知らないと損 !?いい企業に内定するための就活塾を徹底比較!

就職活動中、一度は耳にするのが就活塾や就職予備校の存在。

気になって「就活塾」と調べてみると、「三菱商事内定!」とか、「就活塾は詐欺」、「無料の就活塾はやめておけ」など、様々な情報が入り乱れています。

そこでこの記事では、就職支援サービスを利用して日本IBMなどの内定を獲得したことのある筆者が、就活塾運営の実態、そしてオススメの就活塾までまとめて解説します。

記事の執筆にあたって有名メディアの東洋経済onlineや就活塾比較サイト、そして私自身の体験談を参考に執筆しました。あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

この記事を書いた人:hara-chan

WhiteAcademyの卒業生で、 理学部出身の女性(リケジョ)。大学では自身の興味とかけ離れた授業ばかりで、思っていたキャンパスライフとは違ったため、悶々とする日々を送っていた。その中で理系学生の学部就職の難しさを知り、将来への不安を感じたため、学外で活動することを決意。起業スクールや公務員のための予備校などをさまよった後、WhiteAcademyを活用して日本IBM、アビームコンサルティング、ワークスアプリケーションズの内定を獲得。その後、ふと授業に戻ってみると、同級生の誰も就活について正しい情報を知らないことに気づく。「もっと仕事について考える機会を持ってほしい」「会社名で選ぶのではなく、自分にあった最適な職業を見つけてほしい」という思いをもとに現在は就活アドバイザーとして活動している。

▼就活塾比較はこちら

そもそも就活塾とは?利用すると有利なの?

N745_yousuwomirusarari-man_TP_V1

「就活塾」とは、就職活動支援のことで、就職活動中あるいは就職活動を控えた学生や若者に対して、有償で就職支援サービスを提供するビジネスを指します。

サポート内容はエントリーシートの書き方の指導や面接・グループディスカッションの模擬練習、基本的なビジネスマナーの講習、進路相談などが中心。

参照:「就活塾」とは? – 『日本の人事部』

近年、就活界隈で流行っているのが就活塾や就活予備校です。

先行きがどうなるか不安な世の中において、大手の安定した会社に正社員で入れることができれば、仕事も安心して生き生き取り組めますよね。

ですが、そんな正社員への就職率は、約60%という厳しい状況になっていますので、就活塾を活用する大学生が今まで以上に増えてきているというわけです。

ここではそんな就活塾の概要について触れていきましょう。

大学受験の際に予備校に通った人は多いと思います。その就活バージョンが就活塾です。

私が調べたところによると、就活塾の数は就活塾Naviには74社、就活塾比較ガイドには53社が掲載されていました。ものすごい量です。

それくらい、就職活動で良い企業に合格したいというニーズは高まってきているということなのでしょう。

就活塾の評判と実態

ここからは、就活塾の評判と実態について解説していきます。

私がよく聞く有名なものをザックリ表にまとめてみると、こんな形になりました。

就活塾の費用早見表

塾名運営会社金額
内定塾株式会社ガクー 300,000円(総合オプションコース)
キャリア
アカデミー
キャリアアカデミー株式会社 198,000円(フルサポートコース)
就活ゼミ株式会社イドムパートナーズ 195,000円(就活総合力強化コースPP)
我究館株式会社ジャパンビジネスラボ 178,000円(大学3・4年/院生コース)
就活.salon 株式会社ノウフージャパン  169,000円(フルサポートコース)
内定ラボ 株式会社クリエイティブ・ラボ  98,000円
White AcademyAvalon Consulting株式会社 818,000円(スタンダードコース)

引用元:就活塾比較ガイド、内定塾HP、キャリアアカデミーHP、就活ゼミHP、我究館HP、就活.salonHP、内定ラボHP 、White Academy HP

ご覧の通り、内定をサポートしてくれる就活塾はどこもそれなりの価格です。

「ネットで人材紹介会社がたくさんのノウハウを無料で提供しているのだから、就活塾は必要ないじゃないか」と話す就活生が大勢いますが、実はそんなことはありません。

 

