履歴書・ESを書いている人へ。インターンシップの志望動機の書き方を公開!【例文付き】

インターンシップの志望動機の書き方が分からない・・・

そんなあなたのために、履歴書やESに200字〜400字の志望動機を完璧に書く方法をご紹介します。

銀行、航空(エアライン)、看護、食品、保育、メーカー、旅行会社などの例文も掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人:「ホワイト企業への道」編集部

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。

人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。編集部イチオシの就活に役立つ教科書をプレゼント中!

インターンシップの志望動機で見られるポイント

(出典:https://careerintern.jp/library/method/writing-reason-for-internship/)

志望動機はインターンに熱心に取り組んでくれそうかの判断に使われます。

あなたの興味・関心とインターンの実施内容がマッチしているほど、参加意欲や熱意があると判断されるのです。

つまり、あなたの興味・関心を確認するための自己分析と、インターンの実施内容を把握するための企業研究が必要になります。まずは、それらのやり方をご紹介します。

 

インターンシップの志望動機を書くための自己分析

自己分析では、今までの経験や体験を振り返り、価値観を深堀し、自分のやりたいこと興味のあることを探します。ここでは3つの方法をご紹介します。

(出典:https://matcher.jp/dictionary/articles/165)

1モチベーショングラフ

横軸を時間、縦軸をモチベーションの起伏にしてグラフを作ります。

グラフを作ったら、モチベーションが高かった時の原因を考え、それを生かせるのはどのような仕事かを考えましょう‌‌。自分のやりたいことの方向性が見えてきます。

2自分史

中学生・高校生・大学生に分けて自分を振り返ります。

所属していた団体・持っていた資格・得意だったこと・苦手だったこと・記憶に残っているエピソードなどを書き出し、長所と短所を見つけてください。

3人に聞く

家族や友人に、自分はどういう人間か聞いてみましょう。自分では気づけなかった一面が見つかるかもしれません。

これ以外にも様々な自己分析の方法がありますので、以下の記事も参考にしてみてください。

自己分析本を使って内定獲得!自己分析本の選び方と活用方法

自己分析本を使って内定獲得!自己分析本の選び方と活用方法

投稿:2018.02.09 | 最終更新:2018.06.13

就職活動で最も大切なことと言われる自己分析ですが、どうやったら良いのか、悩みますよね。 そんな時、サクッと理解できる本があると助かりますね。 今回は、そもそ…

就活に必須の自己分析の方法、おすすめツールを紹介

就活に必須の自己分析の方法、おすすめツールを紹介

投稿:2018.02.07 | 最終更新:2018.06.13

就職活動で、最初に取り組む必要があるのが自己分析です。 自己分析の意味や効果、種類、やり方、ツール、それらを活用した自己PRの作り方などを解説します。 就活…

自己分析シートの使い方・内定のための活用方法

自己分析シートの使い方・内定のための活用方法

投稿:2017.11.20 | 最終更新:2018.06.13

就職に役立つ自己分析とはどんなものでしょうか? 無料の自己分析シートを使って志望動機や自己PRをパワーアップし、内定を引き寄せましょう。 自己分析とは一体ど…

【自己分析革命!?】わかりやすいやり方を実践してみた【具体例つき】

【自己分析革命!?】わかりやすいやり方を実践してみた【具体例つき】

投稿:2016.12.26 | 最終更新:2018.06.13

ども、就活ライターのひるまきです。今日は、自己分析について考えていきます! 「自己分析が大事、って聞いたけど、具体的な方法が分からない。」 「自己分析が延…

インターンシップの志望動機を書くための企業研究

企業研究では、インターンの特設ページや説明会を活用し、インターンの開催目的や内容を具体的に把握します。以下の点をチェックしましょう。

・インターンで体験する業務はビジネスの「どの部分」に関わっているのか

・その部署の「お客様」はだれなのか

・どんなスキルが身につくのか

・どんな学生を求めているのか

これらがわからない場合は、同業他社のインターン情報などを参考にしてください。

また、余力があれば、企業のパンフレットやHP・採用ページ・インターンの募集ページを確認し、なんとなく企業に抱いているイメージと実際に企業で行われている事業をすり合わせ、あなたの考える事業内容と齟齬がないかを確認しましょう。

