週末起業とは?副業のネタから税金対策まで方法論と成功事例を解説!

会社での給料が少ないと感じた時、老後の資金が不安になった時、もっとお金が欲しいと感じることは誰にだってありますよね。

それだけでなく、本業の仕事が「自分のやりたいことではないな」と感じてしまったときに、会社を辞められないというのはなかなか大きなリスクだと思います。

そんな時にオススメな方法が週末起業です。

とはいえ、実際にこの週末起業をしている人はひっそりと行っているので、その手法が分からない人は非常に多いと思います。

この記事では、万全の税金や申告対策をしながら会社にバレずに週末起業をし、本業以上の収入を稼ぎ出す週末起業の特徴についてお伝えします。

それだけでなく、実際にその道をたどった人の成功事例や失敗事例もお話ししたいと思います。

私自身も前職(外資系コンサルティング会社)在籍中に週末起業をし、その後独立して法人を設立しました。

どのような方法で週末起業を成し遂げたのか、そして起業後にはどのような世界が待っているのかを一経験者としてあなたにお伝えしたいと思います。

この記事を書いた人:竹内健登

ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。教え子がホワイト企業にポンポン内定することから、就活・転職業界の諸葛亮孔明と呼ばれている。1日当たりのコンサルティング料金は最低72万円と高額に設定しているが、相談者が後を絶たず困っている。
 
キャリア教育は8年のキャリア。東京大学工学部卒、元デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタント。趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。

週末起業とは?副業とどう違うの?

昨今、週末起業へのニーズが高まっています。

その背景には、政府が働き方改革を推進し、サラリーマンでありながらも事業を立ち上げたり、複数の収入源をもったりすることが提唱されたことが挙げられます。

では、週末起業とは一体どのようなものなのでしょう?

週末起業とは

週末起業とは、本業であるサラリーマン業のない日を利用して、自分のやりたいビジネスを作ってみたり、これまで会社では手をつけられなかった活動をすることです。

最近ではインターネットを使って小資本でビジネスを展開する事例がほとんどなので、大きなリスクを背負うことがないことも特徴です。

起業のプロセスを経ることでビジネスの全体像が見えるようになりますから、本業への好影響がもたらされる場合もあります。

ですから最近この週末起業が人気となっているというわけです。

副業との違い

一般的に副業は本業以外での労働収入を指すことが多いです。

例えば、会社でITのエンジニアをやっている人が週末にコンビニでアルバイトをする。これは副業です。

しかし、週末起業は違います。週末起業はあなたが起業家になるということです。

つまり、ビジネスを作り、収益を上げ、最終的に人を雇ったり任せたりしてビジネスオーナーになることもできるのです。

これを計算式で考えると分かりやすいと思います。

たいていの副業での収入は労働時間×時給になりますが、起業での収入は客数×客単価×リピート率になります。

前者は時間が関係しますが、後者は時間が関係してきません。だから、短い時間で本業以上の収入を稼ぎ出す人もたくさんいます(私もそうでした)。

つまり、週末起業というのは雇われずにあなたがビジネスオーナーになることで、もう一つの収入を得るという道なのです。

メリット

この週末起業にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
以下に挙げてみました。

  • 本業以外の複数の収入源を得ることができる
  • 起業と違って本業をやりながら空き時間でできるため、失敗しても安定的な収入を失うリスクがない
  • 本業以上の収益を短い時間で手にすることが可能
  • 週末起業を通してしか得られない人脈や人間関係が広がる
  • 週末起業で培ったスキルが本業での成果に結びつく場合がある
  • 本業の仕事では得られないやりがいをえることができるため、幸せの度合いが高い
  • 自分が今まで培ったスキルをお金に変えるだけなので、
    ゼロベースの起業に比べてビジョンが見えやすく、モチベーションも湧きやすい

