ここなら、間違いない。ホワイト企業内定率No.1で選ぶならWhite Academy

ホワイト化学メーカーに内定し、化学の研究者という夢を実現した彼女の苦労とは?

末さんと竹内校長の2ショット

今日は、2月下旬からホワイトアカデミーで勉強していた末さんが、ホワイト化学メーカーの日立化成の内々定を獲得したので、彼女の就活体験記について語ってもらいました。

末さんは横浜国立大学の大学院に進学し、化学について学んでいたそうです。理系の大学院で研究やインターンにも積極的に取り組んでいたそうですが、本選考はインターンとは別次元の難易度だということを実感し、ホワイトアカデミーに入学。

そこからいかにして大逆転を果たしたのか?続きは音声でどうぞ(2つあります)↓

就活全般を振り返って

竹内先生 今日は、日立化成という化学系メーカーに研究職で内定した末さんをゲストでお呼びしています。よろしくお願いします。

末さん よろしくお願いします。

竹内先生 えーと、簡単にちょっと自己紹介をしてもらってもいいですか?

末さん はい。横浜国立大学大学院で、化学の研究を行なっています。末と申します。化学専攻なので、化学メーカーを中心に研究職につければいいなと思って就職活動を続けていて、5月の中旬くらいに希望していた化学メーカーから内定をいただきました。そういう形で就活を終わりました。

竹内先生 お疲れさまでした。結構大変だったんじゃないですか?

末さん もう、私は面接が苦手だったので。エントリーシートは比較的通るんですが、いつも一次面接ととかでなかなか上手くいかないということが続いて、そこで苦戦しました。

竹内先生 人事に恐怖心を覚えたことはありました?

末さん そういうわけではないんですが、自分をうまくアピールするというのが苦手で、自分のいいところってなんだろいうというので泥沼にはまった感じでした。

竹内先生 なるほど。なんか、うちに来る前はどんな感じだったんですか?当時は。

末さん 私は自分の強みとかもわからないし、漠然と化学メーカーがいいとは思っていたんですけど、やりたいこともまだはっきりしていなかったので。言い方としてはちょっと不安というか、一人で進めて大丈夫だろうかというのがあったので、誰かプロに指導いただくのが一番いいかなと思ってはいることを決めたんですよね。

竹内先生 なるほど、研究室のコネはなかったんですか?よくあるじゃないですか、そういう話。

末さん 大きい研究室だとそういうところもあるかもしれないんですけど、自分の周囲の人でもなんだかんだコネよりも自分の力で頑張って受けていく人がほとんどだったので。

竹内先生 そうだったんですね。結局こう、自分の強みとかやりたいことを見つけていく中で、どういった方向性が途中から見えてきたんですか?

末さん そうですね、最初はプラントエンジニアリング業界がいいなと思って見ていたんですが、志望動機が困っている人を助けたいみたいなふわっとしたもので、それでプラントエンジニアリング業界が難しくて、やっぱり自分が学んできたことやそう行った強みを考えた時に、素直に化学メーカーに行くのがいいんだろうなということで、そういったところで志望動機というか軸が決まったという感じで、それが良かったと思います。

竹内先生 やっぱり強みを生かすというのは仕事では大事なことですからね。最初はプラント見てましたもんね。当時は発展途上国とか貧困問題というところをおっしゃっていたので志は高いなと思っていたんですけど。

末さん そうですね、でもそれは自分がやりたいことばかりに目を向けていたというか、自分ができることを見ることももっと大事だったのかなと。まあ就活では当たり前かもしれませんが、自分のやりたいことも優先しつつも、できることに目を向けたほうがいいのかなと思います。

苦戦した面接の内容

竹内先生 なるほど、ありがとうございます。面接で苦戦したことはありましたか?

末さん そうですね。。。根本的に、基本的すぎるんですけど、私は強みをアピールするのがうまくなくて、、、てか、強みさえアピールできれば面接って変な話、自己PRと志望動機が言えれば受かるのかなと思っていて。

竹内先生 あ、よくご存知で。

末さん はい。でも、その基本的なことができなかったから最初は苦戦したのかなと思いました。日立化成では本当に入りたいという思いがあったので、それで熱意が伝わったのかなというのと、あとまあ本当に入りたかったので終わった後にお礼のメールをちゃんと送って、そう行ったところでもちゃんと思いが伝わったのかなと思います。

竹内先生 なるほど、ありがとうございます。今後の目標とかありますか?

末さん 研究も今後は続くので、自分の手で何か一個製品を作り出せる研究者になれればいいなと思っていますが、それまでは残り少ない大学院生活で素地を固めていこうかと思っています。

竹内先生 最後に、後輩に向けてアドバイスやメッセージがあればどうぞ。

末さん 私はなかなかコミュニケーションを取るのが苦手だったんですが、竹内先生がすごく親身になって教えてくれたので、そこはうまく利用したほうが良いというか、竹内先生は忙しいですけどすごいノウハウを持っている方なので、面接練習とかすごくためになりましたし、使えるものはなんでも使ったほうが良いと思います。

竹内先生 ありがとうございます。

末さんよりアドバイス

末さん あと、私が一番言いたいのは、私はメンタルが一番弱い人だったので、メンタル維持を気をつけたほうがいいのかなと思っています。それはやっぱり周りに頼れる人を作っておくというか。そこを気をつけて頑張るのが良いかなと、やっぱりメンタルを崩してしまうとどんなに優秀な人でもそれが面接で出てダメになってしまうと思ってしまうので、それが大事かなと私は思いました。頑張ってください。

竹内先生 ありがとうございます。

末さん あ、もう一つ言いたいことがあったので追記なのですが、周りの就活で成功していた人を見ると、絶対インターン必須みたいな感じで。インターンから3月、4月に早期の選考とか内定をもらって、そこで就活終了という人が多かった気がします。ですので、インターンは絶対に行ったほうがいいと思います。それも戦略的に自分が行きたいところを決めて早くから取り組むのが良いと思います。それと、化学業界はホワイトなところが多いので、個人的にオススメですよ、ということです。

竹内先生 はい、ありがとうございます。では、今日は末さんにインタビューさせていただきました。末さん、ありがとうございました。

末さん ありがとうございました。

ホワイトアカデミーで学んでみたくなった人は無料相談会へ