初めての方へ。このサイトの概要と使いかたをお伝えします。

ガッツポーズする男性

ようこそ、「ホワイト企業への道」へ。このサイトの管理と編集を務めます、白河修一と申します。

おそらく、あなたがこのサイトをご覧になっているということは現在就職活動中なのではないでしょうか?

就職活動は今も昔も大変です。大量の履歴書やエントリーシートを出さないといけないし、面接に落ちた時は理由がわからないのも変わっていません。

人によっては自己PRで話すネタがないことに苦悩を抱える人もいると思います。

何を隠そう、僕も昔はそんな大学生でした。このページでは、そんな僕が3流私大から東証一部上場のホワイト企業に幹部候補で内定をもらい、このサイトを運営するに至った経緯だけでなく、あなたがこのサイトを有効活用してホワイト企業に内定する方法についてお話ししたいと思います。

何の取り柄もない3流私大の大学生がどうやってホワイト企業から幹部候補内定を獲得したのか?

今だから惜しげも無く告白します。僕は専修大学のなんの取り柄もない1年生でした。

MARCHに落ちた自分ってなんなんだろうか。当時はそう思っていました。

授業は大して面白くもないし、その内容が将来役立つ予感は全然しない。

就職活動をしてもMARCHや東大や早慶上智の人間には到底敵わない。自分が受験勉強や大好きなスポーツに費やしてきた時間は一体何だったのだろうか……

このままだと無難な人生で終わりそうな気がする……

大学一つで人生決められてしまうなんておかしくないか?

そんなことをいつも考えていました。

しかし頭ではわかってはいるものの、何から手をつけたら良いかわからない自分が当時の僕でした。

何か特別なスキルを持っているわけではないし、学部は経済学部だったのでつぶしが効くようなスキルが身につく未来も見えませんでした。

ちゃんとした企業に就職できるのか、父親と同じ、もしくはそれ以上の年収を稼いで恩返しできるのかという不安を毎日抱えていました。

しまいには自分のやりたいこともわからなくなってしまい、自分に対する自信を完全に失ってしまっていたのです。このままの自分で大丈夫かな・・・こういった将来への漠然とした不安と焦りを大学に入った時から毎日抱えていました。

ゼミにさえ落ちる有様。詰んでいた大学1年生=自分

そんな時、僕を絶望のどん底に陥れる出来事が起こります。それは大学1年の冬に行われたゼミ選考でした。

何度も申し上げますが、僕の学部は経済学部でしたので、特に何か秀でた技術があるというわけではありませんでした。

なので、せめて就職活動を有利にするためにいいゼミに入ろうと、ゼミの面接試験を受けました。

しかし、僕の成績はそこまで良くなかったため、ゼミの選考でさえ落とされてしまいました。

「あ、これ詰んだやつだ」

そんな声が頭の片隅から何度も何度も浮き出てきて、頭の中でエコーしていました。どう計算しても、自分が就職活動でうまくいくという答えは出てきませんでした。

学歴も、技術も、何もない。
英語も話せないし、できることといえばサッカーくらい。

「俺の人生、終わった。。。大学に入った意味もなく、工場とか派遣とかでこの先も働くのかな。。。」

そんな絶望感がこみ上げてきて、もはや何をする気にもならなくなっていました。

バイトでしていたサッカーのコーチも全然力が入らなくなっていましたし、授業もまともに頭に入らなくなってしまいました。

どん底での出会い

そんなどん底に陥っていた時に、僕にひとつの転機が訪れます。

自分が落とされたゼミの先輩が僕の絶望的な状況を見かねて、東大卒の元外資系の就職コンサルタントの竹内さん(※)を紹介してくれたのです。

※就活指導業界の諸葛亮孔明と言われる人。簡単に言えば、東大卒のすごい先生。芸能人や大企業社長とも面識があり、朝日新聞やWEBメディアにも掲載されている。現在はホワイト企業内定専門の就活塾「WhiteAcademy」を運営している。

ホワイト企業の内定保証つきの就活塾(ビジネススクール)White Academyとは?

