ここなら、間違いない。ホワイト企業内定率No.1で選ぶならWhite Academy

甲南女子大文学部からITエンジニア!?大学受験に失敗した彼女はどう就活に取り組んだのか?

受験に失敗したから就活では良い企業に行きたい

甲南女子大文学部からITエンジニアになった稲垣さん

このインタビューでは、稲垣さんが、どのようにして就活に取り組み、見事志望企業の内定を勝ち取ったのかについて語ってくれました。

※わざわざ神戸からお土産を持っていらしてくれました! 感謝です!

そもそもなぜ文学部からIT企業のエンジニアに?

竹内先生 今日は甲南女子大学からIT系の企業に就職された稲垣さんをお招きしてインタビューをさせていただきたいと思います。稲垣さん、よろしくお願いいたします。

稲垣さん よろしくお願いいたします。

竹内先生 簡単にまず自己紹介をしていただいてもいいですか。

稲垣さん 面接っぽいですね(笑)。甲南女子大学文学部4回生の稲垣真奈美と申します。

竹内先生 ありがとうございます。そっか文学部ですもんね。文学部からIT、ということですが職種は営業の方ですか、それとも作る方ですか?

稲垣さん 進路は作る方ですかね。システムエンジニアという風に言われているんですけれども。

竹内先生 そうなんですね。結構面白いキャリアだと思うんですけど、文学部なのに何で? って聞かれることはありましたか?

稲垣さん いえ、意外となかったです。何も、キャリアといいますか、経験が無いほうが良いって会社の人がおっしゃってました。

竹内先生 なるほど。そうですか。ちなみに、なんでそっちの進路にしようと思ったんですか。

稲垣さん 最初は、その、グッズとか商品を考える仕事(企画)に就きたいなと思っていたんですけど、割と1個くらいしか会社を思いつかなくて。で、その会社に落ちて終わったわ、みたいな感じでした。

竹内先生 なるほど。そうだったんだ。

稲垣さん どうも、そういう会社の企画職を受けていてもウケが良くなかったので、昔から機械いじりが好きだったし物を直すのも好きだから物作り系にいこうと思ったんですけど、モノづくりは工学部でないと……というところが多かったので、そこで目をつけたのがIT企業でした。

竹内先生 あ、なるほどね。システムとかそっちの方を作るほうに行ったってことですね。確か卒論とか卒研もゲーム作っているんでしたっけ。

稲垣さん そうなんですよ。ゼミの先生が面白い物好きで、それで文学部らしさを残しつつ何か新しい物をやってくれと言われたんですね。たまたまその時にハマっていたのがゲームだったので、じゃあゲーム作ったらって言われて。

竹内先生 なるほど。

稲垣さん で、「本当にやるのか、本当にやるのか」って散々言い合ったんですけど、結局は私が折れてやるかって。

竹内先生 なるほど。それでゲームを作っていたんですね。

稲垣さん はい。

大学受験に失敗してからしていたこと

竹内先生 ちなみに、ホワイトアカデミーに入る前は普通に就活をしてたんですか。

稲垣さん はい。そもそも大学受験に失敗して第一志望の関西学院大学に行けなかったので、1年生の時からインターンに行ったりセミナーに行ったりしてスキルアップをしようと思っていました。そういう意味では大学1年から就活をしていましたね。で、大学3年生になってからはずっとジョブラスのセミナーに通いまくって、グループディスカッションの練習を中心にやっていました。

竹内先生 そうだったんだ。ちなみに、なぜうちに来たんですか。

稲垣さん そうですね。まあそれでも全然受からなかったというのもありますが、それよりも4月くらいに自己分析に悩んでいて、やってもやっても訳が分からないですし、マッチャーで会った人に話を聞いたんですけど、「どういう基準で業界を決めたんですか」と聞いても答えらしき答えが返ってこなくて。どうせならホワイト企業に行きたいなと思っていた時に目をつけたのがホワイトアカデミーでした。実は1年前から知っていたんですけど、そのときに思い出して。「あ。これあるじゃん」って思って飛び込んだ感じですね。

竹内先生 確かに駆け込みだった気がしましたね。

稲垣さん そうですね。困ったら駆け込む病院みたいな感じで考えていました(笑)

竹内先生 あ。なるほどそうだったんだ。ちなみにホワイト企業には入れましたか。

稲垣さん そう思います。内定者の歓迎会がとても豪華で。シンフォニーでしたっけ? 東京湾でクルーズ船の豪華なコース料理を頂きました。

竹内先生 そういう意味では、だいぶ新入社員思いの会社に内定しましたね。

稲垣さん そういう意味では確かに。シャンパンでみんなで乾杯しましたよ。

竹内先生 なんか結構ゴージャスですね笑。ちなみに当時、授業のために毎週のように朝ラインして、時には寝ぼけている時もあったと思うんですけど。

稲垣さん そうですよね。寝間着姿で授業を受けていた日もあった気がします(笑)

竹内先生 確かに。でも結果的に、90日で内定は取りましたよね。確か3社出ましたよね。

稲垣さん そうですね、3社出ました。

竹内先生 その中でも一番条件も割と良かったし、ちゃんと教育してくれる会社に行ったと思うんだけど、3か月を通じて何が大変だったとか、こういう風に自分が変わったとか、ありました?

稲垣さん そうですね。大変だったことは、3年生ですし授業が沢山あったり、ドライビングスクールに通ったりとかで、こう時間がない中での時間のやりくり、宿題のための時間を取るのがちょっと大変でしたけど、でもそこは頑張ってやりくり出来るようになったので、今もタイムマネジメントという意味では役に立っています。

竹内先生 なんかこう、就活ってことでいらっしゃって、でもうち、就活以外にも色々教えたりするじゃないですか。何かこの能力身についたなというものはありますか。

稲垣さん この能力……

竹内先生 今おっしゃったタイムマネジメントとかですかね?

稲垣さん タイムマネジメントとどれを優先させるかの取捨選択と時間の使い方ですかね。

これから就活をする人へのメッセージ

竹内先生 なるほど。分かりました。ありがとうございます。最後にですね、今後就活をする人にぜひメッセージとか後輩に温かいメッセージがあればお願いいたします。

稲垣さん まず、私も自己分析で悩んでいて、色々人に会って話を聞いたりとか、自分の足でこう、営業じゃないですけど稼いできた情報だからこそ、ここに辿り着けたんだなと思います。そうやって色々試してみるのも手だと思います。

竹内先生 ありがとうございます。本日は稲垣さんにインタビューさせていただきました。ありがとうございました。

 

ホワイトアカデミーの授業をここから覗き見できます