ここなら、間違いない。ホワイト企業内定率No.1で選ぶならWhite Academy

なぜ理学部生物学科の彼女がIBM、ワークス、そしてアビームに内定したのか?

IMG_0008

今日は、1年前からホワイトアカデミーで勉強していた原さんがホワイト系コンサル会社のアビームコンサルティング株式会社から内々定を獲得したので、その秘訣について語ってもらいました。2018年に日経新聞の初任給ランキングで3位にランクインする会社に内定するまでの苦労を語っていただきました。

※アビームコンサルティング株式会社はコンサル会社の中で、残業時間が非常に少ないにもかかわらず高級がもらえる数少ないホワイト企業です。プリンシパルまで行けば年収2000万以上もらえる高待遇の会社。

※ちなみにこの後、原さんは日本IBMにも内定しました。

1年就活をしていた原さんの体験記

竹内先生 今日は就職活動でまたひとつ内定を獲得したスーパー女子大生(笑)の原さんをお迎えしております。原さん、よろしくおねがいいたします。

原さん よろしくお願いします。

竹内先生 かれこれ1年くらいですか、就活始めて。

原さん それくらい経っちゃいましたね。

竹内先生 そうですよね。最初にワークスの内定を取ってから最近またアビームの内定を取って、みたいな。

原さん そうですね、つい先日、アビームから内定をいただきました。

竹内先生 この1年間、振り返ってみてどうでした?結構長かったでしょ?

原さん そうですね、サマーインターンとかは結構ガッツリいってましたし、何社も受けたかなという感じで、、、長かったですね。

竹内先生 アビームは割と難しいイメージというか人気な感じがあるじゃないですか。よく受かりましたね。

原さん そうですね、まあ、たまたまですかね。

竹内先生 でもコンサル会社を色々見てます、みたいな人は就活中にたくさんいるかと思うんですけど、原さんも色々みていたんですか?

原さん そうですね、サマーインターンの時も、コンサル、特に人事コンサルから戦略コンサルまで、いろんなところ、コンサルと名のつくものは色々受けていましたね。

竹内先生 そうだったんですね。なんで受けてたんですか?収入高いから?

原さん それもありますが、なんというか、、、カッコ良さそう?みたいな?

竹内先生 まあありますよね、それはね笑。その中でアビームにした理由ってなんですか?多分これ面接でも聞かれたと思うんですけど。

原さん 何回も聞かれましたね笑。アビームはシステムを導入するITコンサルみたいなところなんですけど。夏は人事コンサルとか組織コンサルとかに興味があったんですけど、だんだんITを使った組織の改革をしたいなと思い始めてITコンサルを受けたという感じですね。

そもそもなぜ組織の改革がしたいと思ったのか?

竹内先生 でもそもそも、組織の改革をしたいと思ったきっかけは何かあったんですか?

原さん そうですね、一番のきっかけはうちの父親なんですけど。。。

竹内先生 へ〜、あ、お父さん?

原さん あ、はい。うちの父親は製造業の管理職みたいな感じで残業が多かったんですね。で、働き方改革といわれているこのご時世でも毎日残業をしているから、なんでそんなに残業をしているの?ということをよくよく聞いたら、会社のシステムが古くて使いづらい、みたいな。そういうところからですね、きっかけは。

竹内先生 そうだったんだ、そういったところから組織やシステムの観点から仕事にしたいなと思って色々受けていたんですね。

原さん そうですね。

竹内先生 そっかそっか。じゃあ、主にはIT系の会社やシステムの会社、コンサル系の会社を受けていたんですか?

原さん はい、その辺に絞って受けてました。

竹内先生 アビーム以外にはないんですか?そういうのをやっているところは。

原さん そうですね、まあ色々あるんですけど、私は特に父親を救いたいなというところがあって、日本企業に特化しているところがいいなと思ってるとアビームが出てくるんじゃないかな、と思います。

竹内先生 じゃあ、就活の軸というのは結構はっきりしてますよね。

原さん そうですね。

黄金のテンプレートでアビームもIBMも内定。

竹内先生 でもいろいろ就活の対策もしましたよね。面接の対策とか。

原さん そうなんですよ、一緒にテンプレートを考えていただいて。あの黄金のテンプレート。あれを面接官の前で話したら、「それいいね」みたいな感じでしんみりと言われました。

竹内先生 それは良かったです。でもなんでコンサルなのとか、なんでITコンサルなのとか、なぜアビームなのとか聞かれませんでした?

原さん 聞かれますね。もう何回も聞かれますね。そこをちゃんと答えられないと、かっこいいからコンサルみたいな感じで受けていると、詰まってしまうと思いますね。

竹内先生 そうですよね、なんというか、ミーハー厨とかコンサル厨みたいなのっていっぱいいるじゃないですか。

原さん はい。それ、面接官もうんざりしているみたいで、愚痴られたんですよ。

竹内先生 へえ、なんて言ってたんですか?

原さん 「いや〜、ね。コンサルで改革したいとか日本の企業の海外進出を助けたいみたいなのが多いけど、実際のところはね、どうやってやんの?みたいなことを聞きたくなっちゃうよね。」ということは言ってたんで、もしそういうことがしたいんだったらどういう風にやりたいと思っているかとか、何が必要なのかということまで含めて考えたほうがいいかなと思いますね。

竹内先生 確かに。僕もESをたくさんみますから、感じることの一つとして、熱意がありますとか、商品企画なら負けないですとか、企画なら強みを発揮できるとか、みんな書くじゃないですか。それ自体はいいことなんですけど。でも、書いていることの具体性、つまりどのレベルまで落とし込んで考えられているのかが浅い人が多くて。

原さん そうですね、そこはつっこまれちゃうし、コンサルっていうのであればちゃんと答えられるというのはすごくみられているところだと思うので、コンサル志望の人だったら特にそのあたりも詰めていったほうがいいかなと思いますね。

竹内先生 そうですね。どういうやり方でどういう流れで誰をクライアントにしてどういうスケジュールで解決していくのかを、、、

原さん それを書いてバッて見せたらいいんじゃないですか?

