失敗しない就活塾の選び方とサービスの実態

指を指す女性

最近利用者が増えている就活塾ですが、お金を払ってまで利用する価値があるのか。それに利用するのならばどの塾を選べばよいのか分からないですよね。

そこでこの記事では、就職支援サービスの実態を余すことなく解説し、利用に伴うメリット・デメリット就活塾選び方のポイント、利用時の相場料金についてもまとめてみました。

ざっとでも目を通せば就活塾の相場の料金や比較方法、それにおすすめの塾がどこなのかが分かりますのでぜひ最後までお付き合いください。

この記事を書いた人:竹内健登

就活スクール「ホワイトアカデミー」校長。デロイトトーマツグループの人材戦略コンサルタントを経て現在は就活コンサルタントとして活躍。

数学検定1級保持者で東京大学工学部卒にもかかわらず、自身の就活に失敗し就職留年した経験から企業の人材戦略の道へ。

新卒の学生が一流企業に内定するための独自の方法論と、3年後離職率・OpenWorkでの評価・帝国データバンクの評点を用いた客観的視点から日夜ホワイト企業を研究。

自社メディア「ホワイト企業総合研究所」で掲載したところ、就活生や親御様の間で話題となり、月間で35万PVを達成した。

現在も、ホワイト企業からの内定が1件も得られなければ授業料を全額返金という方針で、上位大学だけでなく、全国幅広い大学の学生の就活指導を行なっている。

「就職浪人からANAグループに内定した! 」「留年すれすれから日本IBMに内定! 」「指導を受けた次の日から大手企業の面接で落ちなくなった! 」など、喜びの声多数。

著書に「子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法」(日経BP社)がある。

就職支援サービスの分類

最近利用者が増えているとはいえ就活塾(就職活動支援塾)は世間での認知度が低くいので就活塾の話をすると「何それ?」と首をかしげる人もいます。そこで改めての話になりますが就活塾が何なのかについてご説明します。

そもそも就活塾とは何?

この就活塾というのは大学受験予備校の就活バージョンのようなものです。つまり、就活前か就活中の学生や若者に対して有償で就職支援サービスを提供しております。

よく「ネットや合同企業説明会で人材紹介会社がノウハウを無料でたくさん提供してるんだから、就活塾に行かなくても内定は取れる」という話を聞きますが、まずは次の図表をご覧ください。

就活サービスの分類

 

これは就職支援サービスをサポートの手厚さ企業の量・質の2軸で分類した図です。この図の中にあるマイナビ・リクナビといった就活ナビは情報を提供してくれるだけであって就活のサポートをしてくれるわけではありません。

いくら就活ノウハウを仕入れる機会があってもそれをうまく活用できなければ宝の持ち腐れ。就活に関する情報が溢れている中で本当に必要な情報を提供し、継続的に学習に取り組める環境を用意してくれるのが就活塾です。

エージェントとは全然違う

就活塾と似ているものに就活エージェントがあります。このエージェントは新卒の学生を企業に紹介し、採用されれば企業からお金をもらう人材あっせん団体です。

このような特徴を持つエージェントが紹介する会社の大半は、よく分からない中小企業や倍率が低くて受ければ入れる大手ブラック企業です。

そのため、「せっかくわざわざ受験を頑張って大学に入ったんだから年収の高い大手のホワイト企業に行きたい!」と思ったら、100倍〜200倍の倍率を自らの力で勝ち抜かなければなりません。

就活塾に通うメリットは?

就活塾を利用するメリットはいくつかありますが、一番のメリットは就活の基本的な部分から具体的な対策まで幅広く丁寧にサポートしてもらえる点です。

プロのサポートがあれば百人力

就活では伸ばさないといけない能力がテンコ盛りなのでやるべきことを完璧にやっていない学生はとても多いです。それが就活塾に通えば就活のプロがフルサポートしてくれるので万全の準備で就活本番に臨めます。

  • 自己分析
  • エントリーシートの添削
  • 筆記試験対策
  • 面接、グループディスカッションの模擬練習
  • 基本的なビジネスマナーや社会人基礎力の習得
  • コミュニケーション能力やロジカルシンキングの習得
  • 進路相談
  • 精緻な業界・企業研究
  • 就活軸作り

