ここなら、間違いない。ホワイト企業内定率No.1で選ぶならWhite Academy

就活はショートケーキ!?人材系大手企業に内定した学芸大生の体験記。

東証一部の誰もが知る会社に内定した安川さん

安川さんと竹内校長の2ショット

今回は、人材系の大手企業(社名は本人の希望で明かせません)に内定を果たした東京学芸大学教育学部の安川さんに、就活を経て感じたことやホワイトアカデミーでトレーニングしたことについて語ってもらいました。
※会場は新宿校舎です。

大学1年生の時から就活!?

竹内先生 今日は人材系の大手の会社に就職した安川さんをお招きしてインタビューをさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

安川さん よろしくお願いします。

竹内先生 まあ、就活を終えたと思うんですが、やってみてざっくりどうでしたか?

安川さん そうですね、私は大学1年生くらいの時から就活をしていたんですよね。

竹内先生 え、早くないですか?

安川さん そうなんですよ、面接の時でもめっちゃ早くない? みたいなことを言われました。

竹内先生 でも1年生の時から何をやっていたんですか?

安川さん 1年生の時は普通の就活生がやるような合同説明会、ビッグサイトのやつとか、によく参加していましたかね。でも特にインターンとかに参加することはなく、説明会や学内説明会に参加していましたかね。

竹内先生 で、そこから3〜4年ずっとやってたんですか?

安川さん まあ最初、就職活動をやっていて、途中から就活よりもビジネスとか経営に興味を持ったので、起業の方を少しやって、また3年生になって会社をやりながらも就職活動を改めて本格的にやりだしたという形になりますかね。

就活がショートケーキである理由

竹内先生 なるほどね。さっき話した時に就活はショートケーキに似ているという持論をお持ちだったと思うので、それを説明していただいてもいいですか?

安川さん はい。就活って本当にショートケーキに似ているなと思っていて。例えば就活というとグループディスカッションとかそれを超えれば面接というものがあるかと思うんですが、面接官の質問によって結果が大きく変わるなと思っていて、それがショートケーキに似ているな、と。

竹内先生 へえ〜、質問によって結果が変わるのがショートケーキに似ているんですか?

安川さん そうなんですよ。面接官の質問の切り口によって、つまりスプーンの入れ方によって本当に、例えばイチゴが多く出るところもあれば、スカスカのところが出たりするなあ、と。

竹内先生 ん、ということは向こうのさじ加減で決まってしまうということが言いたい、と?

安川さん いや、向こうのサジ加減だけではなくて、一番大切なことは、向こうが何を聞きたいのかという質問の意図を把握して、その上でこちら側もイチゴが多く見えるように回答をする必要があるなあと思っているんですよね。もちろん、質問も大切ですが、僕らもそこに合わせてやっていくことも大切だなあ、と。

竹内先生 なるほど、イチゴは好きなんですかね?

安川さん 好きですね笑。ただ、高くてなかなか手が出ないんですけど笑

竹内先生 笑。かれこれ、うちとは2年くらいの付き合いですかね?

安川さん そうですね。最初は2年生の10月頃に参加させていただいたなという思い出がありますね。

竹内先生 最初はなんで来たんですか?

安川さん 最初は正直、就活というよりはビジネスのことを学びに来た感じでしたね。

竹内先生 最初はいっぱいプレゼンの訓練をしましたよね。

安川さん しましたね、プレゼンの訓練。思い出しますね。

竹内先生 やってみてどうでしたか?

安川さん やってみて、そうですね。私は元々、言葉が上手く喋れなかったんですよね。本当に友人からも「お前日本語しゃべれよ」と言われたりして。

竹内先生 でも今はちゃんと喋れてるね!

