自己分析本を使って内定獲得!自己分析本の選び方と活用方法

就職活動で最も大切なことと言われる自己分析ですが、どうやったら良いのか、悩みますよね。

そんな時、サクッと理解できる本があると助かりますね。

今回は、そもそも自己分析とはどんなものなのかということと、就活生が独学で理解できる自己分析の本の紹介と活用方法について見ていきたいと思います。

この記事を書いた人:「ホワイト企業への道」編集部

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。

人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。編集部イチオシの就活に役立つ教科書をプレゼント中!

自己分析って何?

そもそも自己分析とは何のことでしょう?

簡単に言うと、自分自身の事を理解するという事です。人は自分のことを理解しているようで、実はよく分かっていない生き物です。

自己分析は就職活動を始めるにあたって、真っ先にやるべきことと言われています。

就職活動では、自分のことを分かってもらうために表現する場面が数多くあります。

エントリーシート・履歴書・面接での自己PRや志望動機などがそれに当たります。

自分のことがよく分かっていなければ、それら全てに答えるのは難しいでしょう。

なぜ自己分析をするの?

何となく難しそうに感じる自己分析ですが、一体何のためにするのでしょうか?

その効果にはどんなものがあるのでしょうか?

自分の価値観が分かる

自己分析を進めていくと、自分は「こんな時に嬉しくなる」とか、「こんなことが好きだ」、「こんなことは嫌いだ」などという、物事に対する好き嫌いが分かってきます。

さらにそれを深く進めていくと、「こんな時にこんな気持ちになる」というパターンが見えてきます。

これがその人の「価値観」です。

私たちは、自分の好き嫌いは認識していますが、このパターンをしっかり認識したことは

あまりありません。価値観はその人の行動の基準になる、進路選択の重要な要素です。

自分の価値観が分かっていると、業界・企業・職種選びで失敗しにくくなります。

自分の適性が分かる

就職先や仕事を選ぶ際は、自分の価値観に加えて、「適性」を知ることが重要です。

適性というのは「向いている」ということです。好き嫌いとは違います。

向いているというのは、余り努力をしなくても、普通に出来てしまう事という意味です。

向いていない仕事や企業を選んでしまうと、働くこと自体が苦痛になってしまいます。

逆に向いている仕事は、自然体で成果が出るわけですから、仕事が楽しく出来ます。

人はどうしても「好き嫌い」を優先しがちになります。

しかし、仕事は趣味ではありません。一定の成果を出していかなければなりません。

その報酬として給料があり、自立した生活が出来るわけです。

イチロー選手のように、「好きで向いている」ということがベストですが、普通の人は、なかなかそうはいきません。

適性と言うものを把握することは、就職では必須のポイントです。

就職活動の座標軸が出来る

自分の価値観や適性が分かると、就職活動にコンパス(羅針盤)が出来るようなものです。

自分の探すべき企業や職種がわかっているわけですから、就職の成功率が格段にUPします。

就職活動のスタート時期には、多くの就活生が不安になるものです。

その大きな要因が「したい仕事が分からない」「どんな企業が良いか分からない」ということです。

自己分析をしっかり行って、やりたい業界や仕事がある程度分かっていると、そんな不安がかなり解消されて就活のスタートを切ることが出来ます。

座標軸が無い就活は、まるでコンパスを失った船のようなものです。

ただでさえ行く方向が分からないのに、激しい就職競争の嵐に見舞われて、遭難(未内定)してしまう可能性もあります。

就職活動が楽になる

自分なりの就活の座標軸が出来ていますから、就職活動自体が楽です。

そもそも目標を絞って活動していますから失敗も少ないですし、不合格を貰ったとしても冷静に問題点を反省する余裕もあります。

現代は就職ナビを活用した就職活動が主流ですが、就職ナビでは簡単に多くの企業にエントリーできます。

