OB・OG訪問の意味・メリット・時期・依頼方法・質問内容・マナーまとめ

「就活って何すればいいんだろう……」
「先輩はOB訪問したって言ってたな……」
「自分もOB訪問やらなきゃ!!」
「……でも、どうやってやればいいんだろう?」

就活でよく聞くOB訪問。

この記事では、その全てを徹底解説いたします。

そもそもOB訪問とはどういう意味なのか、始める時期はいつなのか、といった基本的なことから、就活を受ける側として聞いておきたい質問内容まで、詳しく解説しています。

「OBの探し方ってどのやり方が効率的? オススメのアプリやサイトは?」
「メールや電話でのアポ取りの方法は?」
「服装とか時間とか場所とかのマナーってどうなってるの?」
「お礼メールの書き方や、送信する時間帯は?」

などなど、こういった素朴な疑問への答えが満載です! ぜひ最後までお読みになって有意義なOB訪問にしてくださいね!

この記事での登場人物の紹介

富田:理工学部の大学3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて「考えるより動け!」の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。

竹内:ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーの校長。東大工学部→就職浪人→デロイト→予備校設立という異色のキャリア。教え子が有名企業にポンポン内定することで有名。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

どういう意味か?

富田
白河さん、OB・OG訪問ってどういう意味なんですか?
白河
はい、OB・OG訪問とは、志望先の企業で働いている社員で、比較的自分に親近感を持ってくれているであろうOB・OGを通して、腹を割ってその企業について情報収集をする機会です。
春山
でも白河さん、情報収集なら合同説明会でもできると思うんですけど…
白河
そうかもしれませんね。では聞いてみますが、富田くんと春山さんが持っている疑問が、合同説明会だけでキレイさっぱり消えたことはありますか?
富田
ないです…
春山
わ、わたしもないです…
白河
そうですよね。あんなに大規模な場所で全体に話す合同説明会では、網羅性を意識して話されるわけですから、個人的に感じている疑問点までは中々説明されません。
春山
確かに。人数が多いほど話す内容って薄くなってしまいますよね…
白河
OB訪問なら1対1で話せますから、合同説明会では聞くことのできない実際の部分について聞くことができるとても貴重なチャンスなんです。
富田
な、なるほど…それはやってみたいです!
白河
やっぱりやってみたくなりますよね。しかし、実際にOB訪問する学生は少なく、割合としては15.8パーセントに留まっています。もちろん、増加傾向にはありますがね。
春山
え! そんなに少ないんですか!
白河
そうなんです。企業としてはOB訪問は学生との接点を確保する機会でもあり、また早期に優秀な学生を囲い込む機会でもあります。だから、OB訪問したい学生を積極的に受け入れているんです。
富田
ちょっとやってみようかな…
白河
まぁ、OB訪問をして損をすることはありませんから、絶対に取り組むべきです。

受ける側が考える、就活生にとっての3つのメリット

竹内
私は過去OB・OG訪問を受けた経験がありますから、その経験を元に、就活生がOB・OG訪問を行うメリットを解説していきますね。
春山
心強いです! よろしくお願いします!
竹内
それではさっそく解説します。わたしが考えるOB訪問のメリットは、大きく分けて以下の3点です。

受ける側が考える、就活生にとってのメリット1.自己分析が深まりキャリア観を形成できる

竹内
自己分析に関して言うと、自分やまわりの友達と一緒に行っているだけでは結果として学生の目線から抜け出すことは難しいです。
富田
う…確かに…自分でやるからこそ甘えも出てしまったり、友達とやっても厳しいことは直接言いづらかったりします…
竹内
ですよね。OB・OG訪問を行い、先輩の話を聞く、先輩に自分の考えを伝え、そのフィードバックを受けることで、社会人の視点での分析ができ、自己分析のブラッシュアップが可能になります
春山
社会人の視点…! それは学生だけじゃ絶対にできないことですね。
竹内
また、先輩の今までの歩み、先輩のまわりの人、先輩の上司の話を聞くことで、その会社での具体的なキャリア観の形成が可能になります。

