【業界研究】出版業界について徹底解説!職種やランキングから教えます!

高い人気を誇る出版の仕事ですが、出版不況と言われている現在でも人気がある職業です。そんな出版業界に興味がある、もしくは就職したい!という方もおられるのではないでしょうか?

今回はそんな方々のために出版業界の概況や今後の動向・課題・志望動機・OB・OG訪問など出版業界の就活に必要なことを徹底的に調べてきました。

ぜひ参考にしてみてください!

この記事の登場人物

富田:理工学部の3年生。自己主張は苦手だが心根は優しい草食系男子。メーカーを志望して就活をしている。

春山:経済学部の3年生。あだ名はハルちゃん。明るくハキハキしていて「考えるより動け!」の行動派。母子家庭出身で、化粧品や日用品など女性を対象とした仕事に就きたいと考えている。

白河:社会人3年目のヘッドハンター。ホワイトアカデミー在学中に内定をもらった東証一部の人材系企業で勤務。ホワイトアカデミーとは、特別講師という形で現在も付き合いが続いている。

※この記事の内容は、あくまで一般的なものです。ホワイトアカデミーの無料相談会に参加すると、就活のプロからあなたにピッタリのアドバイスがもらえます!

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

投稿:2018.11.12 | 最終更新:2018.12.05

就活では色々な情報が飛び交い、正直、何をすればいいのか分からないですよね? 今のあなたは、初めての就活(もしかしたら2回目かもしれませんが)を前にして、色々と…

 

出版業界の仕事内容は?

春山
友達が出版業界に就職したいって言ってるんだけど、出版業界って編集以外にどんな仕事をしてるんだろ?
富田
そうだね、確かに誰もあまり知らないよね…
白河
じゃあ、出版業界はどのようなことをしている業界なのか見てみようか。

漫画や雑誌、教科書など様々な書籍が世の中に溢れていますが、出版業界の仕事は主に「編集・デジタル通販・版権・営業・管理」の五つに分類されます。

では一つずつ見ていきましょう!

編集

「編集」は主に、「打合せ・原稿の受け取り・入稿作業」に加えて、修正と構成を行い作品を作る業務です。

しかし、出版社によって仕事内容は多少あります。

例えば漫画雑誌を扱う企業では、撮影や新人作家の発掘と育成・イベント活動・アニメ化された漫画の監修も行います。また、ファッション誌では、スタイリストとコーディネートチェックをしたり、Webページの編集を行います。

デジタル・通販

「デジタル・通販」の仕事内容は、電子書籍や電子コミックなど、デジタル関係の企画や制作、編集や配信などを行います。

また、ネットで購入する人の需要が増している通販サイトについては、企画や商品の制作、運営や管理、ネットビジネス開発などの仕事を行います。

版権

「版権」の仕事内容は主に著作権に関連した仕事になります。

マンガや書籍が、アニメ化やテレビドラマ化、映画化、舞台化する際に、作者から依頼された権利をもとに、複製や販売、契約や出資金の交渉などを行います。

最近では、日本の漫画は海外で人気を集めているため、海外での出版に関する仕事も行います。

営業

「営業」の仕事内容は、マーケティングや販売計画・促進、発行部数を考えるのが主な業務です。

例として、お客様が直接購入する書店にチラシを持って営業に行きます。そこで、魅力やアピールを担当者に話し、入荷してもらうように営業を行います。そして、販売を促進するために陳列を考えたり、担当編集者と全国の書店に営分類する業に行くこともあります。

管理

「管理」の仕事内容は主に「経理・総務・法務・人事」の四つに分類されます。

まず、「経理」予算決算などの財務全般を行います。

「総務」は、企業全体の運営を担うだけでなく、庶務や管財、などの企業活動を円滑に進めるように調整を行います。

「法務」は、取引を行う中で必要になる契約や、知的財産に関する業務を行います。

最後に「人事」は、出版社の採用、異動、出退勤、給与の管理を行います。

出版業界の売上ランキング

春山
出版業界って編集と営業のイメージしかなかったけど様々な部署があるんだね。
白河
そうだよ、これら五つの職種の人が関わって初めて一冊の本ができるんだよ。
富田
知らなかった…業界研究って重要なんだね。
春山
業界研究で疑問に思ったんだけど、出版業界で売上が一番の企業ってどこなんだろう?
白河
やっぱり気になるよね。じゃあ、今から売上ランキングを見ていこうか。

