのが遅くてダラダラしてたりするんだったら、どうしようもないですもんね〜
白河
そもそも、就活はそんなに甘いもんじゃないんだ。だから、就活に対してまだそんなにヤル気が出ないんだったら、就活塾に行く・行かない以前に、まずは自分の置かれた状況を冷静に考えてみるべきじゃないかな? じゃないと、就活自体を失敗することになると思うよ。
春山
でも、就活がうまくいくかでその後の仕事人生が大きく変わるわけだから、やっぱり就活は大事ですよね?
白河
もちろん! だから、本気で良い人生を送りたいと思うんだったら、就活塾の学費は安いもんだと思うよ。それで、就活のフルサポートと、塾によっては内定保証、生涯賃金が1億円以上アップすることが約束されるわけだからね。

もちろん、お金が全てじゃないとは思うけど、全力で就活したいなら、就活塾を使うっていうのはアリなんじゃないかな?

トラブルになった事例

春山
逆に、就活塾を選ぶ上で気をつけるべきことはありますか?
白河
残念だけど、色々あるよ。例えば、就活塾をめぐる主なトラブルだと、こんな事例があるね↓
  • 内定保証の条件を読んでいなかったがために、返金要求しても学費が返ってこない
  • 勧誘がしつこく、無理やり入塾させられた
  • 入会者が叫んだり踊ったりと奇妙な募金活動をしている
  • 内容が就職活動と関係のないただの自己啓発セミナーだった
  • 入ってみたらフリーターを養成する場所だった
白河
たいていのトラブルは、入塾時の申込書をきちんと読んでないことが原因だから、きちんと塾の規約を読んでから入塾しないとね。

ただ、中には、契約書を読むだけじゃ見抜けない悪質な就活塾もあるんだ。詐欺的で悪質っていうのでよく聞くのが、東京都から是正勧告を受けた、塾生に募金活動をさせることで有名な「一生懸命塾」だね。

こういった塾に入塾すると、内定がもらえないわ、気付くと精力的に活動したつもりが時間とお金を無駄にしてしまったわ……っていうことになりかねないんだ。ブラック就活塾の特徴をざっくりとまとめると、こんな感じかな↓

  • 帰りたがる学生を無理やり引き止めて契約をさせるような就活塾
  • 絶対に〇〇の内定が取れる」などと断定して勧誘する就活塾
  • 就活中の大学生に対し、路上アンケートで電話番号を聞き出し、その後に執拗かつ迷惑な電話勧誘を繰り返したり、営業所で「この場で決断しなさい」などと強い態度で契約を迫ったりする就活塾
白河
こういった就活塾に出くわしたら、即、消費者センターに通報するのが一番だね。
富田
それが、第二の一生懸命塾を生まないために必要なことなんですね!

「就活に役立つ」と謳う無料の自己啓発セミナーに要注意!

 

白河
あと、無料の自己啓発セミナーには気をつけた方がいいね。
春山
それは、どうしてですか?
白河
中には「就活に役立つ!」って謳ってる自己啓発セミナーもあるんだけど、元々、自己啓発っていうはノウハウではなくマインド寄りのものでしょ? いくらマインドを啓発したところで、ノウハウがないと、実際の就活ではどうしようもないんだ。
富田
それは、どんなにマインドが素晴らしくても、面接での話し方が滅茶苦茶だと相手に自分の良さが伝わらないっていう意味ですか?
白河
まさしく。実際、自己啓発セミナーにハマり過ぎて、人生理念とかマインドの話が頭から離れなくなって、正常な判断を下せなくなった人をこれまでも何人も見てきたよ。

そうなると、やたら企業理念を推してくる、人材が来なくて困っているようなベンチャー企業とか中小企業に喜んで就職していくんだ。場合によっては、優良企業とは言い難いブラックな企業にね。

春山
でも白河さん、どうして、そういう自己啓発セミナーは無料で開催してもやっていけるんですか?
白河
人材紹介ビジネスだからだよ。セミナーの受講生を企業に紹介すれば、それで企業からお金がもらえるでしょ? もちろん、全てのセミナーがそうだとは言わないけどね。
富田
なるほど……
白河
もちろん、自己啓発セミナー自体が悪いわけじゃない。例えば、アチーブメント株式会社のmyselfとか株式会社Legaseed(レガシード)のキャリレボなんかは自己啓発セミナーの身近な例だけど、そこで学ぶことを「1つのマインド面での勉強だ」って割り切れるんなら、受ける価値はあるんじゃないかな? もとい、キャリレボはもうプログラム自体が終了しちゃったけどね。
春山
「ハサミも使いよう」っていうわけですね。
白河
うん。まあ、とは言え、無料の自己啓発セミナーに行くぐらいだったら、最初から就活塾に入ったほうがいいと思うけど。マインドコントロールで頭を溶かされる心配もないし、内定から逆算して必要なことを優先的に学べるからね。もちろん、ブラック就活塾はNGだけど!

就活塾についてもっと知りたい方へ

さて、今回の記事はいかがだったでしょうか?

白河さんの解説で、就活塾についての基礎知識が学べたのではないかと思います。

実は、この記事には続編があります。

続編の内容は以下の通りです↓

  • 就活塾の評判と料金比較
  • 就活塾選び3つのポイント
  • プラン・内容が特徴的な3つの就活塾
  • その他のオススメ就活塾

ぜひ続編もお読みになって、就活塾選びの参考にしてくださいね↓

知らなきゃ損!?ホワイト企業に内定できる大手就活塾の評判を徹底比較!

知らなきゃ損!?ホワイト企業に内定できる大手就活塾の評判を徹底比較!

投稿:2018.10.23 | 最終更新:2019.02.16

評判と料金比較 料金早見表 塾名 運営会社 金額 内定塾 株式会社ガクー  399,800円(フル…

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^ ^)

気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。