実際に私も本業(外資系コンサルティング会社勤務でした)以上の収入を週末だけで得られるようになりましたし、

私が担当させていただいたクライアント様も本業の5倍の収入を週末起業で手にすることができるようになっています。

デメリット

このメリットだけを見れば、週末起業というのは夢のような世界だと分かります。

一方、週末起業は新しくビジネスを立ち上げる活動でもありますから、それ相応のデメリットもつきものです。

  • 立ち上げ初期は、ビジネスを構築する力が求められる
  • 集客において発信力が必要とされる
  • 家族がいる場合は、週末に過ごす時間が一時的に減る
  • 店舗出店などの形でリスクを取った場合は、出費が必要となる
  • 社会的信用が一切ない状態からスタートなので、自分をアピールするスキルを磨く必要がある
  • 会社にバレずにもう一つの収入源を作るには、それ相応のノウハウが必要
  • 就業規則で副業が禁止されていた場合、就業時間中に週末起業を行うと会社との間でトラブルになることがある
  • 週末起業にのめり込みすぎて睡眠不足になり、本業に支障が出る場合がある

このように見ると、これらのデメリットのほとんどは、時間を使うことと、会社にバレるリスク、そしてスキルアップの必要性の3つに集約されます。

時間がかかることは仕方がないことでしょう。これは好きなことを週末起業にすれば苦痛なく行えますからクリアできますよね。

また、会社にバレるリスクに関してですは、週末起業では勤務時間外で収入を作りますので、それを会社が訴えることはできませんし、そもそもバレることはほとんどありません。

むしろ、バレないやり方をしているからこそ、あなたの周りに週末起業をしている人が見当たらないのでしょう。

最後のスキルアップに関しては、勉強をすれば良いだけだと言えます。

ですから、メリットとデメリットを比べてもやはりメリットの方が大きいと言えます。

業種別の成功例

ここからは、成功する週末起業によくある業種例をお伝えしたいと思います。

当然、週末起業ですから、コールセンターを立ち上げてテレアポをやる、というものはなかなか成功しづらいと思います。

では、そんなものが成功しやすのでしょうか?よくある事例を共有したいと思います。大きく分けると3つです。

  1. ブログメディア構築
  2. インターネットを使った物品販売(物販)
  3. コーチ・コンサル業 

それぞれ解説していきましょう。

1.ブログメディア構築

まずは、最も手軽でリスクの少ない週末起業方法の一つである、ブログメディア構築について紹介します。

この方法はインターネットが発達する前にはありえない起業方法でしたが、最近は主流になりつつあります。

あなたの名前を出さずに匿名でメディア運営をすれば、会社にもバレませんし、アクセスだけ集めて収益を生む形にしなければ、会社からお咎めを食らうこともありません

では、どんなジャンルがあるのでしょうか?それについて取り上げていきます。

1.1自分の趣味や好きなことをブログに書く

例えば、こんなジャンルについてブログに書いて広告収入をもらったり、ブログに来訪したお客さんに商品を紹介し、買ってもらったらあなたにお金の一部が落ちるというやり方になります。

