インターンに必要な持ち物はこれだ!【就活生必見!】

就活においてインターンに行くことはとても重要なプロセスです。

せっかく選考を勝ち取れたインターン、成果を出して就活を有利に進めたいところです。

それなのに、持ち物の不備で失敗してしまうのはもったいないことです。

「履歴書は絶対必要だし、筆記用具も入れた…。あれ?これだけでいいいの⁉」

インターンの持ち物を確認しながら不安になっている方も多いと思います。

この記事ではインターンに必要な持ち物を一挙紹介します!

1dayインターンから長期インターンまでこれからインターンをされる方に役立つ情報をたくさん記載しています。

ぜひ最後まで読んでインターンの準備を完璧にしましょう。

この記事を書いた人:「ホワイト企業への道」編集部

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。

人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。

編集部イチオシの就活に役立つ教科書をプレゼント中!

まずは身だしなみから

女性の写真

持ち物のことはもちろん大事ですが、それと同じくらい重要なのが身だしなみです。

身だしなみはその人の第一印象を決めます。いくら持ち物を用意周到に準備していたとしても、身だしなみがいい加減だと悪い印象を与えてしまいます。

まずは身だしなみをきちんと整えることから始めましょう。

身だしなみについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

インターンで好印象の髪色を男女別に解説!髪色自由っていわれたら?

インターンで好印象の髪色を男女別に解説!髪色自由っていわれたら?

投稿:2018.05.31 | 最終更新:2018.08.30

インターンに参加することが決まって喜んでいるそこのあなた! 「決まったはいいけど髪の明るさはどうしよう…」とか「1dayインターンで髪色自由って言われても、ト…

【男女・季節別】服装自由のインターンの最適コーデを大公開!

【男女・季節別】服装自由のインターンの最適コーデを大公開!

投稿:2018.06.21 | 最終更新:2018.08.30

初めてのインターンシップ。 もし企業からのメールに「服装自由」と書かれていたら何を着ていけばいいでしょうか。「自分だけスーツだったらどうしよう!」とか、「鞄や…

インターンに必要な持ち物

スマートフォンとメモ帳

ここからはインターンに必須な持ち物を紹介します。

持ち物を準備するうえでまず重要なのが、企業からのインターンについての案内メールを確認することです。メールの中で、持ち物について記載がある場合はまずはそれに従って準備しましょう。

しかし、社会人として持っていて当然なものなどは、書かれずとも自分で持っていく必要があります。

一覧にすると

  • 履歴書・応募書類
  • 筆記用具
  • メモ帳
  • 印鑑
  • 腕時計
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 携帯電話・スマートフォン
  • 財布
  • 身分証明書
  • 通帳