以下の点をチェックするとよいでしょう。

・企業の魅力

・企業理念

・商品・サービスの特徴

・お客様の属性

・業界内順位

・競合他社と比較した特徴や強み

・業界の展望

以下の記事にも企業研究の方法がまとめられていますので、参考にしてみてください。

行きたい企業を見つけよう!!企業研究の基本的なやり方大辞典

行きたい企業を見つけよう!!企業研究の基本的なやり方大辞典

投稿:2017.01.24 | 最終更新:2018.06.13

   企業研究しないとどーなる??A君「業界研究さえ決まれば、企業なんてどこも一緒でしょ。 安定した家電業界サイコー!…

OB・OG訪問

OB・OG訪問で社員から直接情報を集めるのも効果的です。以下の点を聞きましょう。

・選考に関わる情報

・社員の雰囲気やモチベーション

・就活時代の話

話のなかで感動したポイントや話してくださった方の人となりを志望動機に書くと、早期からインターンや就活に向けて活動していると評価されます。

OB・OG訪問で評価が高ければインターンの採用担当者に紹介してくれることもあります。

話を聞きに行く時期が早ければ早いほどインターン選考突破のコツや本選考の話もたくさん聞けるので、キャリアセンターやサークルの先輩、バイトの先輩など使えるツテはしっかり使って自分の興味のある企業にコンタクトをとってみましょう。

様々なOB・OG訪問サービスも存在しますので、興味がある会社の社員をそういったサービスで探してみるのもよいでしょう。

インターンシップの志望動機の書き方

(出典:https://www.in-fra.jp/articles/527)

自己分析と企業研究を踏まえ、以下の内容を志望動機に盛り込みます。

・その会社や仕事、業界や職種に興味・関心を持ちインターンに志望した理由

・インターンの内容のどこに魅力を感じたか

・インターンを通して何を学び、どんな知識やスキルを身につけたいか

・キャリアビジョン

・自分の強み・能力

・企業に貢献できること

これらを学生時代の経験と紐付けることで、あなたにしか書けない具体的で魅力的な志望動機になります。以下、志望理由を書く上での5つのコツをご紹介します。

1インターンへの取り組み姿勢をアピールする

インターンにどのように取り組むかを書くと、やる気が伝わり、他の学生との差別化要素となります。

自分に不足している能力をあえて前面に出して、弱点強化のために志望するチャレンジ精神を訴えるのも場合によっては有効です。

2正直に書く

志望動機は面接などでも深堀されることが多くあります。嘘や思ってもいないことを書くと、その後の選考でボロが出るため、原則として自分が思っていることを書きましょう。

自分の言葉、オリジナルの文章で書くことを心がけ、自分自身のことや気持ちを率直に表現することが大切です。

3結論に始まり結論に終わる

「【インターンに参加したい理由】だから、インターンへ参加したい」ということを書き出しで記載しましょう。

結論を伝えた上で、なぜそのように考えたのか、整理してきた自分の考えを具体的に伝えます。

他社のインターンと比較検討する中で、どのような情報を見てどのように感じインターンに応募したのかをエピソードとして書くと、説得力が生まれます。

インターン先で得られる経験を想像し、業務内容に関連付けて書くのもありです。書き出しで述べた志望動機は、改めて文末部分で総括しましょう。

4具体的に書く

自分の経験や価値観を記載する際は数字を活用し、具体的に表しましょう。

文字数の規定は200字・400字・500字・800字の場合が多いですが、規定の9割は書くようにしましょう。

文字数の規定がない場合は、可能な限りアピールできるように最大限書くのがよいでしょう。

5論理的に書く

企業は、文章がきちんとわかりやすく整理できているかをチェックしています。

内容が論理的にストーリーとして成り立っているか第三者にチェックしてもらいましょう。

また、誤字・脱字などは注意不足などの印象を与えてしまう可能性がありますので、漢字や表現が適切かもチェックしましょう。

インターンシップの志望動機の例文

ここで、ネット上の例文をご紹介します。志望動機を書く際の参考にしてみてくださいね。

保険業界の志望動機

日本社会で安心した暮らしを実現したいと考え、保険業界を学ぶために貴社のインターンを志望します。私は大学で社会学を専攻し、社会保障をテーマに研究を進めています。その中で、社会保障では賄いきれない部分を補う保険業界の重要性に興味を持ちました。母子家庭で育った私は「将来、ビジネスを通じて日本社会の安心した暮らし」を実現したいと考えています。今回のインターンシップでは、実際に生命保険がどのような社会的な意義があるビジネスなのかを学びたいと考えています。インターンシップでは、積極的に知識を吸収し、自分自身の知見を広げられるよう勤めたいと思います。