  1. 映画評論
  2. アニメ映画レビュー
  3. 書評
  4. 釣り
  5. Apple製品
  6. グルメ
  7. 旅行
  8. ゲーム

1.2自分の得意なことをブログに書く

あなたの得意なことや、ビジネスのスキルについて書いてみましょう。

スキルアップには人間は多くの自己投資をする傾向がありますから、このジャンルでブログを始めるとそれだけ大きな収入を期待できます。

ただ、その分ライバルも多いので、うまく競合との差別化を図っていくことが必須でしょう。

  1. 週末起業
  2. ビジネススキル
  3. お金の知恵
  4. コーディネート
  5. 英語
  6. 料理レシピ

1.3多くの人が悩んでいることや苦手とすることをブログに書く

多くの人が悩んでいることや苦手とすることを解決する情報は、需要がある=すなわち着実に収益につながります。

実は、自分が悩んでいることに関してブログを書くことには大きなチャンスが潜んでいます。

自分の悩みや苦手なことをまずは一所懸命解決すれば、自分の悩みや苦手なことを解決出来た方法と解決までのプロセスが価値ある情報になるからです。

よくあるジャンルはこんなものです。

  1. ダイエット
  2. 美容
  3. 健康
  4. 恋愛
  5. 病気
  6. 心の悩み

1.4アフィリエイト

最後が、あなたがブログでアクセスを集め、その読者に対してあなたのオススメする商品を販売するというやり方です。

この方法では、買ってもらうためのセールスレターを学習することで、より高単価で買ってもらうことが可能になったりします。

アフィリエイトは大きく分けると物品を販売するアフィリエイトと、教材などを販売するアフィリエイトの2つに分かれます。

  1. 物販アフィリエイト
  2. 情報アフィリエイト

2.インターネットを使った物品販売

2.1 ヤフオク

日本最大のインターネットショピングモールであるヤフーオークションを使って商品を仕入れたり、販売するのがヤフオクです。

こんな商品を扱った事例があるようです。

  1. 不用品
  2. ハンドメイド品
  3. プラモデル
  4. ジオラマ
  5. 中古PC(要古物商免許)
  6. 美術品(要古物商免許)
  7. 古本(せどり)
  8. DVD(せどり)
  9. CD(せどり)
  10. 西洋アンティーク(輸入)
  11. 中古レコード(輸入)
  12. ブランド品(輸入)
  13. バイク用品(輸入)
  14. カー用品(輸入)
  15. おもちゃ(輸入)
  16. 鉄道模型(輸入)
  17. ミニカー(輸入)
  18. 家電製品(輸入)
  19. 釣り道具(輸入)
  20. 腕時計(輸入)
  21. ペット用品(輸入)

2.2 アマゾン

世界で見ると、アマゾンが最大のプラットフォームです。

もともとはインターネット上の書店からスタートしたアマゾンですが、現在では幅広い物品を扱うモールとなっています。こんな商品を扱う事例があります。

  1. 古本(せどり)
  2. DVD(せどり)
  3. CD(せどり)
  4. ブランド品(輸入)
  5. おもちゃ(輸入)
  6. 鉄道模型(輸入)
  7. ミニカー(輸入)
  8. 家電製品(輸入)
  9. ペット用品(輸入)
  10. 中国製廉価品(輸入)

2.3 バイマ

ブランド品を物販するならこのプラットフォームです。高い値段で販売することができれば、より多くのお金が手元に残ります。

  1. ブランド品(輸入)
  2. iPhoneケース(輸入)

2.4 eBay

最近規模が拡大してきているeBayも狙い目の一つと言えるでしょう。こんなものを出品した事例があるようです。

  1. ハンドメイド品(輸出)
  2. 日本限定CD(輸出)
  3. アンティーク(輸出)
  4. 日本のお菓子(輸出)
  5. 日本の家電製品(輸出)
  6. 日本の伝統工芸品(輸出)

2.5 ネットショップ

これ以外にも、個別のネットショップを利用して物販を行うという手もあります。

  1. ハンドメイド品(ネットショップ)
  2. ペット用品(ネットショップ)
  3. プラモデル製作代行
  4. ジオラマ製作代行
  5. ミニカー

3 コーチ・コンサル・セミナー講師ビジネス

先ほどのインターネットを活用したビジネスは、主に若い人にかなり有利だと私は考えています。なぜなら、若い人の方がインターネットに詳しいし、使い慣れているからです。

一方で、ある程度経験をして、スキルがあるからこそできる週末起業の方法があります。それが、コンサル系のビジネスです。

在庫も一切必要のないビジネスになりますので、過去にビジネスでそれなりの結果を残している人は、このジャンルで週末起業をしてみると良いでしょう。

3.1 ビジネススキル

 あなたがこれまでビジネスをする中で培ってきたスキルを販売するというのがこのビジネススキルを使ったコンサルティングビジネスになります。

最初は友人や知人、ないしは取引先から「頼むよ」と言われて始めるケースもあるようです。よくあるジャンルは以下の通りです。

  1. 営業
  2. スキルアップ
  3. 目標管理
  4. 週末起業
  5. Webマーケティング
  6. 士業(税理士、社労士、不動産鑑定士など)

3.2 悩み解決スキル

実は、コンサルティングビジネスは何もビジネススキルだけに偏っているわけではありません。日常の悩みや、男女の悩みである恋愛などにもそのチャンスは広がっています。

  1. ダイエット
  2. 恋愛
  3. 婚活

3.3 趣味

一方で、趣味の実力を使って他人に教えるというやり方もあります。イカ釣りの動画ノウハウで800万円を儲けた事例もあるくらいなので、趣味といえども侮れないですよね。

  1. 釣り
  2. プラモデル製作指導
  3. ゲーム
  4. ジョギング

3.4 得意なこと

あなたの得意なことや習い事を活用してコンサルティングビジネスにするという手もあります。人の役に立つ快感を得られますよ。

  1. 英会話
  2. コーディネート
  3. 写真
  4. 動画

4 スキル活用

これ以外にも、あなたの持っているスキルをバラ売りするという方法があります。いわゆる、代行・外注サービスです。

最初はあなた一人から始め、うまくいってきたら人材育成の仕組みを整えれば、立派なビジネスオーナーになれます。

4.1 ポータルサイトを使ってスキルを売る

クラウドワークスやランサーズなどのポータルサイトを使ってあなたが持っているスキルを使って役務を提供するやり方です。需要が高いジャンルにこんなものがあります。

  1. ライティング
  2. イラスト
  3. デザイン
  4. HTML
  5. プログラミング
  6. 声優・アナウンス
  7. 英作文
  8. 英会話
  9. 占い

