就活塾・就職予備校、ホワイト企業内定率No.1のホワイトアカデミー

ニュース

2019

2/09

赤坂で業界初となる就活マナー講習会を開催しました!

日本伝統文化の権威が直伝する就活マナー

イメージ ジャパンエレガンススタイル協会とタイアップし、来たる就職活動の本シーズンに向け、内定を勝ち取るために必要となる「正しい就活マナー」についての講習会を2月9日(土)16時より東京・赤坂で10名限定で開催しました。

日本伝統文化の専門家であり、これまで数多のビジネスマナー研修やキャビンアテンダント養成講座の講師を務めてこられた松井千恵美先生(ジャパンエレガントスタイル協会代表理事)に、第一印象、仕草、声の出し方などの「外見」について、日本伝統文化の観点から見た正しい就活のマナーをレクチャーしていただきました。

また、東大卒の内定請負人であり、これまで大学生や求職者をホワイト企業や一流企業に導いてきた竹内健登(ホワイトアカデミー代表)が、発言内容や職業観、面接での受け答えなどの「内面」についてレクチャーしました。

さらに、実際に模擬面接を行い、そこでのパフォーマンスを項目別に点数化し、足りない部分や改善すべき部分を参加者にフィードバックしました。

企画背景

ホワイトアカデミーでは、生徒さんのコミュニケーションスキルや知的側面での支援をこれまで行ってきましたが、その中で生徒さんから就活時のビジネスマナーや面接の際の作法などについての質問を多くいただいていました。

しかし、就活時のマナーについては異なる通説があり、どれが正しいものか分からず困惑していたため、マナーや作法のプロである松井先生に正しい就活マナーについて定義・解説していただきたいと考え、本企画の開催に踏み切りました。

松井先生のご紹介

松井 千恵美 MATSUI CHIEMI

一般社団法人ジャパンエレガンススタイル協会 代表理事。箏(こと)とマナーのスクール「桜ことスクール」運営。家族が日本の伝統芸能を嗜む環境から幼少より箏(こと)を習う。短期大学服飾学科卒業後、ジョン・ロバート・パワーズスクールで国際マナーを習得、さらに様々なスクール教室で学びを深める。また大使館関係のパーティーやレセプションで公式マナーを身につける。現在、お箏(こと)の芸歴45年・生田麗華流家元であり、またキャビンアテンダント養成スクールで講師を務め多くの合格者を輩出した経験から、日本の伝統的な作法と国際マナーなど、今まで習得したことを体系的にまとめたメソッドで、「品」「礼儀正しさ」「心遣い」を身に付けるマナーや内面・外面から自分本来の魅力を引き出し輝かせるメイク、日本人固有の優雅な立ち居振る舞いを教えている。受講生は3,000人を超え、99.7%が満足と回答。

実績(メディア出演・執筆他)

  • NHK「趣味どきっ!」に出演
  • TBSテレビ「林先生が驚く初耳学!」に出演
  • 2016年度、4大ミスコンの「ミス・アース・ジャパン」のビューティートレーニング講師に就任
  • 夕刊フジ「世界に誇れるマナー習得」掲載
  • リクルート、損保ジャパン、マイナビ、女性セブン他、執筆多数

竹内先生のご紹介

竹内 健登 TAKEUCHI KENTO

内定請負人。東京大学工学部卒。ホワイト企業内定率100%を誇る就職コンサルタントで、現在はホワイト企業内定率No.1を誇る就活スクール「ホワイトアカデミー」でハイグレードコースとエグゼクティブコースの講師を務めている。元デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタント。教育歴は10年で、学生時代に大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。求職者向けのセミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は1000件以上。通算600回はセミナーを行っている。芸能人の勝俣州和さん、産経新聞、その他上場企業の株式会社コナカなどとの提携あり。趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。

実施したプログラム

16〜19時の3時間で以下のプログラムを実施しました。

1.あいさつの作法(松井先生ご担当)
面接室入室から面接開始までの間に、正しいマナーで他の就活生と差をつける作法について学習しました。

2.言葉遣い・敬語(松井先生ご担当)
学生や今の若者がついつい使ってしまう間違った日本語や敬語を矯正し、正しい敬語や言葉遣いを体得しました。

3.身だしなみ・メイク(松井先生ご担当)
男性の場合はスーツの着こなしやバックの置き方・手入れ、女性の場合はナチュラルなメイクについてデモンストレーションを行いました。

4.面接での基礎的質問への答え方(竹内担当)
会社への志望度を測る質問や自己PRの表現について、押さえるべきルールと回答時のポイントについて解説しました。

5.模擬面接
以上を踏まえて実際に模擬グループ面接を行い、項目別に参加者の良い点、悪い点を評価しました。評価票は持ち帰ってもらい、今後の対策につなげてもらいました。

マスメディアの方へ

本件に関するより詳しい内容をご希望の場合、当社ではマスコミの方の取材や撮影のお申し込みを随時受け付けております。撮影した動画やデータなどもご提供可能です。

また、日常的に大学の教授や就活生から話を聞く機会が多いので、各メディアから昨今の就活状況について取材を受ける機会も多くあります。お気軽にお問い合わせください。

【取材依頼・お問い合わせ先】
会社名:Avalon Consulting株式会社
担当 :西江孝太
電話 :03-6304-5850
メール:support@avalon-consulting.jp
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-7-21 陽輪台西新宿林屋ビル9F