就活の始め方で内定は決まる!?周りと差がつく就活戦略を徹底解説!

就活って大変そうだけど、そろそろ始めなければ……

せっかくなら納得のいくファーストキャリアを手に入れたい……

就活では結構やることが多く、各ステップでやるべきことが決まっていますが、それらをしっかりとリストアップし順序立ててスケジューリングしていかないと失敗してしまいます。

この記事では、まわりと差をつけるには何から始めたら良いかについて徹底解説します。

この記事を書いた人:竹内健登

就活スクール「ホワイトアカデミー」校長。デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタントを経て現在は就活コンサルタントとして活躍。

数学検定1級保持者で東京大学工学部卒にもかかわらず、自身の就活に失敗し就職留年した経験から企業の人材戦略の道へ。

新卒の学生が一流企業に内定するための独自の方法論と、3年後離職率・OpenWorkでの評価・帝国データバンクの評点を用いた客観的視点から日夜ホワイト企業を研究。

自社メディア「ホワイト企業総合研究所」で掲載したところ、就活生や親御様の間で話題となり、月間で35万PVを達成した。

現在も、ホワイト企業からの内定が1件も得られなければ授業料を全額返金という方針で、上位大学だけでなく、全国幅広い大学の学生の就活指導を行なっている。

「就職浪人からANAグループに内定した! 」「留年すれすれから日本IBMに内定! 」「指導を受けた次の日から大手企業の面接で落ちなくなった! 」など、喜びの声多数。

著書に「子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法」(日経BP社)がある。

この記事の内容はこちらの動画でも解説しています↑

自己分析

自己分析とは、文字通り自己を分析する、つまり自分を見つめなおして自分がどういうことをしたいのかとか自分がどういう人間なのかを突き止め、自分をもっと知るということです。

あなたは何のために働くのか就活を始める前に立ち止まって考えましょう。

大学を卒業したら働かないといけない、お金がないと生活できないなど、働くことには生きるための手段としての側面があると思いますが、何となくで就職してこれから先40年働いていけるでしょうか?

就活で内定を得ることはゴールではなくスタートなので、「こんなことをやってみたい」という小さい頃からの夢があるなら、それを叶える自己実現のための手段として就活を始めましょう。

やりたいことがないなら以下のようにやりたくないなと思うことをどんどん書き出して明確にすると、おのずと志望業界や職種を絞り込めます。

  • 金融業界はノルマとかが厳しそうだから嫌だな
  • 人と話すのはあんまり上手じゃないから営業は向いていないかも
  • あんまり残業多いのはなー……
  • 転勤はしたくない
  • 安い給料で働きたくない
  • 接客はしたくない

そこから削っていって残った部分というのは、ある程度、自分の中でやろうかなと思える部分なので、それを少しずつ細かくしていきましょう。

他にも、過去の自分に影響を与えたできごとや今興味を持っている物事、これから興味を持ちそうなものを樹形図のように書き出していくという手法もおすすめです。

書き出す際には、横にそれに関するちょっとした思い出やエピソード、断片的な記憶なども追加していくと、自分がどうしてそれに興味を持ったのかという趣味趣向を客観的に見つめなおせます。

なお、一番失敗するのは、とりあえず合同企業説明会に行ってキラキラした会社を見つけて「あ〜この企業スゲ〜カッケ〜」と言って片っ端からエントリーするブランド依存症や大企業病の就活生です。

特に大手だと「あなたの人生における最大の挫折とそれをどう乗り越えたかについて書いてください」みたいなすごい難しいお題がエントリーシートで出ますが、きちんと自己分析とか人生の振り返りができてないと答えられません。

最初に自己分析をして、消去法でもいいからどういう仕事に就こうかなっていうのを決めていくことが大切です。

就職ナビに登録

自己分析で自分に関するキーワードを挙げ、業界や職種、業種が絞り込めたら、実際にその単語に関連するような企業を調べてあなたの好みや理想にマッチした企業を見つけていきますが、どこの企業のインターンや本選考を受けるのかを決めるには就職ナビを使います。

就職ナビには色んな種類があり、どれを使ったらいいか混乱しますが、大手のリクナビとマイナビはそれぞれとても多くの企業を網羅していて機能的にも申し分ありません。

また、いずれも毎年アプリとして配信されるので、わざわざブラウザを開かなくてもいいというのはとても便利です。

特にリクナビはOpenESという機能を搭載しており、ネット上で共通のESを提出することで選考に進める非常に便利なシステムがあるので、まずはこの2つのナビに登録しましょう。

なお、複数のナビに登録しないとそれぞれの就職ナビが掲載していない企業の情報を手に入れられなくなってしまいますが、かといってたくさんのナビに登録しすぎると管理しきれなくなってしまう可能性があるのでおすすめできません。

