知らなきゃ損!?ホワイト企業に内定できる大手就活塾の評判を徹底比較!

指を指す女性

「就活塾って行ったほうがいいのかな?」

あなたはそう思っていませんか?

この記事では、就職支援サービスの実態を余すことなく解説し、利用した方がいいのか評判・料金・選び方のポイントオススメの就活塾についてご紹介します。

なお、人気の就活塾についてはこちらの「NAVERまとめ」の記事によくまとめられているので、一度目を通しておくとよいでしょう↓

【2021卒向け】最新オススメ就活塾ランキングTOP10

就職支援サービスの分類

「就活塾」は世間での認知度が低く、よく「そんなものがあるんですね」というお声を頂きますが、就活塾は「就職活動支援塾」の略で、就活前か就活中の学生や若者に対して有償で就職支援サービスを提供するビジネスのことを指します。

大学受験予備校の就活バージョンと言えば分かりやすいでしょうか。

よく「ネットで人材紹介会社がノウハウを無料でたくさん提供してるんだから、就活塾に行かなくても内定は取れる」という話を聞きますが、まずは次の図表をご覧ください。

就職支援サービスの分類

これは就職支援サービスを「サポートの手厚さ」と「企業の量・質」の2軸で分類したものですが、就活ナビは情報を提供してくれるだけであって、就活のサポートをしてくれるわけではありません。

就活に関する情報が溢れていますが、いくら就活ノウハウを仕入れたところで、それができるようにならないと何の意味もありません。

その中で本当に必要な情報を提供してくれ、継続的に学習に取り組める環境を用意してくれるのが就活塾なのです。

就活では悩みを1人で抱えがちなので、ボッチだと不安なまま就活をすることになりかねませんが、1人1人に寄り添ってくれる就活塾を利用すれば、不安な就活にも仲間やメンターと共に果敢に臨めます。

就活塾は志望企業からの内定獲得をサポートしてくれる大変心強い味方なのです。

盤石な就活基礎力が身につく

就活塾を利用するメリットはいくつかありますが、一番のメリットは就活の基本的な部分から具体的な対策まで幅広く丁寧にサポートしてもらえる点です。

就活では以下のようにやるべきことがテンコ盛りですが、就活塾ではこれらを継続的にフルサポートしてもらえます。

  • 自己分析
  • エントリーシートの書き方
  • 面接、グループディスカッションの模擬練習
  • 基本的なビジネスマナーや社会人基礎力
  • 進路相談
  • 精緻な業界・企業研究

就活では、中身の部分がしっかりしていないと全て見抜かれてしまいますが、ESや面接の対策と称して小手先のノウハウを身につけてなんとかその場をしのごうとする就活生が多いのが現実です。

こういった就活生は、いくら就活に前向きであったとしても、就活のやり方を完璧に熟知してはいないのでどこかでボロが出ますが、就活塾では知識のインプットと実践でのアウトプットを両立しながら就活について手取り足取り教えてもらえるので、万全の態勢で就活に臨めます。

結果、学んだことを本番で実践することで、こういった他の就活生より一歩抜きん出ることができるのです。

社会人基礎力とは?

メールの書き方や挨拶・営業の仕方が身についている人を「社会人基礎力がある人」と言います。

大学2年生からベンチャー企業での長期インターンシップや三菱総研のアルバイトをしているなど、社会人との接点が多かったり既にビジネス経験があったりするような人は、社会人と仕事をするのが普通になっているので、社会人基礎力が自然と身についています。

そういった学生は滅多にいないので、人事担当者からしてみれば即戦力になる貴重な人材であり、有利に就活を進められますが、逆に、社会人基礎力がないと就活では苦戦することになります。

就活塾に入れば、この辺もきっちりと指導してもらえます。

大学や学習塾の学費に比べてはるかに安い

よく「就活塾はどこも授業料が高く、就活生からボッタクっている」という声を耳にしますが、実際には就活塾は真っ当な商売です。

有名な大手の就活塾は以下のような価格設定になっています。

料金早見表

塾名 運営会社 金額
内定塾 株式会社ガクー  399,800円(フルサポートコース・税抜)
キャリア
アカデミー
キャリアアカデミー株式会社  248,400円(フルサポートコース・税込)
就活ゼミ 株式会社イドムパートナーズ  275,000円(就活総合力強化コースPP・税抜)
我究館 株式会社ジャパンビジネスラボ  198,000円(大学3・4年生/院生コース・税込)
就活.salon  株式会社ノウフージャパン   248,000円(2021年卒総合コース/フルサポートコース・税抜)
内定ラボ  株式会社クリエイティブ・ラボ   138,000円(2020年卒内定フルサポートコース)
  平均金額  251,200円(税込・税抜の別を除く)

