はじめての方へ。このサイトの使い方について紹介します。

160,000人、、、

こんにちは、ホワイト企業就職率No.1の就職予備校の校長を務めます、竹内と申します。
早速ですが、これ、何の数字かわかりますか?

これは、毎年入社後に会社選びを後悔する就活生の数です。
おびただしい数の就活生がファーストキャリアの選択に失敗しています。

失敗の形は人それぞれです。
志望企業に受からなかった、就職浪人してしまった、
よく考えずにブラック企業に入ってしまった、入ってみたら全然聞いていた内容と違った。

おびただしい数の相談が毎年我々のところに来ます。

実は、かくいう私も当時はそんな失敗就活生の一人でした。
東大に入り、万全な実績と自己PRをもってしても軒並み企業から落とされ、挙げ句の果てに就職浪人をする。
そんなダメ就活生の一人が私でした。

当時もいまもネット上には就職エージェントのテクニックが蔓延していますし、
大学のキャリアセンターは求人のリストなどのサポートを充実させています。

にも関わらず、就活で後悔する人が後を絶たないどころか、最近はブラック企業に入って死んでしまう人もいます。

・・・なぜ、そんなことになっているのでしょうか?
それは、新卒の就職マーケットの構造的な欠陥にあります。

私がデロイトトーマツグループでコンサルタントとして働いていた時にわかったのですが、
新卒の求人マーケットにおいては、企業のことを何もわかっていない就活生を食い物にする、
就職エージェントやナビがブラック企業に学生を流すためのアドバイスをしていることが多いのです。

そして、それに対して大学のキャリアセンターは何ら対策を講じられていないどころか、
大学によっては就職率を上げるためにエージェントと結託してブラック企業に学生を斡旋しているところさえあります。

結果、きらびやかに光る上澄みの層だけがうまくいき、
それ以外が苦労して路頭に迷うかブラック企業に入ってしまうという構造ができあがっています。
その構造がゆえに出来上がった数字が160,000人なのです。

この状況をどうにかしたい。
そう思い、校長の私と、当時生徒だった白河で設立した就活メディアがこの、
「ホワイト企業への道」です。

このメディアの目的は2つです。
1つ目は、あなたに天職を見つけてもらい、ワクワクイキイキと仕事をしてもらうこと。
そして2つ目は、そういった仕事を長く持続的にできるホワイト企業に就職し、
社会に価値を生み出せるビジネスマンになってもらうことです。

そのためにホワイト企業に入る方法やそこで活躍する社会人になるための方法を、
「授業形式」でわかりやすく執筆しています。登場人物は次の通りです。

このメディアでの登場人物の紹介

富田:理工学部の大学3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。
春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて、考えるより動け!の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。
竹内:ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーの校長。東大工学部→就職浪人→デロイト→予備校設立という異色のキャリア。教え子が有名企業にポンポン内定する事で有名。このサイトの立ち上げ人。
白河:社会人3年目のヘッドハンター。東証一部の人材系企業で勤務。大学時代にはFラン大学から竹内の指導を受け、就活で逆転した過去を持つ。このサイトの現在の管理者。

メディア設立後、多くの求職者の要望をいただきながら改良に改良を加えた結果、
1ヶ月に20万人の求職者が来るサイトになることができました。
執筆に協力してくれるライターの方も10名以上に増えてきました。

そういった方に当サイトの目的をお話しすると、

「そうそう、確かに就活っておかしいと思ってたんだよね」

とか、

「ホワイト企業に行くという概念、すごく共感します!友人がブラック企業で痛めつけられているのを見ていますし、
これからは働き方を改善して生産性を上げることが日本の経済発展につながりますよね」

という声をいただくことも多いです。こういった声をいただくと、本当にこのサイトを立ち上げてよかったなと思います。

当メディアは決して今の勢いに甘んじず、
今後も一人でも多くの就活生に最高のファーストキャリアを歩んでいただけるようなメディアとして進化していきます。

我々とお付き合いする中で、
すこしでもあなたの未来が変わることを祈っております。

今後ともどうぞホワイト企業への道をよろしくお願い致します。

このサイトの使い方

このサイトを効果的に使ってキャリアをより良いものにするために、次の使い方をお勧めしています。

  1. ホワイト企業に内定するための教科書を読む
  2. 教科書でホワイト就活のセオリーを一通り理解したら、知りたいことを検索ボックスで調べる
  3. わからないことは右下の質問箱に質問する
  4. コンテンツが役に立ったらシェアをする

この使い方をすれば、おそらくあなたのキャリアの疑問点の大方は解決されるはずです。
なんにせよ、まずはホワイト企業に内定するための教科書をこちらのページから入手し、
学んでみることから始めてみてください。

より高度な訓練を積みたい方へ

最初に申し上げましたが、このメディアの運営はホワイト企業就職率No.1の就職予備校であるホワイトアカデミーが運営しています。

正直に申し上げれば、このメディアで教えていることはホワイトアカデミーで教えていることのほんの一部ですし、
このメディアをソファーでゴロゴロしながら見ているだけでは、
三菱商事や日本IBM、キーエンスなどの誰もが知っているようなホワイト企業に行くことはできません。

なぜならば、ホワイト企業は倍率が100倍というハイレートになることが多く、
そのためには日頃から訓練をしていく必要があるからです。

ですのでもし、あなたが選考倍率の高いホワイト企業に内定し、生涯で4億円以上の賃金を獲得したいと思ったら、
ホワイトアカデミーの授業を受け、徹底的に訓練をすることをお勧めします。

詳細はこちらのページから確認できますので、お時間ある際に詳細を確認してみてください。

最後になりますが、このメディアや当予備校を通じて、
あなたのキャリアが良くなることを我々一同、切に祈念しております。

ホワイト企業内定就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミー創立者
Avalon Consulting株式会社代表取締役社長 竹内健登