しかし、就職の方向性が無いままに大量にエントリーすると、就職活動の力が分散し、何社受けてもエントリーシート段階で不合格を貰い続けるという、悲惨なことになります。

そのうち、さすがに自信を失い、「自分には能力が無い」とか、「就職できない」と思い込み、就職を諦める人も出てきます。

全くもったいない話です。就職のスタート時点でしっかりとした自己分析をしていれば、そんなことは防げるわけです。決して能力の問題ではありません。

本から学べる自己分析の種類と特徴

就活生が独学で本から学べる自己分析の方法は、いろいろあります。

その中で、代表的な手法についていくつか見ていきましょう。

自分にフィットする自己分析のやり方に関する本から選んでいくとスムーズでしょう。

自分史

その名の通り、自分の歴史です。幼いころから今に至るまで、自分の取った行動やその時感じたことを時系列に書き出してみることによって、自分の価値観を発見していく、最もベーシックな自己分析の手法です。

幼児時代→小学校時代→中学校時代→高校時代→大学時代と、時間の流れの中で自分の人生で起こったトピックスを通じて自分の人生を振り返り、自分のことを思い出していきます。

自分の人生を振り返るので、ある程度の大きな用紙が必要になります。

ワークシート付きの本の場合、そのまま書き込んでいけるものもあります。

マインドグラフ

自分史をグラフにしたような分析手法です。

幼いころから今までの心の動きを、波形のグラフで表します。

楽しかったり充実している時期はグラフの値が上昇しますし、落ち込んだり楽しくない時期は値がダウンするように表現します。

自分がどんな時に楽しいか、どんな時に辛い思いをするかが一目でわかるため、自分の価値観が把握しやすいメリットがあります。

マインドグラフは、自分の人生を視覚化できます。

そのため、自分の過去だけでなく、今後どうしたらいいかという想いが頭の中を巡ります。

就職と言う目標だけでなく、人生をより豊かにするための「将来計画」という要素も含まれているわけです。

・マインドマップ

自分を中心として、自分に関心がある事柄を、自由に枝状に伸ばして図に表現する手法です。

自分の考えや価値観、イメージなどを思いつくままに自由に描けるため、まるで脳の神経組織のような図になります。

自分史やマインドグラフのように時間の概念は無いため、取り組みやすいというメリットがあります。

自分の考えやイメージが一目でわかるため、価値観の把握がしやすいのが特徴です。

就職活動に悩んだり、迷ったりしたときに見返してみると、考えがスッキリする効果があります。

特性要因図

自分史やマインドグラフで出てきた自分の人生のトピックスについて、深く掘り下げてみる手法です。

自分が取った行動や感じたことに対して、「なぜそう思ったか?」を繰り返していくことで、自分の深層心理を知ることが出来ます。

例えば、

「大学時代、震災の被災地でのボランティア活動を頑張った」

→なぜ頑張れた?

「自分がした活動で、被災地の方が喜んでくれたから」

→なぜそう思った?

「喜んでもらえると、達成感があったから」

→なぜそう思った?

「人が喜ぶことが嬉しいから」

と言う風に数回繰り返すと、その人の本音(深層心理)が分かると言われています。

もともと、製造業の品質管理活動の技法のひとつで、製品の欠陥やばらつきを発生させる要因を突き止める手法でしたが、考え方が比較的シンプルなため、就職活動でも良く使われるようになっています。

ジョハリの窓

自己分析というのは、その名の通り自分で自分の事を把握することですが、自分の事を他人の視点からも分析することで、より広い範囲で自分を分析することが出来る手法です。

ジョハリの窓では、次の4つの点が把握できるといわれています。

「公開された窓」・・・・ 自分も他人も同じように知っている自分の性格

「盲点の窓」・・・・・・ 自分は知らないけれど、他人が知っている自分の性格

「秘密の窓」・・・・・・ 自分は知っているけれど、他人は知らない自分の性格

「未知の窓」・・・・・・ 自分も他人も知らない謎の自分の性格

 

