一流・ホワイト企業を目指すなら、ホワイト企業内定率No.1のホワイトアカデミー

ホワイト企業ランキング

Wikipedia には、「ホワイト企業(ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。」とあります。

こういった企業はワーク・ライフ・バランスの充実の他、ダイバーシティの推進などの面で優れた点を持っていることが多く、ホワイト企業に入ることで得られる経済価値は5億円とも言われています。

では、なぜこうした会社に入るべきなのか? 

その理由は3つあります。

理由1.時間的・金銭的余裕ができる

ホワイト企業に入ると残業時間が短い場合が多く、自分の将来のことを考える時間ができます。

就職活動時に「人生をかけて24時間使ってでも取り組みたいこと」を見つけられる人は稀です。

ほとんどの人は、入社後に仕事をする中で「これはおもしろい!」とか「この仕事が天職かもしれない」といった仕事を見つけていきますが、ブラック企業に入ってしまっては、そういったものを見つける余裕はありません。

ひたすら目の前の作業に忙殺されて時間だけが過ぎていくような毎日を過ごしていては、天職のことなど考えられなくて当然と言えるでしょう。

この他にも、お金を貯めて資産形成ができたり、福利厚生が充実していたり、余暇に時間を割くことで人間的な活動ができたりするのがホワイト企業の特徴です。

理由2.子育てができる

2つ目の理由が、子育てができるというものです。

ブラック企業に入ってしまうと、子供と十分な時間を取って接することができません。

そうなると家庭内の教育がおかしなことになり、子供がグレたりしやすくなってしまうのです。

しかし、ホワイト企業はワークライフバランスを整え、女性が育児をしながら働ける環境を用意していたり、産休後も復帰できるような制度を整えていたりするので、安心して子育てができます。

理由3.成長でき、転職に有利になる

よく、ブラック企業やベンチャー企業に行くと成長できると言う人がいますが、それは間違っていることがしばしばあります。

ブラック企業やベンチャー企業に行っても、つぶしのきくスキルや実績がなければ、転職では有利になりません。

また、転職時に有効な指標の1つに前職の企業ブランドがありますから、無名のベンチャー企業に入ってしまうと転職が難しくなってしまうことも多いのです。

一方、ホワイト企業はそれ自体がブランドとなっていることが多く、転職に有利になることが多いです。

また、自前の研修が充実していて成長できるため、希少性の高いスキルを身につけることも十分可能になります。

以上の観点から、就活の際には必ずホワイト企業に行ったほうが良いと我々は考えています。

新卒で入りたいホワイト企業ランキング

では、どの企業がそういったホワイト企業に該当するのでしょうか?

ホワイトアカデミーでは、毎年、最新のホワイト企業ランキングを作成しています。

次の3つの指標を各5点満点で換算し、15点満点で各企業を評価しています。

指標1:就職四季報による3年後離職率

ホワイト企業では社員の定着率が高いです。

3年後離職率が0%の会社を5点満点とし、離職率1%につき0.05点ずつ減点しています。

3年後離職率が100%の会社や3年後離職率を公表していない会社は0点となっています。

指標2:OpenWorkによる総合評価

ホワイト企業は社員からの会社に対する評価が高いです。

転職者にはお馴染みのOpenWorkに掲載されている、各企業の総合評価(5点満点)を2つ目の指標としています。

指標3:帝国データバンクの信用程度

ホワイト企業は財務基盤が盤石です。

信用調査でお馴染みの帝国データバンクから各社のデータを取り寄せ、100点満点で評価されている信用程度を5点満点に換算しています。

ホワイト企業ベスト100(2019年版)はこれだ!

以上の3項目を合算し15点満点で各企業を評価したのが以下のランキングです。

日本を代表する超一流企業が目白押しとなっています。

2019年版ホワイト企業ランキング1位〜31位

2019年版ホワイト企業ランキング32位〜63位

2019年版ホワイト企業ランキング64位〜94位

2019年版ホワイト企業ランキング95位〜100位

ホワイト企業ベスト100(2020年版)はこれだ!

続いて、最新版(2020年版)のランキングです。

2020年版ホワイト企業ランキング35位〜1位

2020年版ホワイト企業ランキング71位〜36位

2020年版ホワイト企業ランキング100位〜72位

ホワイト企業に行くには特殊な対策が必要です

ただ、ここで残念なお知らせがあります。

ホワイト企業はその性質上、倍率が10倍、100倍、時には1000倍超えと非常に高く、入るのは至難の技です。

しかし、公認会計士などの難関資格を取得することに比べたら難易度は低いでしょう。

というのも、きちんとしたホワイト企業内定獲得戦略と対策ができれば、大卒なら誰でもホワイト企業に入ることは可能だからです。

しかし、その戦略を1人で立案し、万全な対策をできる就活生はほとんどいません。

だからこそ、先生と2人3脚でホワイト企業に受かるための就活スクールを設立しました。

良い会社に就職して安心できる将来を実現したいあなたにはピッタリの内容となっていますので、なんとしてでも就活の失敗を回避したいのであれば、今すぐこちらのページから詳細を確認していただければと思います。

ホワイト企業内定率No.1の就活スクール「ホワイトアカデミー」
校長 竹内健登

ホームへ戻る