ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ならホワイトアカデミーWhiteAcademy

WhiteAcademyの理念

160,000人、、、

これは、毎年入社後に会社選びを後悔する就活生の数です。
おびただしい数の就活生がファーストキャリアの選択に失敗しています。

失敗の形は人それぞれです。
志望企業に受からなかった、就職浪人してしまった、
よく考えずにブラック企業に入ってしまった、親と仲違いしてしまった。

おびただしい数の相談が毎年我々のところに来ます。

実は、かくいう私も当時はそんな失敗就活生の一人でした。
東大に入り、万全な実績と自己PRをもってしても軒並み企業から落とされる。
そんなダメ就活生の一人が私でした。

当時もいまもネット上には就職エージェントのテクニックが
蔓延していますし、大学のキャリアセンターは求人のリストなどの
サポートを充実させています。

にも関わらず、就活で後悔する人が後を絶たないどころか、最近はブラック企業に入って死んでしまう人もいます。

・・・なぜ、そんなことになっているのでしょうか?
それは、新卒の就職マーケットの構造的な欠陥にあります。

私がデロイトトーマツグループで働いていた時にわかったのですが、
新卒の求人マーケットは、質より量を捌かないといけないため、
転職エージェントやヘッドハンターのように個別で質の高いフォローをすることが難しいのです。

(できていたとしてもブラック企業に突っ込むためのフォローだったりします)

事実、エージェントは数をさばくためネット情報だけを充実させていますが、
就活生にはそれをやるだけの時間と気力はありません。

また、大学のキャリアセンターは他の業務も兼任しているため、
1人1人を長くサポートする仕組みは整えられていません。
来ている求人もブラック企業が混じっていたりします。

結果、きらびやかに光る上澄みの層だけがうまくいき、
それ以外が苦労して路頭に迷うかブラック企業に入ってしまうという構造ができあがっています。
その構造がゆえに出来上がった数字が160,000人なのです。

この状況をどうにかしたい。
そう思って教育歴8年の私と、人材業界で働く渋谷で創立したのが
ホワイト企業内定専門の就活塾「WhiteAcademy(ホワイトアカデミー)」です。

就活生の中には何をすべきかわからないばかり戦略がたてられず、
「僕は自頭が悪いから無理だ」「うちの大学から大手に受かった人なんていないし」
「ホワイト企業に行けそうにないからもうブラックでもいいや」と半分あきらめている人も少なからずいます。

それは非常にもったいないことです。

正直、今のホワイト企業は文系学部であっても、
1年間方向性を間違えずにきちんと対策すれば
必ず総合職で内定できます。

事実、WhiteAcademyの生徒の中にはバスケットに熱中していた中央大学の生徒が日本銀行に内定を果たしていますし、
日本大学でコンサル会社7社を受けて全て落ちなかった人、
そして東京海上の総合職に内定した後に新人の中でナンバーワンの成績を残したなどという例も多数あります。

私は今までの指導経験の中で、
「内定がもらえない生徒は実績や自己PRがないからではない」
ということを確信しています。

就活で苦戦するのは、就活におけるゴールを誤って設定し、
一貫性のある戦略的な対策を活動を行えないがために、
本来覚えるべきものを暗記せず、わからないことを質問できずそのままにし、
グルディス、面接もやり方がわからず我流で行ってしまうからです。

自分の家できちんとスケジュールを作り、自分に何が足りないか?
足りないものをどう埋めるべきか?を把握し、
毎日コツコツ対策できるという人はほとんどいません。

WhiteAcademyでは毎日勉強させるための「メールフォローシステム」、
内容の理解度をはかる「34のワーク」、
ワークの点数が悪い場合強制的に入る「トレーニング」、
学習状況の問題を話し合い個人個人にあった進路の方向性を決定していく「個別カウンセリング」という、
生徒の不安や悩みを改善する4つの制度を導入しています。

