就活でこんなやり方はするな!落ちる方法を徹底解説!

「就活ってどんなやり方をすればいいの?」
「全然内定がもらえない。自分の就活のやり方って間違ってるのかな?」
「有名企業にバンバン内定するやり方なんてあるの?」

こんにちは、白河です。就活中にこう思うことって誰にでもあると思うんですよね。今回は就活におけるやり方で間違っているものについて解説していきたいと思います。

おそらく、多くの人がこのやり方をして撃沈をしている可能性があります。ですので、この記事を見ていただいて、
「あ、それ俺にも当てはまるわ・・・」
という項目があったら、今すぐ対処することをお勧めします。

まあ、僕からの愛の鞭だと思って読んでくださいね(苦笑

ではいってみよう。

※この記事は結構辛口です。心臓が弱い方はこの先を読むことをあまり勧めません。そういったかたは今すぐこの記事から逃げてください。

この記事を書いた人:竹内健登

ホワイト企業内定率100%を誇る就職コンサルタント。現在はホワイト企業内定率No.1を誇る就職予備校「ホワイトアカデミー」で講師を務めている。
東京大学工学部卒、元デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタント。

学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。

求職者向けのセミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は1000件以上。通算600回はセミナーを行っている。趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。

私が監修した就活の教科書をプレゼントしています。詳細はこちら。

 

やめた方がいい就活のやり方1.コピペ就活

まず一番最初のNG就活は、「コピペ就活」です。これはどういうものかというと、先輩のESや、ネットに書かれているESをガンガンパクっていくやり方です。

残念ながら、ほとんどの就活生はこのやり方をしているでしょう。というのも、どうやってESを書いたらいいかわからないからです。だから、とりあえずうまくいった先輩ESを書くという思考停止状態に陥っているというわけ。

では、なぜこのESがダメなのか?その理由はシンプルで、
「面接でどうせ落とされるから」
です。

ESをパクって書くと、あなたらしさの記述が出ません。そして、それは面接官も一瞬で見抜きます。見抜いた上でESを通過させることもあるかもしれませんが、面接ではその部分はゴリゴリついてきます。

「なぜうちの会社なんですか?」
「なぜこの業界なんですか?」
「どういった軸で就職活動を行っていますか?」

こういった質問が来た際に、コピペ就活生は絶対に太刀打ちできません。結果、面接で、特に二次面接で落とされまくるわけです。

なので、「コピペ就活、ダメ、ゼッタイ。」と、僕は声を大にして言いたいと思います。

※どうすればオリジナルのESをかけるのかについては、就活塾で専門家の力を借りてください。オススメの就活塾 はこちら↓

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.09.29

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

やめた方がいい就活のやり方2.嘘つき就活

次にやってはいけない就活が、嘘つき就活です。よく、自己PRはなんですかと言われて、この嘘をつきまくっている就活生を見かけます。

で、なぜこの嘘付きをするべきでないのかと言われたら、その理由は3つです。

1つ目、それは嘘を見抜かれるからです。
例えば、「私はリーダーシップがあります!」という自己PRをした時、面接官は実際にその人の話ぶりでリーダーシップがありそうかどうかを判断しますが、それ以外にも、

「高校の部活の時はどんなキャラでしたか?」
などといったさりげない質問で、あなたの化けの皮を剥いでいきます。

その時に、
「高校の時は特に役職はついておらず、そこまで精力的に部活には参加していませんでいた」
などと答えてしまうと、

「こいつ本当にリーダーシップあるんか?」
となり、嘘がバレるからです。

ちなみに嘘が面接中にバレた時の気まずい雰囲気は、地獄のような空間となりますから、嘘をつくことはあまりお勧めしませんよ。

では2つ目の理由に行きたいと思います。それは、内定取消しになりやすいということです。

実は、人事は面接中だけでなく、面接後もあなたのSNSやツイッターを見ています。それだけでなく、エレベーターでの振る舞いや、他のOBからの情報も含めて総合的に判断しています。

なので、面接中についた嘘は、その後の大学生活でバレる可能性が高いのです。せっかく内定をゲットしたのにもかかわらず、内定取り消しになったら、またゼロから就活です。

そしてその頃には求人数が大幅に減っているでしょう。こんな辛いことはありません。ですので、やはり嘘はつくべきではないのです。

そして最後の理由、それは入社後の後悔に繋がりやすいからです。嘘で面接を乗りきり、入社した後にあなたを待っているもの、それは「ん?何か違うな・・・」ということです。