上図は就活塾(我究館)を含めた就職活動に関する情報を提供するものを「サポートの手厚さ」と「企業の量・質」の二軸でマッピングして表したものです。

これを見ればわかる通り、就活ナビは情報を提供してくれるだけであって、あなたの就活のサポートをしてくれるわけではありません。

なぜ今、就活塾の需要が高まっているのかというと、ノウハウだけを学んで大手の内定を勝ち取ることができる人が少ないからです。

就活塾はあなたが志望する企業に受かるために必要な幅広いサポートをしてくれます。

仲間やメンター、そして受講生が継続的に学習に取り組める環境を用意してくれる就活塾というのは、この情報化社会でもやはり価値があるということになります。

▼就活塾比較はこちら

就活塾は行くべき?向いている人と向かない人

tsuru_syouganaina-_TP_V1とはいえ、全員が就活塾に通うべきかと考えれば、そうでもないと私は思います。

これは予備校の原理と同じです。

偏差値70の人が帝京大学に入るために予備校に通うべきかと言われれば、そんなことはないでしょう。

なので、就活塾に行くべき人と行くべきでない人を列挙すると、ざっくりこんな形になると思います。

就活塾に向いている人

①意欲はあるが、特に実績や能力があるわけではない人(学部生に多い)

「今までの大学生活ただダラダラ遊んできただけだった・・・。

でも、就活はとても大事なものだし、めちゃめちゃ頑張ってやってやる!」というタイプ。

私がよく相談を受けるのもこのタイプです。

このタイプの方には就活塾は向いていると思います。

このタイプは「頑張ろう!」と思うのはいいものの「で、何から始めればいいの?」となりがち。

ですから、「こうやればいいんだよ」と教えてくれる就活塾はありがたい存在になるのではないでしょうか。

このタイプはやり方さえ分かればあとは一生懸命やるので、払ったお金以上の成果を残せるのではないかと思います。(もちろん塾によります。)

②研究等でしっかりと実績を残してきたが、面接やグループディスカッションに難のある人(理系院生に多い)

「研究頑張ったし、論文の評判も上々。ただ面接となるとどう伝えればいいか分からないし、グループディスカッション(以下、GD)でも黙りがちで落とされちゃう・・・」っていうタイプ。

このタイプにもおススメです。

もちろん面接でのチェックポイントやGDの書き方等は当サイトをはじめとしてネット上にたくさん転がってますが、それを読むだけでは面接やGDは上達しません。

やはりある程度場数を踏んで、自分なりの法則を導き出さないと、通過率は上がりません。

就活塾に行って面接やGDの練習を徹底的に繰り返せば、自分の研究実績をスムーズに伝えたりGDで存在感を示すことができ、内定を貰える確率が高まるのではないかと思います。

▼就活塾比較はこちら

就活塾に行かなくてもOK!向いていない人

①社会人基礎力が十分あり、わざわざ行かなくても志望企業から内定を貰える人

このタイプの人は、就活塾に行ってもほとんど意味ないです。

こういう人はネットで就活情報調べて、ササっとエントリーシートをだしてスッと面接受けてサクッと内定を貰うでしょう。

私もこんな人に生まれたかったものです。

こういった人は主にはベンチャーなどでの長期インターンシップをすることで生まれるみたいです。

あとは、すでにビジネスをしていたり、社会人との接点が多かったり、大学2年生から三菱総研のアルバイトをしていたりする人。

そんな感じで社会人と仕事をするのが普通になっている人は、当然のように社会人基礎力が付いています

メールの書き方、挨拶の仕方、時には営業の仕方など。。。

「もはや中途でもいけるんじゃないか!?」

と周囲に思われるような人ですね。・・・なかなかいないですが。

②行っただけで満足して行動しない人(文系に多い)

予備校にもいませんでしたか、こういうタイプの人。

高いお金だしていろんな講座取るのはいいものの、自分で予習復習もせず適当に授業聞いて勉強した気になってる残念な人。

このタイプは就活塾にも結構いると思われます。

いくら就活塾がモチベーションを上げてノウハウをくれるとはいえ、言われた課題をやらなかったり、朝起きるのが遅くてダラダラしてるようでは、就活塾にもどうしようもありません。

お金を払って内定貰えるほど就活は甘くないので、このタイプはわざわざ行かないほうがいいです。

時間とお金をドブに捨てることになりますから。

というわけで、自分がどのタイプか見極め、もし向いているタイプなのでしたら就活塾を検討してもいいのではないでしょうか。

その後の一生を決めるのに就活塾の学費が高いか安いかはよく考えてみるとよいでしょう。

就活塾の選び方

ここからは、どうすればあなたにあった就活塾を選べるのかについてポイントを解説します!

