Governance

Governance

Avalonとは

Avalonとは元々、ケルト神話のアーサー王伝説に由来する理想郷である。

歴戦の猛者であるアーサー王が自らの体を癒しに辿り着く島であり、そこには金の林檎がなるなど神秘的な世界が広がっている。

当社も歴戦の猛者と呼ぶにふさわしい活躍をしてきたビジネスパーソンが集う環境にしたいという思いが社名の由来であるが、歴戦の猛者が持っている共通の資質こそ、そこまでやるか 〜so amazing〜 であり、その資質を持つ猛者で構成される集団がAvalonである。

Avalonの哲学と構成員のDNAはこちら

国のような生態系

Avalonは、社長の元で従業員が兵隊として統制され一致団結する会社組織というよりも、という概念に近い。

個々人が好き放題やっているけれども全体としてはチームワークが機能しているような生態系として捉えた方が、はるかにAvalonの本質を突いているからだ。

Avalonが目指すのは外コンとベンチャーと外銀と商社を足して4で割ったような人材が好き勝手に生き生きとビジネスをやっているシンガポールのような国であり、成果に応じて若くても高給がもらえるような人事制度を策定している。

なお、Avalonのトップに君臨する者はこの生態系を維持するためのルールを整えてオープンにし、より優秀な人材が集まる環境にすることを責務とするため、社長というよりは統治者と位置付けた方が正しいだろう。

以下にAvalonの組織体制と法人情報をまとめているので、Avalonの土を踏みたいと思っている猛者はぜひ一度目を通しAvalonについて詳しく知っていただきたい。

組織体制

意思決定権や責任の所在が各部署やチーム、個人に分散され、それぞれがより大きな裁量を持ち自主的に仕事に取り組むのがAvalonのワークスタイルである。

どの部署がどの部署よりも偉いという概念はないが、仮に偉いという概念があるとすれば、それは顧客や顧客対応の全てで関わってくるマーケティングのみであり、それ以外には基本的に平等な役割があるだけだ。

現在もほとんどの企業が階層型のヒエラルキー構造によって事業を進めているが、Avalonにはピラミッド型の組織図はなく、代わりに以下のフラットな組織体制がある。

Avalonの組織体制
Avalonの組織体制

この組織体制ゆえに風通しは良好であり、それぞれがそれぞれの役割を日々こなしながら全体でより大きな目標に向かっていくのがAvalonである。

Avalonでは主体性や自主性が高く普通の組織が窮屈になってしまう天才型タイプがのびのびと仕事をしているが、あなたも歴戦の猛者が集う理想郷で働きたいのであれば、ぜひジョインを検討してほしい。

新卒採用はこちら

中途採用はこちら

求める人物像

Avalonは歴戦の猛者に対して平等に門戸を開いているが、全員がその門をくぐれるわけではない。

むしろ、一般的な企業の採用選考に比べAvalonの選考は極めて基準が高く、それゆえにその選考をくぐり抜けた猛者だけで開催される円卓会はレベルが高く良質なマスターマインドグループとなっている。

結論から言うと、Avalonが求めている人物像、つまり採用基準は以下の全てを満たしていることである。

  1. IQ、EQを一定レベル兼ね備えており、経営中核であるマーケティング力や戦略的情報収集力に併せ、きめ細かいサポートやホラクラシーを推進するだけのスキルを有していること
  2. 何かに対して「そこまでやるか」と言われるほど打ち込んできたこと
  3. Avalonismや事業内容に共感していること
  4. 業務を実行できるだけのポテンシャルがあること

あなたがこれらの全てを満たしていると思ったら迷わずAvalonの門を叩いてほしい。

歴戦の猛者として共にいい仕事をしようではないか。

新卒採用はこちら

中途採用はこちら

業務内容

ここからは、コーポレートと現存する3事業部に分けて業務内容を紹介する。

コーポレート

各事業が円滑に進むよう人事・総務面からサポートし、各事業から吸い上げた情報を共有しながら次年度の経営計画や新規事業を立案・達成する。

経営企画(ARTHUR)

新規事業を含むAvalon全体の事業・予算計画を立案・実行し資源を最適配分する他、Avalon全体での予算達成に貢献するためM&Aを含めた他企業との連携など、渉外としての役割を担う。

