留年組のやり直し就活はいつから不利?留年理由を伝える賢いやり方とは?

富田
白河さん、単位不足で留年した先輩がいるんですけど、そういう人でも就活は大丈夫なんですか?
春山
留年すると、履歴書が通らなかったり面接で落ちたりするもんなんですか?
白河
留年して就活を迎える大学生はどこの大学にも一定数いるんだけど、留年したからといって内定が取れないわけじゃないんだ
富田
ということは、ポイントを押さえれば逆転就活も可能なんですか?
白河
そうだね。実際、僕が就活してきた中で、留年している人はたくさんいたけど、その中でも外資メーカーとか大手商社に就職して活躍している人もいっぱいいるよ!

それじゃあ、今日は、留年して就活を迎えた大学生が就活を成功させるための方法を解説していくね!

この記事の登場人物

富田:理工学部の大学3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて、考えるより動け!の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。

竹内:ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーの校長。東大工学部→就職浪人→デロイト→予備校設立という異色のキャリア。教え子が有名企業にポンポン内定する事で有名。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。東証一部の人材系企業で勤務。大学時代にはFラン大学から竹内の指導を受け、就活で逆転した過去を持つ。このサイトの管理者。

本記事の続編はこちらの教科書でお読みになれます。読まないと損です。

就活において留年は不利ではない

春山
白河さん、結局、留年すると就活は不利になるんですか?
白河
う〜ん、よく「留年は就活で不利になる」って思われるけど、実際のところは、企業の選考において留年はあまり影響を与えないのが現実だよ。
富田
それはどうしてですか?
白河
そもそも「大学を4年で卒業した人の方が就職してから活躍する」っていう見方の人事なんていないんだ。
春山
ということは、1年卒業が遅くなったからって、企業にとってその1年はとても小さなものにしか過ぎないっていうことですか?
白河
そうだね。企業にとって重要なのは「その人が自社に入って活躍するか」でしょ? 大学受験で失敗した浪人生が、大学に入って現役生より悪い成績を取るわけじゃないのと一緒じゃないかな?

留年して就活をやり直しするメリット

富田
じゃあ、白河さん、就活のためにあえて留年するとしたら、具体的にはどんなメリットがあるんですかね?
白河
一番のメリットは、もう一度新卒採用の枠に応募できることだね。現在の日本企業は新卒採用を重視してる傾向があるから、新卒採用では入れても、中途採用では入れない企業がたくさんあるんだ。
春山
他の学生より就活の経験値が多いこともメリットかな?
白河
そうだね。就活を他の人より1年多く経験してる分、就活解禁までの計画を事前に考えて就活の準備を存分にできるよね。
富田
自己PRも一から考える必要がないし、ブラッシュアップしたものを作れそうですね!
白河
そう考えたら、あわよくば、就活を早い段階で終わらすことだってできるよね。
春山
そしたら、あとは存分に学生生活を楽しむだけですね!

留年して就活をやり直しするデメリット

白河
逆に、一番のデメリットは学費が余分にかかることだね。自分で次年度の学費を払えるなら問題ないけど、家族に払ってもらうんだったら、しっかり話し合わないとね。
富田
高い学費を払ってまで留年する必要があるかをちゃんと自分自身で考えて、それをきちんと親に伝えなきゃいけないんですね!
白河
あと、過去に選考を受けるともうエントリーできない企業もあるから、選考を受けるときは必ず確認しないとね!
就活で失敗しないコツ〜就活失敗から逆転就活もあり!?〜

就活で失敗しないコツ〜就活失敗から逆転就活もあり!?〜

投稿:2018.08.29 | 最終更新:2018.09.17

  「第一志望への内定が取れなかった…。」 「入ってみたらブラック企業だった…。」 「どこにも内定が取れず無い内定…。」   こんなことになったら嫌で…

留年の理由を就活で賢く伝えるやり方・KJ法

春山
白河さん、留年すると、その理由は必ず聞かれますよね?
白河
そうだね。留年した理由は、留年した学生にしか聞かれないから、納得いくように答えられば、他の学生と大きく差別化できるよ!
富田
じゃあ、企業に対してマイナスなイメージを与えずに留年した理由を答えるには、どうすればいいんですか?
白河
相手の立場になって考えることだね。人事担当者は、自分のことを知らないわけでしょ? だから、自分のことを知らない相手に対して、どうしたら相手は自分のことを理解してくれるのかを意識するのが大切だね。
春山
具体的には、どういうことを伝えればいいんですか?
白河
なぜ留年したか、そこに問題があるなら問題は何か、それに対してどういう目標を立てて何に取り組んだのか、そしてどのような結果を出すことができたのか。この辺をしっかりとまとめて明確に伝えればいいんじゃないかな?
富田
でも、こんなにきれいにまとめるのって難しそう・・・
白河
それならKJ法を使ったらいいんじゃない?
春山
KJ法ってなんですか?
白河
ビジネスでよく使われる、アイデアを整理する方法だよ。すごく簡単だし、情報を漏れなく整理できるからオススメだよ。それじゃあ、説明していくね!