※2019年3月16日現在・各社HP参照 

就活指導は受験指導よりはるかに難しいですが、この金額で就活のイロハを学べ、先生と共に二人三脚で内定を取れるのであれば、価値のある自己投資だと言えます。

実際、就活が上手くいくかでその後の仕事人生が大きく変わるので、本気で良い人生を送りたいと思うのであれば就活塾の学費は安いです。

この金額で就活のフルサポートが受けられ、塾によっては内定保証がついたり生涯賃金が1億円以上アップすることが約束されたりするので、全力で就活をしたいなら就活塾を使うというのはアリです。

就活塾を活用する大学生が今まで以上に増えてきている

今や、正社員の就職率は約60%、つまり5人に3人しか正社員になれないという厳しい時代です。

これから景気が悪化すれば、もっと就職は難しくなるかもしれません。

それだけ先行きが見えない不安定な状況だからこそ、大手の安定した会社に正社員で入りたいというニーズが高まっています。

実際、就活開始当初は順調に就活が進み「就活なんて余裕でしょ!」と高を括るも、次第に就活に苦戦し始め「やっぱり就活塾に行った方がいいのかな……」と考え始める就活生がここ数年増えています。

就活塾に求めるものは人によりバラバラですが、あなたに合ったところを選び、志望する会社へ入れるようにするとよいでしょう。 

就活を頑張りたいなら利用すべき

ここまで就活塾の概要をざっくりとお伝えしましたが、要は就活を頑張りたいなら利用すべきというのが結論です。

就活塾に入る人の特徴を以下に2つ挙げますが、このいずれかに当てはまるのであれば、就活塾を検討してみてください。

①これまで大して意識高いことをしてこなかったけど、就活だけはさすがにちゃんとやらないとマズイ

これは就活塾に入る人の中で最も多いタイプですが、以下のタイプに当てはまる場合は、特に就活塾に行った方がよいです。

  • 地頭が悪いという自覚がある
  • コミュニケーションに難がある
  • 就活を始めるのが遅かった
  • アピールできる実績がない

なお、いくら学業面で成果を上げていたとしても、それを選考の過程で上手くアピールできなければ、あまり意味がありません。

これまで勉強しかしてこなかったという場合は、ぜひ就活塾でアピール方法を学び、上手く実績をアピールできるようにするとよいでしょう。

②外資系企業や一流企業へ確実に内定したい

このようなニーズで就活塾を活用する人も一定数います。

人気の業界では、元々持っている実力だけでは他の就活生と拮抗してしまうので、業界研究をはじめ、面接対策などを完璧にして内定獲得につなげたいというニーズです。

はなからヤル気がないのであれば、いくら就活塾に行ったところでムダ

いくら就活塾がモチベーションを上げたりノウハウをくれたりしても、言われた課題をやらなかったり朝起きるのが遅くてダラダラしたりするのであれば、就活塾に行く意味はあまりないです。

就活はお金だけで解決できるような楽なものではないので、ナメていると就活自体を失敗することになります

就活に対してまだそんなにヤル気が出ないのであれば、就活塾に行く・行かない以前に、まずは自分の置かれた状況を冷静に考えてみましょう。

5つの選び方

ここまで就活塾の利点についてご紹介してきましたが、実際には就活塾の質はピンキリで、サポートの手厚さや指導方針、評判は塾により大きく異なります

実際、就活塾は全国津々浦々に点在し、就活塾NAVIには66校、就活塾比較ガイドには52校が載っています(2019年6月28日現在)。

よく、自分の行きたい企業や業界の内定実績を比較して就活塾を検討する人を見かけますが、ここからは、どのようにして自分に合った就活塾を選べばよいかを解説していきます。

選び方①妥当な授業料か?

「内定率〇〇%!」と謳っている塾が多いですが、大半の就活塾はブラック企業と提携して単純に学生をそこに流し込んでいるだけなので気を付ける必要があります。

実際、「料金が安い塾は、ブラック企業に学生を突っ込んだら、裏でブラック企業からお金をもらえるから安い金額である」という人材業界の有名な都市伝説があるくらいです。

これでは、もはや就活塾ではなくただの人材紹介・斡旋業者ですよね。

人材市場での仲介手数料の相場は年収の3割ですから、年収270万円の新卒学生を1人企業に入社させれば、それだけで81万円が懐に入るということになります。

これが、安い授業料でも就活塾がやっていけるカラクリです。

安かろう悪かろうだと、そもそも塾を使う意味がないので、どの塾が質の高い企業に自分を導いてくれるのかをきちんと見極めましょう。

選び方②内定保証はあるか?

そこで大事になってくるのが「入塾して内定が取れなければ◯円返金する」という内定保証です。

内定保証があると、学生が内定を取れなければ塾側が損をすることになるので、塾側としても必死に指導します。

これは指導内容に自信があることの裏返しでもあり、そういう意味では内定保証を付けているところは信用できるでしょう。

もちろん、ただの内定保証であればブラック企業に突っ込んで終わりということもなくはないので、内定保証の具体的な中身を吟味する必要はあります。

選び方③個人に合った指導をしてくれるか?

