ここなら、間違いない。ホワイト企業内定率No.1で選ぶならWhite Academy

日本通運、ANA、、、日大から物流の雄をおさえた就職浪人生の苦労とは?

IMG_0047

今回は、日大法学部で1年間就職浪人をしながらもホワイトアカデミーで学び、日本通運とANACargoという物流系の2社に内定を獲得したMさんにインタビューさせていただきました。

場所は叙々苑です(ホワイトアカデミーでは内定時に、美味しいご飯が食べられるお店で個人個人お祝いをしています。)。それでは、就職浪人をして家族と一悶着あったMさんが、いかにして日本通運に内定したのかについて、お聞きください。

53階の天空の叙々苑にて…

竹内先生 今日は、53階の天空の叙々苑にて、日通とANACargoに内定したMさんをお招きしてインタビューさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

Mさん お願いしま〜す。

竹内先生 まず最初に面接チックなんですけど(笑)、自己紹介をお願いしてもいいですか?

Mさん はい(笑)日本大学法学部法律学科のMです。

竹内先生 はい。就活は2年やったんですよね?

Mさん そうですね、去年失敗して今年リベンジという形で。

竹内先生 なるほど。結構2年やったという意味で大変だったところとかあったかと思うんですけど、去年はどういう就活をしていたんですか?

Mさん 去年はネームバリューで、ANAに入りたいという就活の仕方をしていました。業界は関係なくANAならどこでもいい、みたいな。

竹内先生 へぇ〜、なんでANAなの?飛行機がかっこいいみたいな?

Mさん それもありますし、グループとしていろんなことをやっていて、出向とか色々できるから、1つの事業だけでなくいろんなことを経験できるからと思っていて。で、ANAに固執してしまったのが失敗の原因でした。

竹内先生 なるほどなるほど。でも去年も一応内定は持っていたんですよね?

Mさん そうですね、印刷会社から内定を持っていました。全然違うけど笑

竹内先生 たしかに、全然違う(笑)それで、ANAは全部落ちちゃったんだ。

Mさん そうですね。

竹内先生 そういう意味では今年はANAグループから内定をもらったので良かったかなと思うんですが、なんでもう一年就活をやろうと思ったんですか?

Mさん もともと、転職はしたくないなと思っていて。

竹内先生 なるほど。

Mさん で、それはお父さんの影響が大きいのかなと思っているんですけど。お父さんが会社に入ってから同じ会社でずっと働いている姿を見て、同じ会社でずっと働くっていいのかなと思ったことが一つあって。転職したくないし、新卒というカードをもう一年使える方が、入れるところに入れればいいのかなと思って、親にわがままを聞いてもらいました。

竹内先生 あれ、お父さんって三菱地所でしたっけ?

Mさん そうですね。

竹内先生 なるほど、そりゃ確かに長く務めたほうがいいわな。わかりました。就職浪人をすると決めたのはいつ頃だったんですか?

Mさん 7月ですね。キャノンマーケティングジャパンに落ちた時には決めました。落ちたらもう来年やろうと思っていて、親に土下座しようと思っていました笑

竹内先生 なるほど。で、キャノンがダメだったと。

Mさん そうですね。最終まで行ったんですが、そこで落とされたんです。

竹内先生 なるほどね。

就職浪人時代の生活とは?そしてなぜホワイトアカデミーを選んだのか?

竹内先生 それで、そこからはどういう生活を送っていたんですか?大学に行ってたの?

Mさん そうですね、物流いいんじゃない?ということを親に言われて、通関士を受けて、TOEICをちょいちょい勉強したり。でも就活はしたくないから逃げてて、インターンはとりあえず行ってないし。1月から行けばいいかなって。あとは友達と遊んでましたね。

竹内先生 通関士は結局とったたの?

Mさん いや。3科目あって2つ取れたんですが1つ取れなくて。なので通関士なしで就活をしていましたね。今年またリベンジをしようと思います。

竹内先生 そっか、取れなかったのか。じゃあ通関士なしで就活に望んだわけね。わかりました。で、1月くらいから就活始めるか、ということで始めたんですか?冬のインターンってやつ?

Mさん そうですね。厳密に言えば、12月終わりくらいからインターンを色々見て、という感じで。

竹内先生 なるほど。うちに来たのは4月でしたっけ?3月?

Mさん 3月の頭だった気がします。解禁直前くらいに入れてくれませんか、的な笑

竹内先生 ははは。すごい駆け込みだったよね〜。でもなんで就活の塾に行こうと思ったんですか?

Mさん 資格取れてないことと、TOEICの点数がないことで、自分には何も強みがないなと思って。で、去年面接が本当にダメだったことがわかっていたので。で、行かないと、本当に去年と同じことになるなと思って焦っていたんですよね。

竹内先生 そうだったんですか。でもなんでうちにしたんですか?他も色々見たんじゃないの?