受ける側が考える、就活生にとってのメリット2.生きた情報や社会人の本音を聞き出すことで、業界や志望企業について深く理解でき、企業研究が深まる

竹内
先ほど話した部分と重なるところもありますが、そこで実際に「今」働く人の話を聞くことは、その企業の最新の情報を入手する上で非常に重要な機会です。
春山
なるほど。生きた情報を聞き出せるということですね。
竹内
そうです。また、その先輩が携わる業務について詳しく聞くことができれば、例えば競合他社の話や業界全体の話を聞くこともでき、業界・企業分析を深めることにも繋がります。
富田
聞けば聞くほどOB訪問したくなってきた…

受ける側が考える、就活生にとってのメリット3.OB訪問をしたことで本選考に有利になることがある・特定の企業における選考プロセスになっている

竹内
一部の企業ではOB・OG訪問の結果を選考の一部に取り込んでいます。そこで優秀な学生と認識されれば、企業側から連絡が来ることもあります。
春山
ええっ! そんな特典がついてくるんですか!?
竹内
もちろん、優秀な学生に限られますがね。どちらかというと、プラスの情報があれば取り込むというスタンスの企業が多いですので、仮にマイナス面があってもその情報は取り込まれない傾向が強いと思います。人事側も暇ではないので、些細な情報まで収集する余裕は無いですよ。
富田
う…そりゃそうですよね…

時期はいつなのか?

白河
2人とも、竹内先生のお話はどうでしたか?
富田
もうOB訪問したくてしたくてたまらない気持ちです! メリットしかないじゃないですか。
春山
わたしも同じです! でも、OB訪問っていつ頃やればいいのかな…?
白河
OB訪問をいつ頃行えばいいのか、その疑問が浮かんでくるのは自然なことですね。それでは、OB訪問の時期について解説していきましょうか。
春山
お願いします!
白河
答えから言ってしまうと、早いにこしたことはない、というのがこの疑問に対する答えです。ただし、大学1年目、2年目にOB・OG訪問を行ったとしても、受け入れる企業としても「早すぎるんじゃない?」と戸惑ってしまいますので、早くても3年目になってからにするのが良いと思います。
富田
あの、3年生のいつ頃がオススメ、とかありますか?
白河
そうですね…現在ですと就職活動の解禁は4年目の6月ですが、企業側の実質的な選考作業は3年目の10月位から動き出しますので、3年目の10月以降にアプローチをするのが良いかと思います。

訪問させてもらう先輩の探し方

富田
白河さん、さっそくOB訪問してみようって思ったんですが、重要なことに気づいてしまいました…
白河
なんですか?
富田
僕、OBの方と全然つながりがないんです。どうやって先輩を探せばいいんでしょうか?
春山
あっ、わたしも一緒のこと考えてました!
白河
なるほど、OB・OG訪問をさせてもらう先輩の探し方ですね。これは目的によって3つに分かれるかと思います。

どの業界が自分に合っているか知りたい、世の中にはどんな業界があるのか知りたい

白河
就活初期段階で「まずは色々な業界の話を聞いてみたい」と思うことはありませんか?
春山
あります、あります!
白河
そんな時には、考えも知識も相当ざっくりとしたものだと思います。こういった状態の時にOB・OG訪問をする際はサークルやゼミ・部活の先輩等、ある程度親しい関係の先輩を訪問しましょう。
富田
え、どうしてですか?
白河
自分の考えが固まってない状態で、それなりに忙しい社会人の先輩に話を聞くのは失礼にあたる可能性もあるんです。したがって、何でも話せる親しい関係にある先輩にお願いしましょう。

同業界の中での企業の違いや特色を知りたい

白河
ある程度業界の研究が進んできたら同一業界の中で企業比較をしましょう。競合と思われる企業で働く先輩を複数人訪問するのが良いです。
富田
ええっと、同一業界のOBって、どのように探せばいいのでしょうか?
白河
大学の就職課にあるOB・OG訪問の名簿を見れば、恐らく選定できると思います。まずは確認してみてください。