就活では、中身の部分がしっかりしていないと全て見抜かれてしまいます。なんていったって面接官は人を見抜くプロですからね。

それにも関わらずESや面接の対策と称して我流で小手先のノウハウを身につけてなんとかその場をしのごうとする就活生が多いのが現実です。

こういった就活生はいくら就活に前向きであったとしても、就活のやり方を完璧に熟知してはいないのでどこかでボロが出て落ちます。しかし、彼らはなぜ落ちたのかが自分では分からないのです。

就活塾では知識のインプットと実践でのアウトプットを両立しながら就活について手取り足取り教えてもらえます。その結果として万全の態勢で就活に臨め、学んだことを本番で実践することで通常の就活生より一歩抜きん出ることができるのです。

コミュニケーション能力も磨かれる

なお、就活では最初に「一緒に働きたいか」が見られるますが、いくら能力があっても一緒に働きたいと思われなければ絶対に採られませんので、コミュニケーション力や人当たりの良さがとても大事になってきます。

特に大きい会社に入れば入るほど多くの関係者を巻き込んで仕事をしていかないといけないので、棘が立ち過ぎる人は向かないのです。

受験ではIQが高ければ偏差値の高い大学に入れますが、就活ではコミュニケーション能力も評価されるので、IQが高くてもコミュニケーション能力が低いと結構苦戦してしまいます。

就活塾ではコーチの指導によりIQやコミュニケーション能力も総合的に高められるのでホワイト企業や難関企業に内定できる可能性は格段に上がります。

利用することのデメリットはあるのか?

次に就活塾を利用するデメリットに関して考えてみます。ざっと私が考えてみたところですが、こんな感じです。

  • 変な塾に通って内定が取れない
  • 塾に通った事に安心して就活を甘く見る
  • 決して安くない受講料がかかる

  • どれも小さくないデメリットですよね。

    ただ最初の2つの「変な塾に通って内定が取れない」と「塾に通った事に安心して就活を甘く見る」という点に関してはきちんとした就活塾を選べば問題ありません。

    なぜなら、面倒見が良い就活塾は内定が出るまで学生の就活を支援しますし、定期的に面談の場を設けて学生のモチベーションの管理をしてくれるからです。

    その一方で3つ目に取り上げた「決して安くない受講料がかかる」という点に関しては塾に通う以上は絶対に発生するデメリットです。

    ただ、「お金の問題もそこまで大きなデメリットにはならないのでは?、」と私は思います。この就活塾に支払う学費が大きな問題にならない理由についてはこれからご紹介します。

    料金は大学や学習塾よりも格安

    よく「就活塾はどこも授業料が高すぎる」という話題がネット上で上がりますが、実際には就活塾の料金は法外ではありません。このことをご理解頂くために人気の就活塾の料金をまとめてみました。

    • 内定塾(株式会社ガクー):399,800円(フルサポートコース・税抜)
    • キャリアアカデミー(キャリアアカデミー株式会社):259,200円(フルサポートコース・税込)
    • 我究館(株式会社ジャパンビジネスラボ):198,000円(大学3・4年生/院生コース・税込)
    • 就活.salon(株式会社ノウフージャパン):248,000円(2021年卒総合コース/フルサポートコース・税抜)
    • 内定ラボ(株式会社クリエイティブ・ラボ ):138,000円(2020年卒内定フルサポートコース)

    平均金額:248,600円(税込・税抜の別を除く)

    ※2019年9月12日現在・各社HP参照

    就活指導は受験指導よりはるかに難しいですが、この金額で就活のイロハを学べ、先生と共に二人三脚で内定を取れるのであれば価値のある自己投資だと言えます。

    実際、就活が上手くいくかでその後の仕事人生が大きく変わるので、本気で良い人生を送りたいと思うのであれば就活塾の学費は高くありません。

    それに忘れてはいけないのが、これまでどれだけのお金を学習塾に通う塾代や大学・高校の学費払ってきたという点。おそらくトータルの教育コストは数百万円になるのではないでしょうか。