4.2 リアルの現場でスキルを売る

ポータルサイトを使わずとも、リアルで頼まれたものをこなし、お金をもらうのもれっきとしたビジネスです。こんなジャンルでトリクでみてはいかがでしょう?

  1. パソコン修理
  2. パソコン初期設定
  3. パソコン操作
  4. 料理教室
  5. 家事代行
  6. 経理代行
  7. 家庭教師
  8. 異業種交流会開催
  9. 婚活パーティー開催

ネタやアイデアをどう探すか?

ネタの探し方

さて、ここまでたくさんの週末起業のアイディアをお伝えしてきました。

とはいえ、週末起業を始めたいがネタがないから始められない……

と不安を感じている人は、堀江隆文(ホリエモン)さんが提唱する起業の4ヶ条に当てはまっているかみてアイデアを考えてみると良いでしょう。

この4ヶ条さえ実直に守って実行すれば、「廃業というリスクなし」でネタが出てくるようになりますし、不安ないビジネスをスタートすることが可能になります。

1 利益率の高い商売

原価が低いものをアイデアや工夫で高く売る商売。リサイクルショップなどがこれに該当します。

2 在庫を持たない商売

在庫が無い=失敗のリスクが減る。多くの起業家が在庫に悩まされていた中、今では在庫無しのビジネスが増えています。

オンラインで注文が入ってから商品を提供したり、契約して着金してから商品を提供するサービスを考えてみましょう。

3 定期的に一定額の収入がある商売

物を小売していてはいつか限界が来ますし安定もしません。収入を継続的に得る仕組みを作りましょう。

月額課金のビジネスまたは、毎月継続して新規客が流入するメディアを持つことでこれが可能になります。

4 資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

リスクを無くし、今すぐにでも始められるようなこと。

これがビジネスを継続する上では必須です。飲食店やアパレルショップなど、店舗を持ってスタートさせるようなビジネスは現実的ではありません。

士業(行政書士、司法書士、弁護士、社労士)などの小資本でもできるビジネスを目指しましょう。

アイデアを見つける方法

ネタの探し方がわかったのであれば、そのあとは先ほどの業種例からあなたにあったビジネスを選びましょう。

その際に重要なことは、次の3つだと私は考えています。

  1. あなたに向いているもの
  2. あなたが続けられそうなこと
  3. 競合が弱そうなもの

週末起業をしたからといって、一朝一夕ですぐに結果がでて大金を稼げるわけではありません。

なので、少しでも結果を出しやすくするために、あなたがこれまで経験した中で向いていそうだと感じることや、あなたが仕事に対して喜びを感じられること、そしてナンバーワンになれそうなものを選びましょう。

この3つをきちんと守ることができれば、その週末起業があなたにとって天職となる可能性が非常に高くなることと思います。

ちなみに、天職の見つけ方についてはこちらの就活スクールが教えてくれます↓

一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」

税金・確定申告対策

副業でも納税は必須

週末起業で多少の収入をもらうだけだったら、納税の必要はないんじゃないか?

そんなに甘くはありません。

副業で年間20万円の利益が発生した場合、誰でも納税の義務が発生します。副業で年間20万円の利益が発生した場合は、確定申告で正しい申告の手続きを行いましょう。

基本的に前年度の収入(本業+副業)によって、今年度の住民税の納税額が変わってきます。

「副業でお小遣い程度だから、黙っていれば誰もわからないし、申告してもばれないでしょ。」

確かにバレない可能性はあるでしょう。実際、私もバレませんでした。

ただ、堅い話になるかもしれませんが、日本に住んでいる以上、僕はしっかり納税すべきだと思います。

今日本は赤字大国です。税金がムダに使われたり、消費税が上がったり、暫定税率がいつまでの残ってたり、天下り団体に大量の資金が流れ込んでいたり、納得いかないような法案が通ったしたとして、

かなり納得のいかないような税金の使われ方をしているとしても、この国を支えているのはやはり「税金」です。また、税金を正当に払うというのは、ビジネスとして基盤を整えることとしても重要だと思っています。

まあ、こんなことは法人化した今だからこそ言えることなんですけどね(苦笑)

個人と法人どっちで起業したらいいか?

