セールスエンジニアとはどんな仕事?資格や年収がサクッとわかる!

セールスエンジニアって仕事、ご存知ですか?

今回の記事ではセールスエンジニアとはどんな仕事なのか、年収はどれぐらいなのか、そしてどんな資格が必要なのか、セールスエンジニアのキャリアパスを解説していきます。

また、「セールスしてるんだかエンジニアしてるんだか、どっちなんだろう…」って考えている就活生も多いことでしょう。その違いも解説していますから、どうぞ最後までお付き合いくださいね。

この記事の登場人物

富田:理工学部の3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて「考えるより動け!」の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

どんな仕事?

 

富田
セールスエンジニアって響きかっこいいな~、僕もなってみたいな~。
春山
私はあんまり聞いたことないんだけど、どんなことをする仕事なの?
富田
僕も詳しくは知らないけど、エンジニアっていうし技術者みたいな仕事をするんじゃないかな?
春山
富田君アバウトすぎ…。
白河
富田君、本当にその職業に就きたいのならもっとリサーチしたほうがいいよ!今回は僕が詳しく教えてあげよう!
春山
よろしくお願いします!
白河
じゃあ、さっそく始めよう。セールスエンジニアって聞くと、富田君の言うように技術者のような仕事をするようにも思えるし、営業のような仕事をするようにも思えるよね。

簡潔に言うと、セールスエンジニアは営業職と技術職の両方の仕事をする職業なんだ。日本語では技術営業といわれているよ。

富田
う~ん、いまいちピンと来ないです…。
春山
具体的にはどういった仕事をするんですか?
白河
技術力の必要な商品の売り込みをしながら、その商品のアフターフォローなどをしていくんだ。例えば、インターネットショッピングサイトのシステムを売り込んで、不具合が起きた時などに随時サポートをしていくって感じかな。
富田
なんかかっこいいです~

営業職とは違う?

富田
一般的な営業職とはどう違うんですか?
白河
一般的な営業職ってジャンルを問わず自社の商品を売り込んでいく仕事だよね。セールスエンジニアは専門性の高い商品を売り込んでいくんだ。
春山
一応営業といえば営業なんですね。
白河
そうだね、営業職と違うというよりは営業職の中の一つって感じだね。ただ一般の営業職と違って専門性が高いこともあって,お客さんからの相談も結構あるみたいなんだ。そういった人たちに最適解を提示して商品を買ってもらうのがセールスエンジニアなんだよ。
富田
コンサルタントみたいな一面も持っているんですね!

エンジニアとも違う?

春山
白河さん、セールスエンジニアってエンジニアとも違うんですよね?
白河
うーんそうだね…。そもそも「エンジニア」と言うのは、エンジニアリングについての専門的な知識を持つ人の総称なんだ。だから、エンジニアっていうのにはたくさんの種類があって、セールスエンジニアはその中の1つ、っていう位置づけかな。
春山
なるほど〜。

結構きつい?

富田
えぇ…。セールスエンジニアってキツイんですか…?
白河
仕事の大変さを伝えるために、まずはセールスエンジニアに求められる力から説明しようかな。セールスエンジニアに求められる力はこんな感じです。
  1. 営業力
  2. 技術力
  3. 交渉力
  4. 語学力
春山
えっ、語学力ですか?エンジニアなのに…。
白河
そう思うよね。1から順に説明していくから、安心してね。
春山
よろしくお願いします!

求められる力①営業力

白河
これは読んで文字のごとく、営業力です。セールスエンジニアは顧客に営業を行いますから、普通のセールスマンと同様に営業力が必要です。コミュニケーション能力や、顧客ニーズを適切に判断する力も必要でしょう。
富田
俺にもセールスってできるかな…。
白河
大丈夫、富田くんならきっとできるよ。
富田
し、白河さん…。

求められる力②技術力

白河
この技術力というのはセールスエンジニアならではの力と言えるでしょうね。
春山
確かに。さっき白河さん、不具合が起きた時にサポートもするって言ってたし、そのためにも技術力が必要なんですね。
白河
その通り。それに、セールスエンジニアは、エンジニアに売り込みをかけることも少なくないんだ。
富田
ん?つまりどういうことですか?
白河
相手もエンジニアだから、専門的な知識を持つもの同士で話すわけだよね。セールスするのであれば、相手より高度な知識を持っていないといけないよね。
春山
なるほど…。たくさん勉強しなくちゃいけないのか…。