    この数百万円の金額と比較すると就活塾に支払うことになる数十万円の学費は10分の1以下で済むので料金はそこまで大きな問題にならないのでは?と思います。

    就活塾を活用する大学生が今まで以上に増えてきている

    今や、正社員の就職率は約60%、つまり5人に3人しか正社員になれないという厳しい時代ですが、コロナショックなどが原因でこれから景気が悪化すればもっと就職は難しくなるかもしれません。

    それだけ先行きが見えない不安定な状況だからこそ、大手の安定した会社に正社員で入りたいというニーズが高まっています。

    実際、就活は自分1人でやるのが当たり前だと思い、最初は順調に就活が進み「就活なんて余裕でしょ!」と高を括るも、次第に就活に苦戦し始め「やっぱり就活塾に行った方がいいのかな……」と考え始める就活生がここ数年増えています。

    就活塾に求めるものは人によりバラバラですが、あなたに合ったところを選び、志望する会社へ入れるようにするとよいでしょう。

    就活を頑張りたい人は利用すべき

    ここまで就活塾の概要をざっくりとお伝えしましたが、要は就活を頑張りたいなら利用すべきというのが結論です。

    特にこれから取り上げるような特徴を持つ学生は絶対に就活塾に通うことをおすすめしたいです。

    特別な経歴と特別な経験が無い学生は利用すべき

    色々な人が就活塾に入ることを考えますが、以下のタイプに当てはまる場合は特に就活塾に行った方がよいです。

    • 地頭が悪いという自覚がある
    • コミュニケーションに難がある
    • 就活を始めるのが遅かった
    • チームで結果を出す経験がない
    • アピールできる実績がない

    ちなみに就活ではいくら学業面で成果を上げていたとしても、それを選考の過程で上手くアピールできなければあまり意味がないという特徴があります。

    そのため、学歴があってもこれまで勉強しかしてこなかったという場合は、ぜひ就活塾でアピール方法を学び、上手く実績をアピールできるようにするとよいでしょう。

    利用しなくても良い学生もいるのは事実

    はじめての就活では就活塾を利用するのが無難だと思いますが、就活塾の利用があまり意味がない人もいます。具体的にはこれから取り上げる3つのタイプの学生です。

    • 基礎スペックが非常に高い学生
    • 公務員になる予定の大学生
    • 就活にやる気がない学生

    まず1つ目の「基礎スペックが非常に高い学生」というのは、TOEIC900点クラスの英語力、東大・京大クラスの学歴、社会人顔負けの社会人基礎力がある学生です。

    こういった学生は就活のプロの指導を受けなくても普通に面接を受ければ自ずと一流企業や外資系のエリート企業に受かります。もちろん就活塾を利用したほうが勝率は上がるとはいえ、ほぼ不要と言えます。

    そして次の「公務員になる予定の大学生」と「就活にやる気がない学生」というのは言ってしまえば本気で新卒の就活に臨んでいない学生です。

    当たり前ですが、就活塾を利用するメリットの大きさは利用する側の本気度によって変わります。そのため、真面目に就活と向き合う気がないのでしたら今は利用するタイミングではないはずです。

    厳しい話になりますが、就活に対するヤル気が学生側にないのであれば、いくら就活塾に行ったところで結果は期待できません。

    当たり前ですが就活塾がモチベーションを上げたりノウハウをくれたりしても、言われた課題をやらなかったり、講師との面談をサボるような態度でしたら得られるものは少ないです。

    あくまで就活塾はアドバイスをしてくれる場所ではありますが、動くか動かないはあなた次第です。そのため、就活で結果を出すにはあなたのやる気も必要な点は押さえましょう。

    失敗しない就活塾の選び方

    ここまで就活塾の利点についてご紹介してきましたが、実際には就活塾の質はピンキリで、サポートの手厚さや指導方針、評判は塾により大きく異なります。

    よく、自分の行きたい企業や業界の内定実績を比較して就活塾を検討する人を見かけますが、ここからは、どのようにして自分に合った就活塾を選べばよいかを解説していきます。

    選び方①妥当な授業料か?