週末起業を行う場合、「個人事業主(個人)」としてやるべきか、「株式会社(法人)」としてやるべきか迷ってしまう方が相当数います。

ビジネスをやったことがない人にとって、どっちでやったらいいのかわからないですよね。僕自身もよくわからないままスタートしました。

結論から伝えますが、「利益が出ていない内は個人事業主で十分」です。個人と法人の大きな違いは、「課税基準の違い」です。

個人事業主は事業所得の全部に税金がかかります。対して法人の場合は、法人税と所得税を選べます。

個人事業主の税制上でのメリット・デメリット

メリット
・所得が500万円未満の場合は、法人より税金が少ない可能性がある
個人事業主が払う所得税は累進課税になっています。所得が多ければ多いほど、税率が高くなっていきます。

課税される所得による税率の違い

・330万円〜900万円未満=20%
・900万円〜1,800万円=30%
・1,800万円〜3,000万円=37%

デメリット
・経費の範囲が少ない
所得が330万円未満だと法人より納税額が少ないと思うかもしれませんが、一概には言えません。

個人事業主では経費で認められる出費が法人よりも少ないので、経費を全て含んだ上で計算すると、330万円未満でも個人よりも法人化した方が納税額が少なくなる可能性があります。

・相続税がかかる
経営者が死亡すると、全ての財産が相続の対象になってしまいます。

法人のメリット・デメリット

メリット
・所得が500万円以上の場合は、個人事業主より税金が少ない可能性がある
法人は「一定税率」です。どれだけ利益を出して儲かっていたとしても、最大30%しか税金がかかりません。

・個人事業主に比べて経費の幅が増える
生命保険、自宅兼事務所、退職金など、個人事業主では経費として認められなかった出費も、経費として認められるようになります。

・相続税がかからない
経営者自身が保有している株式には相続税がかかりますが、会社の所有財産には相続税がかかりません。

デメリット
・法人特有のランニングコストが必要
法人化すると、毎年税務申告を行う際に、「法人住民税の均等割」が必要です。

毎年7万円はかかります。これは赤字であっても払い続ける必要があります。

結局どっちがいいのか?

結果的に自分の場合は、個人と法人どっちがいいのか?ですが、これは実際のビジネスによります。

定期的な収益が見込める、将来的にも売上が伸びる可能性がある。それとは逆に定期的な収入が見込めない、一時的な売上しかない。

状況は色々ですので、一度税理士さんに相談をしてみましょう。

どちらにしても税理士さんと早い段階で話をするのは、ビジネスのリスクヘッジになりますし、かなり良い勉強にもなると思いますのでオススメです。

本業に支障を与えず成功する方法

こう考えていくと、会社にバレずに週末起業をするためには3つのことを押さえておけば良いと思います。

  1. 税理士さんに聞いてあなたのビジネスにどのように税金が関わってくるのかを知る。
  2. 会社にバレないよう、匿名やハンドルネームで出来るビジネスを選ぶ。
  3. あなたの強みが生きるビジネスを選択し、インターネットを活用する。

特に3が重要です。

インターネットで集客をするのを前提としながら、あなたの強みが生き、なおかつ続けられることをコツコツマイペースでやっていくことが週末起業で成功するために必須なことだと思います。

成功するために必要なスキル

ここまでで、どんなアイデアやジャンルで勝負するべきかについてお話ししてきました。

ただ、ここであなたに一つお話ししておかないといけないことがあります。それは、週末起業ではこのスキルを持っていないと命取りとなるスキルがあるからなのです。

それは、「集客」「営業」スキルです。どちらも商売をやる上では必須のスキルだと思いますが、このスキルは企業で営業ないしはマーケティング畑にいた人間でない限り身についていません。

ですから、手に職はあっても、全く案件が取れないという事態になりやすのです。正直、週末起業を諦めてしまう理由の大半がこの「集客」「営業」スキルがないから、というのが現実です。

