ホワイトアカデミーって怪しいのか?その点について検証してみた

ホワイトアカデミーという就活スクールを知っていますか?

ホワイトアカデミーは必ずホワイト企業に内定できることで有名なのですが、就活生から「ホワイトアカデミーは怪しいんじゃないか」と言われていることもあるようです。

ホームページを見ると、芸能人の勝俣州和さんとの番組出演実績や、ヤフーニュース・朝日新聞などのメディア掲載実績も豊富です。また、卒業生の声も赤裸々な生の声が多く、逆転ストーリーを成し遂げた卒業生の声もたくさん掲載されています。

果たして、実際のところはどうなんでしょうか?

この記事では、実際にホワイトアカデミーに通っていた私が、その怪しさ(?)について検証していきます!

この記事を書いた人:白河修一

社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

なぜ、ホワイトアカデミーは怪しいと言われるのか?

 

まず、通っていた僕からすれば、ホワイトアカデミーは至って全うなやり方をしています。というのも「ホワイト企業に入れなければ授業料を倍額で返金する」という、ライザップ以上の超・成果報酬制度を取り入れているからです。

実際、内定実績にも名だたる有名企業(日本通運・日本IBM・日本銀行など)が名を連ねていますし、内定率は100%という圧倒的な数値を叩き出しています。

これは他の就活塾と違って、個人に寄り添ってかなりみっちりと指導をしてくれるからこそ成し得る成果だと思います。

もちろん、宿題がどさっと出されることがあるため、たまにスパルタな面もあります。でも、運営方針自体は至ってまともで、保護者からも高い評価を得ています。

では、なぜホワイトアカデミーが怪しいと言われるのでしょうか? それには以下の2つの理由があります↓

  1. 他塾に比べて授業料が高いから
  2. 別の就活塾と間違われているから

順に説明していきます。

ホワイトアカデミーが怪しいと言われる理由1:他塾に比べて授業料が高いから

まずは授業料の高さでしょう。1ヶ月完結コースは72000円という金額ですが、ホワイト企業内定保証付きのスタンダードコースの金額が760,000円となっており、大学受験予備校並みの費用になっています。

この金額、到底就活生に払える金額ではないです。だから詐欺だの何だの言われているんだと思います。というより、そもそも就活指導業界自体が、就活生からすると「何で俺らから金取んの?」ということで詐欺だの何だの言われる節があります。

だから、これは金額の問題ではないかもしれません。1円でもお金がかかった瞬間から詐欺扱いされることもありますから。

ただ、ホワイトアカデミーには親が入学させるケースが多く、その場合は詐欺だの何だの言われないそうです。経済力が全然違いますからね。

これは考えようですが、ホワイトアカデミーに入れば、僕のように給与の良い会社に良いポジションで入れるため、生涯で考えたら「760000円なんてわずかだな」と思えるくらいの金額が返ってきます。実際、入社後にもらえるボーナスで授業料は回収できました。

そのあたりを天秤にかけて価格は考えたほうが良いでしょう。ちなみに、他塾と比べて授業料が高いのには4つ理由があり、

  1. ホワイト企業に内定できるような指導をできる人が希少だから
  2. 完全個別指導制だから
  3. ブラック企業からのバックマージンをもらっていないから
  4. 企業研究費が含まれているから

となっています。それについて詳しく説明していきます。

ホワイトアカデミーが他塾より高い理由1:先生が希少

よくよく考えてもらえればわかるのですが、ホワイト企業に入るのはめちゃめちゃ難しいです。HPでは30代〜40代で年収1000万に十分達し得る企業と書いてありますが、そんなことが実現できるのは日系大手の有名企業と中堅どころの優良企業だけです。

さらに、ホワイト企業は証券会社などのブラック企業と違って人が辞めませんから、その分新しく人を採らないのです。結果、倍率がものすごく高くなる傾向にあります。

その企業に普通の学生を入れるためには、筆記試験対策、グルディス、面接、ESだけでなく、そもそもの基礎的な能力(コミュニケーション能力やプレゼン能力など)を高めていかないと難しいということは誰にだってわかると思います。

では、それらをきちんと教えられる先生はどれくらいいるでしょうか?ホワイト企業の難関の試験をクリアした上で、生徒に教えようと思う先生はそんなにたくさんいるでしょうか?

答えはノーですよね。高度の技術を教えられる人を説得して先生として働いてもらうにはそれなりの金額を払わないといけないため、ホワイトアカデミーの授業料は高いのです。

そう考えると、大学受験予備校と同じ金額でできているホワイトアカデミーはすごいですね。受験の予備校はいくらでもいる大学生に声をかければ良いですが、ホワイトアカデミーは希少種の先生をつかまえても同等の金額なのですから。

ホワイトアカデミーが他塾より高い理由2:完全個別指導制だから

集団の授業と個別の授業、どちらの方が良い成果が出るかと言われれば、絶対に個別です。なぜなら、個別指導ではきめ細かいサポートができるからです。しかしそのぶん、授業料を高くしないと塾側は経営できません。

就活は全員事情が違いますし、アピール方法も当然変わってきます。ゆえに、個別指導を行っていかないとなかなかいい企業には内定できません。

他の塾は集団にして経営効率を上げている一方、ホワイトアカデミーはライザップと同様に個人にコミットして結果を出すため、その分人件費がかかってしまい、学費が高くなるのです。