ホワイト企業の内定保証つきの就活塾(ビジネススクール)White Academyとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.07.17

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

この出会いが僕の大学生活、そして就職活動を大きく変える転機になりました。

「どうすれば就職活動で有利になるのか?」

「どうすればビジネスマンとして活躍できるようになるのか?」

最初はそんな初歩的なことを竹内さんに聞きながら、学歴のハンデを逆転させて就活の勝ち組になるためのトレーニングを開始したのです。しかし、これは想像を絶する過酷な日々の始まりでもありました…

地頭が悪くて内容が理解できない…

僕が何に最も苦しんだか?それは、竹内さんと僕との頭脳のスペックの違いです。

やはり東大卒の人間というのは頭がいいんですね。頭の回路も思考スピードも全然違います。

だから、正直言うと、竹内さんの教えに最初は全然ついていけませんでした。

やっぱり僕はどうしようもないのかな・・・
Fランだし、将来も結局ダメなまま人生を終えてしまうのかな・・・

と思う事がしばしばでした。それくらい僕の地頭は悪かったんです。なにせ、ゼミにさえ落ちる有様なのですから。

そういうわけで、竹内さんから出される毎週の宿題が当時は苦痛で苦痛でしょうがありませんでした。

しかし、宿題を中途半端にやると、めちゃめちゃ怒られました。

お前、就職する気あるの?

と厳しく怒られることもしばしばでした。やめたくなる時もありました。

いっそのこと就活対策なんて放棄してバイトしながら毎日遊びたい、、、そんなことを考えてしまう時もありました。

でも、自分には後がありません。

なので、眠い自分に鞭を打ちながらための勉強とトレーニングをするしか自分には選択肢がありませんでした

教えられた通りにキャリアビジョンを決め、ビジネスに関する知識を身につけ、自分が誰に対してどんな価値を提供したいのかを明確にしていきました。

なんとか歯を食いしばって面接やESで自分のことをうまく伝えるためのトレーニングをしました。

その結果、ようやく大学2年生でインターン面接に合格しました。そしてそこから私の逆転就活は始まったのです。。。

インターン先で課題解決をし、信用を勝ち取る

インターン先では様々な課題が降ってきました。

テレアポをしたり、問題解決をしたりと幅広いスキルが求められましたが、これも竹内さんに教わった通りに解決していった結果、大学2年生の夏で車関係の会社の内定を勝ち取っていました。

その会社は東大生が就職するような会社なのに、です。竹内さんとしょっちゅう関わっていたから、きっと自分のスペックが上がったんでしょうね。

快進撃はさらに続きました。

その後、就職四季報に載るような広告系の東証一部上場企業にも大学3年の時に内定をもらいました。

こんなに簡単に内定って出ていいんだろうかというのが僕の当時の感想でした。

大学4年生の時には、特にインターンをしたわけでもないのに、東証一部上場の人材関連企業から役員候補生としてきてくれ、という提案もいただきました。

正直、戸惑いました。何もなかった自分がそんな待遇でいいのか、と。

とはいえ、またとないチャンスなのでこれに快諾。

結果、今となっては、将来のことが不安でどうしようもなかった大学生の時とは違い、ベンチャー企業の経営者を相手にワクワクするような仕事(現業はヘッドハンターです)を送れるようになりました。

こう考えると、私は学歴によるハンデを逆転させることに成功したと言えます。

しかし、ここである疑問が生まれます…

なぜ大学では教えてくれないのか?残る疑問

それは、なぜこれだけ人生が変わるくらい重要なことを大学では教えてくれなかったのか?ということです。

理由は簡単で、効果がでる正しい就活のやり方を教えられる人がいないからです。

もともと、竹内さんは東京大学出身で外資系コンサルティング会社で働いていた人間です。学生時代には起業もしていたそうですし、高校時代には数学検定1級を金賞で受賞しています。

これと同じだけの経験・実績を持つ先生を果たして大学が簡単に確保できるでしょうか?答えはノーですよね。

本やネットのノウハウは逆効果

この状況をさらに悪化させているのが就職・転職エージェントです。リ○ナビ、マ○ナビ、外資○活、キャリ○パーク、ワ○キャリア、グッ○ファインド・・・・ぶっちゃけてしまうと、僕はこういったエージェントを使ったことは一度もありません。

なぜか?それは、彼らがセミナーで教えていたり、ネット上に掲載している記事やノウハウはすべて、「一次的な付け焼き刃の対策」にすぎないからです。

一次的な付け焼き刃の対策ばかりを追い求めてしまうと、本当に自分がどのような仕事をしたいのかという軸がぶれぶれになり、結局面接で見透かされて論破されてしまいます。

そして志望企業の内定はもらえず、就職エージェントの餌食になり、、、最終的にブラック企業に就職してしまうのです。

会社選びを後悔する社会人を量産する
就職エージェントの罠

さらに悪いことに、エージェントは大学と結託し、「無料」を名目として無知な学生を集め、ブラック企業に突っ込んでいます。

僕は現在人材関連企業にいるので1つだけあなたにお伝えすることができるのですが、それは

「あなたがブラック企業に就職すると、あなたの年収の30%〜35%がエージェントの手に渡る」

ということです。新卒だと年収が300万前後の人が多いですから、彼らの手元にわたる金額は、100万円近くになります。

そう、あなたをブラック企業に突っ込むだけで100万円がもらえる。こんなにおいしいビジネスはありませんよね。

こういったお金が欲しいからこそ、求職者をブラック企業に突っ込み、会社選びを後悔させてまた彼らのサービスを使ってもらおうと考える就職エージェントが世にはびこっているのです。

もはや、なんのために就活をしているのか?