    「内定率〇〇%!」と謳っている塾が多いですが、大半の就活塾はブラック企業と提携して単純に学生をそこに流し込んでいるただの人材紹介・斡旋業者(エージェント)なので注意しましょう。

    実際、「料金が安い塾は、ブラック企業に学生を突っ込んだら裏でブラック企業からお金をもらえるから安い金額である」という人材業界の有名な都市伝説があるくらい、この業界は闇が深いです。

    人材市場での仲介手数料の相場は年収の3割ですから、年収270万円の新卒学生を1人企業に入社させればそれだけで80万円近くが懐に入りますが、これが安い授業料でも就活塾がやっていけるカラクリなのです。

    安かろう悪かろうだとそもそも塾を使う意味がないので、どの塾が質の高い企業に自分を導いてくれるのかをきちんと見極めましょう。

    選び方②内定保証はあるか?

    「入塾して内定が取れなければ◯円返金する」という内定保証があると、学生が内定を取れなければ塾側が損をすることになるので塾側としても必死に指導します。

    これは指導内容に自信があることの裏返しでもあり、そういう意味では内定保証を付けているところは信用できますが、ただの内定保証であればブラック企業に突っ込んで終わりということもなくはないので、内定保証の具体的な中身を吟味する必要はあります。

    選び方③個人に合った指導をしてくれるか?

    内定実績ばかりを打ち出している就活塾は単純に優秀な人だけを集めて集団授業をしている場合が多いですが、そういった就活塾に入って落ちこぼれ内定が出なかった……という話もYahoo!知恵袋などで散見されます。

    また、1人1人に違った個性があるからこそ、個々人に合った最適なプログラムを作って個別指導をしてくれるかがかなり重要です。

    弱みを潰しながら強みを伸ばし最短で就活力を高めるには、あなたのことを知り尽くした先生に1対1でのトレーニングでESや面接をチェックしてもらうことが欠かせません。

    この点を考えると個別指導のところを選ぶのが無難です。

    選び方④対応の速さと先生の専門性

    今日中にES出さなきゃ! 面接が明日に迫ってる! というのは就活中によくあることですが、そんな時にすぐに対応してもらえると助かりますよね。

    多くの就活塾は対応に数日を要しますが、中には突発的な要求にも対応してもらえるところもあります。

    就活に精通している先生による丁寧なサポートはもちろんのこと、いつでも24時間以内に添削済みのESを返してくれたり質問に答えてくれたりするようなところを選びましょう

    また、どの業界や職種を目指すかにより必要なノウハウが違うので、目指す業界や職種で働いたことのある先生に、身になるノウハウや働く上での醍醐味をしっかりと教えてもらうことが大切です。

    選び方⑤オンライン受講の有無

    オンラインだと海外や地方に住んでいても受講できますし、都市部に住んでいても、わざわざ校舎に足を運ぶ必要がないので時短になりますが、就活に使える時間は限られているので、限られた資源である時間を効果的に使うにはオンライン対応もしているところを選びましょう。

    一部の悪徳な塾には関わってはダメ

    利用には大きなメリットがある就活塾ですが、悪徳な塾も存在するのは事実。そして毎年一定数の就活の親子がトラブルに巻き込まれております。

    よくある悪徳な就活塾とのトラブルや就活塾の実態についてはまとめてみましたのでご覧ください。

    • 内定保証の条件を読んでいなかったがために、返金要求しても学費が返ってこない
    • 勧誘がしつこく無理に入塾させられた
    • 入会者が叫んだり踊ったりと奇妙な宗教的活動をしている
    • 内容が就職活動と関係のないただの自己啓発セミナーだった
    • 入ってみたらフリーターを養成する場所だった

    大抵のトラブルは入塾時の申込書をきちんと読んでいないことが原因なので、きちんと塾の規約を読んでから入塾すればいいのですが、中には契約書を読むだけでは見抜けない詐欺的で悪質な就活塾もあります。

    ブラック就活塾の特徴をざっくりとまとめると……

    • 営業所で「この場で決断しなさい」などと強い態度で契約を迫る
    • 就活のネタ作りと称して塾生に募金活動をさせたり合宿と称して隔離させたりする
    • 行政から是正勧告を受けている
    • 選考会や合同企業説明会に張り込みアンケートと称して個人情報を取得し後で架電する
    • 売り上げに困っており、とりあえず売り上げを上げようとする
    • 受講生の頭を溶かして最終的にブラック企業に突っ込み、バックマージンで80万円を稼ごうとする

    こういった塾に入塾すると、内定がもらえないわ、気付くと精力的に活動したつもりが時間とお金を無駄にしてしまったわ……ということになりかねませんので、こういった怪しい就活塾に出くわしたら、即、消費者センターに通報しましょう。

    就活に役立つと謳う無料の自己啓発セミナーに要注意!