行きたい企業に入っている実績があるか?

tsuru_syouganaina-_TP_V1

あなたの目的を達成してくれそうな塾が幾つかあった際に、検討したいのは実績です。

あなたの行きたい会社に内定実績があるでしょうか?

ないしは同じような業界に内定実績があるでしょうか?

そういったことを確認してから入っても遅くはありません。行きたい会社が決まっている人はこの確認をした方が良いでしょう。

内定率が〇〇%とうたっている塾は多いですが、塾によってはブラック企業と提携し、単純に学生をそこに流し込んでいるだけの塾はたくさんあります。

特に安い塾にこの傾向が強い(企業からお金をもらっているため)ので、金額の安い塾にはくれぐれも注意し、質の高い企業に学生を導いてくれる塾なのかを確認しましょう。

内定保証はあるか?

内定保証とは、「入塾して内定が取れなければ◯円返金する」などの条件をつけているところです。

こういった内定保証をつけている塾はひとつ信用がおけますよね。

学生が内定を取れなければ塾側が損をする仕組みになっているからです。

ただ、内定保証にはメリットとデメリットがあります。

メリットは、良質なサポートが受けられることで、あなたが安心して内定獲得まで取り組めるということです。

そりゃ、保証があれば人間は頑張れる生き物です。

一方で、デメリットはあなたがなまけきってしまう可能性があるということです。

「内定保証があるから最悪返金すればいいか〜」みたいな態度で就活塾を活用しても基本的には受からないでしょう。

就活塾を活用するからには、絶対に自分のライフスタイルを実現できる会社の内定を取るんだという意識や心構えが必要です。

個人にあった指導をしてくれるか?

就活塾を比較する際に考えたいのが、個別指導の有無です。

内定実績ばかりを打ち出している就活塾は、単純に優秀な人だけを集めて集団授業をしている場合が多々有ります。

そういった就活塾に入り、中で落ちこぼれた挙句、見向きもされずに内定が出ない、、、そういう思いをする就活生の数は枚挙にいとまがありません。

就活では、一人一人に違った個性がありますし、悩みを一人で抱えがち。

だからこそ、個人個人にあった最適なプログラムを個別指導で教えてくれるかどうかはかなり重要だと言えます。

就活塾を選ぶ際は必ず個別指導のところを選びましょう。

そうしないと、心のケアがされず、不安のまま就活をすることになってしまいますよ。

経験者が選ぶおすすめ就活塾

ここからは、経験者の私がオススメの就活塾を紹介します。

プラン・内容が特徴的な塾をまずは紹介

元祖就活塾の我究館


ジャパンビジネスラボ株式会社が運営する我究館。

我究館はその名の通り、自己分析を極めるというコンセプトで運営されているキャリアデザインスクールです。就活塾という形のビジネスを最初に始めたのがこの我究館だと言われています。

絶対内定という本を毎年出版しているのが有名ですし、新卒だけでなく既卒のキャリアデザインも請け負っています。良くも悪くも有名な就活塾と言えます。
より詳しいこと以下の記事にまとめられています。
我究館で使われる本やワークシート、学生校と社会人校の評判まとめ

我究館で使われる本やワークシート、学生校と社会人校の評判まとめ

投稿:2018.08.09 | 最終更新:2018.08.29

我究館というキャリアデザインスクールをご存知ですか? 我究館は杉村太郎さんが創業された就活塾なんですが、この記事では我究館のカリキュラムをはじめ、歴代館長・コ…

ホワイト企業から内定がもらえなければ全額返金!完全個別指導が魅力のWhite Academy(ホワイトアカデミー)

ちょっと横文字が多いWhite Academy(ホワイトアカデミー)ですが、こちらは元東大卒外資系経営コンサルタントの起業家が始めた就活塾・ビジネススクールです。運営はAvalon Consulting株式会社となっており、ホワイト企業への内定率が100%となっています。

さらに、もしホワイト企業に内定が取れなければ、払った学費を全額返金してくれという男前の制度になっているだけでなく、あなたの生涯賃金を最低でも1億円アップさせるためのキャリアプランを提示してくれます。そして指導形式も、これまで通学でしかできなかった就活対策のノウハウとトレーニングをすべてオンラインで行うことも可能にしています。