一度嘘をついて内定をとってしまうと、「これが本当にやりたかったことなのか?」という悶々とした感情を抱きやすくなります。

そんな状態で高いパフォーマンスが出せるわけありません。結果、そういった人はすぐに転職活動をしてしまい、低い年収に甘んじてしまうようになります。

また、嘘をつくことに慣れてしまうと、それが癖になり、虚言癖につながってしまう人もたくさんいます。

というわけで、就活で嘘をつくのは人生レベルで見てもゼッタイにやめた方が良いのです。

やめた方がいい就活のやり方3.ミーハー就活

では3つ目の就活、ミーハー就活に参ります。これはどういった症状かというと、有名で人気な企業しか受けないというやり方です。

業界にまたがり、そこのトップとなっている企業のみを受ける。そういたやり方をしているのがミーハー就活の特徴です。別名、トップティア厨とも言います。

なぜこのやり方がいけないのか?それは、内定率が著しく低いからです。

そもそも超人気企業ばかりを受けているから、というのもありますが、こういった人は企業をブランドだけで選んでいるため、職業観や企業選びの軸が決まっていません。

ですので、それに関する質問を面接でされた瞬間、ボロクソにやられてしまうでしょう。結果、内定率が低い、というわけです。

やめた方がいい就活のやり方4.我流就活

4つ目、それは我流就活です。
「我流で就活をすることの何が悪いんだ!」
という声が聞こえてきそうですが、我流就活の最大の弱点は、客観性の欠如にあります。

就職活動は、

「社会から見たあなたの価値やいいところ」
を見つける活動であるにもかかわらず、我流の就活では、

「あなたから見た、あなたがやりたいこと」
をただ突き詰めるだけの活動になってしまいます。

ですので、我流の就活をしている人は、ほとんどが面接で落とされるでしょう。

また、就活は情報戦でもあるため、一人で行うと非常に不利です。そういった観点から見ても、我流で就活をするというのは避けた方が良いと言わざるをえません。

こういった人は就活塾などを活用して専門のアドバイザーに見てもらってください。オススメの就活塾 はこちら↓

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.09.29

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

やめた方がいい就活のやり方5.やりっぱなし就活

さてさてお次は、やりっぱなし君です。代表的なやりっぱなし君の症状はというと…

・ESで落とされてるのにその対処を試みない
・筆記試験で落とされているのにその対処を試みない
・面接で落とされているのにその対処を試みない

というものです。特に面接に関しては対処を試みない人が多いように感じます。それは、落とされた理由がわからないからでしょう。

こういった人は、まずホワイト模試を受けてその結果をもらうと良いと思います。そうしないと今の立ち位置がわからなくなってしまうでしょうから。

[10分で診断] ホワイト企業に内定するための模試を実施中!

[10分で診断] ホワイト企業に内定するための模試を実施中!

投稿:2018.04.04 | 最終更新:2018.08.30

これは何? ホワイト企業の内定を早期に獲得するためには、SPIで高得点を取る力、ホワイト企業とブラック企業を見抜く力、ESでの表現力が必要です。これら3つの実…

やめた方がいい就活のやり方6.不安就活

6つ目は、不安に駆られて就活をしている人です。この症状が出ている人は、面接で自信がなかったりする傾向にあります。

もちろん、誰しもが就活では不安を抱えているとは思いますが、不安があまりにも表面化してしまって、面接で緊張しすぎて何も言えない人がこれに該当します。

こういった人は徹底的に面接のトレーニングをした方がいいでしょう。また、そもそもの就活を始める動機が、

「周りが焦っているから」

といった理由だと、余計に失敗しやすいです。就活は自分との戦いであり、自分が今後どうやって社会に価値を与えていきたいのかを決める試みでもあります。

そんな時に、周囲と比較してどうするのでしょう?不安になってしまうだけですよね。

不安な状態では錯乱し、正しい判断が下せません。こういった人はきちんとしたメンターをつけることで回避が可能になるということを覚えておいてください。

やめた方がいい就活のやり方7.見た目気にしない就活

最後が、見た目に無頓着というものです。意外と多いんですよね、これ。髪の毛がボサボサとか、靴がボロボロとか、面接会場にリュックできた、とか。

見た目を気にしない人が多すぎます。

いいですか?あなたは企業に対して、
「年間最低でも240万円する商品を売りに行く活動」
をしているんです。

さらに言えば、
「50年かけて3億円の金額を支払わないといけない商品」
を売っているんです。

その商品の見た目がボロボロだったら,相手は買いたくなるでしょうか?答えはNoですよね。

中身がなくても、せめて見た目だけはきちんとしたいものです。特に、理系の人ほどこれは注意した方がいいと思います。というわけで、見た目には存分に力を入れてみてくださいね。

8.まとめ

さて、いかがだったでしょうか?「こんなやり方はするな」という就活について、僕なりに網羅したつもりです。

もし1つでも心当たりがある人は自分の欠点を直してみてください。そうすれば、ホワイト企業の内定を勝ち取れるようになるかもしれませんよ。今日はここまでにします。

いつも長文をお読みいただき、ありがとうございます。

白河修一

追伸
じゃあ、どういうやり方をすればいいんだ!と思った人はこちら↓

読者数1000人突破!ホワイト企業へ早期内定するための教科書をプレゼント!

読者数1000人突破!ホワイト企業へ早期内定するための教科書をプレゼント!

投稿:2018.07.21 | 最終更新:2018.10.12

この本はどんな本なのか? ホワイト企業の内定を早期に獲得するためには、キャリアセンター、リクナビ、マイナビなどで言われている就活対策とは別のものが必要です。 …

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。ホワイト企業への内定率は100%を誇っている。東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。集客・営業代行のビジネスでは、東京大学で行った企画でゼロから1500人を集客しただけでなく、恋愛系企画においては朝日新聞・フジテレビ・AERAの一面にカラーで掲載。その後、キャリアアップや人材育成の研修を行う外資系コンサルティング会社に就職。入社後、多くの中小企業の経営問題を人財育成の観点から解決に取り組むべく、新規事業・アプリ開発などを担当し、現在独立。セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。クライアントには月収を6倍にした元サラリーマンや月商を3倍にした音楽の楽団長、所沢での学習支援業の起業に成功した大学生など幅広い。趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。