(出典:https://careerintern.jp/library/method/writing-reason-for-internship/)

私が貴社のインターンシップを志望する理由は、五日間という短い間ではあるが貴社で働くことによって保険業界で働くことの醍醐味、さらには○○で働くことの醍醐味を自分の肌で感じたいと思っている。今後さらに加速する高齢化社会において産業は変わらざるを得ない。その中で保険業界はどのような方向に向かっていくのか、業界のリーディングカンパニーである貴社のインターンシップに参加して感じ取りたい。また、社員の方や他の学生の方と真剣に議論しコミュニケーションをとって他人の考えをしっかりと聞いたうえで自分の考えを伝えるという能力を身につけたい。

(出典:https://www.in-fra.jp/articles/527)

※この例文は常体で書かれていますが、常体では無愛想な印象を与えるので、敬体で書きましょう。

IT業界の志望動機

ITを通して企業を支援したいという想いから、貴社のインターンシップを志望します。学生時代、私はベンチャー企業で2年間のエンジニアの長期インターンシップを経験しました。その中で私は、ITが企業のビジネスを支援し、日本社会の生産性を高めていることを知りました。その経験から私は、将来はITを通じて企業のビジネスを支援したいという想いを持っています。貴社のインターンシップが、実際に大規模なSIに関わることでSIの具体的な業務を学ぶことが出来るという点に興味を持ちました。自分自身のビジョンがSIで実現できるか確認する場として、是非貴社のインターンシップに参加したいと考えています。

(出典:https://careerintern.jp/library/method/writing-reason-for-internship/)

私の大好きな言葉は、スティーブ・ジョブズの「Stay hungry. Stay foolish.」、日本語にすると「ハングリーであれ。愚かであれ」です。貴社のクラウドを使ったサービスは、日本の市場ではまだ開拓途上にあるということを知りました。しかし私は、将来的に有望であり可能性を秘めていると感じました。学生の私がこんなことを書くのもおこがましいかもしれませんが、内定をいただいた暁には、貴社のサービス導入を世界でNo1にしたいと考えています。そんなビジョンを抱いて、ハングリー精神でインターンシップに臨むつもりです。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/magazine/entry/2017/08/0911)

将来、システムインテグレーターになりたいと思っています。中でも公共分野に強みを持つ御社に面白さを感じました。公共分野は利益だけを追及しにくく、利益とサービスとのバランスを考える必要がある難しい分野だと考えるからです。高い技術力によって公共分野を支える御社で、日本を支える仕事をしたいと思いました。御社のインターンシップを経験することで、自分の適性と課題を発見し、今後に繋げたいと考えています。

(出典:https://www.c-academy.co.jp/advice/272/)

ホテル業界の志望動機

「おもてなし」を世界に広めることで日本の観光業に貢献したいという想いから、インターンシップを志望します。私は、高校生のときから日本の観光業に興味があり、大学では観光学部に進学しました。現在は、ゼミ活動で地元自治体と連携し「日本のおもてなし文化」をテーマに研究を進めています。その中で、海外のお客様と直接関わるホテル業界に興味を持ちました。「おもてなし」文化を外国の方に届けるためには、質が高いサービスを広く展開することが重要だと考えています。日本全国に事業展開し、質が高いサービスを提供する貴社は、このようなビジョンを持つ私にとって非常に魅力的です。貴社のインターンシップを通じて、世界中のお客様にどのように「おもてなし」を届けているのか、その仕組みを体験したいと考えています。

(出典:https://careerintern.jp/library/method/writing-reason-for-internship/)