安川さん ちょっとはちゃんと喋れるようになったんですよ。最初プレゼンをやった時は「自分は何を言っているんだろう」ということを考えてプレゼンが途中で止まってしまったりしていましたね。

竹内先生 確かにね。プレゼンの途中でフリーズしてましたもんね。聞いている側からすると「フリーズしないでよ、最後まで喋ってよ」と思ってました。

安川さん そうでしたね。よくよくありましたね。

プレゼンでフリーズしていた彼が、起業。でもその後就活。

竹内先生 笑。就活の時は、就活、起業、就活と2回進路を変えて色々と思考の転換があったかと思うんですが、まず最初に1年の時、就活を始めてからビジネスの方に興味を持ったのはなぜだったんですか?

安川さん そうですね、先ほど合同企業説明会に参加したという話をしたと思うんですが、参加すると色んな企業がプレゼンテーションをしていて、それぞれの企業ごとに成長戦略が違うんですよ。で、元々、僕自身、生物学に興味があって……

竹内先生 生物!? でも大学は学芸大学ですよね?

安川さん 理系で最初は生物学を学んでいた時に、ダーウィンみたいに生物の生存戦略のところと企業の経営戦略が似ているところがあるな〜と。

竹内先生 へぇ〜

安川さん 例えば1つ例を出すと、生物学にゲーム理論っていうのがあるんですが、経営の方にもゲーム理論があってそれが一緒だなと思って、そこから経営に興味を持って、起業にも興味を持ったという感じですね。

竹内先生 でも、結局就活の方に戻ってきましたよね。よくある起業のしたい人の例だと「会社に就職するなんてアホらしい」「俺は社会で1人でやっていくんだ」みたいなのってあるじゃないですか。尖っているというかイキがっている、みたいな。いますよね、そういう人。

安川さん まあ結構いますよね。

竹内先生 でも、それにはならなかったの?

安川さん そうですね〜、まあそれに似たような考えを持った時もありましたけど、就職するのと起業するのとどちらが今後社会的インパクトが大きいのかなというのを考えて、最終的に今会社をやっているメンバーというよりかは、企業に入って色んなバックグラウンドを持っている人と働いてみたいなと思って。会社に入るのって楽しそうだな〜と思って会社に入ろうかなと思います。

今後の目標は入社後に同期で最優秀になること

竹内先生 そうでしたか。今後の目標ってありますか?

安川さん そうですね。今内定が決まったところの同期が200人くらいいるんですけど、まずその会社の同期の中で最優秀にはなっていきたいなと思っています。僕自身、今内定をもらった会社に長年いようと思っているつもりはなくて。なので結果を出していつでも他社に行けたり起業できるような状態にはしたいなとは思っています。

竹内先生 なるほど。では最後に後輩やこのページを見ている人に何かアドバイスがあればお願いします。

安川さん そうですね、一番最初のショートケーキの話も出しながらお話しできたらなと思うんですが。さっきショートケーキの話をしたと思うんですが、イチゴがたくさん出るところもあれば、スカスカなところもある。でも本当に優秀な人ってどこを切ってもイチゴがたくさん出て来ると思うんですよね。でも逆に話を作ったり、話を膨らませ過ぎてしまったりする人もいて、針とかでつついたらプツンと割れてしまう人もいて。

竹内先生 嘘つくってことですか?

安川さん そうですね。まあ嘘をついても入れたりすることはあるんですけど、ただ自分が本当に幸せになるといった時は、自分がやってきたことや等身大の話をして入れたらいいんじゃないかなと思っていて。結局何が言いたいかというと、就職活動までに何か1つでも自分がやっていることはやり切ってほしいなと思っていて。今何も自分に誇れる経験がないやと思っている人もいるかと思うんですが、就活が始まるまでに今からできることって多くあるかなと思います。経験は作れるのでいろんな活動をしたりしてやり切ってほしいなと思います。

竹内先生 なるほど、貴重なアドバイスですね。それでは、今日は安川さんをお招きしてインタビューさせていただきました。安川さん、ありがとうございました。

安川さん ありがとうございました。

ホワイトアカデミーで学んでみたくなった人はこちら