ここなら、間違いない。ホワイト企業内定率No.1で選ぶならWhite Academy

ホワイトアカデミー創立の経緯

ホワイトアカデミー校長の竹内です。

このページを見ているあなたは、現在、就活中かもしれません。

あるいは、まだ就活はしていないけれども、就活に向けて漠然とした不安や焦りを抱えているかもしれません。

そこまでではなくても、大学のガイダンスで「就活の手引き」などを配られて「あ〜、そろそろ就活かぁ」と考えているかもしれません。

まわりの学生は徐々に髪を黒に染め始め、授業中にはSPIの問題集を解く人も出てきたかもしれません。

授業では教授が「就活で役立つからこれやっとけ」「就活まであと〇〇日」といった言葉を話すようになったかもしれません。

そんな中、人によっては大学名や学部、成績で引け目を感じているかもしれませんし「就活で失敗したら親に申し訳ない」という強い義務感・切迫感を抱いているかもしれません。

とはいえ「将来何をやりたいんですか?」と言われても、これといった具体的なものはなく、漠然と30〜40代で年収1000万円くらい稼いでお金に不自由ない生活をして、結婚し子供をちゃんと学校に通わせられるような暮らしができればそれでいいか、と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

何を隠そう、当時の私もそうでした。

憧れのキャンパスライフを夢見て必死に大学受験をし、入学後は楽しいテニスサークルで遊んだり宅飲みしたりして仲間と至福の時間を楽しんでいました。

しかし、就活が始まると、そんな時間は思い出のボックスにしまいこまれました。

就活シーズンになると、まわりの人間は急に意識が高くなるわ、合同企業説明会に行ってみたらレベルの高い学生がわんさかいるわで「このままで大丈夫なのかな…」と萎えていましたし、自己PRできるような大した実績を持っていなかったので、とにかく不安でいっぱいでした。

ただ、就活で失敗して人生転落することだけは絶対に嫌でしたし、親にもたくさんお金を出してもらって育ててもらった手前、失敗だけは避けなければならないという強い切迫感は感じていました。

しかし何から始めればいいのか分からないというのが本音で、試しに「自己分析」や「業界研究」に取り組んでみても「なんかしっくりこないなあ」と頭の中はモヤモヤしたまま・・・

そんな状態でインターンや本選考を受けて落選通知を受け取ると「さすがにこのままじゃマズイ」と思うようになり「答えがほしい」と思って大学のキャリアセンターに駆け込むも、職員の方は他の学生の対応で忙しそうにしており、話しかけづらい雰囲気。

心の中にあるモヤモヤを打ち明け、人生にかかわる込み入った相談をする気にはどうもなれませんでした。

とはいえ、親は親で「最近のことはよく分からん。俺は車業界のことしか知らん」という様子でしたし、教授は「就活頑張りましょう」と言うだけで頭の中には研究や授業のことしかない感じ。

そんなこんなでモヤモヤを溜め込んでいくうちに頭の中の不安はどんどん強くなり

「相談したいのにできない」

「自分のことを分かって、はっきりと意見を言って背中を押してくれる人はいないのか?」

「誰か助けてくれ・・・」

という悲痛にも似た叫びを抱えていました。

 

・・・これが、私の就活体験記です。

その後、私は志望企業に全落ちし、1年間就職留年をした後、人事系のコンサルティングや研修を手がけるデロイトトーマツグループに入社しました。

しかし、そこで働く中で、どうしても

「当時の自分のような人をなんとかしてあげたい」

自分の就活を第一と考え、親身にアドバイスをしてくれる先生がいればどれほど心強かったことか

という思いが頭から離れなかったので、独立してホワイトアカデミーを創立しました。

150名以上の就活生の面倒を見る中で、東京海上といった大手損保、コンサル、SIer、インフラメーカーなどへ次々と内定を決める就活生を見ていると、ホワイトアカデミーを創立した意義も少しはあったのかなと思えるようになりました。

あなたがこのページに来たのも何かの縁だと思います。

我々とのご縁の中で、少しでもあなたの未来が良くなれば幸いです。

困っていることがあれば、遠慮なく無料相談会へ起こしください。

それでは。

ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」創立者
竹内健登