もう1つポイントを挙げるとすれば、個別指導の有無です。

内定実績ばかりを打ち出している就活塾は、単純に優秀な人だけを集めて集団授業をしている場合が多いです。

実際、そういった就活塾に入って落ちこぼれ、内定が出なかった……という話もYahoo!知恵袋などで散見されます。

また、1人1人に違った個性があるからこそ、個々人に合った最適なプログラムを作って個別指導をしてくれるかがかなり重要です。

弱みを潰しながら強みを伸ばし、最短で就活力を高めるには、あなたのことを知り尽くした先生に1対1でのトレーニングでESや面接をチェックしてもらい、志望企業に照準を絞った対策をすることが必要です。

就活塾を選ぶときは、必ず個別指導のところを選ぶ!」というのが鉄則です。

選び方④対応の速さと先生の専門性

「面接が明日に迫ってる!」

「今日中にES出さなきゃ!」

これらは就活中によくあることですが、そんな時には、すぐに対応してもらえると助かりますよね。

多くの就活塾は対応に数日を要しますが、中には突発的な要求にも対応してもらえるところもあります。

就活に精通している先生による丁寧なサポートはもちろんのこと、いつでも24時間以内に添削済みのESを返してくれたり質問に答えてくれたりするようなところを選びましょう

また、どの業界や職種を目指すかにより必要なノウハウが違うので、目指す業界や職種で働いたことのある先生に、身になるノウハウや働く上での醍醐味をしっかりと教えてもらうことが大切です。

選び方⑤オンライン受講の有無

オンラインで受講できると、わざわざ校舎に足を運ぶ必要がないので時短になります。

就活に使える時間は限られていますから、限られた資源である時間を効果的に使うにはオンライン対応もしているところを選びましょう。

なお、人気の就活塾についてはこちらの「NAVERまとめ」の記事によくまとめられているので、一度目を通しておくとよいでしょう↓

【2021卒向け】最新オススメ就活塾ランキングTOP10

トラブルになった事例

残念ですが、就活塾を選ぶ上で気をつけるべきことは色々あります。

例えば、就活塾をめぐる主なトラブルだと以下のような事例があります。

  • 内定保証の条件を読んでいなかったがために、返金要求しても学費が返ってこない
  • 勧誘がしつこく、無理やり入塾させられた
  • 入会者が叫んだり踊ったりと奇妙な活動をしている
  • 内容が就職活動と関係のないただの自己啓発セミナーだった
  • 入ってみたらフリーターを養成する場所だった

大抵のトラブルは入塾時の申込書をきちんと読んでいないことが原因なので、きちんと塾の規約を読んでから入塾しましょう。

ただ、中には契約書を読むだけでは見抜けない詐欺的で悪質な就活塾もあります。

ブラック就活塾の特徴をざっくりとまとめると……

  • 営業所で「この場で決断しなさい」などと強い態度で契約を迫る
  • 塾生に募金活動をさせる

こういった塾に入塾すると、内定がもらえないわ、気付くと精力的に活動したつもりが時間とお金を無駄にしてしまったわ……ということになりかねません。

こういった就活塾に出くわしたら、即、消費者センターに通報しましょう。

「就活に役立つ」と謳う無料の自己啓発セミナーに要注意!

「就活に役立つ!」と謳っている自己啓発セミナーに行くぐらいであれば、最初からブラックでない就活塾に入ったほうがいいでしょう。

元々、自己啓発というのはノウハウではなくマインド寄りのものですが、いくらマインドを啓発したところでノウハウがないと実際の就活ではどうしようもないです。

どんなにマインドが素晴らしくても、面接での話し方が滅茶苦茶だと相手に自分の良さが伝わりませんし、自己啓発セミナーにハマり過ぎて人生理念とかマインドの話が頭から離れなくなって正常な判断を下せなくなった人をこれまでも何人も見てきました。

そういう人は、やたら企業理念を推してくる、人材が来なくて困っているような、優良企業とは言い難いブラックなベンチャー企業や中小企業に喜んで就職していきます。

実際、自己啓発セミナーの多くは人材紹介ビジネスなので、セミナーの受講生を企業に紹介して企業からお金をもらうことで儲けているところも多いです。

就活塾では、マインドコントロールで頭を溶かされる心配もく、内定から逆算して必要なことを優先的に学べるので、ブラックでない就活塾を利用することを強くオススメします

プラン・内容が特徴的な6つの就活塾

ここからは、オススメの就活塾を6つご紹介していきます。

①元祖・就活塾の我究館

ジャパンビジネスラボ株式会社が運営する我究館

我究館はその名の通り、自己分析を極めるというコンセプトで運営されているキャリアデザインスクールです。

就活塾という形のビジネスを最初に始めたのがこの我究館だと言われています。

「絶対内定」という本を毎年出版しているのが有名ですし、新卒だけでなく既卒のキャリアデザインも請け負っています。

有名な分、ネガティブな口コミも多く見受けられますので、その辺りは評判を調べてみるとよいでしょう。

ちなみに、運営元のジャパンビジネスラボは、最近、ブラック企業大賞にノミネートされていました。

②「ホワイト企業への内定請負人」ホワイトアカデミー

 

