指導力で選ぶ就活塾
ホワイトアカデミー
無料相談会はこちら
まずは無料の就活相談を利用する

最終更新日 2024.06.28

業界研究

ベイカレントへ就職するために何をするべきか徹底解説

ベイカレント・コンサルティングは、日本国内で急速に成長しているコンサルティングファームの一つだ。ビジネス界において高い評価を受けている同社は、多くの志望者にとって魅力的なキャリアの選択肢となっている。

しかし、ベイカレントの選考プロセスは厳しいものであり、しっかりとした準備が求められる。本記事では、ベイカレントの選考対策に必要な情報や具体的な対策方法、成功するための秘訣について詳しく解説する。あなたの夢を実現するための第一歩をこのページで踏み出して欲しい。

この記事を書いた人

竹内 健登

Kento Takeuchi

東京大学工学部卒。大手一流ホワイト企業の内定請負人。就活塾「ホワイトアカデミー」を創立・経営。これまで800人以上の就活をサポート。塾はカリキュラムを消化した塾生のホワイト企業内定率100%を誇り、カリキュラムを消化したにもかかわらず、ホワイト企業の内定が出なければ費用を全額返金する返金保証制度を提供中。2019年に『子どもを一流ホワイト企業に内定させる方法』(日経BP刊)を出版し、「親が子育ての集大成である"就活"に臨む際の必読書」、「これができれば本当に一流企業に内定できる」と話題。塾のYouTubeチャンネルではホワイトな業界の紹介や大手企業の倍率、ESの添削を公開するなど塾の就活ノウハウを一部紹介している。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCm1vSnSBj7kksfi8GIBnu0g

ベイカレントについて

企業概要

ベイカレントは企業の経営・業務・ITに関する知見を有するコンサルタントを擁し、あらゆる業界の企業経営者を支援するための戦略立案からビジネスプロセス改革、そして実行までの一連のサービスをワンストップで提供している総合コンサルティングファームだ。

ベイカレント・コンサルティングのサービスは大きく5つに分かれ、主なサービスとしては、戦略・デジタル・オペレーション・テクノロジー・サステナビリティがある。

またベイカレントの特徴として、他ファームとは異なり、営業専属部隊を設けていることが挙げられる。そのため、コンサルタントはセールスミッションを追うことなく、顧客に対してのコンサルワークに集中することが可能になる。また、ワンプール制という制度も採用され無駄な政治要素も排除しているため、派閥関係も無く、横のつながりも強固な組織が実現できている。

求める人物像

ベイカレントのカルチャーとして、ハイレベルな仕事環境で、常にスピード、品質を向上させるために知識、経験を積み、高いパフォーマンスでクライアントを満足させること、すなわちプロフェッショナルとして最高の成果を導き出すことが求められる。

フラットで自由闊達なコミュニケーションが図れる環境の中で、自主性、チャレンジする姿勢を持ち続け、非常に早いスピードの中で「何事にも徹底的に取り組む。」人材になる必要があるだろう。

捕捉:ベイカレントの就職難易度は?

ワンキャリアが発表した【東大・京大25卒就活人気ランキング】によると、東大京大生が選ぶ人気企業ランキングでベイカレントは5位とかなり人気であることがわかった。

高学歴な学生が多く受けることを考えるとベイカレントの就職難易度はかなりたいことがわかるだろう。綿密な準備が必要である。

選考フローと面接内容

ES

2022年度本選考のエントリーシート質問内容は以下の通りだ。


  • ベイカレント・コンサルティングの志望理由をご記入ください。(200文字以内)

  • 自己PRをご記入ください。(200文字以内)