1.留年した理由を自分が思いつくだけリストアップする

白河
まず、留年した理由を自分が思いつくだけリストアップするんだ。ここで重要なのは、思いついたことをできるだけ多く書き出すことだね。
富田
「これは関係ないからいいや」とか「こんなしょうもないこと書いても意味ない」っていう風に自分で勝手に判断せずに、とりあえず書いてみればいいんですかね?
白河
そうだね。ここでいかに多くの情報をブレストできるかで最後のアウトプットの質が決まるから、思いついたことはどんどん挙げてみよう!

2.リストアップした中で似ているもの同士を一緒にし、ジャンルに分ける

白河
リストアップできたら、その中で似ているものをまとめてジャンルに分けていくんだ。ジャンル分けのポイントは「もれなくだぶりなく」だね。
春山
それはつまり「この言葉は2つのジャンルに入るな」と思ったら、それはジャンルの分け方に問題があるということですか?
白河
そうだね。そういうときは、もう少しジャンルを広げるか狭めたり、新しいジャンルを作ったりすれば大丈夫だよ!

3.ジャンル分けしたものに名前をつける

白河
ジャンル分けできたら、そのジャンルの共通点をそのジャンルの名前にするんだ。これをラベリングと言うよ。
富田
その名前が、留年した理由、つまり問題点ということですか?
白河
そういうこと。これで、問題点が分かる上に、その内容も整理できるでしょ?
春山
これなら、文章にとても落とし込みやすいですね!
白河
あとは、その問題に対して取り組んだことを、同じやり方でリストアップ・ジャンル分けしていけばいいんだ。

留年したら、いつから就活を始めればいい?

富田
白河さん、留年の理由がまとまったら、いよいよ就活に向けて動き出すと思うんですけど、とりあえず、早い時期から動き出した方がいいですよね?
白河
そうだね。早くから動いた人の方が、納得のいく内定先に早く落ち着く傾向があるね。
春山
「就活は動いたもん勝ち」っていうことですかね?
白河
まさしく。遅くても冬季インターンには必ず動き始めて、3月までには自己分析と企業選びの軸を固めておかなきゃね。
富田
去年も就活した場合は、動き出しはもっと遅くてもいいんですか?
白河
いや、その油断は命取りになるね。1年長く大学にいる分、就活に多く時間を割けるわけでしょ?

夏季インターンとか冬季インターンとかセミナーに参加すれば、さらに自己分析と企業選びの軸をブラッシュアップできるんだから、それをやらないとものすごくもったいないよ。

▲目次に戻る

まとめ

白河
今日は留年した人の就活戦略について話してきたけど、どうだったかな?
春山
留年したからといって就活が不利になることなんてないんですね!
富田
ちゃんとポイントを押さえれば、就活は簡単に乗り越えられるというのが分かりました。
白河
そうだね。やっぱり、一番大切なのは自信を持って就活に臨むことかな。留年した分、将来のことについて他の人よりも真剣に考えてるっていうのが伝われば、必ず採用したいと思ってくれる企業に巡り会えると思うよ!
春山
でも白河さん、留年した理由に不安がある人はどうすればいいんですか?
白河
そういうときは就活塾を使えばいいんじゃないかな? 親身になって相談に乗ってくれるよ↓
ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.08.30

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

いずれにしても、楽しい就活をして、最後の学生生活を思う存分楽しむことが一番だね!

富田
そうですね!
春山
今日はありがとうございました!

※この物語の続きはこちらの教科書にまとめられています。読まなきゃ損です↓

読者数1000人突破!ホワイト企業へ早期内定するための教科書をプレゼント!

読者数1000人突破!ホワイト企業へ早期内定するための教科書をプレゼント!

投稿:2018.07.21 | 最終更新:2018.09.20

この本はどんな本なのか? ホワイト企業の内定を早期に獲得するためには、キャリアセンター、リクナビ、マイナビなどで言われている就活対策とは別のものが必要です。 …

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、https://avalon-consulting.jp/20s-media/profile-2/からご覧になれます。