「毎日家でキャリアやビジネスの勉強をし、通過するESを書き、休日にはGDや面接対策をする」
という生活は正直大変です。

「授業を聞くだけで、時間がくれば終わる大学」とは雲泥の差です。
やる気のない就活生は続けられずやめてしまうでしょう。

しかしホワイト企業に内定するということは、
それほど大変なことなのです。
(入りたくても入れない人はごまんといるのですから)

でも、やる気さえあれば誰でもその道は開かれています。
WhiteAcademyの入塾資格は「やる気」だけです。

「何としてでも人気ホワイト企業に内定したい」という強い信念のある方は、
是非WhiteAcademyを選択の一つに加えていただければ幸いです。

創立後、改良に改良を加えて100名以上の就活生の面倒を見る中で、
東京海上といった大手損保、コンサル、SIerなどへ次々と内定を決める就活生を見ていると、
少しでも自分たちがやっていたことにも社会的意義はあったのかなと思えるようになりました。

WhiteAcademyは決して今の勢いに甘んじず、
今後も一人でも多くの就活生に最高のファーストキャリアを歩んでいただけるような
機関として進化していきます。

我々とお付き合いする中で、
すこしでもあなたの未来が変わることを祈っております。

今後ともどうぞWhiteAcademyをよろしくお願い致します。

ホワイト企業内定専門の就活塾(ビジネススクール)「WhiteAcademy」創立者
竹内健登

メディア掲載実績

文房具編_サイト用バナー-1

芸能人の勝俣さんと。

17201183_852616018211575_1359248027434322359_n

元プロ野球選手のGG佐藤選手と。

12916152_676127242527121_6733893501780504530_o

富士そばの丹社長と。

media
日本を代表するマラソンランナーの谷川真理選手と。(出展:カンパニータンク2017年1月号。国際情報マネジメント社)
スクリーンショット 2018-05-24 12.41.54産経ビジネスのプレスリリースでも取り上げられました。
logo@2x朝日新聞のプレスリリースでも取り上げられました。
logo_sanspo_001産経スポーツのプレスリリースでも取り上げられました。
logo@Pressのプレスリリースでも取り上げられました。
オンリーストーリー バナー2
中小企業を応援するWEBメディア、オンリーストーリー社の取材でも取り上げられました。
IMG_1114
躍進する企業の情報誌、カンパニータンクを発行する国際情報マネジメント社の取材時
headLogo
ビジネスプラットフォーム「buzip」を運営する株式会社ディーノシステム社の取材時
logo_t
ビジネスプラットフォーム「PRESIDENT STAGE」を運営する株式会社フォーバルの取材時

書籍執筆実績

banner-1

早稲田大学の人気ゼミである「大隈塾」と成功する就活生が取り組んでいることについて共同執筆しました。

就活に必要なことが全て書かれた書籍です。これから始める人も、もう取り組んでいる人にも必ず役にたつ一冊。ぜひ取り組んでみてください。

本の詳細はこちら

WhiteAcademyの指導方針

当社では、以下の4つの条件が満たされる会社ないしは仕事につけることを「就活の成功」と定義づけ、指導にあたります。

  1. 職業人としてやりたいことができること

    重要なのは、消費者としてではなく、職業人としてやりたいことができるということです。たとえば、「40代主婦向けに金融商品を販売したい」というのは職業人としてやりたいことですが、「週末に釣りに行きたい」「東南アジアをバックパックしたい」というのは消費者としてやりたいことです。

    ここを勘違いすると痛い目にあいますし、意味不明な自分探しの旅に出て帰ってこられなくなる可能性が高いです。そんな時間は無駄であると当社では考えるため、職業人としてやりたいことを追求していただきます。

  2. 生徒さんの能力・適性を加味して実行可能性の高い仕事に就くこと

    自分の能力や適性に見合っていない仕事をしてしまうと、成果が出ず、肩身の狭い思いをするだけです。今の時代、そういった人はすぐに転職しますが、転職回数が多いと人材市場においては傷でしかありません。
    当社ではそうならないよう、生徒さんの強みを生かせる仕事に就いていただくことを指導方針としています。

