就活がだるいと感じる5つの要因とモチベーションを上げる方法を解説

落ち込む男性

「就活って面倒臭いことが多過ぎてだるい……」

その気が狂いそうになる気持ちはよく分かりますが、就職して働かないとやっていけないのもまた現実です。

現在の就活システムにケチをつけようと思えばキリがありませんが、そんなことをしていても内定はもらえないので、どうしようもないことを嘆いても仕方ありません。

この記事では、面倒臭いプロセスをスキップする方法を解説し、だるい就活をいかに効率的に終わらせるかについて書いていますが、「就活はだるいけど企業で働きたい」という方に向けて書いているので、フリーランスという選択肢は提示しません。

ぜひこの記事を読んで、だるい就活を乗り切ってくださいね!

就活がだるいと感じる5つの要因

そもそも就活をだるいと感じてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

ここでは、就活でだるいと感じてしまう5つの要因と、それに対してどう対処すればいいのかについて説明します。

一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」

①業界・企業研究

せっかく自己分析で自分の過去を振り返れても、自分に合う企業を見つけるのはとても難しく、特にキツイのがその会社でなければならない理由を考えることです。

「そんなもんねーよ」と言いたいかもしれませんが、そこはグッと抑えて以下の2つを実践していきましょう。

  1. 企業選びの軸を複数持つ
  2. 同業他社との違いに注目する

企業を選ぶ基準が1つしかないとそれに当てはまる企業はどうしてもたくさん出てきますが、基準を複数持つことによってそれらに全て当てはまる企業を探すことになるので、選択肢がグッと狭まります。

また、その企業でなければならない理由を見つけるには他の企業にはなくてその企業にはある要素を見つけるのが一番手っ取り早いです。

事業内容やビジネスモデルなど、同じ業界でも企業によって特徴があるので、その特徴を指摘できると説得力のある回答を作れます。

②企業説明会

企業説明会は業界・企業研究のために行くことが多いですが、これが非常に面倒臭いですよね。

不便な場所で行われることが多いし、服装自由なのにみんなスーツだし、何よりも拘束時間の割に得られるものが少ないので、合同企業説明会には行かないのが無難です。

合同企業説明会は内容が浅いので採用HPを見ておけば問題ありません。

一方で、個別企業説明会に参加するのは必須です。

その企業の詳しい話を聞ける上、企業によっては選考参加の条件にしているところもあるので、個別企業説明会には参加するようにしましょう。

③筆記試験・SPI対策

「なんで今になって中学校受験みたいな問題を解かなきゃならないんだ……。しかも意外と解けないし。」

筆記試験・SPI対策も就活で頭を悩まされる要因の1つです。

そんなことやってられないという気持ちも分かりますが、コツコツ勉強するのが正攻法です。

よく、Webテストを頭の良い友達に協力して解いてもらう手口を目にしますが、それは反則ですし、テストセンターでの受験ではそういった手口は使えません。

また、毎年解答が出回っており、そちらを利用するというケースも散見されますが、それも立派な反則行為であり、自分の頭が悪いことを認めるようなものなので、やめましょう。

④面接

毎回交通費がかかるし、意外と時間もかかるのが鬱陶しい面接ですが、こればかりは回避するのは難しいと言わざるを得ません。

ただ、できる限り効率よく対策をするという意味では工夫できる余地はあります。

効率よく対策するポイントとしては、就活に詳しい人に練習相手になってもらうことです。

キャリアセンターや先輩、OB/OGが適任かと思います。

また、ただ練習するだけでなく振り返りを行い記録を付けることも大切です。

⑤親

「え? 親って就活と直接関係なくない?」と思うかもしれませんが、就活において親の存在は結構なプレッシャーになります。

「この企業はだめ」「○○に行きなさい」と口を出されるのはもちろんストレスですが、逆に何も言ってこないとそれはそれで不安になったり、申し訳ない気持ちになったりするのです。

大切なことは、就活について本音でぶつかってお互いが納得できるような進路を見つけることです。

就活にはお金もかかりますし、親のサポートは必ずあった方がいいです。

今の大学生の親はバブル時代に就活を経験した世代であり、今時の就活事情を理解していないかもしれませんが、お酒でも飲みながら上手くコミュニケーションを取れるようにしましょう。

面倒臭い就活プロセスをスキップする3つの方法

ここまで就活でだるいことを少しでも軽減する方法を色々と書いてきました。

「それでもやっぱりだるい! そもそも普通の就活プロセスを踏みたくない!」

そう思ったあなたのために、普通の選考プロセスを回避する3つの方法をご紹介します。

①内定に直結しているインターンに参加する

ベンチャー企業などが行なっている長期インターンは内定に直結している場合が多く、煩わしい選考プロセスをスキップできる最良の方法とも言えます。

ただ、大企業は長期インターンを基本的には行っておらず、大手企業に行きたい場合は使えない手段になってしまいます。

ただ、本命企業でなくとも、内定を持っているということはそれだけで強みになりますし、長期インターンではスキルを身に付けることができるので、就活を有利に進めたいなら積極的に参加することをおすすめします。

②逆求人サイトに登録する

逆求人サイトでは、Open ESを見て企業側から「うちの企業に来ませんか?」というアプローチが届くので、自分で企業研究をしてエントリーシートを出すという手間を省くことができます。

キミスカやOffer Boxは規模が大きいサービスなので登録しておいて損はないでしょう。

ただ、むやみやたらにオファーを受ければいいということではありません。

企業側もいくらオファーをしたとしても、全くやる気の感じられない人を採用するほど甘くはありません。

オファーをきっかけにその企業を自分なりに調べてみて、興味がある場合はエントリーするのもよいでしょう。

③就活のプロに相談する

「やる気はそれなりにあるけど、何をすればいいのか分からないから結局面倒臭くなってしまう……」という場合におすすめの方法です。

就活のやり方を知ろうと先輩に話を聞いても人によって言っていることは違いますし、ネットの情報もどれが正解なのか分かりません。

就活スクールなら1人1人の能力や個性に合わせて何をすべきかを的確に教えてくれるので、提示されたことをこなす中で無駄なく就活ができるのです。

ただ、中にはブラック企業に斡旋するような悪質なスクールもあるので、事前に口コミやサービス内容をきちんとチェックしておきましょう。

一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」

少しでもモチベーションを上げるには

「だるいだるい」と言いながら就活を続けるのもそれはそれで大変です。

私が思うに、やる気がないことに対してモチベーションを上げる最も効果的な方法は自分を追い込むことです。

就活を真面目にせずに内定がもらえなかったらどうなるか考えみてください。

この先の人生がハードモードになるのは明白です。

自分の好きなことにお金を使うこともできず、ただ馬車馬のように働く人生……

そう考えるとぞっとしませんか?

就活なんて長くても1年ちょっとで終わります。

1年ちょっと頑張ってその先の何十年で満足できるように暮らすか、この1年ちょっと楽をしてこの先の何十年で苦労して生きるか、あなたはどちらを選びますか?

目先のことに捉われず、就活をきちんとしなければやばいという危機感を持つことで、少しはモチベーションも上がると思います。

だるい原因は?

いくら就活がだるくても、文句を言うだけでは何も変わりません。

何がだるいのかをはっきりさせた上で、効率良く就活を進めていくしかないのです。

就活スクールなどを最大限に活用してあなたの就活がスムーズに終わることを願っています。

一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」

気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。