出版業界 売上高&シェアランキング

  企業名 売上高(億円) シェア
1 ベネッセHD 4,441 40.0
2 カドカワ 2,009 18.1
3 ぴあ 1,386 12.5
4 学研HD 959 8.6
5 ゼンリン 549 4.9
6 プロトコーポレーション 542 4.9
7 昭文社 130 1.2
8 クイック 124 1.1
9 サイネックス 119 1.1
10 文溪堂 114 1.0

業界サーチ(https://gyokai-search.com/2nd-search.html)

昨今、若者の読書離れや紙媒体の減少が叫ばれている中で、雑誌、主に『週刊少年ジャンプ』などのコミック誌の減少が目立つ出版業界です。

一方、ベネッセHD・学研HDなどの学習参考書、教養新書や文芸書の売り上げは前年に比べ上昇しています

。昨年は『うんこ漢字ドリル』(文響社)『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)などが社会現象を引き起こしました。

出版業界の年収ランキング

春山
ベネッセの売り上げがすごい!
富田
確かに参考書はみんな買うからね…
白河
そうだね、次は出版業界の平均年収ランキングを見ていこう。

出版業界 平均年収ランキング (平成27-28年)

  企業名 平均年収(万円)
1 東洋経済新報社 1,110
2 ベネッセHD 942
3 インプレスHD 937
4 学研HD 931
5 カドカワ 758
6 ぴあ 740
7 SEHD 687
8 中央経済社HD 658
9 セブンシーズHD 618
10 昭文社 597

業界動向サーチ(https://gyokai-search.com/4-hon-nensyu.html)

今回のランキングでは東洋経済新報社が売上高ランキング一位のベネッセHDを抜いています

東洋経済新報社は代表作の『週刊東洋経済』もちろんのこと就活生なら誰もが手にした経験がある『会社四季報』をはじめとする『四季報』シリーズを発行しています。

これらの商品はいつの時代でも需要があり、一定の顧客を比較的容易に確保することが可能な点が高い平均収入という結果につながっていることが考えられます。

出版業界の動向と課題

春山
そういえば紙媒体が減っているっていうニュース聞いたような気が…一体どうなるんだろう?
富田
確かに電子書籍がでできたし、スマホで本読めるしね…
白河
確かに出版業界は市場規模は縮少ぎみだからね…詳しく見ていこう

1966年をピークに紙媒体の売り上げは減少傾向にあります。

特に近年は雑誌売上の落ち込みが顕著で、市場規模の縮小によって出版社、書店の数も減少しています。

その背景としてインターネットの普及による活字離れが挙げられます。こうした流れを受け出版業界は紙媒体のみならず、電子書籍の分野やインターネットとの連動制を高めましたコンテンツの制作に力を入れています

しかし問題点として、電子書籍を読むための媒体が高い点や使用感の問題などから市場規模はまだまだ小さく、売り上げの7割がコミックで占められているなど分野に偏りが見られる点が挙げられます。

出版業界の志望動機

白河
出版業界について一通り見ていったけど、どうかな?
春山
出版業界について少し興味が湧いてきました。
富田
そうだね。でも、一体なぜ出版業界で働いている人は出版業界を目指そうと思ったのだろう?
白河
それじゃ今、出版業界で働いている人たちが、どのような志望動機を持って、この業界に就職したのかを見ていこう。

本が好き

これは、出版業界に就職する場合には非常に重要な志望動機ではないでしょうか。

読者に読んでもらう為に本を制作しているにもかかわらず、作っている自分が本が好きでなければ、モチベーションも続かず、良い本を出版できなくなるでしょう。

また、読者の目線に立ち制作を行う必要があるので、必然的に読書を行っている必要があります。

本を通じて人の役に立ちたい

これは、ネット社会であるからこその志望動機だと言えます。

本にも『教科書・学習参考書』・『スポーツ雑誌』・『ファッション雑誌』など様々な種類があります。

例えば、出版業界を目指す人の中で教育に興味がある方は「教科書・学習参考書」を通して学習の手助けをしたい。

また、スポーツに興味がある方は、『スポーツ雑誌』などを通じて、スポーツをしている小・中・高生などに正しい練習法、トレーニング法を伝えたい。

そのような思いを胸にこの業界に目指した人は多くおられるようです。

出版業界に必要な資格は?