ですから週末起業を始める場合には、必ずこのスキルに関しては習得してから挑むようにしてください。

私は週末起業をビジネスコンサルティングのジャンルでスタートさせましたが、その時に前職でマネージャーがおっしゃっていたこの言葉を今も思い出します。

「優秀なコンサルタントというのはどういう人か知ってる?それは、お客さんに結果を出せる人ではない。仕事を取ってこれる人なんだ」

この言葉があなたのお役に立つことを祈っております。

いつ本業をやめるべきか?脱サラの5つのステップ

ステップ1:あなたの経験があることを見直す

まず大前提ですが、あなたの経験が生きるジャンルを選びましょう。

この経験に関してですが、なにもあなたのスキルがあるものを選べと申しているのではありません。

あなたのこれまでずっと時間を費やしてきたことや、あなたが過去苦労したことがあれば、それがお金になる可能性が高いのです。

例えば、あなたが脱毛に苦しんでおり、どうすれば毛が生えるかについてたくさんの情報を調べ、様々な商材を買ったという経験があったとします。

その結果が、あなたが脱毛を克服したとすれば、あなたが今脱毛で悩んでいる人にアドバイスを差し上げることはできますよね。

なので、あなたの経験があることを見直して、そのジャンルで勝負をすれば高い確率で成功することができるようになるでしょう。

ステップ2:相手が悩んでいることや困っていることを見つける

あなたの経験が見つかったら、次にあなたがやることはあなたのお客さんになりそうな人(見込み客)がどのような悩みを抱えていたり、あるいは既存の商品に対してどのような不満を抱いているかを調査してみましょう。

見込み客がいる場所に足を運んでみて、どのような愚痴や不満を垂れているのかを徹底的に調べてみるのです。

そうすれば、きっとあなたは「俺ならその解決策を知っているぞ!」という気になると思います。

これが大きなモチベーションとなってビジネスを推進することができるのです。

それがオンライン上なら、掲示板や知恵袋を見てみましょう。そこに悩みに関しては大量のコメントが寄せられています。

ステップ3:あなたの経験や体験談を用いてその悩みを解決する

次にあなたがやることはその相手に対してあなたの経験や体験談を用いてその悩みを解決することです。

相手が脱毛に悩んでいたら、

「わかります。私もそれに悩んでいたんです。でも私はこの薬を買ったから治ったんですよ。」

といってあなたが代理店契約している薬を提供します。

これをできればオンライン上でやるのです。そのために、あなたの見込み客が調べそうなキーワードを見つけ、そのキーワードに対応出来る記事を作ります。

そして記事の中で相手の悩みに共感し、あなたの信じる商品を勧めるのです。

ステップ4:競合を意識する

さて、このキーワードを意識する時に必ず考えないといけないのが競合です。

基本的に、あなたがやろうとして週末起業においては必ずあなたの競合がいるでしょう。

その競合にあなたが今後勝てそうな自信がある場合は、その土俵で勝負すると良いと思います。

一方で、あなたがその競合にはなかなか勝てそうにないなと考えた場合には、あなたはその土俵では勝負せずに、土俵を絞り込んだり、あなたが勝てる土俵にお客さんを連れ込むことなどが肝要です。

ステップ5:週末起業の収入が本業の2倍になったら脱サラ

以上のことをしながら週末起業を始め、最終的に週末起業の収入が本業の2倍になったら脱サラを目指してみると良いでしょう。

なぜ2倍なのか?その理由はシンプルで、週末起業の収入は本業に比べて不安定だからです。

サラリーマンの収入は上限が同じではあるものの、毎月一定額と決まっています。これは希望がないという見方もできますが、別の見方をすれば安定しているというわけです。

一方で、週末起業の収入はある程度の変動幅を持って結果として表れます。5月の収入は50万円だけど、6月の収入は20万円、みたいなことがあるわけです。

通常、どのビジネスでも繁忙期と閑散期がありますから、当然です。

なので、本業と同じだけの収入がある状態よりも、本業の2倍の収入がある状態で独立をすると良いと言えると思います。

私自身も会社を辞めるタイミングでは、本業の2倍の収入を週末起業で稼いでいました。

それでも起業後には多くの不安やリスクにさらされ、一時的に売り上げが落ちるときも多くありました。

もしあの時、本業と同じだけの収入しかなかったとしたらどうなっていたかと考えるとぞっとします。

なので、ぜひ本業の2倍くらいの収入を稼ぎ出してから独立されると良いと思います。

おすすめの本を教えてください!