他人の意見を入れることで、自分さえ知らなかった自分を発見できるなんて不思議ですね。

考えもしなかった業界や職種など、新たな適性に気づけるかもしれませんね。

分析そのものは他人の参加が必要なため、親しい友人同士で、ゲーム感覚で進めることが出来ます。

具体的な手順や、結果の見方など、自己分析の本で詳しく解説してくれます。

エゴグラム

50問の質問に答えるだけで、その人の性格が分かる診断手法です。

アメリカの心理学者エリック・バーンという人が考え出した交流分析と言う手法をもとにしたものです。

人の性格を「父親的性格」「母親的性格」「大人の性格」「自由な子供的性格」、「従順な子供的性格」の要素に分け、それぞれの要素の強弱によってその人の性格を分析します。

非常に簡単ですが、5つの要素のバランスによって、けっこう細かく性格を言い当てることが出来ます。

この手法は一人でも出来ますし、就活生の友人同士でワイワイ盛り上がりながら進めることも出来ます。

その際、自分では気づけなかった友人からの指摘も貰えます。

他己分析

広い意味での自己分析です。親しい友人やアルバイト先の店長・両親・ゼミの教授などに自分の印象を聞いてみる手法です。

改まって自分のことを聞くというのは、少し抵抗があり、相手も戸惑いますが、「就職のアドバイスが欲しい」と、正直にお願いしてみましょう。きっと快く引き受けてくれるでしょう。