旅行会社の志望動機

私の実現したい事は観光業によるまちづくりです。過疎化して人口が減少している地域は観光資源が未活用であったり観光スポットが分散してしまったりして集客が見込めない地域が多く存在すると考えます。栄えている場所だけでなく御社だからこそ出来る過疎化している地域のまちづくりを行いたいと考えております。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/event/20150729179/)

看護業界の志望動機

私が貴院を志望した理由は、患者様にとって最良の医療を提供することを非常に大切にされていると感じたからです。私は看護師を志す上で、如何に患者様に対して安心を与えられるかを大切にしたいと考えています。貴院は理念として、お客様に対して最良の医療を提供することと同時に、ベストパートナーとして患者様に寄り添うことを掲げています。その理念は私が目指す看護師像と非常に近いと感じ、是非インターンを通じて貴院の職務を体験したいと考えました。

(出典:https://careerintern.jp/library/method/writing-reason-for-internship/)

市役所・公務員の志望動機

私は生まれ育った●●市を、今後も暮らしやすい街として発展させたいと考えています。大学で社会福祉論を専攻する私は、地域自治体の役割が地域社会で重要な役割を担うことを学んでいます。そんな中、社会福祉事業や母子家庭を支援することに注力している御所は、他の市役所と比較して非常に特長ある施策を展開していると考えました。私は将来、●●市をより住み良い環境にするために仕事を通じて貢献したいと考えています。是非、今回のインターンシップを通じて中から、地域自治体の存在する意義や具体的な業務内容を学びたいと考えています。

(出典:https://careerintern.jp/library/method/writing-reason-for-internship/)

福祉業界の志望動機

私は小さい頃、両親が共働きだったため祖父と祖母に育ててもらっていました。自然とお年寄りと話すことが多くなり、色々と可愛がってもらううちに、お年寄りの役に立ちたいと思うようになりました。高齢化社会の日本で、お年寄りが元気で生き生き暮らす手伝いがしたいと思い福祉業界に興味を持ち、なかでも御社の高齢者のことを考えた技術や、いつまでも元気で暮らせるようにという理念にとても共感しました。御社がどのような活動をなさっているのかを体験して、そこで感じたことや得た知識を活かして、私自身もお年寄りが元気で生き生きくらすことができる社会作りに貢献したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

(出典:https://careerbaito.com/column/detail/13)

情報通信産業の志望動機

人々の生活に密着し当たり前を支えたい、そのうえで人々の生活がより良くなるような新しい価値を世の中に広めたいと思い貴社を志望いたします。ICT技術は今や社会のインフラとなっていて多くの人々の生活に密着しています。また、私自身、学生時代の経験を通じて現状を変えるために新しいことに挑戦するということにやりがいを感じており、AIやIoTなどの新しい技術がより近くにあるこの業界に強く惹かれました。その中でも貴社は日本の企業の99%を占めている中堅民需市場をターゲットにICTソリューションを提供していてお客様と一緒に「より良い」を求められる可能性が大きくあると考えます。また、マルチベンダーであるという点や○○社を超えるパートナー会社と一緒にお客様に提案を行っているという点、全国○拠点という同業他社と比べ拠点がかなり多いことからもお客様起点が徹底されていると感じ、より人のためになる仕事ができると考えました。

(出典:https://www.in-fra.jp/articles/527)

私は、モバイル業界の中でも、画期的なUI(ユーザーインターフェース)デザインに注力されている貴社の開発力に注目いたしました。大学ではプログラミングを学びましたが、その過程で、使いやすいデザインが重要であることを痛感しました。しかし、残念ながら大学ではデザインの分野について深く学ぶことはできませんでした。貴社には優秀な数多くのデザイナーが働かれていることを知りました。志望動機は、インターンシップを通じて、実践的なデザインについて学ぶことができればと考えたからです。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/magazine/entry/2017/08/0911)

私は「人との繋がり」を大切にして生きています。例えば、所属する団体で飲み会等あれば必ず参加してきました。御社の社内外でのコミュニケーションを大切にする雰囲気と価値観が合っていると思い、興味を持ちました。また通信インフラを支えるということは、人と人を繋げるきっかけになれると考えています。御社のインターンシップを通して、通信業を詳しく学ぶことはもちろんのこと、御社の雰囲気を肌で感じて確かめたいです。