これらのものが必要になります。

以下でそれぞれについて説明しているので、順にチェックしていきましょう。

履歴書・応募書類

履歴書やエントリーシートなどの応募書類は、事前に選考段階で使用する際にコピーをとっておくようにしましょう。

一度企業に提出してしまうと自分の手に戻ってこないので、見返したいと思ってもできなくなってしまいます。

万が一のことも考えて、コピーした応募書類は持っていくようにしましょう。コピーしたものは、ほかの書類と別にして一つのファイルに入れておきましょう。

筆記用具

これはインターンに行くにあたって最低限持っておかなければならないものです。

正式な書類を書く場合にはシャーペンは使えないので、ボールペンは必ず持っていくようにしましょう。

注意したいのがフリクションボールペンです。これはボールペンですが、熱によって消えてしまうのでこちらも正式な書類には使えません。

メモなどには重宝しますが、フリクションボールペンを使用するときは普通のボールペンも忘れないようにしましょう。

メモ帳

こちらもインターンには欠かせないものです。インターンは様々なスキルや能力、知識を得られる場所です。

仕事に必要な事柄はもちろん、先輩からのアドバイスや企業の内情など、多くの情報を得ることになるので、ぜひメモを使って自身の成長に役立てましょう。

インターン時だけではなく、選考のときに使える話もあるかもしれません。メモをうまく使いこなすことで、インターンも就活も有利に進めることができます。

印鑑

企業によっては、インターンの初日に契約書や同意書などを書く場合があります。その際は自身の印鑑が必要になってきますので、印鑑を持っていくようにしましょう。

シャチハタではなく、朱肉を使用する印鑑を持っていくように気をつけてください。企業側も用意はしてくれると思いますが、できれば朱肉も持っていくとよいでしょう。

腕時計

これは社会人の一員として働く中で必ず身に着けておきたいものの一つです。

最近はよく「スマートフォンで時計を見るから腕時計はいらない」という人もいますが、仕事中ことあるごとにスマートフォンの画面を見るのは印象が良くないです。

きちんと仕事をしていないと思われかねません。きちんとした時間管理をするためにも、常に時間を確認できる腕時計を身に着けるようにしましょう。

また、身に着ける腕時計にも注意しましょう。色やデザインが派手過ぎるものや、ハイブランド過ぎるものはふさわしくありません。

就活にふさわしい腕時計についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

おすすめ就活時計(メンズ・レディース)を安いものからブランドまでまとめてみた

おすすめ就活時計(メンズ・レディース)を安いものからブランドまでまとめてみた

投稿:2018.02.14 | 最終更新:2018.10.06

※この記事は2017年11月21日に公開された記事を再度編集、アップデートしたものです。 「就活のときって、時計はどうすればいいの?」 「G-Shockっ…

ハンカチ・ティッシュ

こちらもインターンだからというわけでなく、一般的なマナーとして持ち歩くようにしましょう。

最近はジェットタオルやペーパータオルなどが置いてあるトイレも多いですが、基本はハンカチでふくことが多いと思いいます。

仕事ができるかどうかも重要なことですが、社会人として基本のマナーがなっていない人はそれだけで印象を悪くしてしまいます。

また、汗をかいたときや雨が降った時にも使うことができます。ハンカチにアイロンをかけておくのも身だしなみのうちです。

携帯電話・スマートフォン

これは言われなくても普段から持っている人がほとんどだと思いますが、忘れると非常に困ることになるので必ず出発前に忘れていないか確認しましょう。

もし道中で何かトラブルがあった場合に企業の方に連絡をとるためのツールになります。また、企業の方から当日について予定変更のメールが来ることもあるので、常に持ち歩くようにしましょう。

また、電車の時刻や地図、天気などインターネットを利用することで役立つ場合もあります。

インターンの勤務中は音がならないようにすることも忘れないでください。

財布

こちらも普段から持ち歩いていると思いますが、現金は少し余裕を持って入れておくようにしましょう。

交通費やお昼ご飯代など、インターンでもお金を使う機会はあります。

また、もしインターンに向かう途中でトラブルがあっても、お金があれば何とかなることもあります。

例えば、万が一乗る電車を間違えたり、忘れものをしてしまっても、お金があればその場で購入することができます。

また、交通費など企業からお金が支給される場合は、その領収書をきちんともらっておくようにしましょう。

身分証明書

特に大企業のインターンでは受付で身分証の提示が求められる場合がありますので、身分証は必ず持っていくようにしましょう。

大学生なら基本的に学生証でよいですが、免許証などでも問題はありません。

通帳

こちらは特に有給のインターンで必要になる場合がほとんどだと思います。

有給のインターンでは、給料を振り込む口座を企業の方に伝える必要がありますので通帳は必ず持っていくようにしましょう。

もっと就活について知りたい方におススメなのがこちらの教科書です。

就活に役立つノウハウがたくさん載っており、さらに無料なのです!↓

読者数1000人突破!ホワイト企業へ早期内定するための教科書をプレゼント!

読者数1000人突破!ホワイト企業へ早期内定するための教科書をプレゼント!

投稿:2018.07.21 | 最終更新:2018.10.12

この本はどんな本なのか? ホワイト企業の内定を早期に獲得するためには、キャリアセンター、リクナビ、マイナビなどで言われている就活対策とは別のものが必要です。 …

インターンにあると便利な持ち物

指でポイントを指し示す女性

上記では、インターンに最低限必要な持ち物について説明しました。

ここからは必須ではないですが、あると役に立つ持ち物を紹介していきます。

特に自分に必要なものをピックアップして、持ち物リストに入れてくださいね!