    元々、自己啓発というのはノウハウではなくマインド寄りのものですが、いくらマインドを啓発したところでノウハウがないと実際の就活ではどうしようもないので、就活に役立つと謳っている自己啓発セミナーに行くぐらいであれば、最初からブラックでない就活塾に入った方がいいでしょう。

    どんなにマインドが素晴らしくても、面接での話し方が滅茶苦茶だと相手に自分の良さが伝わりませんし、自己啓発セミナーにハマり過ぎて人生理念とかマインドの話が頭から離れなくなって正常な判断を下せなくなった人をこれまでに何人も見てきました。

    そういう人は、やたら企業理念を推してくる、人材が来なくて困っているような、優良企業とは言い難いブラックなベンチャー企業や中小企業に喜んで就職していきますが、実際、自己啓発セミナーの多くは人材紹介ビジネスなので、セミナーの受講生を企業に紹介して企業からお金をもらうことで儲けているところも多いです。

    就活塾ではマインドコントロールで頭を溶かされる心配もく、内定から逆算して必要なことを優先的に学べるので、ブラックでない就活塾を利用することを強くオススメします

    おすすめの就活塾を大公開

    元祖・就活塾の我究館

    我究館のロゴ

     

     

    我究館は就活塾という形のビジネスを最初に始めた草分け的な存在であり、その名の通り、自己分析を極めるというコンセプトで運営されているキャリアデザインスクールです。

    「絶対内定」という本を毎年出版しているのが有名ですし、新卒だけでなく既卒のキャリアデザインも請け負っていますが、有名な分、ネガティブな口コミも多く見受けられますので、その辺りは評判を調べてみるとよいでしょう。

    ちなみに、運営元のジャパンビジネスラボ株式会社は数年前にブラック企業大賞にノミネートされたことがあります。

    「一流・ホワイト企業への内定請負人」ホワイトアカデミー

    ホワイトアカデミーのブランドシンボル

     

     

    ホワイト企業の内定が取れなければ払った学費を全額返金するという超・男前な制度になっており、個別指導のコースはもちろん、一流企業への幹部候補内定を目指す特別選抜クラスもあります。

    就活対策のノウハウは会員サイトにまとめてあり、トレーニングを全てオンラインで行うことも可能にした指導形式となっています。

    メディア掲載実績が豊富で日経BP社から書籍も発売されていますが、ホワイトアカデミーの詳細はこちらのHPよりご覧になれます。

    外部のランキングサイトをご紹介

    今回の記事は以上になりますが、この記事でもご紹介したように世の中にはたくさんの就活塾があり、それぞれユニークな点があります。

    この記事では紹介しきれなかった就活塾についてはこちらの「NAVERまとめ」の記事によくまとめられているので、就活塾選びに迷っているのであれば一度目を通しておくとよいでしょう

    【2022卒向け】最新オススメ就活塾ランキングTOP10はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。ホワイト企業への内定率は100%を誇っている。東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。 集客・営業代行のビジネスでは、東京大学で行った企画でゼロから1500人を集客しただけでなく、恋愛系企画においては朝日新聞・フジテレビ・AERAの一面にカラーで掲載。 その後、キャリアアップや人材育成の研修を行う外資系コンサルティング会社に就職。入社後、多くの中小企業の経営問題を人財育成の観点から解決に取り組むべく、新規事業・アプリ開発などを担当し、現在独立。 セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。 クライアントには月収を6倍にした元サラリーマンや月商を3倍にした音楽の楽団長、所沢での学習支援業の起業に成功した大学生など幅広い。 趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。