(出典:https://www.c-academy.co.jp/advice/272/)

コンサルティング業界の志望動機

私が貴社に入社して実現したいことが2つあります。1つめは、グローバル化が進む中で、多様な価値観・文化が尊重されている貴社の社員として日本企業の海外進出を支援したいということです。私は幼い頃から家族の仕事の関係で海外で過ごし、海外にビジネス進出する日本企業が日本の世界における存在を高めることに大きく寄与していることを実感してきました。そのため、グローバルなプラットフォームを持つ貴社で進出支援を行いたいです。2つめは、自分の専門性を高めてコンサルタントとしてのスキルを高めるということです。企業に完璧な解決方法を提案するためには、分野をまたいだ総合的な知識や専門性を身に付ける必要があります。貴社では特にIT分野に関するスペシャリストを有しており、今後複雑化していくIT業界の中でスペシャリストとして活躍できるのではないかと考えています。

(出典:https://www.in-fra.jp/articles/527)

外資系消費財メーカーの志望動機

私の強みである敏感な感性と論理的な思考力を活かせるのが貴社のマーケティング職であると感じました。消費財メーカーの中でもトップのマーケティングスペシャリストを有する貴社では、他社では学ぶことができないような専門的知識を、若いころから裁量権を持った仕事を任せていただけることで培うことができると思います。また、将来的に海外でリーダーシップを発揮した活躍をできる人材になりたいという目標があるため、マーケティングだけではなくプロダクト開発の運営を任せてもらえるような貴社で働きたいと考えています。今回のインターンシッププログラムでは、実際のデータを論理的に分析し、自分なりの感性を活かしてインパクトのあるPR方法を発案したいです。

(出典:https://www.in-fra.jp/articles/527)

商社の志望動機

私は、貴社の社長の「自ら行動してムーヴメントを創れ!」という熱い言葉に胸を打たれました。大学でラグビー部に所属していた私は、とにかく自分より力の強い相手であってもひるまずに、タックルしていく勇気と行動力を大切にしています。困難な課題にも、積極的に取り組みたいと考えております。貴社では営業職のそれぞれの社員が責任を持って、新しい顧客開拓に挑戦していることを知りました。貴社の先輩たちの闘い方を現場で体験してみたいと感じて、貴社のインターンシップに応募いたしました。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/magazine/entry/2017/08/0911)

医薬品業界の志望動機

私は、大学では細胞の研究に注力しました。研究室にシュラフを持ち込んで寝食も忘れて泊まりがけで研究することもあり、研究結果を発表した論文は学内で賞をいただきました。しかし、就職活動を直前にして「私には社会人的なコミュニケーション能力やビジネスの基本的な常識に欠けているのではないか?」と自分の足りない部分を感じました。貴社のインターンシップを通じて、社員の方々と協力し、プロジェクトを進めていく中で、コミュニケーション能力を会得したいと考えております。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/magazine/entry/2017/08/0911)

人材業界の志望動機

‌‌私が貴社のインターンシップを志望した理由は、人の成長や変化を直接起こせることができる人材業界に興味を持っているからです。‌現在、就職活動を支援する団体に所属しており、将来に不安を感じる学生の悩みを解決するために活動しています。就活対策のイベント後に就活に対してポジティブになる参加者の姿を見るのが何よりの喜びです。この経験から、自分が悩む人の力になって前向きになってもらう仕事がしたいと考えるようになりました。今はその思いを叶えられるのは人材業界と考え就職活動をしており、そのなかでもエージェントの領域で顧客満足度が高い貴社を志望しております。この度のインターンでは、実際にキャリア・コンサルティングを体験するプログラムが用意されており、それに非常に興味を持っております。‌このインターンを通して、エージェントの仕事への理解を深め、どのような資質が必要なのか学びたいと考えております。

(出典:https://matcher.jp/dictionary/articles/165)

銀行の志望動機

私は様々な企業を財政面から支えることができる金融業界に興味を持っています。その中でも銀行は、融資という最も代表的な財政面の支援ができると考えています。今回のインターンシップでは、銀行における実際の業務内容や必要なスキルを学び、社員様や他のインターンシップ生と切磋琢磨することで自身のコミュニケーション力や論理的思考力を磨きたいと思っています。