実際の業務の様子を知りたい、将来の自分をイメージしたい

白河
志望企業が絞れたら、その企業を掘り下げていきましょう。同一の企業の先輩に複数人会うのが良いですが、その際、年次や役職、部署をばらつかせるのがポイントです。例えば若手の営業の先輩の次は、管理職の営業の先輩。管理職の営業の先輩の次は、若手の本部の先輩、管理職の本部の先輩等です。
春山
どうしてばらつかせるんでしょうか?
白河
これをすることで、将来のキャリアイメージを具体的に持つことができるんですよ。
富田
そうか、自分がどのようにキャリアアップを狙っていけるのかが分かる、ということですね。
白河
その通り。ちなみに先輩の探し方については以下が代表的です。
  1. 学校の就職課に相談する
  2. ゼミ・サークル・研究室・部活で紹介してもらう
  3. 先生に紹介してもらう
  4. 人脈を使う
  5. 企業の人事部に問い合わせる
白河
取り組むべき順序としては1or2→3→4→5が良いかと思います。5については、ある程度の大学であれば1のように就職課に企業から案内がされていますので、1の確認をしてからにしましょう。

オススメのサイトやアプリ

白河
先輩の探し方については、これ以外にも「茶会人訪問」「ソーシャルランチ」等、昨今はWEBサービスも整備されていますので、合わせて利用してみましょう。

オススメのサイト1茶会人訪問

Facebookを利用してアカウント登録をするマッチングサイトです。

学生から社会人に訪問依頼をするスタイルで、リクナビOB・OG訪問とも連携しています。

社会人の登録数が比較的多いことと相手のプロフィールが分かりやすいのが特徴です。

学生と食事をするスタイルよりもお茶するスタイルを推奨しているので、より気軽に利用することが出来ます。

オススメのサイト2ソーシャルランチ

知名度の高いOB・OG訪問サイトで、社会人とマッチングしてランチを楽しみながらOBに気になることを質問していきます。

スマホアプリでも登録できるので気軽に使えるのが魅力です。

社会人の登録は運営事務局が精査しているため、比較的安心して利用できます。

有名企業や大手企業の社会人が多く登録しているサイトでもあります。

オススメのサイト3コーヒーミーティング

コーヒー1杯を共にしたい相手を探すマッチングサイトです。

OB訪問に特化したサイトではないため、採用という枠を超えた社会人のリアルな話が聞きたい人や相談できる相手を求めている人にお勧めです。

ただし出会いを求める人もいるサイトですから、相手の情報をよく調べて選びましょう。

オススメのサイト4レクミー

人と会社の両面からのマッチングができるサイトで、社会人のプロフィールが詳細に書かれているのが特徴です。

なぜこの会社で働いているのか、どんな人と働きたいかといった情報が掲載されているため、企業研究にも繋がります。

アプリで手軽に登録できるのも魅力です。

登録企業は大手や成長ベンチャーが多いです。

オススメのサイト5VISITS OB

企業単位で積極的に採用活動に利用されているサイトで、アプリ利用もできます。

社会人にメッセージするだけでなく、プロフィールを充実させれば社会人からメッセージが届く場合もあります。

OB訪問だけでなく、企業座談会のお誘いもあるのが魅力です。

参加企業は有名企業が中心です。

オススメのサイト6ビズリーチキャンパス

プロフィールを充実させればお勧めのOB・OGを教えてくれる便利なサービスです。

また、同じ大学や同じゼミという枠で繋がれるのも他にはなかなかないサービスです。

OB訪問だけでなく、登録者限定の就活対策セミナーにも参加できます。

オススメのサイト7マッチャー

OB・OG側が、「就活の相談に乗るので◯◯してください」というオファーを付けられるという新しい形のサービスです。

Facebookアカウントを使用して登録するのでプロフィールが簡単に登録できます。

企業連携はしていないのでフランクに話したい人にお勧めです。

アプリでも登録できます。

オススメのアプリyenta

人工知能を利用したビジネスマッチングアプリです。