ワークライフバランスと高給がセットになったホワイト企業に内定し、親を安心させたい方にはこのサービスは合うと思います。ちなみに、この塾は私がお世話になった塾です。以下の記事にその詳細を書いておきましたので気になる人は見てください。
ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.09.29

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

 内定率100%が特徴の就活.salon


こちらも同じく、東大の卒業生が作った就活塾です。内定率100%が売りのようです。すごいですね。東大首席が選ぶ就活塾で、内定獲得に特化しているのが特徴です。

キャビンアテンダントを目指す方向けのエアライン対策コースもありますので、空の女性を目指す方はこちらの就活塾がオススメだと思います。

https://syukatsusalon.com
就活塾でトラブルになった事例

就活塾での主なトラブルは、以下のようなものがあります。

  • 内定保証の条件を読んでいなかったがために、返金要求しても帰ってこない
  • 勧誘がしつこく、無理やり入塾させられた
  • 入会者が叫んだり踊ったりの奇妙な募金活動をしている
  • 内容が就職活動と関係のないただの自己啓発セミナーだった
  • 入ってみたらフリーターを養成する場所だった

たいていのトラブルは入塾時の申込書をきちんと読んでいないことによるものが多いです。仮にあなたが入塾するのであれば、きちんと塾の規約を読んでから入塾しましょう。

ですが、契約書に書かれていないような悪質なものがあります。詐欺的で悪質なもので私がよく聞くのが、東京都から是正勧告を受けた、塾生に募金活動をさせることで有名な「一生懸命塾」です。

こういった塾は入塾をしても内定がもらえるわけではなく、気付くと精力的に活動したつもりが時間とお金を無駄にしてしまっているのです。ブラック就活塾の特徴をざっくりとまとめると、

  • 帰りたがる学生を無理やり引き止めて契約をさせるような就活塾
  • 絶対に〇〇の内定が取れる」などと断定して勧誘する就活塾
  • 「主に就職活動中の大学生に対し、路上アンケートで電話番号を聞き出し、その後に執拗かつ迷惑な電話勧誘を繰り返したり、また、営業所では「この場で決断しなさい」などと強い態度で契約を迫る就活塾

です。以下の記事で体験談付きで解説していますので、注意してみてください。

【実録】巧みな口先で就活生を絡め取るI塾に気をつけろ!?【もはや恐喝!?】

【実録】巧みな口先で就活生を絡め取るI塾に気をつけろ!?【もはや恐喝!?】

投稿:2018.03.16 | 最終更新:2018.10.06

こんにちは、就活ライターのひるまきです。本日は、就活をしているけど、何をしたらいいかわかんなくて、説明会に何と無く通っている就活生に「これだけには気をつけて欲し…

 ▼イチオシの就活塾はこちら 

その他の就活塾も紹介

就活塾【内定ラボ】個別指導・時間効率・安心価格が特徴の就職予備校
https://naitei-lab.com/
https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fnaitei-lab.com%2Fimg%2Fwhat-naitei-logo.png&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r

安心価格で完全個別指導+充実カリキュラムを実現した効率重視型の就活塾です。かなり安い金額でしかも効率的に学ぶことが出来ます。というかちょっと安すぎるので注意が必要です。
より詳しくは以下の記事にまとめてあります。
内定ラボの場所・電話番号・ブログ・GD練習会・評判をまとめてみた

内定ラボの場所・電話番号・ブログ・GD練習会・評判をまとめてみた

投稿:2018.08.13 | 最終更新:2018.08.13

岡島 達矢さんが代表を務める内定ラボという就活塾をご存知ですか? この記事では内定ラボの場所や電話番号、ブログ、GD練習会、評判についてまとめています。 最…

就活塾・SPI対策 - 10年後,社会で活躍するならウイニング就活塾
https://www.win-kanata.com/
https://rr.img.naver.jp:80/mig?src=https%3A%2F%2Fimage.jimcdn.com%2Fapp%2Fcms%2Fimage%2Ftransf%2Fdimension%3D460x10000%3Aformat%3Djpg%2Fpath%2Fs46041e336a020107%2Fimage%2Fi5ab1475840d7f140%2Fversion%2F1464840105%2Fimage.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
ウイニング就活塾は、「考える力(?)」を徹底的に鍛える就活塾だそうです。参考書に載っていないSPI対策・ウイニング就活塾独自のSPI対策を実施してくれます。

