大手病にかかり就活失敗した人の末路とは?治し方や克服方法も解説

頭を抱える男性

あなたは「大手病」という言葉をご存知ですか?

大手病というのは、その名の通り大手企業ばかりを受けて最終的に就活が決まらないという症状で、文系・理系を問わず、現在急増中です。

この記事では、そんな大手病にかかってしまう理由や原因をはじめ、大手病にかかってしまった就活生の末路、大手病の親への対処法、大手病の治し方と克服方法まで余すことなく解説します。

最後には大手病を回避して就活を成功させるコツもご紹介しているので、ぜひ最後までお読みになってあなたの就活に役立ててくださいね!

この記事を書いた人:竹内健登

講演している竹内健登就活塾ホワイトアカデミー校長。デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタントを経て現在は就活コンサルタントとして活躍。

数学検定1級保持者で東京大学工学部卒にもかかわらず、自身の就活に失敗し就職留年した経験から企業の人材戦略の道へ。

新卒の学生が一流企業に内定するための独自の方法論と、3年後離職率・OpenWorkでの評価・帝国データバンクの評点を用いた客観的視点から日夜ホワイト企業を研究。

子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法研究内容を自社メディアで掲載したところ、就活生や親御様の間で話題となり、月間で35万PVを達成した。

現在も、ホワイト企業からの内定が1件も得られなければ授業料を全額返金という方針で、上位大学だけでなく、全国幅広い大学の学生の就活指導を行なっている。

「就職浪人からANAグループに内定した! 」「留年すれすれから日本IBMに内定! 」「指導を受けた次の日から大手企業の面接で落ちなくなった! 」など、喜びの声多数。

著書に「子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法」(日経BP社)がある。

大手病にかかり就活失敗した人の末路

先行きの見えない不安に思わず頭を抱える女性

就職活動においてどこからが大手病かを定義するのは難しいですが、各業界で売上が上位の企業ばかりを受ける大学生のことを大手病にかかったと言います。

中には、金融なら3メガバンク、メーカーなら日立製作所や東芝しか受けないというかなり強気で極端な例もありますが、そういった戦略だとなかなか受からないのが現実です。

私が就活をした時は、東大生だからと胡坐をかき「とりあえず大手」ばかり受けるうちに、就職に関してどんどん視野が狭くなっていき、次第に大手ならどれも同じに見えてきてしまいました。

志望理由が「とりあえず大手に行きたいから」とか「大手に受かって誰かに自慢したいから」などというものになり、同じような志望動機をコピペして使い回し、面接で撃沈してしまったのです。

そういったどこにでも出せる志望理由を繰り出しても具体性に欠けるため、実際の本気度の低さが伝わってしまい、難関の大手企業には受かりません。

大手病にかかってしまうと、そもそも自分が大手病であると気づくのに時間がかかってしまうので、全滅してはじめて自分の戦略ミスに気づくことが多いです。

  • もっと入念な戦略を練っておけばよかった……
  • 公務員ならまだ間に合うかな……

そうやって後悔してももう後の祭りということになってしまいますが、挙げ句の果てに就活うつにかかったりニートになったりする就活生も多いのが現実です。

2chの就活まとめは見ない

ノートパソコンとタブレットとスマホ

就活うつにかかる人の特徴として2ch(にチャンネル・2チャンネル)の就活まとめに走る傾向があります。

もちろん、そこには決して正しくない情報も山のようにあるのですが、沈んだメンタルでそれらの情報を鵜呑みにして、結果、うつになっている人が後を絶ちません。

例えば「大手病にかかるのはバカで無能な奴だ」なんていう投稿がありますが、大手病にかかるのには原因があり、その原因を究明できれば大手病からは解放されます。

他にも、VIPなどの速報系のブログ、なんJ、スレには、「これメシウマ!」とばかりに「大手病ワロタ」といったニュアンスの投稿が散見されるので、呉々も2chには走らないようにしましょう。

高学歴の学生は女子も含めて要注意

手でバッテンを作る女性

「自分は高学歴だから大手企業に受かる」と慢心して就活を甘く見ていると大手病にかかる可能性があります。

これは特に東大生に多く、結果、大手病にかかり就活に失敗してしまうというケースが見られますが、もちろん、これは高学歴女子も例外ではありません。

人余りの見られる大手企業の選考倍率は年々高くなっていますが、こういったことを知らずに激戦の大手企業ばかりを受けて「無い内定」(NNT)に終わる就活生が後を絶たないのです。

