一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1のホワイトアカデミー

ニュース

2019

11/28

親御様向けの書籍が発売されます!

先行予約受付中!

イメージ 2019年12月12日に日経BP社より親御様向けの就活本が発売されます。

「子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法」というタイトルが示すように、お子様の就活を成功させるためのエッセンスが全て詰まった1冊となっています。

Amazonに掲載されている内容紹介はこちら↓

一流ホワイト企業100社ランキング&求める人材一覧付き!
わが子が“ブラック企業"の餌食にならないための必読書

7人に1人は「就活うつ」になる時代……
あなたの子どもは大丈夫?
本書は、こんな方にオススメです。
■全世代共通■
・離職率が低く、経営状態がよく、働く人の満足度の高い「一流ホワイト企業」を実名で知りたい方(→2章へ)
・メディアで話題の「就活スクール」で、どんな指導がなされているのかに興味がある方(→3章・4章へ)
・商業主義の就活スクールやネットからは見えてこない「現代の就活の本当の姿」を知りたい方(→1章へ)

■親世代の皆さん■
・就活生・大学生のお子さんを応援したい方(→「はじめに」へ)
・現代特有の、スマホや就活サイトを使った就活について、ほとんど知らない方(→1章へ)
・お子さんを大学に入学させるにあたって、「その先の将来」を多少なりとも意識した方(→序章へ)
・お子さんはもうすぐ4年生なのに、将来が決まらず不安な方(→3章へ)
・お子さんの志望先・内定先の業種がよくわからない方(→2章へ)
・内定先がブラックでないかが気になる方(→2章へ)
・まだ本気になっていないわが子に火をつけたい方(→3章へ)
・アドバイスをしようとしても、お子さんから煙たがられている気がする方(→1章へ)
・お子さんが急に「留学したい」と言い出した方(→5章へ)
・お子さんの就活を、失敗させたくない方(→「はじめに」へ)

■大学生・就活生の皆さん■
・自分に向いている業界・職種を知りたい方(→3章へ)
・友人に内定が出始めた、親から適切なアドバイスを得られないなどで、不安の大きい方(→1章へ)
・理由もわからず企業から否定されて、自信を失っている方(→1章)
・自分の学部・学科が有利な就職先を知りたい方(→5章)
・大学院、公務員試験……たくさんの選択肢から絞り切れない方(→5章へ)
・ESの通過率が低い方(→3章・4章へ)
・面接、グループワークなど、苦手がある方(→3章・4章へ)
・どんな自己PRが、どんな企業に響くのかを知りたい方(→3章へ)
・安定している、一生働けそうな企業を知りたい方(→2章へ)
・就活スクールやエージェントの活用を考えている方(→5章)

子の「こんなはずじゃなかった」を防ぎたい
すべての親(と子)に贈る「最新・就活マニュアル」

子の就活のために「親がしてあげられること」を大解剖!

出版社からのコメント
本書の著者、竹内さんは、ご自身で就活スクールを経営されていますが、
そこでの内定率は100%!
なんと、「ホワイト企業に内定しなければ、授業料全額返金」というモットーで
日々、指導にあたっているそうです。
(そして、返金したことはまだないそうです)

このような「すごい」スクールを経営する一方で、
東大出身・理系学部という学歴でありながら、
就職活動で大変な苦労をされた一人です。
人並の就職活動では希望の業界・企業はすべて落とされ、
その後、就活エージェントに頼って、何とか一社、内定を得たそうです。
しかし、そんな竹内さんに、親御さんがおっしゃったのは、
「東大まで行ったのに、なんで“そんな会社"にしか入れないの!?」。

希望する業界・企業からすべて落とされ傷ついていた竹内さんは、
その親御さんの言葉にさらに深い傷を負い、内定辞退。
1年の休学と、ビジネススクール通いを始めます。

そこでわかったのは、
「学生の自分が思っていた就活と、企業の皆さんが学生に求めている就活が、全然違う! 」
ということ。さらに、
「大学までの成績に関係なく、そのルールを知っているかどうかが、就活での成否を分ける! 」
そしてもう一つ、
「子どもは、就活にあっても、親御さんの価値観や考え方、言葉に大きな影響を受けている」
ということでした。

就活は、お子さんが独り立ちするための、子育ての最後のステップです。
そして、お子さんが自立して歩んでいくための、大きな一歩でもあります。

そんな大きなイベントを、無駄な苦労や挫折をすることなく、乗り越えるために。
親御さんにこそ知っておいていただきたい「子育ての最終指南書」。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。

著者について
就活コンサルタント。Avalon Consulting株式会社代表取締役社長。元デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタント。
東京大学工学部卒にもかかわらず、自身の就活に失敗し就職留年した経験から、企業の人材戦略の道へ。新卒の学生が一流企業に内定するための独自の方法論と、3年後離職率・OpenWorkでの評価・帝国データバンクの評点を用いた客観的視点から「ホワイト企業」を研究。自社メディア「ホワイト企業への道」で掲載したところ、就活生や親御さんの間で話題となり、月間で35万PVを達成した。
現在も、「ホワイト企業からの内定が1件も得られなければ、授業料全額返金」という方針で、上位大学だけでなく、全国幅広い大学の学生の就活指導を行なっている。
「就職浪人から、ANAグループに内定した! 」「留年すれすれから、日本IBMに内定! 」「指導を受けた次の日から大手企業の面接で落ちなくなった! 」など、喜びの声多数。

先行予約はこちらからどうぞ

ホームに戻る