一対一の個別授業を重視し、「考える力(?)」を徹底的に鍛え、それを活かした「ウイニング式就活術」を伝授してくれます。
「遊び感覚」で、「その場で学ぶ」がモットーで、ゲーム・クイズ・絵本等を活用した指導が特長です。ボスコン・アクセンチュア出身の講師が、1対1~対3の少人数制にて、週一回の授業を担当しているとのことです。
遊び感覚で就活をしたい人には向いているかもしれません。
就活塾、就職塾なら徹底した個人指導でフルサポートの「就活ゼミ」
https://shukatsu-seminar.com/
https://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fshukatsu-seminar.com%2Ffiles%2Fuser%2Fimg%2Findex%2Ffeature_1.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
充実した各種講座、徹底したマンツーマン指導、大手企業の元人事部長や役員が講師陣の就活ゼミ。
元大手企業の新卒担当の人事部長や人事担当役員が指導していますので、大手企業志望者にとっては非常に有益な就活塾です。徹底したマンツーマン指導もしてくれるので、教わったことが頭に入りやすいのもいいですね。
より詳しくは以下の記事にまとめてあります。 
就活ゼミ(就活予備校・千駄ヶ谷)の無料セミナーや評判・口コミまとめ

就活ゼミ(就活予備校・千駄ヶ谷)の無料セミナーや評判・口コミまとめ

投稿:2018.08.13 | 最終更新:2018.08.13

東京(新宿区)の千駄ヶ谷にオフィスを構える就活ゼミという就活予備校をご存知ですか? この記事では就活ゼミへのアクセスや就活ゼミの無料セミナー・評判・口コミにつ…

就活塾・就活予備校なら実力の【城南就活塾】
 https://www.johnan.jp/shukatsu/
https://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fwww.johnan.jp%2Fshukatsu%2Fwp-content%2Fthemes%2Fjohnan%2Fimages%2Ftop%2Ftop_title02.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
城南就活塾ではプロのカウンセラーがあなたの就職活動をトータルプロデュースしてくれます。充実の講義カリキュラムと無制限のES添削・個別カウンセリング・面接対策であなたの就職活動を成功へと導きます。
各学生の個性に焦点を当てたカリキュラムが特徴的な就活塾です。プロのキャリアカウンセラーCDAのマンツーマンの指導の下、実際に企業で出題された500社以上のデータベースを分析して作られたES指導をはじめ、すべての選考フローに対応した多彩なプログラムを無制限に受けられるそうです。
就活塾 公式ホームページ キャリアアカデミー池袋校
https://www.c-academy.co.jp/
https://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fwww.c-academy.co.jp%2Fimages%2Fogp_icon.gif&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
自称、一番手厚く指導する就活塾。元人事を中心とした講師陣と回数無制限の個別指導が受けられ、夜22時まで開校しています。人事は何をみているのか?どんな企業がむいているのか? いつ何をすれば良いのか? といったことを教えてくれます。雰囲気は結構ゆるいみたいです。

NHKでも取り上げられた有名就活塾です。元人事の個別指導により、模擬選考会、最終面接対策等の細かな対策が行えます。地方就活生向けのオンライン指導も行っています。ちなみにコーヒー・紅茶飲み放題みたいです。より詳しくは以下の記事にまとめてあります。
キャリアアカデミー株式会社の運営する就活塾の料金と評判まとめ

キャリアアカデミー株式会社の運営する就活塾の料金と評判まとめ

投稿:2018.08.13 | 最終更新:2018.08.13

キャリアアカデミー株式会社が運営するキャリアアカデミーという就活塾をご存知ですか? この記事ではキャリアアカデミーの料金と評判をまとめ、最後にはオススメの就活…

就活塾・就活予備校を選ぶなら【内定塾】圧倒的な実績と指導力
 http://www.naitei-jyuku.jp/
http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=http%3A%2F%2Fwww.naitei-jyuku.jp%2Fimg%2Findex%2Freserve_seminar.gif&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
非常に有名な就活塾です。オリジナルのテキストによる、人間力(?)をいうものを重視しており、集団講義や実践練習の回数が多いのが特長です。OBが来るセミナーにより、実際で社会で活躍している社会人のお話を聞くこともできます。飲み会や合宿もあるそうです。
より詳しくは以下の記事にまとめてあります。
内定塾の講師・本・口コミと全12校舎のアクセス・電話番号・料金まとめ

内定塾の講師・本・口コミと全12校舎のアクセス・電話番号・料金まとめ

投稿:2018.08.09 | 最終更新:2018.10.05

内定塾という就活塾をご存知ですか? 内定塾は2005年に株式会社GAQOO(ガクー)によって設立された業界最大手の就職活動支援塾です。 この記事では、ガクー…

就活の役に立たない無料セミナーに要注意!