リクナビとマイナビで多くの企業はカバーできるので、マスコミ志望なら「マス読」のメルマガ配信を受けるなど、必要に応じて追加していけば大丈夫です。

業界分析・企業分析

就活サイトに登録できたら、次は気になる業界の企業のHPや採用HPから情報を収集しましょう。

企業のHPや採用HPには情報がたくさん載っているので、パンクしないようにいくつかの情報をピックアップして授業中に板書をとるような感覚でノート・手帳やスマホに書き出しておくと、自分で要点をまとめられ後で見直すことも容易になるのでお勧めです。

書き出すべき情報は次の3つです。

①企業の主なデータ:従業員数、社長の名前、採用予定人数、社是など
②年間の事業計画:力を入れている事業など
③主力商品・サービス

社是はいわゆる企業理念のようなもので、その企業の目指す形が個性的に表れるので、その企業を知る上で必ず書き出しましょう。

企業がどんな製品を取り扱っているかを知ることはその企業への興味を深めることにも繋がるので意外と大切です。

たとえば食品業界などの場合、その企業の商品をスーパーやコンビニで実際に購入して食べてみた感想をメモしておくのも立派な企業研究です。

エントリーシート・筆記試験・面接対策

企業研究を経て実際にエントリーしたい企業が決まったら、まず最初に出すことになるのがエントリーシート、略してESですが、きちんと時系列に沿って丁寧に書くことが大切です。

ここで必ず問われるであろうことの1つに志望動機がありますが、自己分析や企業研究を踏まえ、その企業に興味を持った経緯や惹かれた点、実際にその商品を試してみた経験などをまとめればきちんと筋道を立てて簡単に書けます。

筆記試験対策ではあれもこれもとたくさんの参考書を買ってしまいがちですが、大学受験の時のような感覚で1冊を端から端まで網羅して仕上げるだけで大丈夫です。

それが難しいなら友人と問題を出し合えば、少しの空き時間でもゲーム感覚で楽しめ、飽きることなく対策を進められます。

面接試験対策はとにかく場数を踏むことが大切です。

面接で緊張すると本来の自分を出せなくなるので、それを防ぐためにその場の雰囲気や自分が話すのに慣れることが重要です。

まずは1人でいる時間に独り言のように面接で言いたいことを口に出してみることからはじめ、慣れてきたら親しい友人、学校の面接練習、というように少しずつハードルを上げていくと、だんだんと面接という場に慣れてくるはずです。

あくまで面接は自分自身を見てもらう場所なので、少しでも自分がどういう人なのかを面接官に知ってもらうために緊張状態から脱しましょう。

就活グッズを揃えよう

一般的に身だしなみは「清潔感が大事」「ビジネスパーソンや社会人として当たり前の物を揃えましょう」と言われますが、一言で言うなら相手に不快感を与えないことが大切です。

営業に行ったとしても接客や商談をしたとしても結局は相手ありきなので、印象が良くないと何も進みません。

そういう意味ではアルバイトとかで接客業をやったのであれば馴染みがあるかもしれないですね。

スーツ・バッグ・革靴・パンプス

近くのスーツ屋さんでいつでも就活生用の商品を取り揃えてくれているはずなので、店員さんに「就活用のスーツや鞄を探している」と声をかければ合ったものを揃えてくれます。

どれもあまり高くないもので大丈夫ですが、安心のためにもみんなと同じものを揃えましょう

スーツはしっかりと無地で黒のものを買いましょう。

ちょっと背伸びして柄のスーツを着ちゃったりとかは絶対にしない方がいいです。

バッグも面接会場とかでガタって倒れちゃうと、そもそも緊張してるのにさらに焦っちゃうので、置いたら自分で立つ自立型のものを選ぶなど、基本的なところは外さないようにしましょう。

就活では移動がかなり多く長い距離を歩くことも多いので、長距離を歩いても足が痛くならない革靴を選びましょう。

手帳

これも特に指定はないので、よく売られている就活手帳なんてものを買う必要もほぼないでしょう。

ビジネスパーソンとして見られるので、派手でなく出して書くのに違和感のないようなものであれば別にこだわりを持つ必要はないかなと思いますが、自分の予定を書き込める欄が広くとられているデザインのものを選ぶのがお勧めです。

証明写真

駅前とかにある700円とかでカシャって撮れるやつはあんまりお勧めできないです。

ちゃんと写真館とかに行って撮ってもらうと、多少、肌を綺麗にしてくれたり光の加減を調節したりしてもらえます。

履歴書を見る時もその人の顔から印象を伺うので、絶対に暗い印象にならないように調整しなければなりません。

あんまり調整し過ぎて現実の本人と印象が全然違うと問題なので、程良くあなたらしさを生かしてもらえるような加工をしてもらうのが大事ですが、プロもそこは分かってるので上手くやってくれます。

その辺をケチると大金を失いかねないので証明写真はきちんと写真屋さんで撮ってもらいデータも受け取るようにしましょう。

ESは手書きのものだけでなくネット上で提出する場合も多いので、証明写真のデータは意外と使う機会が多いです。

あると便利な就活グッズ

    • バインダー説明会の会場には机があるとは限りません。合同説明会で立ったままでもメモを取れるクリップボードが重宝しました。
    • ぺんてるエナージェルユーロ:就活生に人気のペン。履歴書やエントリーシートを書きやすいです。タイトルと本文とで太さの使い分けができます。
    • 予備のストッキング(女性):面接で伝線が見えたらガクッと印象ダウン。常備していると、もしもの時にも安心です。

インターンシップを活用しよう!