求められる力③交渉力

春山
交渉力…これは、さっきの営業力とはどう違うんですか?
富田
営業はたくさんいれど、その中で技術についてわかるのはセールスエンジニアだけです。だからこそ、現場に出向いて顧客の声を聞き、製品の改善点などを発見することもあるでしょう。それを、自社の技術者に伝えることが必要になってきます。
春山
そして、どうなるんですか?
白河
ここで陥る可能性があるのが板挟みなんだ。
富田
板挟み、ですか?
白河
顧客から○○って要望が来たけど、自社の技術者がなかなか動いてくれない…なんていう状況が考えられるよね?
富田
…確かに。
白河
これがキツイところだろうね。現場の状況、自社の状況どちらもわかる故に、板挟みになってしまうんです。ここで、うまく身を振ることが重要になってくる。そこで必要となってくるのが交渉力だよ。ここをうまく乗り切ることができれば大きいと思うな。

求められる力④語学力

富田
これ、疑問に思ってたんですよ〜。なんで語学力が必要になるんですか?
白河
最近は、海外を拠点とする日本系企業も増えていますよね。
春山
はい、それは知ってます!
白河
だから、海外を拠点とする企業のセールスエンジニアになった場合は、自社の製品を海外でも販売する可能性があるわけ。そんな状況になって語学力がなかったら、戦力にはならないよね。
春山
確かに…。海外で日本語で販売するわけじゃないですもんね。
白河
それに、大概の日本製品は、そのままの状態だと海外では利用できません。電圧も違ってるから…。その部分の説明もセールスエンジニアが行うわけなんだ。
富田
うわぁ、それは大変かも…。
白河
大変かもしれませんが、もし海外でセールスエンジニアとしてキャリアを積むことができれば、かなり貴重な人材になるよ。だって、営業力もあれば技術力もある。そして自社との交渉力もあれば語学力も持っている。…これって、後々転職などを考えるのであれば、すごく魅力的な人材だよね。
富田
セールスエンジニア、おそるべし…。

セールスエンジニアが在籍する企業はどこ?

 

春山
セールスエンジニアって、どんな企業に在籍しているんですか?
白河
そう聞かれると思ったから、リストを準備しておいたよ。
春山
さすが白河さん!

主な企業リストはコレだ!

  • LINE株式会社
  • Google
  • 株式会社NTTデータ
  • GMOインターネット株式会社
  • DELL
  • 東京エレクトロン デバイス株式会社
富田
おおっ、知った名前がたくさんありますね!
白河
今回はみなさんが知っているような大手企業をピックアップしてみました。これ以外の中小企業でもかなり需要はあるよ。
春山
外資系の会社も多くありますね。
白河
そうだね。日本ではセールスエンジニアはまだそれほど一般的じゃないけど、海外ではかなり一般的なんだよ。
富田
へぇ、そうなんですか…。

年収はどれぐらい?

 

春山
あの、白河さん…。セールスエンジニアの年収ってどれぐらいなんでしょうか…?
白河
そう聞かれると思ったから、調べておいたよ。
富田
白河さん、さすがすぎます!
白河
男性のセールスエンジニアの平均収入は668万円で、女性は545万円。全体の平均収入は661万円だって。
富田
えっ、割と高くないですか?
白河
日本人の平均収入は420万円って言われてるから、平均をかなり上回ってるね。やっぱり、求められるスキルが高度だから、収入も高くなっているのかもしれない。

(参考:https://style.potepan.com/articles/1782.html#i-6

取得するべき資格はなに?

 

春山
ここまで解説を聞いてきて、セールスエンジニアになるためにはいろんなスキルが必要なことがわかりました。セールスエンジニアになるために、何か必要な資格とかはあるんですか?
白河
セールスエンジニアになるために必ず必要になる資格はないよ。でも、セールスエンジニアとして働く上で有利になる可能性がある資格はいくつかあるから、それを紹介していこうかな。さっきも説明した通り、セールスエンジニアは営業マン、技術者という2つの側面を持つ仕事。だから、この2つの側面を底上げする資格がいいと思うよ。
春山
わ、なんだか聞くのが楽しみになってきた!よろしくお願いします!