竹内先生 それくらい欲しいですよね。

夏に一度落ちた会社にも内定を勝ち取れた理由

原さん はい。私も、夏は結構ボロボロに落ちていて、アビームも実際、一回落ちているんですよね。

竹内先生 え、じゃあ逆転というかリベンジ就活だったの?

原さん そうですね。やっぱその時のことを聞かれまして、「夏受けてたよね?」みたいなことを言われて…

竹内先生 受けてました、と。

原さん はい。ちょっとギクッとしましたね。

竹内先生 どう切り返したんですか?

原さん その時は、夏は戦略コンサルという上流面を受けていて、今回はITコンサルという全般を見るところを受けていたので、夏は戦略だけが必要だと思っていたがこの半年間夏から春に向けて考えて、自分の中でITの重要性や幅広さに気づいたということで切り返したら、「いい学びを得られた就職活動だったね」と逆に褒められて。なので一回インターンに落ちたからといって逆転できないわけではない、ので。

竹内先生 なるほどなるほど、これは多くの人の励みになりそうですね。

原さん そうですね。むしろ、なんで落ちたのかを考えられるってことが大事なんじゃないかなと思いますね。

竹内先生 なるほどね。答えはやっぱり教えてくれないから自分なりに仮説をもとにやっていかないといけないですよね。

原さん そうですね。受けまくっているだけだと厳しいので、、、

竹内先生 そうですよね。本当は一人でできるのがいいと思うんですけど、なかなかそれができない人とかもいますし、まあ一緒にやっていく人もいるんでしょうね。

客観性を担保して内定を勝ち取る

原さん そうですね。やっぱり、客観的にみてくれる人は大事ですね。

竹内先生 まあ色々考えないといけないですもんね。次はIBMの最終だからとか、アビームの最終だからとか、考えないといけないことって結構あったじゃないですか。色々やりましたよね。

原さん そうですね。スケジューリングもそうですし、黄金のテンプレートを組んでくれるにも、客観性は大事ですよね。

竹内先生 テンプレ組みましたね。

原さん はい。結構、自分が思っていることと、向こうに受けることってちょっと違ったりして、自分がここがアピールポイントだろと思っていることが向こうからするとそうでもなかったり論点がずれていたりすると、そうなるとそこで終わってしまうので、そういう意味で客観的なアドバイスって必要だったんじゃないかなと思いますね。

竹内先生 なるほどね。じゃあ最後に、これから就活をする人や、今苦労している人に対して何かアドバイスをするとしたらどんなことをしますか?

原さん そうですね、今就活をされている方も多くいると思うんですけれども、自分が一番やったのは失敗を振り返るということと、本当にやりたいことを考えることの2つで、、、

竹内先生 そうですよね、考えてましたよね。1年間ずっとね。

原さん そうですね。一回落ちたからといって諦める必要はないですけれども、なぜ落ちたのかとか、本当にやりたいことなのかといったところ、その、本当に一生その会社で働くという心づもりがあるかというとこまで含めて考えていくといい志望動機とかいい自己PRができるんじゃないかなと思っています。

竹内先生 なるほどね、それはいい学びでしたね。

原さん そうですね。1年かかりましたけど、自分のやりたいことだったり自分の強みみたいなものが今一度洗い出されて良かったかなと思います。

竹内先生 なるほどなるほど。始める前と今で会社に対する見方って変わりました?

原さん あ、全然違いますね。

竹内先生 それ、面白い話ですね。どう変わりました?うちはホワイトとかそういった見方は結構教えますけど、それ以外も結構見方は変わったと思っていて。

会社の見方を変えると全然違った視点になる

原さん はい。なんだろうな、最初の時は自分の能力を認めてもらって入れてもらうみたいな、だから自分をアピールすれば入れるだろう、みたいなことを考えていたんですが、どういう風に会社に貢献できるかとか、どういう価値を会社に提供できるかみたいな視点で見えるようになった時に、見方は変わったというか、キャリア観も変わったかなという風に思いますかね。

竹内先生 なるほどね、職業観というかね。うちはよくそれを教えますね、よく考えればね。最初から最後までそれしかいっていないような気がしますが。

原さん そうですね。何を提供するのか、ですよね。

竹内先生 そうそう、誰に何を提供するのか、ですね。まあ、それだけですからね、仕事ってね。究極的にはね。

原さん ですね。そこがバシッと決まれば軸がブレるということもないと思うので、必然と受ける会社もこことここだな〜という風に決まってすんなりうかるといういい流れが生まれる気がします。

竹内先生 だね。だいたいはもらえることを考えて、土日休みがいいとか、ボーナスが多い方がいいとか、そんな感じでみんな会社を見ている人が多いかと思うんですが、、、

原さん そこまでいうと露骨ですけど、でも自己成長できるとかいうのも結局同じ類で、会社は学校でもなんでもないので、そういうのは一旦取り除いて、会社の一員として自分が何ができるかを具体的に考えてみるとまたちょっと違った視点になるんじゃないかなと思いますね。

竹内先生 なるほど。それは良い学びというか良いアドバイスですね。

原さん そうですね、まあ私が1年間かけて気づいたことなのでみなさんには是非。

竹内先生 わかりました。では今日はどうもありがとうございました。

原さん ありがとうございました。

原さんと竹内校長の2ショット

ホワイト企業に行きたい人はホワイトアカデミーへ。詳しくはこちら