人工知能が毎日12時にあなたが会いたいと思われる人をレコメンドしてくれます。

業種業界問わず多彩なビジネスパーソンに会えるのでお勧めです。

完全審査制なので安心して使えるのも魅力です。

有料プランも存在しますが、無料でも使えます。

メールで依頼する方法

春山
白河さん、先輩にお声がけしてみようと思うんですが、どのようにアプローチすればいいんでしょうか?
白河
確かにそこは悩みどころですよね。メールには目的(なぜOB訪問をしたいのか理由を明記する)、日程、場所(日程提案は学生側から行う。複数提示するのが良い)を記載しましょう。メールアドレスをどこで知ったのか伝えた方が先方も安心しますよ。
春山
あの、もう返信が届いたんですけど、どうしたらいいですか…?
白河
絶対に返信をしてください。マナーとして返信をするのは必須事項です。OB訪問を受け入れてもらえた場合も受け入れてもらえなかった場合も感謝の気持ちは伝えましょう。
春山
は、はい! 返信します!
白河
先方の仕事の都合や、OB・OG訪問を面倒くさいと考える人もいますから、受け入れてもらえないケースもあります。その際は無理な交渉をせず、他の先輩にアプローチをしましょう。

メールする時間帯はいつがいい?

「こんな遅い時間帯にメールしてもいいものかな…」と悩むこともあるかと思います。

いつでも送信できるメールだからこそ、送信の時間帯には迷ってしまいますよね。

よく、「定時内に送信しなさい!」なんてことを聞いたりもしますが、そんなことはありません。

そんな、「定時内に送信しなさい!」ということが徹底されたら、海外から送られてくるメールは全てマナー違反ということになってしまいます。

就活生の皆さん、大丈夫です。いつでも送信してください。

電話で依頼するやり方

富田
僕は電話でアプローチしようと思うんですが、何か気をつけるべきことはありますか?
白河
まず、電話番号はその組織の代表電話の可能性がありますので、即本人と繋がるとは限りません。取次の方が出られた場合には、電話の趣旨を伝え取次をお願いしましょう。
春山
でも、もし相手の方が席を外していたらどうすればいいんですか?
白河
そういった場合には、こちらから再度電話をする旨を伝え、それを伝言してもらいましょう。よく、折り返しをお願いする方がいますが、そういった行いは失礼にあたりますので厳禁です。
富田
それじゃ、もう1回電話しても席を外されていたらどうすればいいんでしょう?
白河
そうですね…しつこく連絡をするのはイメージが悪くなりますので、連絡は1日2回までに留めるのが良いと思います。連絡がついたら、まず対応をしていただいたお礼を伝え、訪問の日時を調整しましょう。訪問日時・場所については聞き間違いが無いよう、電話の最後に復唱しましょう
富田
はい! 分かりました!

質問内容

白河
日程が決まったら、OB訪問での質問内容を決めていきましょう。事前に準備して、訪問日の前に質問内容をOBの方に連絡しておくのがベストです。
春山
色々質問内容を考えてみたんですけど、OBの方に聞いておいたほうがいいことはありますか?
白河
質問内容はそれぞれの関心で異なるとは思いますが、以下を押さえることで今後の就職活動が進めやすくなると思います。
  • 働く上でのやりがい(給料や福利厚生以外)
  • 企業の強み、弱み
  • 職場環境
  • 企業文化
  • 給与や転勤や昇格などの人事制度
  • 働く上で大変だと思うこと
  • 企業に向いている人、向いていない人
  • 面談している先輩の今後のキャリア
  • 面談している先輩が感じた入社前、入社後のギャップ
白河
これが全て聞ければ、恐らくその企業の6~7割は把握できると思います。
春山
じゃあ、残りの3割はどう把握すればいいんでしょう?
白河
それは、先輩も1人の人間で考え方・感じ方が他の人と当然違いますので、複数人の意見を聞くことで埋めることができると思います。その他、自分があなたの子供だったらその仕事に就くことを勧めるか等、先輩の考えを掘り下げる質問をするのが良いと思います。また質問をするだけでなく、自己PRと志望動機を社会人の視点で添削をしてもらうのも有益かと思います。
春山
社会人の視点で添削してもらえるのは嬉しいですね!