春山
様々な志望動機を持って、出版業界に就職する人がいるんですね。
富田
志望動機については分かったけど、必要な資格ってあるのかな?
白河

結論から言うと、出版業界に必要な資格はないよ。

ただ、前提条件として、高度な文章力、Excel・ワードなどの基本的なパソコンスキルなどが必要になってくるよ。また、出版業界のインターンやサークルもしくは、出版関係のサークルの経験があると有利になるかも。

また、時間がある人は次の資格に挑戦するのもアリだよ。

DTPエキスパート認証試験

この試験は、原稿作成や編集、デザインなどの作業をパソコンで行う技能を測るものです。

校正技能検定

1964年に創立された、老舗の編集者養成学校の日本エディタースクールが主催する「校正」の技能を測る試験です。

書籍制作技能検定

日本エディタ―スクールが主催する書籍の編集実務に必要な知識や技能を認定する試験です。

OB・OG訪問で聞くべき質問5選

春山
やっぱり、出版業界に就職するのも容易ではないんですね…
富田
でも、ネットの情報だけじゃ、必要な資格とか、業界の実態についてわからないよ…
白河
そういう時こそOB訪問をするといいよ。
春山
でも、一体何を質問すればいいんだろう?
白河
じゃあ、特に必要な質問5つを挙げていくから、順にみていこう。

1,出版社で本を扱うからこその魅力・やりがいはありますか?

OB訪問で社会人の方に仕事の魅力・やりがいについて聞くことは、ミスマッチを防ぐという意味で非常に有効です。

もし、社会人の方が働く上で感じているやりがいが、学生の想像しているやり方とかけ離れていたら、入社後に違和感を感じながら、働くことになる恐れがあります。

また、学生が想像していなかったやりがいを発見し、すばらしいと感じる場合もあります。その時は、その情報を志望動機に入れると良いでしょう。

2、出版社で仕事をしていて、つらいと感じるのはどんな時ですか?

仕事でつらいと感じることを質問する。これもミスマッチを防ぐ効果があります。

出版業界に限らず、どんな仕事であってもつらいと感じることはあります。しかし、どの様なことに対して、どの程度の苦痛を感じるかは人それぞれです。

「つらい」と感じる感情はあくまで主観的なものですが、ある程度想定することができ、ミスマッチを防ぐことが出来ます。

3、一日のタイムスケジュールを教えていただけますか?

OB訪問では、勤務時間に関する質問が非常に有効です。出版社の勤務形態は他業界の一般的な企業と比べて特異といえます。

どの部署でも深夜勤務が当たり前なのか?あるいは、例外的に定時に帰れる部署があるのか?企業ごとに勤務の実態をしっかりと把握して、自分がその企業で働けるのか判断しましょう。

また、タイムスケジュールを聞くメリットとして、勤務内容も知ることが出来ます。どの様な業務にどれくらいの時間を割いているのか?自分が働く姿をイメージする上で有益な情報にもなります。

4、入社時の配属希望はどの程度反映されますか?

出版業界に限らず、企業の中での役割は事業部ごとに振り分けられています。そして、すべての事業部でやりたいことに携われるとは限りません。

入社時に出す配属の希望がどの程度反映されるかを確認すると良いでしょう。また、入社後の異動がどのような形で行われるかも併せて確認しておくと良いでしょう。

ただ、注意事項として、募集の時点で職種や部署ごとに募集をかけている場合があるので確認を忘れないようにしましょう。

5、御社の中で大切にされている価値観などがあれば教えてください

価値観や考え方など、企業文化に関する質問。

「企業文化」という非常に曖昧な質問ですが、退職の理由として、企業の文化・雰囲気が合わなかった。という方が増加しており、無視できない項目になっています。

ただ、非常に漠然としており、人によって定義は様々なので、どのような点が気になっているかといった具体的な質問を行いましょう。

ex)御社は○○を理念としていますが、それは社員の方々の意識や働き方に反映されていると思いますか?

ex)御社は若手の意見にも耳を傾ける体質ですか?