最初は親しい人たちから始めて、慣れてきたら少し付き合いの少ない人にもチャレンジしてみましょう。

きっと一味違った情報を得ることが出来るでしょう。

自己分析本の活用ポイント

自己分析は、主に一人で本だけを頼りに進めることが出来るものですが、本を使う時のポイントについて考えてみます。

常に携帯しておく

じっくりと読み込んで行う事も大切ですが、就活生は大学の授業の他にアルバイトやサークル活動に忙しい人も多いでしょう。

常に持ち歩いて、細切れ時間を活用して読んでみましょう。通学の電車の中などはおすすめですね。

タイトルカバーを裏返しておくと、他人の目も気になりませんね。

あれこれ手を出さない

色々と手法をご紹介しましたが、あまり多くを行わないことをお勧めします。

自己分析の基本は自分史ですが、自分にフィットしそうな手法を解説している本をまずは一冊購入し、じっくりと読み込んでいきましょう。

途中で投げ出してまた別の本を購入するのは好ましくありません。

投げ出した数が多いほど、自分に対するプレッシャーになっていきます。そういった意味では、成功した友人の方法を試してみるのも近道かもしれません。

正解ではなく最適解を見つけるつもりで

自己分析は、じっくり行う事が基本ですが、あまりマニアックに時間をかける必要はありません。

ある程度自分の価値観や適性が把握できればオッケーです。自分の性格を100%把握しようとしても無理があります。

あくまでも就職のための方向性を見出すためにあります。「正解」をもとめるというより、「最適解」が見つかればベストと考えましょう。

質問窓口も活用してみる

最近の書籍の著者は自身のWebサイトやブログを開設していることも多く、その中で書籍や自己分析についての質問を受け付ける場合もあるようです。

疑問点は思い切ってメールしてみると、良い情報を手にすることもあるかもしれません。

専門家の意見も活用

自己分析の結果や疑問点を専門家にぶつけてみるのも1つの活用方法です。就職活動といえば、就活塾のコンサルタントは専門家です。

一通りの手法は知っていますし、相談すればレクチャーしてくれるでしょう。

また、就活塾によっては無料で相談にも乗ってくれます。

大学のキャリアセンターの求人でなかなか内定がもらえない人などは、気分を変えて就活塾のコンサルタントにアドバイスをもらってみるのも良いでしょう。

自己分析本の種類と特徴

自己分析の本には色々なタイプや種類があります。

自己分析は人生においても一度はやってみるべきものですから、読み物としてじっくり熟読することも大切です。

ただ、就職の場合、期間も限られていることですから、早く活用して成果を出すことも重要です。

自分のタイプに合う、結論が出せそうな本を選びましょう。

書籍タイプと電子書籍タイプ

自己分析の本は、本屋さんにおいてある、モノとしての本だけでなく、PDF形式などの電子書籍データで販売されているものもあります。

さらに、書籍を購入すると、本+データというセットになっている場合もあります。

現代の就活生はスマートフォンを持っていることが多く、この点は便利ですね。書き込む部分以外はかなり時間を短縮できそうです。

診断タイプ

読み込んでいくうちに自分の性格や価値観が分かっていくものです。

YES・NOで答えたり、答えた内容によって数値を集計して結果をだしたりするような内容です。

あまり複雑すぎず、短期間に結論が出るようなものが良いでしょう。

ワークシートタイプ

記入式の用紙が用意されているタイプです。必要なページを拡大コピーして使うか、直接書き込めるようになっています。

記入サンプルが付いているものが進めやすいでしょう。空白の記入欄の近くに記入サンプルがあると作業が進めやすいですね。

自己分析は、ただでさえやったことの無い分野ですから、手軽に始められて完結しやすいものがおすすめです。

おまけつきタイプ

本の購入者に対して、無料の性格診断や適性診断をしてくれたり、著作者のセミナーに無料招待されたりするおまけがついている本もあります。

その多くは書籍に印刷されているQRコードを読み取ると、専用のホームページが表示されて、シリアルナンバーを入力したり、メールアドレスを入力したりすると、Web上で無料サービスが受けられます。

ただ注意したいのは、中にはメールアドレスを取得後にメールマガジンや広告メールが送られてくることがありますので、確認後に利用すると良いでしょう。

本来の目的が達成できれば良いわけですから、それ以上のことに時間を費やすことは無駄です。

自己分析本の選び方

分かりやすい表現

自己分析の本は、あくまで就活生が自分の事を把握するためのものです。学術書ではない実務書ですから、出来るだけ優しい表現の分かりやすい本を選びましょう。

難しい本にも良いものはたくさんありますが、内容を学んだり習得したりするものではありませんから、どんどん頭に入ってくる本を選びましょう。

具体的には、出来るだけ図解が入っているものが良いでしょう。自己分析は、理屈を覚えると言うより、直感的に理解して早く結果が出せるものがおすすめです。

行動に結び付けられる内容

分かりやすさの次に重要なのが、実際に役立つかどうかという点です。

自己分析は本を読んだだけで出来るものではありません。自己分析に書かれている手順に従って実際に自己分析が出来、結果を手に入れることが出来なければ意味がありません。

そういった意味で、実際に自己分析という行動に移りやすい内容の本を選ぶべきです。

そういった意味では、成功事例などが載っているとイメージしやすいですね。

レビューを見る

ネット通販で販売される本には、評価点数と購入者の感想が書かれています。点数も大事ですが、感想文がより大切です。特に就活生が書いたレビューは注意してチェックしましょう。

あなたの体験や知りたいことに近い感想がある本がより役立つでしょう。

自己分析本の活用方法

自己分析によって得られた自分の価値観や適性の発見は、そのままでも充分価値のあることですが、皆さんは就活生です。

それらを実際に就職活動に活かし、内定を勝ち取ることが大切です。具体的に内定に結びつくための方法論を考えてみましょう。

SWOT分析を活用

SWOT分析とは、企業の戦い方を考える際に、持っている資源と企業を取り巻く環境を分析していく手法です。

主に企業経営に使われていますが、近年、学生の就職活動にもよく使われるようになりました。

1.自分の特徴を書き出す

SWOT分析では、まず、自己分析で出てきたあなた自身の特徴を書き出します。専攻している分野、学業成績、得意科目、苦手科目、性格、価値観(好き嫌い)、適性(向いていること、向いていないこと)など、洗いざらい書き出します。