ホワイト企業への内定方法については、ホワイトアカデミーの無料相談会でご相談ください。

ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」の無料相談会はこちら

▲目次に戻る

マナー(服装や時間・場所など)

基本的なことではありますが、OB・OG訪問の際は社会人としてのマナーを守りましょう。

以下に一般的なマナーを記載します。

服装はスーツで

スーツを着用し、男性はネクタイもしましょう。

相手の方はクールビズや勤務スタイルによってノーネクタイの場合もありますが、こちらはネクタイをしましょう。

集合時間や待ち合わせ場所の事前確認(遅刻厳禁)

面談場所は先方のオフィスの近くや喫茶店になるケースが多いと思いますが、普段行きなれていない場所が大半だと思いますので、集合場所については事前に具体的に確認しましょう(喫茶店であれば店舗名まで含めて)。

また、日時については面談実施日の前に念のため先方に確認をしましょう

この際、電話ですと先方が煩わしく感じる可能性がありますので、可能であれば事前にメールアドレスを聞いておき、メールで連絡を取ると良いです(企業によっては個人のアドレスの開示を控えているケースもありますので、場合によりますが)。

名刺の取扱い

学生だと名刺交換をする機会はない方が多いと思います。

ここでしっかりと覚えておきましょう。

守らなければいけないマナーは以下の3つです。

  1. 受け取る際は相手の目を見て「頂戴します」と言葉を添える。
  2. 名刺を受け取るときは両手で受け取る。
  3. 受け取った名刺はしまわず、面談終了まで自分の左手前に置いておく。

要は相手に「名刺を大切に扱っている」という気持ちが伝わればOKです。

ごちそうになる時の対応(注文の仕方や会計時のマナー)

白河
OB訪問で発生するのが、ご飯代どちらが払うか問題です。
春山
確かにレジ前でわたわたしちゃいそう…! マナー的にはどうすればいいんでしょう?
白河
面談の際は恐らく先方が負担するケースが大半だと思います。自分が払う意志を一旦は示し、先方が負担することになった場合にはお礼を言いましょう。
富田
で、でも時間もとっていただいたのにお金まで払っていただくのは心苦しいかも…
白河
心情としてはそうかもしれませんが、先方を慮っていつまでも「こちらが払います」と言い続けるのはNGですし、むしろマイナスの印象を与えますので、先方が気持ちよく支払えるよう心がけましょう。ちなみに注文する品は先方の指定がない限り一品で、値段が安いもの(先方より安いもの)にしましょう。

社会人とのコミュニケーションの取り方

白河
春山さん、富田くん、基本的なことですが言葉遣いには気をつけてくださいね。名前を呼ぶときはさん付け、話すときは丁寧語で。
春山
はい! 分かりました!
白河
また、先方は勤務時間の合間を縫って対応をしてくれている可能性があります。面談前と面談終わりにお礼は必ず言いましょう。また面談の終了時間(何時まで時間をもらえるか)は面談前に予め確認をしておきましょう。面談の標準的な所要時間としては60分弱だと思います。

訪問後のお礼メールとお礼の電話

OB・OG訪問後には必ずお礼メール、アドレスを知らない場合は電話をしましょう。

また、OB・OG訪問をした企業から内々定が出た際には、就活終了後に改めてお礼メールをすると良いです。

もしかしたらその先輩とどこかで一緒に仕事をする機会があるかもしれないですからね。

成功させる方法

白河
さて…最後にOB・OG訪問を成功させる方法についてお話しますが、一言で言うと「感謝の気持ちをもって臨むこと」です。
春山
「感謝の気持ち」ですか?
白河
はい。何度もお伝えしていますが、先輩は業務の合間を縫って忙しい中、あなたのために対応してくれています。その気持ちを忘れずに面談に臨んでください。そう思えば思うほど、あなたは「限られた時間を有効に使おう」と思うはずです。
  • 「事前にその企業について調べておこう」
  • 「質問をまとめておこう」
  • 「面談の依頼をするときはしっかりお願いしよう」
  • 「集合場所には遅れずに行こう」
  • 「面談が終わった後はお礼の気持ちを伝えよう」
白河
これらのことが自然とできるようになるとOB・OG訪問が有益なものになりますよ。
富田
分かりました! OB訪問頑張ってきます!
白河
頑張ってね。ちなみに、人脈が少ない、相談相手がいないという悩みを抱えている人は、就活スクール経由でOB・OGを紹介してもらうこともできます。

一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」

それでは、あなたの就職活動が成功することを陰ながら応援しております。

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。