(出典:https://jeek.jp/internship/posts/407)

航空(エアライン)の志望動機

飛行機

「チームで大きな目標を達成すること」「多くの人々に影響を及ぼすこと」の2軸をベースとして社会貢献度が高く、多くの人々の生活を支えているインフラ業界を広く見ていました。御社のボーイング787やMRJのローンチカスタマーとして世界に先駆けた『挑戦』をしている点に魅力を感じて志望しました。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/event/20150729179/)

安全運航を成し遂げるために、会社が一丸となる航空会社で働きたいと思いました。貴社の社員の方とのお話から貴社には、お客さまを初め人を心から大切に思う共通の思いがあると感じました。その思いは、一丸となる必要がある航空会社には不可欠であり、人のためにもっと良くしたいと向上し続けられると考えました。

(出典:https://www.nikki.ne.jp/event/20150729179/)

食品業界の志望動機

私は、以前御社が実施したインターンシップに参加したことがあります。そこでは、御社が開発するオリジナル飲料の存在を知りました。そのとき受けた衝撃は凄まじく、ぜひその商品開発に携わりたいと思い志望いたしました。もともと飲料を開発することに興味があり、自分の手で今までにないものを作り上げたいという夢がありました。
そこで出会ったのが、御社の商品です。御社が開発したこれまでの商品は、飲み物という概念に捉われず常に新しいものを提供しています。そんな会社の一員として、私も世の中に貢献したいと考えております。御社に入社致しましたら、企業理念である「これまでにない飲み物を、自らの手で」に則り、画期的なアイディアを考え出すことで貢献していきます。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20151)

私は、冷凍食品のシェア率国内No.1の貴社で成し遂げたいことがあります。それは、自然解凍できる冷凍食品の開発です。自然解凍でも美味しく食べられる冷凍食品の開発は相当の技術がいると思います。ですが、御社でなら開発できると思い志望いたしました。実際御社では、さまざまなコンセプトをもって冷凍食品の開発をしていると伺っております。このような冷凍食品を開発したいという夢は、私自身が大きな震災を経験したことで生まれました。私は大学2年生のとき、〇〇県を震源とするM7.3の地震を経験しました。もちろん水は止まり、度々電気が通らないという生活が長く続きました。そこで役に立ったのが冷凍食品です。凍った状態で保管しているので、ほかの食べ物より圧倒的に日持ちが良く重宝していました。しかし、電子レンジが使えないため食べられない食品もあります。そんなときに、電子レンジがなくても温かいものが食べたいという今の夢ができたのです。ぜひ御社でこの夢を実現させ、新たな時代を築き日本に貢献したいと思っております。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20151)

私は、これまでにない調味料を開発したいと思い御社を志望いたしました。店頭に並ぶ御社の開発した調味料を見て、何て斬新で消費者のニーズに応えているのかと感銘を受けたのを覚えています。料理は元の味が大事だという人もいるかもしれませんが、私は料理の味を支える調味料も料理の1部だと思っています。また、家庭でお店の味に近い料理が食べられることは、とても魅力的だと感じます。日々変化する消費者のニーズに応えられるような調味料は、御社でしか開発できません。御社に入社致しましたら消費者のニーズに敏感に反応し、その時代に的確な調味料を開発したいと思います。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20151)

保育業界の志望動機

私がこちらの園を希望する理由は、子供たちをのびのびと育てる園の方針に共感するためです。「保育園はお勉強するところ」という保育園もあります。しかし、私の考える保育園はみんなが楽しくのびのびと過ごせる園です。子供が楽しめる場所・環境を提供し、保育園はお友達と会うことができる場所と思って欲しいのです。こちらの園はのびのび育てる北欧の保育園へ見学に行き、園に反映していると伺っております。私も一緒にその取り組みを行っていきたいと考え志望致しました。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20166)

