ほかの就活生に差をつけよう!おすすめ就活手帳10選!

皆さんはもう「就活手帳」って決めましたか?

「まだ決めなくてもいいかなー」と思っている人や「こんなにスマートフォンが発達した時代なのに就活手帳って本当に必要なの?」と就活手帳の存在そのものに疑問を抱いている人もいるでしょう。

今回はそんなあなたのために、手帳を選ぶ際のポイントやおススメの就活手帳を厳選しました。

是非あなたにぴったりの1冊を見つけて、他の就活生に差をつけましょう!

この記事の登場人物

富田:理工学部の3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて「考えるより動け!」の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

必要な理由3つ

春山
就活手帳ってよく聞くんですけど、そんなにマストアイテムなのですか?
富田
僕もスケジュールはスマートフォンで管理しているからわざわざ新しく買う必要ないと思うのですがどうでしょうか?
白河
じゃあまずは、就活手帳が必要な理由から見ていこうか。

就活手帳という言葉を聞いて、皆さんはどういうイメージを持つでしょうか?

「準備するの面倒だからいいや」とか「スケジュールはスマートフォンで管理するから要らないよ」なんて思っていませんか?

その考え、実はとても危険なんです!

まずここでは、なぜ就活には手帳が必要なのかを分かりやすく解説します。

①情報量が莫大だから

就活中は非常にたくさんの情報が入ってきます。

例えば「〇月〇日 〇時から 説明会 持ち物~」、「×月×日 ×時から 面接 持ち物~ 集合時間~」などが連日のように続くのです。しかも企業によって時間帯や持ち物は異なるため、情報量は莫大ものになります。

しかも、この予定は忘れてしまったら一巻の終わりになってしまうようなことばかりです。

予定をしっかりと管理できていなくて、集合時間に遅刻、そうして就活に失敗なんて例はたくさんあるんです。

そうならないためのスケジュール管理という意味で手帳は必要なのです。

②電話しながら書き込めるから

これも①に繋がるのですが就活中はよく電話がかかってきて、またそこでも新しい情報が入ってきます。

その時スマートフォンにしかスケジュールを書きこんでいなかったら、その場でほかの予定との兼ね合いを見ながらスケジュールを組むことが出来ないですよね。

これは今までスマートフォンでしかスケジュールを管理して来なかった人には経験のあることだと思います。

③スマートフォンは未だに抵抗を持たれているから

スマートフォン、とても便利ですよね。最近ではより効率的にスケジュールが管理できるアプリも開発されてきていて、ますます手放せないものになってきています。

しかし、「いつも手放さないからスマートフォンでスケジュール管理したら楽じゃん」と思うのは少し考え直しましょう。

スマートフォンは今となっては非常に普及していますが、スマートフォンが最初に現れたのはつい最近のことです。

ですから、未だにスマートフォンを仕事に用いるということに抵抗を覚えている方が多いのが事実なのです。説明会や面接などの時に「〇月〇日の〇時から空いていますか?」と聞かれたときにスマートフォンを出すのは絶対にNGです。

きちんと手帳で情報を管理できているかどうかは社会人としてのマナーと考えられています。

当然面接官たちは見ているから、就活手帳は必要なのです。

選ぶ際の主なポイント6つ

春山
就活に手帳が必要なのは分かったのですが、自分に適した一冊を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?
富田
僕も今まで手帳を使ったことがないので、どうやって手帳を選べばいいのか分からないです…。
白河
確かに今まで手帳を使ったことがない人はどうやって自分に合ったものを選べばいいのか分からないよね。それじゃあ次は、手帳を選ぶ際に重要なポイントを教えよう。

①自分が手帳経験者かどうか

手帳を選ぶ際に最も重要になってくるのは、自分が手帳経験者なのかどうかです。

もし経験者であるならば自分なりのルールや書き方が決まっているでしょうから、自分の欲しい機能が備わったお気に入りの手帳シリーズなどがあるかもしれません。

しかし、問題なのはこれまで手帳を使ったことのない手帳未経験者の人たちです。

そんな方たちはどんな手帳を使ったらいいのか、想像しにくいだろうと思いますからポイント②以降を参考にしながら探してみてください。

②小さすぎない

手帳はポケットに入れて持ち運ぶわけでは無いので、小さすぎないものを選ぶようにしましょう。

無理に持ち運ぼうとして、小さいものを選んでしまうと予定が入りきらずに見づらくなってしまいます。

③マンスリーとウィークリー両方ついている

マンスリーは月間予定表、ウィークリーは週間予定表のことです。

この二つが両方備わっていることで、大まかな予定(日付や予定名など)はマンスリーに書き、詳細(時間や場所など)はウィークリーの方に書くといったような使い分けができるようになります。

こうすることで手帳がぐちゃぐちゃになって見づらくなることも少なくなるでしょう。

④ペンホルダー、しおり紐がついている

この2つはスムーズなスケジュールの確認や記帳が可能になるので、ついているのを選ぶと良いでしょう。

⑤メモが多く取れる

就活中はメモを取る場面がよくあるのでスペースはたくさんあった方が良いでしょう。

⑥派手過ぎない

就活中は少しでも気分を明るくしようという気持ちの表れからか派手なキャラ物やきらきらしたものを使ってしまう人もいますが、相当のこだわりではない限り控えるようにしましょう。