こういった就活生は就活の基本である下調べすらできていないので、まずは情報収集と戦略策定から始めましょう。

Fランでもプライドが高い場合は要注意

Fラン大学でも、中にはプライドが高く、大手企業以外には行きたくないと思っている学生がいますが、そもそもFラン生の場合は学歴フィルターで大手企業から弾かれることがほとんどです。

ちなみに、就職ではよく「高学歴」「低学歴」と言われますが、その境目は以下のようになっています。

  • 高学歴:国立大学(京大などの旧帝大)・早慶(早稲田大・慶應大)
  • 低学歴:上智大・MARCH(マーチ)・関関同立(同志社大・立命館大など)・日東駒専(ニッコマ)・その他Fラン大学

このように、旧帝大と早慶は就活では優遇されるという構図がありますが、そもそも大企業への就職はその中で僅かな椅子を巡る厳しい戦いであることを肝に銘じておきましょう。

今の就活を知らない親が大手病の場合も……

ノートパソコンの前で項垂れる女性

子供の就活に対して過干渉気味の親が大手病にかかっている場合も多いですが、私もよく就活生から「親が大手に入れってうるさい」と愚痴をこぼされます。

確かに、一昔前までは「とりあえず大手」で通用していましたが、リクナビが登場し、年々大手企業の選考倍率が高まっている現在では「とりあえず大手に行くか〜」と何となく就活して大手企業に入れるほど就活は甘くはありません。

それに、もしかしたら、あなたは大手企業よりも新進気鋭のベンチャー企業に入りたいと思っているかもしれません。

実際、あなたに企業を見抜く目があれば、勢いのあるベンチャー企業でスキルや実績を積むのも決して悪くない選択肢でしょう。

ところが、こういった現在の就活事情を知らない親が「何でもいいから大手に入りなさい」とやたらと就活生に自分の価値観だけを押し付けてくるとかなり厄介です。

Yahoo!知恵袋でも、そういった親の過干渉に悩まされているという投稿が散見されますが、あなたがそういった親の態度に辟易しているのなら、拙著「子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法」を親御さんに見せてあげてください。

そうすれば、親御さんも少しはあなたの置かれている現状を理解してくれることでしょう。

今だけこちらの書籍を無料でお配りしているので、以下のリンクより書籍をお受け取りください。

親御様向け書籍の受け取りはこちら

治し方と克服方法

ポイントを指し示すスーツ姿の男性

もし大手病になってしまった場合、今からあなたの取るべき方策はただ1つ、あなた自身の就活の何が悪いのかを客観的に診断し、万全の対策をして就活に臨むことです。

一口に大手病といっても就活状況は1人1人違うので、これまでのあなたの就活を客観的に振り返り、ここからの戦略を立て直していく必要があります。

自分1人では難しい場合は就活塾を活用するなどしてプロの力を借りるのもオススメです。

また、大手病にかからずに自分の就きたい仕事に就くにはホワイト企業に絞った就活をすることが欠かせません。

企業規模で見れば人気の大手企業ほど倍率は高くなりますが、ホワイト企業だけに絞れば大手の人気ホワイト企業から中堅の隠れホワイト企業まで様々な優良企業を見ていくことができます。

無名のホワイト企業や大手子会社から徐々に内定を勝ち得て最終的に大手の人気ホワイト企業からの内定も勝ち取るというのが賢い戦略です。

急がば回れとは昔からよく言ったものですが、就活を成功させ、満足のいく内定後に笑っていたいのであれば、大手企業を受ける前にホワイト企業に特化した就活を進めるようにしましょう。

なお、ホワイト企業に絞った就活をするにはホワイト業界を中心にエントリーすることが欠かせませんが、オススメのホワイト業界については以下の記事にまとめているので、ぜひお読みになってください↓

オススメのホワイト業界はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。ホワイト企業への内定率は100%を誇っている。東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。 集客・営業代行のビジネスでは、東京大学で行った企画でゼロから1500人を集客しただけでなく、恋愛系企画においては朝日新聞・フジテレビ・AERAの一面にカラーで掲載。 その後、キャリアアップや人材育成の研修を行う外資系コンサルティング会社に就職。入社後、多くの中小企業の経営問題を人財育成の観点から解決に取り組むべく、新規事業・アプリ開発などを担当し、現在独立。 セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。 クライアントには月収を6倍にした元サラリーマンや月商を3倍にした音楽の楽団長、所沢での学習支援業の起業に成功した大学生など幅広い。 趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。