折りたたみ傘

突然の雨でも折り畳み傘があれば安心です。特に夏場は夕立やゲリラ豪雨など急な雨に見舞われがちです。

雨でぬれてしまうと身だしなみを整えるのが大変なだけでなく、ずぶ濡れになってしまったりするとよい印象も与えません。

緊急時に備えて折り畳み傘を持ち歩きましょう。

モバイルバッテリー

スマートフォンは日頃からよく使っている方も多いかと思いますが、電源がきれてしまうと非常に不便です。

インターン先までの道順を調べる場合などではマップを使うことになりますが、これはかなりのバッテリーを消費します。

連絡手段として重要なものですので、モバイルバッテリーがあれば困らずにすむでしょう。

会社までの地図

先ほどはスマートフォンなどで道順を調べられると紹介しましたが、紙のものを持っておくとより安心です。

事前に行き方を把握することで、当日迷う心配も少なくなります。目印になりそうな建物などもチェックしておくとよいでしょう。

電車の時刻や乗り換え方も調べておくとバッチリです。

名刺入れ

インターンでは多くの社会人と関わることになります。

自分が名刺を持っていない場合でも、相手から名刺を渡されることがありますので、名刺入れをもっておくときちんと補完ができてよいでしょう。

これからお世話になる方の顔や名前を覚えることは最低限のマナーです。

会社のHPなどのコピー

こちらはパンフレットなどでもよいでしょう。会社の情報がわかるものを事前に目を通しておくことでインターンでの業務にスムーズに入りやすくなります。

また、社会人の方に質問したいことなどが見つかるきっかけにもなります。

これから働かせてもらう企業について何も知らないというのは失礼ですので、最低限の情報は自分でインプットしておくようにしましょう。

予備のストッキング

こちらは女性にかぎった話になりますが、これがあるといざという時でも安心です。

ストッキングはとても破けやすいものなので、伝線してしまうのは仕方のないことですが、そのままでは身だしなみがなっていないと判断されてしまいます。

もしものことを考えて、ストッキングは予備を携帯しておくとよいでしょう。

クリアファイル

インターンでは企業側から資料などが手渡される場合があります。その場合、プリントなどがクシャトリヤにならあいように、クリアファイルに入れておくとよいでしょう。

大事な資料はきちんと保管しておくようにしましょう。

シーズンによって必要な持ち物

扇風機にあたるサラリーマン

制汗剤・汗拭きシート

夏場はどうしても汗をかいてしまいますので、エチケットとして持っておくとよいでしょう。

熱いからといってシャツのボタンを大きく開けたりとだらしない格好にならないように気をつけましょう

先ほども言いましたが、身だしなみは第一に気にしなければいけないことです。

防寒具

こちらは冬に必要な持ち物となります。コートなどの身だしなみに関連するものから、手袋やマフラーなど自分に必要な防寒対策を取りましょう。

手袋寒さが苦手な方や冷え性の方はカイロなどを持っていくのも良いですね。

冬場は風邪などを引きやすい時期でもありますので、自分でしっかりと体調管理をしましょう

気持ちの準備もしっかりと

 

持ち物がしっかり準備できていても、インターンに対してのモチベーションがなければ有用なものにはならないでしょう。

インターンを頑張ってやろうという気持ちの強さ次第で学びとれるものも変わってくるはずです。インターンへの心構えもしっかりしておきましょう。

インターンに必要な持ち物まとめ

英字新聞とアヒル

いかがでしたでしょうか。

インターンは初めてのことが多く、不安に思われる方も多いと思いますが、上記で紹介したものを準備すれば大丈夫です!

準備は前日にしっかりして、当日出発前にもう一度確認するようにしておくと忘れ物を防止できます。

皆さんのインターンが実りあるものになるように応援しています。

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。