取得するべき資格①ITパスポート試験

富田
名前がかっこいい!
春山
これはどんな資格なんですか?
白河
これは、社会人が持つべきITスキルを測る試験だよ。基礎、って言ってもいいかな。この試験は随時行ってるから、気軽にできていいかもしれないね。

取得するべき資格②基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

富田
漢字が多い!
春山
これはどんな資格なんですか?
白河
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運営する基本情報技術者試験応用情報技術者試験では、どちらも技術内容、また情報技術を活用した戦略の立案能力などを身につけているかを確認できるんだ。これは、エンジニアの間ではかなり一般的な資格試験なんだよ。試験は午前と午後合わせて300分。合格率はどちらも20パーセント程度かな。あ、ちなみに国家資格だよ。
春山
やっぱり、受験するなら基本情報技術者試験からの方がいいんですよね?
白河
うーん、基本情報技術者試験に受かっていなくても、応用情報技術者試験を受験することは可能だよ。だから、どちらが自分にあった試験かを確認して、受けてみるといいんじゃないかな。でもまぁやっぱり、基本情報技術者試験よりも応用情報技術者試験の方が合格率は低くなってるね。
富田
まぁ、そうですよね。

取得するべき資格③ITストラテジスト試験

富田
これも名前がかっこいい!
春山
さっきから名前に食いつきすぎだってば。これはどんな資格なんですか?
白河
ITストラテジスト試験も、さっきの資格と同じ独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運営する資格だよ。高度なIT人材として自分の専門分野をもち、情報技術を活用して最適化するための基本戦略を提案する人材を対象としてるんだ。
富田
なんだかさっきよりハードルが上がってるような…。
白河
そうだね、これも国家資格だし、難易度は高いから、合格率は10パーセント弱に下がってる。この資格は、スキルアップを目標として受験する人が多いみたいだね。こちらも、単に技術だけでなく、経営戦略や業務環境についての問題も出題されるって。
春山
難しそう…。
白河
うん、これは情報系の資格の中でも最高峰の資格と言えるんじゃないかな。

取得するべき資格④セールススキル検定

富田
あ、今度は営業系の検定ですね?
白河
その通り。この検定は、セールスコーチング協会が実施する検定だよ。これは、個人の営業力を測る検定なんだ。
春山
営業力の検定って、なんだか不思議な感じがするかも。
白河
そうかもしれませんね。検定級は3級から1級まであり、これらを受験することで営業に必要なスキルを高めることができるでしょう。これまでエンジニアをしていて、営業経験がない方は、この資格を取ってからセールスエンジニアを目指すのもいいかもしれませんね。

キャリアパスは?

 

春山
白河さん、セールスエンジニアのキャリアパスってどんな感じなんですか?
白河
セールスエンジニアは、エンジニアリングの知識、そして営業能力も持ってるよね。だから、エンジニアリングが好きか、営業が好きかでキャリアパスも変わってくると思うな。
春山
エンジニアリングが好きな人はどんなキャリアパスが望めるんですか?
白河
そうですね、システムエンジニア、ソフトウェアエンジニア、ITエンジニアなど、別のカテゴリのエンジニアに転職ができる可能性があります。
富田
それじゃ、営業が好きな人はどういうキャリアパスがあるんでしょうか?
白河
そうですね、セールスエンジニア として築いた営業スキルを活かして、他業種の営業マンとして活躍することも可能でしょう。
 
春山
そっか、幅広いスキルを身につけられるから、その後も幅広く活躍できそうですね!

最後に

 

いかがでしたか?

日本ではまだあまり知られていないセールスエンジニアという仕事ですが、これからのIT業界では引っ張りだこの仕事といってよいでしょう。

この記事を参考にして、セールスエンジニアとして大活躍してくださいね!

【営業職志望必見!】あなたは営業職に向いている? 向いていない?

【営業職志望必見!】あなたは営業職に向いている? 向いていない?

投稿:2018.08.01 | 最終更新:2020.04.08

「営業ってノルマを達成しないとキツそうだよなぁ~」 と漠然と思いつつも、 「実際はどんなことをやっているんだろう」 「営業って自分に向いているのかな?」 …

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の白河を筆頭に、人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。