ブランディング(MARLIN)

ブランドプロポジションの制定や各事業におけるブランドの維持、ブランドの再定義などを通し、クライアントや外部がAvalonと接する全てのポイントでAvalon全体や各事業に対し統一された印象を持ってもらえるようにする。

広報(MARLIN)

アタックする広報先の選定、現場からのネタを元に提案する切り口の作成、プレスリリースの作成・配信などを通しテレビ・新聞・雑誌などのマスメディアとコミュニケーションを取りAvalon全体や各事業の知名度向上を担う。

人事(MARLIN)

リファラルリクルーティングの推進、採用オウンドメディアの充実、採用広告出稿や合同企業説明会出展などによる母集団の形成、採用広告ツールの作成、面接・選考・内内定通知などを事業計画に沿って行う中で必要となるメンバーをリクルートし、入社前後での研修、Eラーニングの充実などを通して適切に育成して現場に送り出す他、人事評価などを行う。

システム開発(MARLIN)

予約管理システム・生徒指導システム・大学向けソリューションとしてのシステム開発・各種データの統合など、各事業部の業務を効率化するシステムを設計・開発・保守運用する。

総務(KNIGHT)

メンバーが気持ち良く仕事できるよう、新規メンバーの受け入れに伴う書類手続き、年金・保険関係の手続き、給与計算・振込、顧客データの管理、請求書発行、経理処理、税金振込み、厚生労働省の助成金利活用、退職金手続き、社宅制度運用、就業規則の管理、ボーナス査定などの雑務を引き受け効率化する。

ホワイトアカデミー事業部

ホワイトアカデミーのHP
ホワイトアカデミーのHP。画像から公式サイトに遷移できる

ホワイトアカデミーは業界初となるホワイト企業内定専門の就活スクールであり、生徒さんをホワイトキャリアへ導いているが、ホワイト企業内定率100%を誇っていることから各種メディアの注目を集めている。

週1回60分のマンツーマン指導や月1回のグループディスカッション練習会・集団面接練習会を通しホワイト企業からの内定獲得を目指しているが、ホワイト企業へ内定できなければ授業料を全額返金するという男前な制度になっている。

なお、ホワイト企業とは、従業員からの評価が高い・財務基盤がしっかりしており投資家からの評価が高い・3年後離職率が低いという条件を満たした企業であるが、HPにはホワイト企業ランキングやカリキュラム、その他コミュニティなどについて記載されているので、ホワイトアカデミーでの仕事に興味がある場合は目を通しておいていただきたい。

教頭(MARLIN)

職員会議の開催、1on1の実施、先生向け研修資料の作成、教材の改編、生徒指導システムの改善、集団イベントの開催などを通し、受け入れた生徒のホワイト企業内定率100%を達成するため各先生を補助する。

マーケティング(KNIGHT)

教頭と連携し、ブログの拡張・広告の運用・SEO対策・動画やメールを含めたコンテンツマーケティング・EFO・CVR改善・PV向上・SNS運用・書籍の利活用などを通して新規生徒さん獲得のための引き合いを確保する。

営業(KNIGHT)

マーケティングと連携し、無料相談会の実施・親御様向けのメール対応・親御様のフォローアップ・親御様のコミュニティ形成・追加商材の提案などを通し、獲得した引き合いを売上につなげるだけでなく客単価を上げる。

生徒指導(全職位)

教頭の指示の下、自己分析、筆記試験対策、選考対策、IQ・EQの開発、進路指導、グループディスカッション・ロジカルシンキングの指導などを通し、生徒さんをホワイト企業に内定させる。

新卒採用はこちら

中途採用はこちら

法人情報

会社名Avalon Consulting株式会社
代表者竹内健登
本店所在地〒163-1030
東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワーセンターN30階
※新宿パークタワー一帯は都内でも屈指の災害に強いエリアとなっている
東京本社へのアクセスはこちら
創業年度2016年4月
資本金1,000万円
E-Mailカスタマーサポート
主要取引先株式会社コナカ
株式会社ジェイック
セプテーニ・ホールディングス株式会社 など
取引先金融機関三菱UFJ銀行、三井住友銀行、プルデンシャル生命保険株式会社
顧問宮崎税理士事務所

Avalonの充実したWorkplaceはこちら