ホワイトアカデミーが他塾より高い理由3:ブラック企業からのマージンをもらっていないから

これは他の塾や三流大学にありがちなのですが、内定率100%と謳っておきながら学生を知り合いのブラック企業に斡旋し、そこからバックマージンをもらっている塾が多すぎます。

こうすれば、安い金額にしても運営できますからね。しかし、そんな塾に入ったところで悲惨な人生が待っているだけです。ゆえに安い塾には注意が必要で、低賃金で重労働の企業に入れられている学生は結構たくさんいます。

こういった塾は人材紹介会社やキャリア支援団体と提携していたり傘下に持っていることが特徴的ですので、そういった塾を見つけたらすぐに逃げることをお勧めします。

ホワイトアカデミーはそんなことは一切していないので、純粋に授業料だけで勝負をしています。ゆえに高いのです。ただ、それでもSAPIXや早稲田塾・早稲田アカデミーに比べたら圧倒的に費用が安いです。

そういった塾は1年間で150万〜250万円かかることが普通ですが、ホワイトアカデミーではたったの76万円です。この金額はむしろ、めちゃめちゃ安いといったほうが良いでしょう。

ホワイトアカデミーが他塾より高い理由4:企業研究費が含まれているから

ホワイトアカデミーは企業の調査費をかけてホワイト企業を発掘しています。それゆえに、「この会社、どうなの?」といった企業の内情を良く知っているのです。

当然、それには調査費がかかります。通常、これをコンサル会社に依頼すると100万近く取られますが、ホワイトアカデミーはその金額を含めて760,000円なのですから、安い方だと思います。

このように、ホワイトアカデミーが他塾よりも高いのには4つ理由があるのです。

ホワイトアカデミーが怪しいと言われる理由2:別の就活塾と間違えられているから

「ホワイトアカデミー 怪しい」とグーグルで検索すると、この記事(東京で200万円の就活支援塾の詐欺に出くわした話)が一番上にヒットするらしく、それで勘違いされている可能性があるみたいです。

しかし、この記事の末尾にも「ホワイトアカデミーは怪しくない」と書かれているように、どうもお門違いのようです。この記事では東急線沿線沿いとか、2011年の話とか、200万円とか書いてありますが、どれもホワイトアカデミーには当てはまりません。

ホワイトアカデミーは新宿にあります。新宿駅南口から10分くらい歩くんですが、これがちょっと遠くて、当時はトボトボ歩きましたよ笑

あと、ホワイトアカデミーは2016年に誕生しているので2011年にはなかった塾ですね。その辺りが先ほどの記事とは違うので、どうも変な誤認を生んでしまっているようです。

実際、ホワイトアカデミーのサービスってどうなの?

 

あなたが知りたいのはこれですよね。実際、メリットとデメリットがあるので、それについて記しておきます。

ホワイトアカデミーのメリット

結論から言えば、

  1. ホワイト企業に100%内定できる
  2. 完全個別指導制
  3. 講師のレベルが高い
  4. オンラインでも可
  5. ビジネススクール的要素があり、一生もののスキルを教えてくれる

この辺りがメリットでしょうか。ホワイトアカデミーは他の安価な就活塾と違って人材紹介業はしていませんから、変な企業に学生を突っ込んだりすることはありません。

100%安心なホワイト企業に入れるように指導をしてくれます。あと、個別指導が特徴なので他の集団授業の就活塾に比べて面倒見が良いです。

メリットに関しては、僕とは別の卒業生が書いた記事によく記載されているので、そちらも見ておくと良いと思います↓

ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

投稿:2018.12.15 | 最終更新:2019.02.17

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。 私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでしたが、ホワイトアカデミーの先生に面倒を見てもらったことで、…

ホワイトアカデミーのデメリット

これも結論から言ってしまえば

  1. 他塾に比べて高額
  2. サイトデザインがちょっとショボい

というところでしょうか。他塾に比べると高額な分、良い企業には行けますので、これはトレードオフといったところでしょうね。サイトデザインに関しては、ホワイトアカデミーがデザイン会社に発注するのを待ちましょう笑

ホワイトアカデミーに関するまとめ

というわけで、怪しいと思われているホワイトアカデミーについて解説してきました。ホワイトアカデミーに入れば就活で有利になるし、入らなければ普通に就活をするだけです。

正直、どっちでもいいと思います。でも、人生レベルで大きなお釣りを得たいと思ったり、レベルの高い人と一緒に時間を過ごすことで成長したいと思っていたりする人にはホワイトアカデミーは良いと思います。

必ず払った以上のお釣りがきますので、自己投資をして良いキャリアを築いていこうと思う人にとってはこれ以上ない就活スクールだと思いますよ!

 

追伸

ホワイトアカデミーは毎月20名しか生徒を募集していません。枠が無くなる前に無料相談会に行くことをお勧めします。

気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に東証一部上場の人材系企業に内定。「求職者に正しいキャリア形成や就活の情報が伝わっていない」ことを痛感し、当サイトを発足。現在では1ヶ月当たり20万人以上が訪れるサイトとなった。企業からお金をもらわず、徹底的に求職者目線の情報を伝えていくことがライフワークだと感じている。