Mさん 見ました。もともと、中学の時や高校の時に東大の先生が見てくれる塾に行ってたんですよ。なんか、東大に縁があったんですよね。で、探してた時にそういう塾が出てきて「あ、いいんじゃないのかな?」と思って、一回無料相談させてもらって考えようかな、という感じで。

竹内先生 そうだったんだ。

Mさん 僕の主観なんですけど、中学と高校の塾と同じものを感じるところがあって、、、

竹内先生 東大っぽさ、みたいな笑

Mさん そうですね。で、安くはないですけど、これくらいのお金は出しても今の自分にそれ以上かえってくるものがあるんじゃないかなと思って、決意しました。

竹内先生 なるほど、わかりました。なんかこう、入って変わったことは何かありましたか?

Mさん なんでこの会社に入りたいのかというのが一貫してちゃんと言えるようになったことと、自己PRがちゃんと自分らしさを面接で出せるものを作っていただいたことが一番でかかったかなと思います。

竹内先生 確かに考えましたね。昼の1時とかにきて夜の8時に帰るとか、ありましたね。「Mくんめっちゃ時間かかるやん」みたいなことを思ってました笑

Mさん たしかに、おしゃべりなんでついつい長引いちゃいましたね笑

竹内先生 気づいたら時間経ってるよ、みたいなのがめっちゃありましたね笑。で、今年はどういう会社を主に受けたんですか?

Mさん お父さんに勧められたし自分も興味があったので物流を受けていました。あとは自動車にももともと興味があったので、去年受けてなかったのが自分の中でもなんでだろうと思って、自動車部品メーカーを何社か受けてたって感じです。

竹内先生 そうだね、ESとかWEBテストとかもやりましたね。

Mさん はい、あざーす笑

Mさんが語る、就活の秘訣とは

竹内先生 最終的に日通とANAグループに行けたと思うんですが、何か秘訣はありましたか?

Mさん えー、なんだろう。でもやっぱり自分らしさを出せて、それを受け止めてくれたのかなと思っていて。自分が素直に面接して、それで通らなかったらそれはそれだし、嘘をついて入っても入った後に居心地が悪いのかなと思っていて。だからこそ、素で面接してた感じはあるんですけど。でもそれで受け止めてくれた企業さんなので、それが良かったかなと思います。

竹内先生 確かに、去年に比べるとだいぶ話すのが上手くなったかなと見ていて思いました。ちなみに就活はどんなやり方をしていたんですか?合説とかいったの?

Mさん 今年は2年目だったので合説とかいってないです。去年いって、本当に無駄だな、と思って。人多いし。あそこは絞れてないやつが行くところなんで。

竹内先生 なるほどね。去年は言ってたんだ?

Mさん えっと、1回行ってやめましたかね、大学3年生の6月にインターン始まる時に合説行って、その時は良かったかなと。みんな絞れてないので。ただ3月にいってまだ迷っているやつはまじでやばいと思います。

竹内先生 確かに、3月で絞れてないのはやばいですね。

Mさん 去年僕がそれだったので。今思うと、業界とか絞れなくて自分の行きたい会社を見つければいいという感じの中途半端な抽象的なことをしていたので、それがやばいと思いますね。

竹内先生 なるほどね。3月に合説行ってるやつやばいか。今年の周りの人はどうですか?

Mさん まあ結構そういう人もいますけど、上から言えないじゃないですか。自分もそんなんだったんで。まあ、結構いましたけどね、「とりあえず大手ならどこでもいい」みたいな人。「お前大丈夫か?去年の俺じゃーん」、みたいなことを思っていました。でも人の心配をしている場合じゃないんで笑

竹内先生 笑。まあ、上位校でもそういうふわっふわしているやつってだいたい落ちるからさ。しっかり下調べとか情報収拾もそうですけど、どういう仕事がしたいのかをはっきり言えるようにすることは大事ですよね。でも情報収拾は大事ですよね。夜遅くまで色々大変なこともあったかと思うんですけど。

Mさん あ、でもなんか、ホワイトアカデミーに入ってから今年は情報収拾とか日経とかを前よりは見るようになりましたね、今でもまだひどいですけど笑、まともな感じにはなりましたね。

竹内先生 そうですね、まともなことを面接で言えるようになりましたね。

Mさん はい。そんな簡単なことができてなかったんだ、とも思いました。

今後ホワイトアカデミー に来る人へのメッセージ

竹内先生 今後の目標とかはあるんですか?

Mさん TOEICのスコアを上げることと、あとはビジネス面のスキルをもうちょっと教えてもらいたいなと思います。

竹内先生 確かに、うちはやってますもんね。では最後に、今後就活をしようと思っている人やこのページを見ている人に何かメッセージがあればお願いします。

Mさん えっと、就活は自分らしさが一番大切だ思うので、自分らしさを忘れずに嘘をつかずにやるのが一番いいのかな、というのと、、

竹内先生 確かに、嘘をついたところは落ちましたもんね笑

Mさん はい、そうっす!嘘ついたら落ちます!笑

竹内先生 

Mさん あと、安くはないと思うんですけど、竹内さんを信じれば本当にいい結果は自ずとかえってくるかと思うので、頑張ってください。

竹内先生 ありがとうございます。では、本日は Mさんをお呼びしてインタビューをさせていただきました。ありがとうございました。

Mさん ありがとうございました。

ホワイトアカデミーで学んでみたくなった人はこちら