ここでは、私が週末起業をするに至った本を幾つかご紹介いたします。

自信がでる本:ゼロ起業

週末起業をする際のアイディアの入手方法から、自信の手に入れ方、そして他人とのパートナーシップのコツまで初心者向けにやさしく解説してくれている一冊。

私もこの本を読んで「あ、自分のやろうとしている週末起業のやり方は正しいんだ」と思えるようになりました。非常に自信が得られます。

HP制作に使える本:沈黙のWEBライティング

この本は初めてネットを触る人のために、どうすれば検索順位で上位表示させるのかについて詳しくかいてある。グーグルの基本検証から、どんなコンテンツが喜ばれるのか?そういったことをマンガ形式でわかりやすくストーリー立てて教えてくれる良書。

WEB集客に使える本:沈黙のWEBマーケティング

こちらは先ほどの下巻となっており、現在主流の集客手法である、「コンテンツSEO」についてまとめた本。

ネット集客が初めての人や、コンサル・コーチ業の人にオススメ。初心者向けにパソコンのシステムから記事の書き方まで細やかに指導している。

WEBでの営業に使える本:究極のセールスレター

こちらは海外のマーケティングコンサルタントであるダン・S・ケネディ著作のセールスレター作成本。WEB集客に成功したら、次はあなたの商品を販売するページにお客を誘導し、買ってもらうないしは問い合わせをもらう必要がある。

その際に書く文面がセールスレターなのだ。その書き方が1から学べる本。

フォーラム・実践会ってどうなの?

週末起業というワードで調べると、まず目につくのがこの週末起業フォーラムや実践会という名前だ。この会に参加するかどうかは賛否両論があると思うが、私は参加する必要はないと考えている。

なぜなら、基本的なノウハウは先ほどお伝えした書籍で学べるからだ。

なので、あなたが「週末起業のやり方を知りたい」と思っているのであれば、別にこのフォーラムに行く必要はない。一方で、もしあなたが「週末起業仲間が欲しい」と考えているのであれば、一度足を運んでみても良いだろう。

おすすめのセミナーはありますか?

これと同様、別段セミナーに行かなくてもネット上でノウハウのほとんどは手にはいる。なので私はセミナーに行く必要はないと考えている。

実際、起業セミナーの裏側を知っている私からすれば、週末起業をするためにセミナーに行くというのはナンセンスだと思う。

なぜなら、「これで週末起業したい!」というやりたいことがないのにセミナーに行っても、何も得られないからだ。

なので、あなたが「何か面白いことないかな〜」という程度の考えでセミナーに行こうとしているのであれば、それはやめたほうが良い。

そんなことをしている暇があったら、まずはいけそうなアイディアを考えてみることから始めてみよう。

週末起業で理想のライフスタイルを

最近流行りの週末起業の甘いも酸いもすべて含めて解説したつもりです。

ぜひ、週末起業を通してあなたの理想のライフスタイルと収入の両方を手に入れていただければと思います。

週末起業があなたの天職となることを祈っております。

天職によって月収150万円の差がついた2人の会社員の話

天職によって月収150万円の差がついた2人の会社員の話

投稿:2017.07.21 | 最終更新:2019.08.29

こんにちは、天職コンサルタントの竹内です。 2年ほど前、2人の会社員がそれぞれビジネスを始めるのを私は手伝いました。 2人の名前は松本さんと藤沢さん。 …

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。ホワイト企業への内定率は100%を誇っている。東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。 集客・営業代行のビジネスでは、東京大学で行った企画でゼロから1500人を集客しただけでなく、恋愛系企画においては朝日新聞・フジテレビ・AERAの一面にカラーで掲載。 その後、キャリアアップや人材育成の研修を行う外資系コンサルティング会社に就職。入社後、多くの中小企業の経営問題を人財育成の観点から解決に取り組むべく、新規事業・アプリ開発などを担当し、現在独立。 セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。 クライアントには月収を6倍にした元サラリーマンや月商を3倍にした音楽の楽団長、所沢での学習支援業の起業に成功した大学生など幅広い。 趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。