社会学部は就職に有利?就職率・就職先・職種・年収ランキングまとめ

あなたは、社会学部は就職に有利だと思いますか?

この記事では、社会学部の就職率や就職先と職種、さらには学部別の平均年収ランキングを通して、社会学部は就職に有利なのかを解説しています。

最後には、社会学部の学生が就職を有利に進めるためのポイントもご紹介しているので、ぜひ最後までお読みになって、あなたの就活に活かしてくださいね!

この記事を書いた人:「ホワイト企業への道」編集部

編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。

人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者のために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。

社会学部の就職率

社会学部は学際的なので、同じ文系学部でも法学部や経済学部などの専門性が高い学部とは対照的に、大学院への進学率は低いです。

そのため、他の学部に比べて就職率は高めになっています。

これは、4年間の学部での学びを修了した後、すぐに社会に出て働く人が多いことを意味します。

社会学部の就職先と職種

社会学部は学際的で専門性が低い分、就職先も幅広くなる傾向があります。

新聞業界や出版社などのマスコミやメディア、化粧品や飲料などのメーカーをはじめ、金融、リサーチ会社、商社、IT、旅行、ソフトウェア、医療・福祉、鉄道、小売など、人気業界へ就職する動きも見られます。

また、公務員になる人も一定数見受けられます。

職種に関しては、マーケティング、営業職などの一般的な文系職に就く人が多いようです。

社会学部は就職に有利なのか?

結論から言うと、社会学部は就職に有利とも言えますし、不利とも言えます。

就職に有利になる場合は、大学で学んだ専門性が活かせる場合です。

社会学部は学際的なため、その中でも特定の分野を学んで専門性を高めている場合には、就職には有利に働くでしょう。

一方、特に専門的なことを学んでいない場合は、専門性を持っていない分、不利になるとも言えるでしょう。

社会学部は学部別の平均年収ランキングで何位?

最後に、学部別に見た平均年収ランキングで社会学部が何位にランクインしているのかをご紹介します。

社会学部は、10位で394万円です。(出典:https://reistenza.com/intersting/undergraduate-earn.html)

やはり、他の専門性の高い学部に比べると平均年収は低めであると言えます。

では、そんな社会学部の学生が高給取りになるにはどうすればいいのでしょうか?

その答えは、ホワイト企業に入ると言うことです。

ホワイト企業に入れば、ワークライフバランスを確保しながらも高い給料を受け取れます。

そして、そんなホワイト企業への内定を専門にしているのがホワイトアカデミーという就活スクールです。

ホワイトアカデミーはホワイト企業内定専門かつ完全個別指導の就活スクールで、対面でのトレーニングとオンラインでのトレーニングの好きな方を選ぶことができます。

さらに、ホワイト企業へ内定しなければ全額返金されるという返金保証付きです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

ホワイト企業就職率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

ホワイト企業就職率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」とは?

投稿:2018.11.01 | 最終更新:2018.11.15

就活では誰しもが不安を抱えるものですよね。 私も就活を終えるまではとにかく不安で仕方がありませんでしたが、ホワイトアカデミーの先生に面倒を見てもらったことで、…

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

気に入ったらシェアしてね!

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集長の白河を筆頭に、「人材紹介会社や大学のキャリアセンターでは教えてくれない、就職活動の本当の情報」を書いていくライター集団。人材紹介会社の不都合な真実を暴き、就活生・転職者が天職を見つけてイキイキ働くために役に立つ情報だけを徹底的に公開していく。詳しいプロフィールは、フッターの「はじめての方へ」からご覧になれます。