短い文章の中で簡潔に理由を説明する練習を心がけよう。

WEBテスト①

WEBテスト①
合格ボーダーは推定8割のため、対策なしには通過できない試験だ。

そのため他社の選考での受験や参考書での勉強を通して、出題形式や問題の傾向・回答スピードを把握しておこう。

動画面接

自宅で撮影する所要時間1分程度の録画面接だ。内容は自己PR(30秒〜1分)となっている。

ライトを調整し顔が暗くならないように注意しよう。

筆記テスト

筆記テスト
自宅受験の論述試験で形式は企業オリジナルである。所要時間は30分程度で2問出題される。

例年時事問題に対する意見を求められるので、日頃から日経新聞などを読んでおこう。

1次面接

「自分史(幼少期〜大学時代)を3分で説明」というお題が数年にわたって出されている。

筆記テストの後、同日に開催され、所要時間は1時間程度だ。

ここのフェーズで毎年多くの学生が落とされている傾向にあり「最大の鬼門」とも呼ばれている。

小学校〜大学までの経験・価値観が変わったことについて、簡潔に話せるようにしよう。

特に「在学中の大学を選んだ理由」など人生の重要な分岐点についての思考プロセスがよく聞かれる。

その際に受け身な理由はNGだ。自分で主体的に選択してきたことをアピールしよう。

ケース面接

ケース面接
所要時間は50分程度。お題の提示後7分間自分で考え、その後社員1人に対して発表をする。

発表自体は3分ほど。当日にその場で結果が通知され、合格した場合最終面接に案内される。

最終面接

コンサル業界への、ベイカレントへの志望動機を1時間ほどで深掘りされる。

また逆質問は40分ほどあり、面接の半分程度を占めるので事前に質問事項を多く用意しておく必要がある。当たり前ではあるが、調べればわかることは聞かないように心がけよう。

WEBテスト②

WEBテスト②
自宅受験の形式。玉手箱で、内容は言語・計数・性格。所要時間は1時間程度だ。最終面接が実施された後、WEBテストの案内がある。

これは最初の受検とは異なり、Zoomでの監視型だ。WEBテストと最終面接の結果が加味されて内定が決まるので、最後まで気を抜かずに取り組もう。

選考対策ポイント

ここではベイカレントに就職するために必要な選考対策ポイントを3つ紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

動画面接にこだわる

ベイカレントの録画動画面接では以下の2点を意識をしよう。ぶっつけ本番でないので事前の準備が合否を分けると心得よう。

外見と環境の準備


服装は当然スーツを着用しよう。また第1印象をできるだけ良くするために、整理された明るい部屋で行い、バックグラウンドが散らかっていないことを確認しよう。適切な照明で顔がはっきりと映そう。

話し方と態度


ポイントは4つだ。

  • ①カメラを見る:面接官と「アイコンタクト」を取る感覚で、カメラを見ながら話すことが重要だ。

  • ②クリアな発音:はっきりとした発音で話し、適度な声の大きさを保とう。

  • ③適切な間:面接官が質問する時間を考慮し、適度に間を取ることが大切だ。

  • ④笑顔で話す:良い印象を与えます。適度な笑顔を心がけよう。


今までの人生を振り返って要点をまとめよう

人生の振り返り
ベイカレントの人物面接では「小学生時代(覚えていれば保育園・幼稚園時代)から中学・高校・大学と印象的なエピソードを5分以内で話してください」という質問が特徴的だ。

それぞれの出来事に対して「その時何を思っていたのか」「その経験がどう活きたか」聞かれるので、自身の回答に一貫性を持たせることを意識して要点をまとめよう。

なぜベイカレントなのかを明確にする

自分の将来像を明確にし、それがベイカレントで実現できる理由を考えよう。

その際に自分のスキルや強みが、ベイカレントの求める人材像や業務内容とどのように一致するかを整理し、自身の志望理由に結びつけよう。

pagenav-thumbnail-1

PwCコンサルティングに就職するために必要な選考対策とは?気になる採用情報まで徹底解説

pagenav-thumbnail-2

アクセンチュアの選考を突破すために必要な対策とは?就活のプロが解説

contact-image contact-image
無料相談会 実施中
無料相談会を開催中
contact-image contact-image