一方で、事業内容、給与、福利厚生など、調べたらわかる項目は一切質問することは禁止です。OB・OG訪問は事前に企業や業界について調べたうえで行うのがルールということを忘れずに取り組みましょう。

出版業界は激務か?

白河
OB訪問について解説したけど、どうかな?
春山
OB訪問ってやっぱり重要なんですね…
白河
そうだよ、OB・OG訪問をしっかりやらないと自分にあった企業を見つけることはできないよ
富田
さっきのOB訪問でも触れられてたけど、やっぱり、出版業界も激務なのかな?
白河
それについて、出版業界に新入社員の方々がぶっちゃけトークをしているサイトを見つけたからそれを見ていこう。

ーー入社後の配属は希望通りのものでしたか?

【Aさん】出版業界の新人はなかなか編集に行けないし、編集に行けても、大体雑誌だとは思うけど…私の会社は基本、1年目は営業、何年かして編集って流れが多いみたい…

【B君】僕はテレビっ子アピールしていたから宣伝に配属されたのかな。結構楽しいけど、もうすぐマンガに異動しそう。

【C君】俺は、書籍編集志望だったけど、週刊誌担当になったのは良かったな。世の中のことを調べるのって結構楽しいし、志望通りじゃないからこそ、思い込みで仕事しなくて済むしね。

――今まで抱いていた出版社・編プロのイメージとギャップはありましたか?

【Dさん】私は、編プロはブラックだと思ってたから、想像通り(笑)編集したり、書いたり、ライターさんブッキングしたりとか、全部やるからね。今日も徹夜明けだし。

【Aさん】編プロってやっぱすっごい忙しいの?

【Dさん】家に帰れるのは週1~2回くらい。あとは、会社泊まり、会社の近くに銭湯はあるけど、仮眠室はないから机で寝てる。

【B君】だよね…ちゃんと寝ようと思ったら出版業界なんか選ばないよね。

【Aさん】でもさ、入ってみないと分からないよね。

【C君】確かに、大学時代とか毎日寝てたから、「寝なくても余裕っしょ」とか思ってたけど、毎日寝てる頭で考えてたからな…

ーーそんなに忙しいということは…お給料は…?

【Dさん】いやいや、全然妥当じゃないですよ。もう自給換算できない…。

【C君】よく言うよね、自給換算したら吉野家の方が稼げるらしいって。でも、家賃補助などが出る会社もあったりいろいろ。そういう格差があるから、転職も多いよね。だから、行きたくない会社しか内定がなくても、とりあえず、出版業界に入って中途採用で入るのも現実的かも。

【Aさん】就活の時ってお金のことをないがしろにしがちだけど、募集要項はきちんとチェックしないとね。

ーーじゃあ…出版業界はつらいことばかりということ?

【C君】そうかもしれないけど、でもこの業界の人ってどんなに忙しくても、忙しいからこそ、自分の趣味嗜好を仕事に昇華させている人が多いよ。

【B君】そうじゃなかったら、仕事に時間を割かない。実際、人に会うのはすごく楽しいし、仕事じゃないみたいに思うこともある。地味な仕事が多い分、残りを全力で楽しんでいるかな。

ダヴィンチニュースhttps://ddnavi.com/tokushu/228287/a/

富田
やっぱり、激務なんだね…
白河
でも、やりがいや趣味嗜好を仕事にできるのは魅力の一つでもあるよね
春山
確かに、自分の好きなことについて記事を書けるなら苦にならないかも。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

出版業界は今、若者の活字離れ、電子書籍の登場といった様々な時代の流れに翻弄されています。その中で、出版業界は様々な対策を講じて現状を打開しようと模索しています。

出版業界の目指す方は、しっかりと業界の動向に目を向けながら業界研究などの就活対策をしっかりと取り組んだうえで、選考に向けて、頑張ってください。

*この記事の内容はあくまで一般的なものです。ホワイトアカデミーの無料相談会に参加すると、就活のプロから、あなたにピッタリのアドバイスがもらえます!

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

就活の悩みがあればホワイトアカデミーに相談だ!今なら無料相談特典あり

投稿:2018.11.12 | 最終更新:2018.12.05

就活では色々な情報が飛び交い、正直、何をすればいいのか分からないですよね? 今のあなたは、初めての就活(もしかしたら2回目かもしれませんが)を前にして、色々と…

気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。