 

 

元外資系経営コンサルタントの起業家が始めた就活スクールで、運営元はAvalon Consulting株式会社です。

集団授業にして経営効率を上げている就活塾が多い中、個別指導にこだわり、生徒指導への真摯さを追求しています。

ホワイト企業の内定が取れなければ払った学費を全額返金するという超・男前な制度になっているだけでなく、30〜40代で年収1千万円を目指せるキャリアプランを提示してくれるので、コスパが良いです。

また、これまで通学でしかカバーできなかった就活対策のノウハウとトレーニングを全てオンラインで行うことも可能にした指導形式となっています。

メディア掲載実績も豊富で書籍も執筆している辺り、ある程度信用がおける塾です。

ワークライフバランスと高給がセットになったホワイト企業に内定し、親を安心させたい方には向いているでしょう。

ホワイト企業内定率No.1の就活塾「ホワイトアカデミー」の詳細はこちら

 ③内定率100%が特徴の就活.salon

就活.salon

こちらもホワイトアカデミーと同じく、東大の卒業生が立ち上げた就活塾です。

内定率100%がウリのようですが、キャビンアテンダントを目指す方向けのエアライン対策コースもありますので、空の女性を目指す方にはこちらの就活塾がオススメだと思います。

④「考える力(?)」を徹底的に鍛えるウイニング就活塾

就活塾・SPI対策 – 10年後,社会で活躍するならウイニング就活塾

SPI対策を週1回の授業で実施してくれます。

遊び感覚で就活をしたい人には向いているかもしれません。

⑤自称「一番手厚く指導する就活塾」キャリアアカデミー

就活塾 公式ホームページ キャリアアカデミー池袋校

元人事を中心とした講師陣から回数無制限で個別指導が受けられ、夜22時まで開校しています。

人事は何を見ているのか? どんな企業が向いているのか? いつ何をすればいいのか? といったことを教えてくれます。

雰囲気は結構ゆるいみたいです。

⑥オリジナルのテキストによる人間力(?)を重視する内定塾

内定塾

非常に有名で業界最大手の就活塾です。

OBが来るセミナーでは実際に社会で活躍している社会人のお話を聞けるようです。

ただ、人数が多いためトラブルなどもあるようです。

詳しくは評判を検索してみるとよいでしょう。

結局、どこがいいの?

さて、今回の記事は以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

この記事でもご紹介したように、世の中にはたくさんの就活塾がありますが、それぞれユニークな点があります。

この記事では紹介しきれなかった就活塾についてはこちらの「NAVERまとめ」の記事によくまとめられているので、就活塾選びに迷っているのであれば一度目を通しておくとよいでしょう↓

【2021卒向け】最新オススメ就活塾ランキングTOP10

就活は、あなたの今後の仕事人生、社会人生活を大きく占う一大イベントです。

その第一歩を踏み出すあなたにとって、就活塾は最高の自己投資になります。

この記事を参考にして、ぜひ、あなたにピッタリの就活塾を見つけ、最高のファーストキャリアを実現してくださいね!

応援しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^ ^)

気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

ホワイト企業への内定を専門とする就職コンサルタント。ホワイト企業への内定率は100%を誇っている。東京大学工学部卒。学生時代には大手企業(Sony、新日鐵、帝人、DUNLOP、DeNA、経済産業省、財務省など80社)相手に人事面からの支援を行っていたことがこの仕事を始めたきっかけ。 集客・営業代行のビジネスでは、東京大学で行った企画でゼロから1500人を集客しただけでなく、恋愛系企画においては朝日新聞・フジテレビ・AERAの一面にカラーで掲載。 その後、キャリアアップや人材育成の研修を行う外資系コンサルティング会社に就職。入社後、多くの中小企業の経営問題を人財育成の観点から解決に取り組むべく、新規事業・アプリ開発などを担当し、現在独立。 セミナーやコンサルティングを不定期で開催しており、過去の相談件数は500件以上。通算400回はセミナーを行っている。 クライアントには月収を6倍にした元サラリーマンや月商を3倍にした音楽の楽団長、所沢での学習支援業の起業に成功した大学生など幅広い。 趣味は読書と執筆。数学検定1級保持者。