LISA141018397472_TP_V1

この後にどの就活塾が良いのかについてお伝えしますが、その前に無料の就活塾について取り上げておきます。無料で就活塾をやっている事例には相当な注意が必要です。

なぜなら、無料の就活塾は単なる人材紹介だからです。よく考えてみればわかると思いますが、あなたからお金を取れないなら、どこからお金を得てその塾は経営しているのでしょうか?

それは、人材がこなくて困っているベンチャー企業や中小企業ですよね。場合によってはブラックな場所や優良企業とは言い難いところも多くあるため、こういった無料スクールも要注意と言えます。

中には「就活に役立つ!」とうたっている自己啓発セミナーもあります。元々、自己啓発とはノウハウではなくマインド寄りのものです。就活生にとってのマインドはもちろん大切ですが、マインドだけでは就活で内定を獲ることは出来ません。

どんなにマインドが素晴らしくても、面接での話し方が滅茶苦茶では相手に良さが伝わらないでしょう。

私は過去こういった自己啓発セミナーを受けた学生の就職相談に乗ったことがありますが、セミナーで学んだ内容が頭の中にしこりとして残ってしまい、正常な判断を下せなくなっている人が多数いるように見受けられます。

自己啓発は素晴らしいことですが、社会人になってからでも出来ることとも言えます。就活生にとっての優先事項を考えると、しっかりと内定を獲得してからの方がやりたい勉強に時間を費やせるのではないでしょうか。

何事も「無料だから」と言う理由で安心してしまうのは、大きな間違いだと思った方が良いでしょう。「タダほど高いものはない」という言葉もありますから。以下にこういった自己啓発セミナーの代表格を記載しておきましたので、参考にしてください。

アチーブメント株式会社

株式会社Legaseed(レガシード)

▲イチオシの就活塾はこちら

結局、どの就活塾がいいの?

ここまで見てきましたように就活塾を選ぶ際のポイントは、内定保証と実績、そして個別指導の3点です。

ここで紹介した3つのポイントを総合的に評価してみると、私が最も優れていると思う就活塾は、ホワイト企業就職率100%の就活塾(ビジネススクール)「White Academy(ホワイトアカデミー)」

White Academy(ホワイトアカデミー)完全個別指導制ですし、ホワイト企業に内定がもらえなければ料金の支払いが不要という特徴があります。

費用対効果についても、この塾を活用することで生涯賃金を最低でも1億円アップさせることができますので、コストパフォーマンスが非常に高いと言えます。

それに、集団授業をして経営効率を上げている就活塾が多い中、すべて完全個別指導主義で内定保証を行っているのも好感が持て、真摯さが伺えます。まさにホワイト企業への内定請負人そのものです。

ちなみに気になる授業料は、分割払いを活用すれば25,616円/月〜で可能です。

私はこの塾を活用して日本IBMの内定を獲得しましたので、「結局どこの就活塾がいいの?」と就活塾の選択に迷っているのであれば、まずはWhite Academyについて調べてみることをおすすめします。

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

ホワイト企業就職率No.1の就職予備校ホワイトアカデミーとは?

投稿:2018.01.25 | 最終更新:2018.09.29

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでした。 ですが、私はWhiteAcademy(ホワイトアカデミ…

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    WhiteAcademyの卒業生で、 理学部出身の女性(リケジョ)。大学では自身の興味とかけ離れた授業ばかりで、思っていたキャンパスライフとは違ったため、悶々とする日々を送っていた。その中で理系学生の学部就職の難しさを知り、将来への不安を感じたため、学外で活動することを決意。起業スクールや公務員のための予備校などをさまよった後、WhiteAcademyを活用して日本IBM、アビームコンサルティング、ワークスアプリケーションズの内定を獲得。その後、ふと授業に戻ってみると、同級生の誰も就活について正しい情報を知らないことに気づく。「もっと仕事について考える機会を持ってほしい」「会社名で選ぶのではなく、自分にあった最適な職業を見つけてほしい」という思いをもとに現在は就活アドバイザーとして活動している。