2.自分を取り巻く環境を調べる

次に、あなたを取り巻く外部環境(就活生以外のこと)を書き出していきます。就職を考えている業界の動向や、企業の動向、職種の動向などです。

これらは、自分自身で考えるというより、新聞や業界研究の書籍などで調べると良いでしょう。

3.書き出した内容を分類する

自分の特徴を「強み」と「弱み」、外部環境を「機会」と「脅威」に分類します。

機会とは、あなたの就活にとってチャンスになる事柄のことです。例えばあなたが証券業界に就職したいと考えているなら、「株価の上昇」は機会になります。

また、「脅威」とは、出来れば避けて通りたい事柄を指します。例えば、銀行への就職を目指している就活生にとって「日銀のマイナス金利政策」は脅威になるわけです。

「強み」と「弱み」、外部環境の「機会」と「脅威」は実は紙一重です。自分の弱みと思っていることが実は強みでもあったりします。

例えば、「引っ込み思案なタイプ」という弱みの性格が「おくゆかしい」「慎重」と考えれば強みにもなります。

4.就職活動の実戦に活用する

 自分の「強み」や「弱み」、自分の外部環境にある「機会」や「脅威」を組み合わせて、いろいろと就職活動に活用できます。よく使われるのが自己PRや志望動機です。

自己PRを組み立てる

自己PRでは、「強み」を強調します。

さらに、自分史やマインドグラフで得られたエピソードやトピックスを活用して根拠を示します。

また、その強みをその会社でどのように活かしていきたいかという決意を述べます。

面接官に伝えるステップとしては、「結論」→「理由」→「決意」で話すと、スムーズに伝わります。

志望動機を組み立てる

SWOT分析で得られた「強み」を「機会」に活かす方向で組み立てます。自分の強みの中で、活かせそうな機会があれば、強い志望動機になります。

例えば、自分に語学力という強みがあり、近年海外からの観光客が増加していることや、志望している企業が海外からの観光客向けホテル事業の場合、自分の強みが機会に活かせるわけです。

この場合、有力な志望動機としては「私の語学力が貴社の外国人向けホテル事業に活かせると考え、志望しました」となるわけです。

そして、自己分析で得られたエピソードを使って理由や背景を述べれば、さらに強い志望動機になります。

おすすめ自己分析本

自己分析に関しては、多くの書籍が出版されています。

著者としては、就職コンサルタントや就職ナビサイト、最近は就職のブログの主催者など、多種多様です。

就職活動は、それだけ関心が深い分野なんですね。通販やネット上で比較的上位にヒットする本をいくつかご紹介します。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

【特徴】

この本では、人の良いところを見出すためには、強みや良いところを自分や周りの人たちに説明できるように「言語化」することが大切であると説いています。

人が持つ強みを「34の資質」という具体的に言語化された情報に分類し、その中であなたが持つ強みをストレングス・ファインダーという付属のWebテストで分析し、「トップ5の資質」として教えてくれます。

2001年に出版され国内累計50万部のベストセラーとなり、世界中で話題になった一冊です。

さらに新版では、分析されたその人の資質をどう使ったらよいかという、34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の「行動アイデア」と3項目の「人の活かし方」のアドバイスが解説されています。

【書籍情報】

トム・ラス (著),‎ 古屋博子 (翻訳)

受かる! 自己分析シート

【特徴】

No1就活ブロガーが指導する、自分の強みの見つけ方に関する本です。

「自己分析」「他己分析」「企業研究」から構成されています。41種類の独自のワークシートを記入していくことでエントリーシート・履歴書・面接対策が出来ます。

一つ一つのテーマが見開きになっていて、左ページに質問と質問に対する回答事例、筆者の解説があり、右側に自分の答えを記入できるようになっています。

このワンセットが使いやすいですね。また、巻末には自己PRの事例集もあり、お得感もありますね。

【書籍情報】

田口 久人(著)