    社会人になってからは、プロセスではなく成果で良し悪しを決められることが多くなります。ですので、できるだけ成果を出しやすい仕事に生徒さんを導くことが重要だと我々は考えています。

  3. 労働環境による苦痛がなく、生徒さんにとってホワイトだと思えること

    当社では3年後離職質が3割以下、Vokers評価が3以上、帝国データバンクの信用程度が60以上の会社をホワイトであると定義しています。この条件の中で、最も生徒さんにとってホワイトだと思える会社に行けるよう指導します。

  4. 生徒さんの望む報酬が手に入る会社であること

    高給を望むことは悪いことではありません、せっかく有料のサービスを受けるなら、生涯賃金の高い会社に就職したいと考えるのは当然のことです。当社ではできるだけ高い給与(生涯賃金)がもらえる会社に行けるよう指導することはもちろんのこと、キャリアアップのプランも検討することで、生徒の資質に応じて生涯賃金を最大化することを目標として指導します。

以上です。会社のブランドが有名かどうか、大手か中小かは、正直キャリアの本質をついた議論ではありませんので、当社ではそこまで重要視していません。どちらに行こうが、上記の4つを満たしていれば、職業人として幸せに過ごせると当社は考えています。

校長のご紹介

ホワイトアカデミー 校長 竹内 健登

474016214d1a5eaa33826986d48eaed5

経歴

・東京大学工学部卒。数学検定1級。ホワイト企業内定率100%のナンバーワン就活コンサルタント。
・現在は内定請負人・経営者として活動。
・至上命題は各個人の生涯賃金を1億円向上させること。
・自身の大学在学時はは塾講師や家庭教師などのアルバイトのほか、課外活動で1500人を集客する団体のリーダーを務めていた
・にもかかわらず、自分の就職活動では失敗し、志望企業に全敗
・1年間就職浪人をし、その後採用・研修を支援するデロイトトーマツグループに内定し、勤務後、独立。
・自分の失敗体験をもとに、一人でも多くの就活生や転職者に最高の仕事人生を送ってほしいという思いから、ホワイト企業内定専門の就活予備校(ビジネススクール)「WhiteAcademy」を創立し、今に至る。
・その圧倒的指導力から、就活指導業界の諸葛亮孔明との異名を持つ。
・ホワイトアカデミーでは主にVIPコースを担当し、スーパーハイグレードな企業への内定を請け負っている。

 会社概要

法人名  Avalon Consulting株式会社
会社所在地 新宿校舎:東京都新宿区西新宿3-7-21 陽輪台西新宿 9階
創業年度  2016年4月
E-Mail  カスタマーサポート:support@avalon-consulting.jp
資本金  1,000,000円
HPアドレス https://avalon-consulting.jp
取引先金融機関 三菱東京UFJ銀行
顧問  弁護士法人NEXT、宮崎税理士事務所
企業理念  いい仲間と、いい仕事。
経営原則  ・高収益・高集客事業を作る
・「四方良し」の事業を展開する
・最上志向に徹し、業界No.1にこだわる
・Marketing is king.President and Clues and technology are slaves of marketing.
事業ミッション 日本の就活をホワイトな形に変える
事業内容 ・ホワイト企業内定専門の就活予備校(ビジネススクール)「White Academy」
就活生・転職者がホワイト企業に内定するための指導を行います。
・ホワイト企業認定事業(予定)
就活生・転職者が安心して就活を行えるよう、ホワイト企業の認定事業を行い、Wマークを発行します。
・ホワイト企業創造コンサルティング事業(予定)
Wマークを取得するために、高収益・高生産性企業体質の会社を作る経営コンサルティングを行います。
・ホワイト企業採用支援事業(予定)
ホワイト企業に特化した逆求人採用システムを開発し、認定を受けた企業のみが安価で掲載できるシステムを作ります。これにより、就職活動の形をブラックなものからホワイトなものへと変えます。

新宿校舎について

 

ホワイト企業に内定したい人はこちら