私は、人のお世話をするのが大好きです。とくに、乳幼児のお世話が好きで、私も一緒に成長していきたいと思い貴園を志望いたしました。私は、妹や親せきの子どもの面倒を見ていたことから、小さい子どものお世話が好きになりました。昔から世話好きで、周りの友人からは「面倒見が良い」と言われたこともあります。高校の職場体験では保育園を選択し、実際に保育士の仕事を体験したこともあります。実際に体験してみて、保育士の楽しさだけでなく、大変さ、難しさを学びました。もし貴園に入社いたしましたら、子どもと深く関わることで、保育士として、人として成長していきたいと思います。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20166)

私は、小学から大学まで運動部一筋だったので、体力と根気には人一倍自信があります。このスキルを仕事でも活かしたいと思い、貴園を志望致しました。保育士は、非常に体力がいる仕事だと伺っております。疲れを顔に出すことは、園児も不安になりますし絶対にしてはいけないことだと私は思っています。私なら絶対にそのようなことはありませんし、疲れが吹き飛ぶようなパワーを発信できます。もし貴園に入社致しましたら、園児に負けない元気さで子どもたちと接し、少しでも園児の成長に貢献したいと思います。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20166)

私はどんな人とも良い人間関係を築けます。私は学生時代から保育園の先生を志望していましたので、保育補助として保育園にアルバイトに行っていました。その園ではどの先生よりも子供たちに人気だったと自負しております。話しをする際は、子供の目線で一緒に悩み考えることや、遊ぶときは全力になっていたことが子供たちに伝わったのではないかと思います。また、就職活動が始まるため保育園でのアルバイトを辞めるときは、保護者の方からも「非常に残念だ」とお言葉をもらい、就職活動を応援する決起会まで開いていただきました。このことからも、保護者の方からも信頼を得られたと感じました。子供から保護者まで上手に付き合える自身の強みを活かし、こちらの園でも頑張りたいです。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20166)

私は、幼いころから保育士に憧れていました。貴園なら、私がなりたい保育士に近づけ、さらに上を目指せると思い志望いたしました。私の両親は共働きだったので、保育園の迎えはいつも遅い時間でした。友達は家に帰り、ずっと一人で遊んでいたこともあります。そんなときに優しく、そして暖かく一緒に迎えを待ってくれる保育士に何度救われたことでしょう。あのときの感動と感謝の気持ちは、今でも忘れません。貴園に入社致しましたら、あのときの保育士のように、園児の支えとなれるような存在になりたいと思います。

(出典:https://shukatsu-mirai.com/archives/20166)

インターンシップの志望動機を書く秘策

以上の内容を実行すれば、完璧な志望動機が書けます。とはいえ、これを全て1人でやるのはかなり難しいと感じたのではないでしょうか? 

そこでオススメなのが、就活のプロにサポートしてもらうことです。

自己分析や企業研究はもちろん、志望動機や自己PRまで、あなたがインターン選考を突破するためのサポートが受けられます。詳しくは、以下のページでご確認ください。

ホワイト企業の内定保証つきの就活塾(ビジネススクール)White Academyとは?

ホワイト企業の内定保証つきの就活塾(ビジネススクール)White Academyとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.06.21

「就活って何から始めればいいの?私でもいい企業に行けるかな…?」 「親からの就活に対するプレッシャーがハンパない。いい会社に行って安心させてあげたいけど、現…

インターンシップの志望動機まとめ

さて、いかがでしたか? インターンシップでの志望動機の見つけ方から書き方まで一思いに解説したつもりです。

ぜひあなたもこの記事を参考にして、インターンシップ選考を乗り切ってくださいね!

インターンシップでの自己PRの書き方を3Stepで完全網羅!

インターンシップでの自己PRの書き方を3Stepで完全網羅!

投稿:2018.05.16 | 最終更新:2018.06.13

インターンシップにエントリーするために自己PRを考えなきゃ! でも、どうやって自分のことをアピールしたらいいのかよく分からない・・・ そんなあなたのために、…

インターンシップのエントリーシートの書き方を例文付きで徹底解説!

インターンシップのエントリーシートの書き方を例文付きで徹底解説!

投稿:2018.05.26 | 最終更新:2018.06.13

ESでよく質問される志望動機や自己PR などへの回答例をまとめました。 実は、同じアルバイトの経験を書いても、落ちるESと受かるESにはある決定的な違いがあり…

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、https://avalon-consulting.jp/20s-media/profile-2/からご覧になれます。