日本実業出版社

SWOT分析で攻略する就活面接試験―人事が考えていること、自分のとるべき行動がわかる

【特徴】

「内定は貰うものではなく、取りに行くもの」というコンセプトのもと、経営戦略であるSWOT分析を活用して第一志望企業に内定するための作戦を実践的に解説した本。

過去を振り返るだけでない、未来分析の方法やSWOT分析を活用した面接試験対策、書類審査から面接試験の基本~応用までをカバーしている1冊です。

【書籍情報】

長坂 有浩(著)

滋慶出版/つちや書店

5×5マスで夢がかなう! 倍速実現マップ

【特徴】

「目標」「活動」「基盤」「収穫」「人脈」の5要素×それぞれ5項目、計25マスの欄を記入するだけで目標が達成できるとされる筆者オリジナルのツール「倍速実現マップ」を紹介しています。

実際に書き込んで目標を実現した人のマップを取り上げて詳しく解説しています。

目標があっても、イマイチ何をした良いのか分からない人に向いている本です。

また、自分の就職の目標達成に際して不足しているものがはっきりしてくるというメリットもあるようです。

【書籍情報】

内方 恵一朗(著)

ダイヤモンド社

内定者はこう選んだ! 業界選び・仕事選び・自己分析・自己PR 完全版 2020年度

【特徴】

本書で紹介する「長所発見自己分析」では、長所となる資質を30項目で分類していて、その項目をチェックするだけで自己PRが見つかる、自己分析を即自己PRに繋げられる内容になっています。

また、200種類の自己PRサンプル集もついており、参考に出来ますね。さらに、38の業界の現状・動向・仕事内容を図で解説していますので、業界・仕事研究も同時に出来ます。

職種についても23種類の仕事の具体的な内容、求められる資質、アピールできる能力も説明されています。

自己分析だけでなく、その後の行動もワンストップで出来る本になっています。

【書籍情報】

坂本直文(著)

高橋書店

まとめ

自己分析本を使って内定獲得する方法や、自己分析本の選び方などについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

自己分析は、就職活動で最も大事なことと言われていますが、大学の講義で教えてもらえるわけでもなく、なかなか取り組みが難しいテーマですね。

ましてや自分個人のことですから、友人に「参考にしたいから見せて」という事もなかなか出来ません。

しかし、とても重要であるという、就活生にとってはなかなか厄介なものです。

就職活動は、よく恋愛や結婚に例えられます。自分の好みが良く分かっていない人は、外見だけで判断して失敗することが多いようです。

異性と付き合うだけなら、いろいろな人と付き合っていくことも楽しい体験ですが、結婚となると話は別です。

長く付き合っていくパートナーは、外見だけでなく内面もしっかり把握したうえで決めたいものですね。そう考えると、就職も結婚と全く同じですね。

さらに、ハンサムで頭が良い人はモテますが、決して美人で聡明な人とだけ結婚するわけではありません。

つまり、理想形と理想形だけが結びつくのではなく、お互いの求めているものや相性が合う同士が結びついていくのが理想の結婚であり、理想の就職であるといえます。

そういった意味でも、就職では自分の価値観や適性に基づく座標軸が重要になります。

企業は新卒の社員を採用するための座標軸を明確に持っています。その座標軸同士がぴったり合った時、企業側も就活生側も円満な内定となるわけです。

しっかりとした自己分析で自分の座標軸を定め、自分の価値観に会う企業や仕事を探して行きましょう。

最後になりますが、本だけではどうしても客観性が出ないという人は、就活塾を活用し、プロのアドバイザーをつけることをお勧めします。編集部オススメの就活塾はこちら↓

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.08.20

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、https://avalon-consulting.jp/20s-media/profile-2/からご覧になれます。