このことを知ってしまった僕は、もうバカバカしてくしょうがなかったです。

なんのために就活生はスーツを着て暑い中、合同企業説明会に行き、必死こいて役に立つかどうかもわからないような会社の説明を聞いているのでしょうか?

なんのためにバイトや学業の時間を削って、企業から出されたESのお題に対するその場限りの回答をひねり出すのに、人生の大事な時間を使っているのか?

それは、就職エージェントが儲けるためですよね。バカバカしいったらありゃしない。でも、そんな状態を作り出したのが就職エージェントなのです。

就活で苦しむ若者を救いたい。そんな思いを元に作ったサイト

なんとかしてこの状況で苦しむ就活生を助けたい。就活を変えたい。そんな思いを3年前の夜に竹内さんに伝えた結果、

「なら正しい就活のやり方を君が教えてあげればいいんじゃない?俺も記事執筆とかだったらある程度協力するよ」

と快諾。そこから就職エージェントが自己の利益に直結させるための恣意的に流す広告用のサイトに対抗して、「本当に就活生や転職者のためになる情報だけを集めたサイト」として、この「ホワイト企業への道」を作り始めたのです。

おかげさまで1ヶ月で20万人以上の読者が来てくれるサイトになりました

その結果、サイト運営開始から1年ほどかけて、1ヶ月で20万人以上の人が訪れる、ちょっとした社会的インパクトを持つサイトに成長しました。

数多くの就活生や転職者がこのサイトを見ていると思うと、ちょっぴり光栄です。運営しているメルマガでは、

「エージェントの罠に自分が引っかかっていました!ありがとうございます。」とか、

「このサイトを毎日見て勉強させていただいています」

といった感謝の声をもらうようにもなりました。ですので、あなたもこのサイトを活用することで必ず、就職活動を有利に進めることができるようになるでしょう。

このサイトの概要と使い方

では、このサイトをどのようにして使えば良いのかについてここではお話しします。ざっくりお話しすると、このサイトは有名ホワイト企業から内定をもらうための対策方法と、そのための指導が受けられる就活塾を比較しているものです。

ん?就活塾?聞いたことないよ?と思うかもしれませんが、実は結構人気で、流行っているんです。というのも、就活でホワイト企業に行くための対策方法はこのサイトに掲載されていますが、方法だけを学んで内定を勝ち取れる人が少ないからです。

就活では大学受験の時のように偏差値が表示されませんから、「俺はいけるでしょ」と余裕をかまして行った結果、沈没する人が後を絶ちません。それは、第三者が客観的にあなたの状況を教えてくれないから起こります。

しかし、就活塾では就活のプロが人材市場の面から見てあなたにとって最適な対策と具体的なトレーニングをセットで提案してくれますから、活用することで志望企業や優良ホワイト企業に行ける確率は格段に高くなるわけです。

というわけで、ノウハウを知りたい方はこのサイトの対策記事を記事検索機能を活用して読んでいただければ良いと思いますし、具体的なトレーニングが受けたい方は就活塾比較記事をご覧になってトレーニングに優れた就活塾でトレーニングを受ければ良いと思います。

特別企画をやっています

実はかく言う僕も就活塾を利用して現在の人材系企業に幹部候補で内定した1人です。で、当時僕がお世話になっていたホワイト企業内定専門の就活塾WhiteAcademyの竹内さんと縁あってちょっとした企画をすることになりました。

それは、「ホワイト企業」に内定するための教科書を期間限定で無料配布しようという企画です。正直、ホワイト企業に入るのはそう簡単なことではありません。

なぜなら、企業によっては倍率が100倍を超えるところが結構あるからです。それ相応の対策をしないと、受からないでしょう。

ですので、その対策方法をこの教科書にまとめました。僕自身の過去、そしてどうやって幹部候補内定をもらったのかについても書きましたので、就活や転職活動を成功させて絶対にいい企業に入りたい人は今すぐ教科書を受け取ってください。

教科書を受け取る