企業もだんだん絞ってきて「こういうところに行きたい」と思うようになったら、やはり選考の前にインターンシップに行っておくのが必要です。

大抵の就活生はBtoCとかで名前を知っているカッコいい企業に何となく憧れがあって何も考えずいきなりエントリーしちゃいますが、そういう就活の始め方をしちゃうと絶対に通らないのでやめてください。

ちゃんとステップを踏んでやるべきことから順々に進めていくというのが内定を左右する大事なポイントです。

インターンシップに行くべき理由

最近はインターンの中で内々定とか選考直結みたいなものが増えてきているので、インターンの対策は大切です。

インターンシップはその企業について実際に内部から知れるまたとない機会ですし、インターンシップに参加することで企業へ熱意を伝えられるので、ぜひ積極的に参加することをお勧めします。

インターンシップには短期型のものと長期型のものがありますが、短期型のものは説明会のような形式であることが多いです。

普通の説明会のように実際に採用担当者が企業の活動や求める人物像について詳しく説明してくれる上、その企業に対しての疑問や分からないことを直接聞ける機会でもあります。

長期のインターンシップでは、その企業の営業に実際に同行できたりグループを組んで発表する場面があったりするなど、採用担当者ととても近い距離で接するので、企業との距離がさらに近くなります。

顔を覚えてもらえると、その後の選考を有利に進められます。

お勧めのインターンシップ

私自身の経験から特にお勧めしたいのは、営業を体験できるプログラムのインターンシップです。

実際に物を売るということがどういうことなのかリアルな現場を知れるので、営業に興味がなくても是非参加してみてください。

おすすめは高価な商材を扱う不動産や住宅販売の業界です。

私は某住宅販売大手のインターンシップに参加し、採用担当者が顧客の立場となってそこに売り込みをかけるロールプレイを体験しましたが、その場でフィードバックを頂けるので短期間でしたがとても充実した内容でした。

就活始めのお供にオススメの本

就活を始めるに当たりお供にしたい本はやはりなんといっても四季報でしょう。

大企業編と中小企業編に分かれていて値段も少し張りますが、自分の知らない企業や業界について網羅的に知れるので買って損はないです。

実際に読んでみると平均年収などの様々な情報が載っているので意外と面白いです。

また、就職活動を始めるにあたって必ずしも就活に関する本だけが役立つわけではありません。

私はいわゆる就活本だけではなく人文書も多く読んでいましたが、おすすめしたいのは千葉雅也著「勉強の哲学」です。

「勉強? 就活と関係ないじゃないか」と思われるかもしれませんが、勉強は学業だけで役立つものではありません。

就職活動には社会勉強の側面があり、恐らく人生で最も大人と話すことが多くなる機会だと思いますが、そういった社会勉強に向けた心構えや新しい視点をこの本からは学べます。

就活の始め方が内定を左右する

自己分析から企業研究の方法まで流れに沿って就職活動の始め方を紹介してきましたが、やることが多く混乱してしまうかもしれません。

まず就活を始めるにあたり大切なのは、どんな流れで就活が進んでいくのかを知ることです。

知らないことが次々と飛んで来たら慌ててしまいますが、次にどんなことが待ち受けているのかを知るとそれに向けて対策もとれますし、何より心の準備ができます。

就活はとても長い道のりになりますが、どんな長い道のりでも最初の一歩が肝心です。

就活の始め方が内定を左右するというと大袈裟かもしれませんが、それほど、就活を本格的にスタートするまでのこの時期は大切な期間です。

きちんとした始め方ができるかでだいぶ差がついてしまうので、有意義な就活にすべく、ぜひこの記事の内容を参考にして内定への良いスタートを切っていただければと思います。

しっかりと自分の価値観を最初に認識し、将来気持ち良く働けるような会社を選んでいくためにもしっかりと準備をしていってくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。ホワイト企業への内定率は100%を誇っている。東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。 集客・営業代行のビジネスでは、東京大学で行った企画でゼロから1500人を集客しただけでなく、恋愛系企画においては朝日新聞・フジテレビ・AERAの一面にカラーで掲載。 その後、キャリアアップや人材育成の研修を行う外資系コンサルティング会社に就職。入社後、多くの中小企業の経営問題を人財育成の観点から解決に取り組むべく、新規事業・アプリ開発などを担当し、現在独立。 セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。 クライアントには月収を6倍にした元サラリーマンや月商を3倍にした音楽の楽団長、所沢での学習支援業の起業に成功した大学生など幅広い。 趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。