派手な手帳を使う実用的なメリットはないですし、一人だけ派手なものを使っていると浮いてしまう可能性が高いです。

アイテムの派手さで目を引くのではなく、自分の実力で目を引けるように頑張りましょう。

以上が就活手帳を選ぶ際の主なポイントです。自分にぴったりの一冊を見つける参考にしてみてください。

おススメ10選

春山
手帳を選ぶポイントがよく分かりました!
富田
早速近くのお店に行って探しに行かないと…。
白河
一応僕からおススメの手帳を10個紹介するよ。

ここでは就活でほかの就活生よりも一歩先に行くために役立つ就活手帳を10個厳選しました。

是非自分のスタイルに合ったものを選んでください!

①マークス「就活ダイアリー」

(写真からAmazonに飛べます)

就活生のためだけに作られたといっても過言ではない一冊です。

就活に役立つ様々な機能が備わっていますが、なかでも「志望企業進行表」と「時間割・パスワード管理」は非常に役立ちます。

「志望企業進行表」は就活の進捗やスケジュールが一括で管理できます。

「時間割・パスワード管理」では就活中に必要になるパスワードなどを忘れないように管理することができます。

さらにはスライドジッパーもついており、小物の収納にも役立ちます。

②学研ステイフル「就職内定手帳」

(写真からAmazonに飛べます)

就活成功者の声をもとにして作られた一冊なので内容に間違いはありません。

「自己分析ワーク」や「エントリーシート」の書き方、「インターンシップ」をどう活かすか、「就活マナー」などなど就活に必要ないろはを一から教えてくれる一冊です。

また使いやすさも抜群で、全体的にバランスの取れた一冊となっています。

③メディア総研「就活生のための22か月手帳」

(写真からAmazonに飛べます)

この手帳の最も特徴的な点としては、やはり22か月間分のカレンダーが収録されているという点でしょう。

しっかりと予定を考えながら、就活を行いたいという人にはぴったりの一冊です。

これにも「就活マナー」が掲載されているので長い時間かけて身につけておけば役立つこと間違いなしでしょう。

④ユーキャン「ユーキャンの就活手帳」

(写真からAmazonに飛べます)

この手帳も収録されている期間が18か月と長めになっています。

それに加えて、「企業別調整理フォーマット」、お礼状の書き方まで掲載した「就活マナー」、政治・経済などの「最新の時事用語」なども掲載されています。

業界研究の際にニュースなどで勉強した時事用語などを、ここに書きこんで自分だけの参考書をつくるのもアリでしょう。

⑤キョクトウ「FOBCOOP」

(写真からAmazonに飛べます)

シンプルなつくり、シンプルなデザインととにかくシンプルさを追求した手帳です。

しっかりとメモを取る欄が確保されているので、一度にたくさんの情報が入ってきてもいちいちページを変えなくても記入することができます。

あまりごつごつとした手帳を持ち歩きたくないという人にとっては、ベストな一冊になるでしょう。

⑥高橋書店「ウィークリーフェルテ」

(写真からAmazonに飛べます)

こちらは就活手帳ではなくビジネス手帳ですが、「年齢早見表」や「郵便料金表」など就活に役立つ機能もしっかりとついています。

別紙には「テレフォンリスト」や「切り取りメモ」などがあり便利です。

洗練された一冊になっています。

⑦フランクリン・プランナー「7つの習慣ビジネスウィークリー」

(写真からAmazonに飛べます)

徹底した時間管理が特徴の一冊です。

就活にも、その後の人生にも役立つ7つの習慣を軸に作られている手帳です。

就活はもちろん、自分自身も成長させたいという人にはぴったりでしょう。

⑧グリーティングライフ「モーメントプランナー」

(写真からAmazonに飛べます)

独自の内部構造により、年・月・週すべての予定を同時に確認することができます。

さらにはタスクリストも収録されているため、タスク管理も同時に行うことができます。

就活が長引いてしまった場合でも、しっかりと対応することができます。

⑨クオバディス「エグゼクティブクラブ」

(写真からAmazonに飛べます)

形が正方形と特徴的な手帳です。

その独特な形から生み出されるゆったりとしたスペースが魅力的な手帳です。

50年以上に渡って、世界中で愛用されている一冊なので実用性もバッチリです。

⑩チアック「デュオウィークリー」

(写真からAmazonに飛べます)

カレンダーとノートが一体化した手帳です。

ノートが一体化しているだけあって、メモのためのスペースが十分すぎるほど確保されています。

字が大きい人や、メモをよく使う人にはオススメです。

手帳に慣れよう

春山
どれもそれぞれ特徴があるので、しっかり見比べながら自分に合った一冊を決められるようにしたいと思います!
富田
僕も早速就活手帳を買って、就活に役立てたいと思います!
白河
そうだね!手帳は使い始めるまでは少し面倒に思うかもしれないけど、使いこなせるようになったらとっても強い武器になるし、愛着も湧いてくるから是非この機会に使いこなせるようになろう!
気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。